言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 古家 聡
 

古家 聡

 
アバター
研究者氏名古家 聡
 
フルヤ サトル
所属武蔵野大学
部署グローバル学部 グローバルコミュニケーション学科
職名教授
学位学士(東京教育大学), 修士(立教大学大学院), 博士(立教大学大学院)

研究キーワード

 
個人主義と 集団主義 , 異文化コミュニケーション

研究分野

 
  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院言語文化研究科 言語文化専攻(博士後期課程) 教授
 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学グローバル学部 グローバルコミュニケーション学科 教授
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院言語文化研究科 言語文化専攻 教授
 
1999年4月
 - 
現在
大正大学 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2016年3月
武蔵野大学グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 教授
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2009年3月
立教大学大学院 異文化コミュニケーション研究科 
 
2004年4月
 - 
2006年3月
立教大学大学院 異文化コミュニケーション研究科 
 
1972年4月
 - 
1976年3月
東京教育大学 文学部 
 
1973年8月
 - 
1973年8月
ハワイ大学 東西文化センター 
 
 
 - 
1972年3月
北海道立小樽潮陵高等学校  
 

委員歴

 
2014年12月
 - 
2018年12月
異文化コミュニケーション学会  学術委員長
 

論文

 
古家 聡, 石黒武人
Global Studies (武蔵野大学グローバルスタディーズ研究所紀要)   (3) 13-26   2019年3月
本研究の目的は、最近、頻繁に聞かれる「異文化コミュニケーション能力」とは具体的にどのようなものなのかを詳述すること、そして、武蔵野大学グローバルコミュニケーション学科というコンテクストにおける異文化コミュニケーション能力を特定し、それを基盤にしたルーブリック評価を作成することである。結果として、GC学科で修得しうる異文化コミュニケーション能力の構成要素として5つの項目が同定された。
古家 聡
Global Studies(武蔵野大学グローバルスタディーズ研究所紀要)   (2) 27-36   2018年3月
本研究では、行動原理を考慮することなく、従来の日本人集団主義説で言われてきたような「個人の利益よりも集団の利益を重視する」という表層的な解釈で日本人のコミュニケーション・スタイルの特徴を記述することを批判し、他者の利益が自己の利益にもなると考える「利己的協調主義」に焦点をあてた。それによって日本的コミュニケーションの本質に迫るほうが多文化社会における自他共栄の実践に繋がるという観点に基づき、弁証法的アプローチによる日本人集団主義説の再解釈を試みた。
古家 聡
Global Studies(武蔵野大学グローバルスタディーズ研究所紀要)   (1) 11-21   2017年3月
文化は変容するということを理解し、画一的に断じることの危険性をたえず念頭に置きながらも、その一貫性や整合性に着目することにより、異文化コミュニケーション研究とはここで述べてきたような文化本質主義の肯定的側面を実体化させていくことのできる分野ではないかと位置づけた。
古家 聡
Global Communication(武蔵野大学グローバルスタディーズ研究所紀要)   (6) 19-30   2016年3月
大学の英語教育における教授者と学習者との関係性を、異文化コミュニケーションの分野で活発な議論がなされている「フェイス理論」をもとに分析したもの。「よい英語教師」や「面白い英語の授業」について具体的に検証することにより、実り多い英語教育を実現するための考察を提示し、新たな観点を加えている。
古家 聡, 櫻井 千佳子
The Basis 武蔵野大学教養教育リサーチセンター紀要   (4) 29-50   2014年3月
本研究では、大学英語教育において、学習者のニーズ分析を行い、教授者がコミュニケーションという言葉の意味と実体を把握した上で指導することが大切であることを指摘した。また、異文化コミュニケーション研究でも用いられる「フェイス」理論を適用して、教授者と学習者の相互理解を築くことの重要性を論じ、大学における英語教育の分析に新たな視点を提供した。

MISC

 
書斎の窓   2014年(3月号) 1-5   2014年3月
『はじめて学ぶ異文化コミュニケーション――多文化共生と平和構築に向けて』(石井敏・久米昭元・長谷川典子・桜木俊行・石黒武人著、有斐閣)を4000字で書評したもの。異文化コミュニケーション研究の歴史的経緯を紹介しながら、本書の特徴を具体的に論じた。
古家 聡
大正大学SLA研究会「日本語母語話者の第二言語習得における問題点――英語・中国語・韓国語の場合」予稿集      2010年2月
本稿では、日本語母語話者が与えられた日本文を英語に直す際に、どのような基準をもとに日本文の意味を伝える英文を作成しているのか、また、その際に母語の干渉はあるのか、さらに、同じ日本文を英語母語話者が英語に直す場合には、どのような基準を用いているのか、これらをリサーチ・クェスチョンとして分析を行った。
異文化コミュニケーション論集 (立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科紀要)   (第3号) 105-109   2005年3月
取り上げた単行本は、副題に「アジアからのアプローチ」とあるように、「欧米における理論や知見の一般性を批判的に吟味している」ことが大きな特徴であり、また、社会心理学という題名がついているが、内容は異文化コミュニケーション研究に関する示唆に富んだ論文が多い。本書評では、編者である山口勧の5編の論文を特に異文化コミュニケーションの視点から論じた。
日本出版学会会報   (第53号) 9-10   1984年7月
本稿においては、出版学会を〈開かれた〉研究の場として位置付け、文化的側面と経済的側面を併せもった「出版」をどのような発想にもとづいて研究し得るかを提起し、編集者として企画立案の際に、執筆者、読者、印刷までを意識するにしても、流通のことを意識するような、さらに、「編集」と「販売」という二項対立を解消する仕事領域の融通ができるような、また、ニューメディアとの対立よりも共存を図るような、柔軟な思考の重要性を論じた。

