言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 岩城 賢太郎
 

岩城 賢太郎

 
アバター
研究者氏名岩城 賢太郎
 
イワギ ケンタロウ
所属武蔵野大学
部署文学部 日本文学文化学科
職名准教授
学位学士(筑波大学), 修士(筑波大学大学院), 博士(筑波大学大学院)
J-Global ID201201098630135595

研究キーワード

 
日本文学 日本古典芸能 能楽 浄瑠璃 軍記物語

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院文学研究科 日本文学専攻(博士後期課程) 准教授   
 
2013年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院文学研究科 日本文学専攻 准教授   
 
2013年4月
 - 
現在
武蔵野大学文学部 日本文学文化学科 准教授   
 
2010年4月
 - 
現在
武蔵野大学 文学部 日本語・日本文学科 講師   
 
2010年4月
 - 
現在
大妻女子大学 文学部 日本文学科 非常勤講師   
 

学歴

 
 
 - 
2006年3月
筑波大学大学院 人文社会科学研究科 文芸・言語専攻 日本文学領域
 
1997年4月
 - 
1999年3月
筑波大学大学院 教育研究科 教科教育専攻 国語コース
 
 
 - 
1997年3月
筑波大学 第二学郡 日本語・日本文化学類
 

委員歴

 
2011年10月
 - 
2013年9月
軍記・語り物研究会  運営委員
 

受賞

 
2006年9月
第6回筑波大学国語国文学会奨励賞受賞
 

論文

 
 
 
翰林日本学   第13輯 22-472008年12月   
近世前期に近松門左衛門が、その浄瑠璃創作における初期段階で創った、軍記物の浄瑠璃『薩摩守忠度』と『千載集』とを分析し、以下のことを論じた。『薩摩守忠度』と『千載集』とでは、その第四段の本文を中心に、謡曲『忠度』をその浄瑠璃中に受容する手法をめぐって、対照的な相違が伺える。即ち、近松が『薩摩守忠度』において、謡曲『忠度』の本文を引用しつつも、謡曲の筋や展開にはとらわれない、自由かつ独自の創作を加えて、新たな作品を志向しているのに対して、加賀掾は、謡曲『忠度』において忠度霊が語る「いくさ語り」...
 
軍記と語り物   (第43号) 126-1402007年3月   [査読有り]
謡曲〈兼平〉は、『平家物語』「木曽最期」に取材する修羅能であるが、従来の研究では、世阿弥作の作品ほどには注目されていない。だが〈兼平〉は、従者の今井四郎兼平をシテに設定し、兼平の側から義仲の最期を語らせるという、新しい構成法をとっている。結末がシテの武者の武勇を称えて終わるという、世阿弥の作品にはない構成になっている点も、浄瑠璃等近世の軍記物演劇との関連の上では見逃せない、重要な作品である。

MISC

 
 
河原木惠   鷹谷薫   張家瑜   明道拓実   岩城賢太郎   
武蔵野大学日本文学研究所紀要   (2) 55-782015年3月   
 
 
日本文學誌要   (第86号) 95-962012年7月   
 
武蔵野大学能楽資料センター紀要   22 15-402011年3月   
平家物語諸本には見えない源平盛衰記の独自記事、すなわち巻第二十六「木曾謀叛」「兼遠起請」に見える、幼少の木曽義仲を斎藤実盛が中原兼遠に託したとする件り、巻第三十「真盛被討」「朱買臣錦袴」「新豊県翁」に見える、義仲が手塚光盛に討たれた実盛を養父と慕って追悼する件りに注目し、実盛の登場する浄瑠璃作品が、盛衰記の記事に取材しながら、併せて世阿弥作の謡曲〈実盛〉の詞章の影響を受けて展開していることを論じた。<br />
『国文学年次別論文集:平成二十三年版』(朋文出版)に再録。
 
国語教室   (92) 2010年11月   
中学や高等学校の国語科教師向けの教科書会社発行の学術啓蒙誌に、学校教育の国語科等の授業の中へ、いかに能や謡曲を取り入れて行くことが出来るかを、近年、人気を博している成田美名子氏の能楽に取材した漫画『花よりも花の如く』を紹介しつつ、提案した。

