言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 伊藤 摂子
 

伊藤 摂子

 
アバター
研究者氏名伊藤 摂子
 
イトウ セツコ
所属武蔵野大学
部署教育学部 教育学科
職名准教授
学位修士(教育学)(東京大学)
科研費研究者番号00755449

研究キーワード

 
第二言語習得 , 小学校英語 , 早期英語教育 , 英語教育

研究分野

 
  • 人文・社会 / 外国語教育 / 早期英語教育、英語教育

論文

 
伊藤 摂子
第90回大会 Proceedings   33-34   2018年9月
植松 茂男, 佐藤 玲子, 伊藤 摂子
京都産業大学教職研究紀要   10 49-62   2015年3月
本研究は、2011 年度から導入された小学校英語活動における児童の「慣れ親しみ度」をリスニングテスト、及びアンケートを使って探ろうとする試みであり、文部科学省の指導要領(外国語活動)の₃ つの目標に沿って、児童の「慣れ親しみ度」を英語形式面と情意面でどのような成果がみられるか、測ろうとしたものである。 本稿は、少なくとも₅、₆ 年生で英語を₂ 年間学んだ児童に対して、調査を実施した。協力を得た各小学校ごとに総履修時間数が異なるため、まず総履修時間数とリスニングテストスコアについて相関分析を...
植松 茂男, 佐藤 玲子, 伊藤 摂子
JES journal = 小学校英語教育学会学会誌   13 68-83   2013年3月
本研究は,2011年度に小学校英語活動経験がある小学校6年生に対して,英語習熟度テストと英語活動に関する情意アンケートを実施した結果のまとめである。同時に実施した小学校教員に対してのアンケートも参考にしながら,小学生が英語活動をどのように受け止め,どのような「学び」があったのか,教える側の教員の意見も参考にしつつ明らかにしようとする,総合的なアプローチの開始部分である。協力を得た各小学校に於いて開始学年や総履修時間数が異なるため,総履修時間数別に4群に分けた。それらのグループ間比較で,時間...
伊藤 摂子
言語情報科学   (11) 105-121   2013年
2011年度から必修化された小学校外国語活動ではその指導者は主に学級担任であるとされているが、多くの小学校教員は英語指導の専門家ではない。そして指導教材の補助として『英語ノート』が配布され、2012年度からは新しいHi, friends!が『英語ノート』に代わり各小学校へ配布されている。これらの教材は英語教育という観点からみるとその指導内容がバラバラで前後の関連性が薄い。そこで英語教育の観点から指導内容を検討した中学校英語教育につながるような積み重ね型カリキュラムを実施し、その指導を担当し...

MISC

 
伊藤 摂子
東洋大学文学部紀要. 教育学科編 = The bulletin of Toyo University. 東洋大学文学部教育学科 編   (42) 11-22   2016年

書籍等出版物

 
金森強 編著 (担当:共著)
成美堂   2019年2月   
高橋和子, 佐藤玲子, 伊藤摂子 (担当:共著)
明星大学出版   2018年12月   
伊藤 摂子
明星大学出版部   2013年3月   
伊藤 摂子 (担当:分担執筆, 範囲:14-17)
開隆堂出版   2009年2月   
伊藤 摂子 (担当:分担執筆, 範囲:10-13)
開隆堂出版   2009年2月   

講演・口頭発表等

 
高橋和子, 佐藤玲子, 伊藤摂子
全国英語教育学会第45回弘前研究大会   2019年8月17日   
伊藤摂子, 宇佐美駿
関東甲信越英語教育学会第43回神奈川研究大会   2019年8月11日   
伊藤 摂子
日本英文学会関東支部第 17 回大会(2019 年度夏季大会)   2019年6月15日   

所属学協会

 
大学英語教育学会 , 日本英文学会 , 全国語学教育学会 , 関東甲信越英語教育学会 , 全国英語教育学会