書籍等出版物

 
古家 聡, 藤岡美香子, ジェフリー・トーザー (担当:共著)
三修社   2018年2月   
本書は、TOEICを受験するのに必要なヴォキャブラリーを大学生が身につけることができるように工夫したテキストである。教師用指導書164頁、CD付き。
Troy McConachy, 櫻井千佳子 (担当:共著)
南雲堂   2017年1月   
言語と文化の関係や異文化コミュニケーションの心理的側面を考察している。社会心理学や言語学、そして、文化人類学や異文化コミュニケーション学の概念や理論をわかりやすく解説している。
古家聡, 藤岡美香子, ジェフリー・トーザー, ダニエル・マイナー (担当:共著)
三修社   2016年2月   ISBN:9784384334531
TOEICのリーディングに頻出する語彙に焦点を当てて、その定着が図れるように工夫したテキスト。語彙の習得だけでなく、どのように文法問題を解いたらよいのか、また、どのように読解問題を解いたらよいのかが示されている。全112頁。CD付き。他に124頁のTM(教師用指導書)あり。
古家聡, 藤岡美香子, ジェフリー・トーザー (担当:共著)
三修社   2013年2月   ISBN:9784384334258
TOEICに頻出する語彙を分析し、リスニングのパートで習得が不可欠と思われる語彙に焦点をあてて、語彙力増強を図るためのテキスト。CDを聞いて音声で理解し、また、その綴りを書いて覚え、さらに、実際の問題形式のなかで、その意味を理解するという構成になっている。全96頁。CD付き。他に126頁のTMあり。
石井敏, 久米昭元, 編集代表, 浅井亜紀子, 伊藤明美, 久保田真弓, 清ルミ, 古家聡, 編集委員 (担当:共著)
2013年1月   
執筆者は155名、扱っている項目は700以上の、異文化コミュニケーション学における本邦初の大型事典。古家は、編集委員の一人であり、自らも、14項目の執筆を行っている。

講演・口頭発表等

 
古家 聡
日本国際文化学会第18回全国大会   2019年7月7日   
「我利追求」と「利己的協調主義」という人間の行動原理を説明する2つのパラダイムを措定することにより、個人主義対集団主義の議論に新たなる解釈を提示している。
古家 聡
多文化関係学会年次大会   2017年9月9日   
日本人には個がないとか個が弱いというような過度な一般化をしてきた日本人集団主義説の表層的な解釈に警鐘を鳴らし、「集団主義」に代わる「利己的協調主義」が日本的コミュニケーション・スタイルを分析する際には有効であることを論じている。
古家 聡
2016年9月   多文化関係学会北海道・東北支部
個人主義と集団主義に関するこれまでの実証的研究を概観し、その問題点を指摘した上で、特に集団主義の行動原理をもとにした、パラダイムシフトの例として、利己的協調主義について紹介した。
古家 聡
大学英語教育学会(JACET)第54回(2015年)国際大会   2015年8月29日   大学英語教育学会
本研究では、英語教育における学習者と教授者との関係を、異文化コミュニケーション研究の分野で活発な議論がなされている「フェイス(face)」という概念で説明することにより、学習者と教授者の相互理解を築くことの重要性を指摘した。このことは、英語教育の分野ではこれまであまり言及されることがなかったとらえ方であり、本研究は、学習者と教授者との関係性において、効果的な英語学習を実現するために「フェイス」理論を適用して分析したものとして、英語教育に実践的な示唆を与えるものである。
古家 聡
武蔵野大学第2回FD研修   2011年12月   
平成23年12月14日の武蔵野大学第2回FD研修講師として、8年にわたって続けてきている「海外インターンシップ」を教育的な観点から考察し、その特徴と成果について発表し、今後の課題を分析して述べた。

所属学協会

 
多文化関係学会 , 日本コミュニケーション学会 , 社会言語科学会 , 日本グループダイナミックス学会 , 立教・異文化コミュニケーション学会

Works(作品等)

 
その他   2012年3月
平成21年度から23年度までの3年間、科学研究費補助金(基盤研究(C)(21520595)の助成を受けて行った「第二言語の文章構成習得課程に見られる文化的差異の研究」の一環として、いわゆる「日本的コミュニケーション」と言われるコミュニケーション・スタイルについて、自己観の視点から考察した。
その他   2010年3月
本稿は、平成21年11月2日に行われたFD研修第1回講師として述べた内容を報告書に掲載したものである。英語を取り巻く環境に関連する諸問題を取り上げ、また、大学における外国語教育の目的をどう考えたらよいのかを具体的に論じた。後半は、実践的に英語教授法の例を紹介して、最後に質疑応答に応えた。
監修, 鳥飼玖美子   その他   2009年4月
平成21年4月~。テレビ、ラジオ、ワンセグ用の番組で使われる毎週1~2本の英語ニュースに関して、日本語訳とセンテンスごとの解説を付した。
その他   2009年3月
本稿では、大学における英語教育と大学側から見た高校における英語教育を論じ、小・中・高・大の連携を図るための具体的提言を述べている。日本というコンテクストを意識した場合、英語にさらされる機会が圧倒的に少ないこと、また、それに関連して教授法も混同される場合があること、さらに、大学における英語教育の目的等についても、街の会話学校との違いとして、スキル教育に加えて何らかのプラスアルファが必要であることなどを主張した。
その他   2003年2月
これまでの伝統的な日本人論と David Matsumoto らの豊富なデータに基づく最近の研究の比較を行った上で、特に日本の若者が、今までの固定化されたイメージではとらえきれない価値観を持っていることを指摘した。また、日本人にとっての英語学習の意味を問いかけ、それはまさに「情」の世界から「理」の世界への脱却を試みる志向に他ならないことを論じた。

教育内容・方法の工夫

 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許