書籍等出版物

 
 
国立能楽堂事業推進課調査資料係      2016年10月      
 
日下力監修, 鈴木彰, 三澤裕子編(担当:共著)
汲古書院      2015年8月      
 
松尾葦江氏編, 小助川元太氏, 吉田永弘氏, 石川透氏, 小林健二氏, 坂井孝一氏ほか(担当:共著)
笠間書院      2015年5月      
 
松尾葦江氏編, 小助川元太氏, 吉田永弘氏, 石川透氏, 小林健二氏, 坂井孝一氏ほか(担当:共著)
笠間書院      2015年5月      
 
土屋忍氏編(担当:共著)
世界思想社      2014年7月   (ISBN:9784790716341)   

講演・口頭発表等

 
 
喜多流「綾鼓」と土岐善麿―喜多実と「二人三脚」の新作能創作活動―
平成29年度国立能楽堂公開講座   2017年5月   国立能楽堂   
 
学校教育における能楽の問題分析と提言―現行教科書の収載状況から―
報告発表   佐藤和道   佐野玄宜   岩城賢太郎   
2015年度能楽学会2月東京例会   2016年2月29日   共催:野上記念法政大学能楽研究所能楽の国際・学際的研究拠点・能楽学会   
 
土岐善麿先生と新作能
講演担当   三田誠広   リチャードエマート   土屋忍   岩城賢太郎   解説担当   佐々木多門   喜多流シテ方   
武蔵野大学文学部50周年記念 土岐善麿記念公開講座特別公演 能と土岐善麿:実朝を観る   2016年2月11日   公益財団法人十四世六平太記念財団 共催:武蔵野大学文学部   
財団法人六平太記念財団 平成27年度普及事業
平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
 
宇和島藩の能楽―『乱舞方重習』を手掛かりに―
司会   福田安典氏   小林健二氏   神楽岡幼子氏   岩城賢太郎   
宇和島伊達400年記念祭 ワークショップ つどい・まなび・あそび―宇和島文化探訪―   2015年10月17日   人間文化研究機構国文学研究資料館   
共催:愛媛大学、宇和島市伊達文化保存会
午前の部 10:00〜12:10/午後の部 14:00〜16:10
 
いま読み解く「俊成忠度」
法政大学大学院博士後期課程   柳瀬千穂氏   
能楽学会東京例会   2013年2月4日   
柳瀬千穂氏の口頭発表に対する司会及びコメンテーター

所属学協会

 
 
   
 
能楽学会
 
   
 
中世文学会
 
   
 
筑波大学日本語日本文学会
 
   
 
軍記と語り物研究会

Works(作品等)

 
 
展示監修   田邉三郎助氏   能   狂言面   担当   小林健二氏   能絵鑑   指面   担当   岩城(古文書   担当)他   
2016年10月 - 2016年12月   芸術活動
 
基幹研究   日本古典文学における   中央〉と   地方   編(研究代表者   寺島恒世氏   
2016年3月   その他
 
伊藤鉄也   江戸英雄   阿尾あすか   岩城賢太郎   小川陽子   加藤昌嘉   金光桂子   高橋由記   中川照将   萩野敦子   松岡智之   横井孝   横溝博   安藤徹   森田直美   
2010年2月   その他
平成21年11月9~23日国文学研究資料館展示室において開催された特別展示を行うための、資料調査・検討の成果を報告したもの。執筆担当「宝物集・今鏡」
 
編集者   阿尾あすか   江戸英雄   
2009年3月   その他
中世の『源氏物語』巻名歌を集成した私撰集の翻刻・紹介。全219ページ、翻刻担当「空蝉・夕顔」
 
監修者名   野上記念法政大学能楽研究所   山中玲子共著者名   高橋悠介   中司由起子   伊海孝充   江口文恵   柳瀬千穂   玉村恭   小川健一   
2008年3月   その他
中学・高校生や一般を対象とした、能楽に関する、総合解説的ホームページの公開に向けての原稿作成。
担当部分抽出不可能

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
 
日本古典文学における〈中央〉と〈地方〉
人間文化研究機構国文学研究資料館: 
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
 
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月
 
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月

学術貢献活動

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 

資格・免許