言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 加瀬 義夫
 

加瀬 義夫

 
アバター
研究者氏名加瀬 義夫
 
カセ ヨシオ
学位博士(薬学)(千葉大学)

プロフィール

1982年千葉大学薬学部修士課程修了<br />
1982年~2017年、35年間にわたり株式会社ツムラで漢方薬の薬効薬理研究を担当<br />
2017年4月より武蔵野大学薬学部教授、薬学キャリア教育研究センター長

研究キーワード

 
漢方薬 , 薬理学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 薬学キャリア教育研究センター センター長、教授
 
2008年4月
 - 
2017年3月
株式会社ツムラ ツムラ研究所 研究所長
 
1982年4月
 - 
2017年3月
株式会社ツムラ ツムラ研究所
 
1980年4月
 - 
1982年3月
千葉大学 薬学部大学院博士前期課程修了
 
1976年4月
 - 
1980年3月
千葉大学 薬学部製薬化学科卒
 

学歴

 
1999年12月
 - 
1999年12月
千葉大学  
 
1980年4月
 - 
1982年3月
千葉大学 薬学部 
 
1976年4月
 - 
1980年3月
千葉大学 薬学部 
 

委員歴

 
2010年3月
 - 
2017年3月
日本薬学会  関東支部幹事
 

受賞

 
2016年9月
日本生薬学会 優秀論文賞 Effects of shakuyakukanzoto and its absorbed components on twitch contractions induced by physiological Ca2+ release in rat skeletal muscle
 
2004年9月
日本生薬学会 優秀論文賞 甘草の抗潰瘍作用本体の解明
 

論文

 
Miyoshi J, Nobutani K, Musch M W, Ringus DL, Hubert NA, Yamamoto M, kase Y, Chng EB
Evidence-based complementary and alternative medicine   doi.org/10.1155/2018/7415975    2018年4月   [査読有り]
Nishi A, Ohbuchi K, Kushida H, Matsumoto M, Lee K, Kuroki H, Nabeshima S
NPJ systems biology and applications   doi:10.1038/s41540-017-0032-1 32   2017年10月   [査読有り]
Hitomi S, Ono K, Terawaki K, Matsumoto C, Mizuno K, Yamaguchi K, Imai R, Omiya Y, Hattori T, Kase Y, Inenaga K
Pharmacological research   117 288-302   2017年3月   [査読有り]
Matsumoto T, Kushida H, Matsushita S, Oyama Y, Suda T, Watanabe J, Kase Y, Setou M
Scientific reports   7 44098   2017年3月   [査読有り]
Tabuchi M, Mizuno K, Mizoguchi K, Hattori T, Kase Y
Frontiers in pharmacology   8 235   2017年   [査読有り]

MISC

 
大宮雄司, 鈴木康之, 今井亮太, 服部智久, 加瀬義夫
末梢神経   27(2) 278   2016年12月
原田由美, 飯塚生一, 三枝弥生, 藤塚直樹, 服部智久, 加瀬義夫, 中島淳
薬理と治療   44(10) 1435‐1443   2016年10月
川上善治, 溝口和臣, 服部智久, 加瀬義夫
Dementia Japan   30(4) 566   2016年10月
今村幸子, 田渕雅宏, 植木俊之, 大泉寛明, 溝口和臣, 服部智久, 加瀬義夫
Dementia Japan   30(4) 566   2016年10月
菅野仁美, 山田ちひろ, 下堀知香, 最上祥子, 西明紀, 服部智久, 加瀬義夫
Dementia Japan   30(4) 565   2016年10月

書籍等出版物

 
Kono T, Shimada M, Yamamoto M, Kase Y (担当:共著, 範囲:Herbal medicines:New horaizons, methods in pharmacology and toxicology)
2016年10月   
加瀬義夫 (担当:共著, 範囲:第2編、第3章、P80-86を分筆)
シーエムシー出版   2014年11月   ISBN:9784781310039
薬用植物・生薬に関して、①薬用植物の栽培技術と生薬の品質評価、②薬用植物・生薬の成分解析・作用機序、
③薬用植物の遺伝子解析、生合成経路の解明、④薬用植物・生薬の標準化と国際動向、⑤医薬品・市販薬への応用、⑥食品・化粧品・トイレタリーへの応用の各観点から最先端の研究、事業内容について解説。監修:川原信夫
第2編 薬用植物・生薬の成分解析・作用機序の内、第3章の作用メカニズム解明のための薬物動態試験P80-86を分筆。渡辺淳子、加瀬義夫
加瀬義夫 (担当:共著, 範囲:第4章、P33-41を分筆)
日本医学館   1998年2月   ISBN:4890443665
下痢に対する漢方薬の効果について、基礎研究の立場から論述している。半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)の各種下痢モデルでの有効性の検証、止瀉作用機序を中心に記載。
加瀬義夫、早川晃正、斎藤和子、譲原光利、石毛 敦、小松靖弘

講演・口頭発表等

 
西丸宏, 弓削田祥子, 中田庸介, 加瀬義夫
日本薬学会第138年会   2018年3月26日   
弓削田祥子, 馬場本絵未, 西丸宏, 油田正樹, 加瀬義夫
第2回薬学教育学会   2017年9月2日   
Harada Y, Koseki J, Sekine H, Fujitsuka N, Hattori T, Kase Y
AGA-DDW 2017   2017年5月   
Harada Y, Iizuka S, Saegusa Y, Sekine H, Fujitsuka N, Hattori T, Kase Y
AGA-DDW 2017   2017年5月   
Sekine H, Harada Y, Saegusa Y, Iizuka S, Fujitsuka N, Hattori T, Kase Y
第90回日本薬理学会年会   2017年3月   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 薬効安全性学 (武蔵野大学)
  • 漢方治療学 (武蔵野大学)
  • 漢方医学 (愛媛大学医学部,三重大学医学部,長崎大学歯学部,杏林大学医学部,千葉大学医学部,大阪大学薬学部)
  • 生薬(漢方)療法 (武蔵野大学)
  • 薬理学 (武蔵野大学)

所属学協会

 
日本東洋医学会 , 和漢医薬学会 , 日本薬理学会 , 日本薬学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
厚生労働省: 厚生労働科学研究補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月
科学技術庁: 科学技術振興調整費
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月