言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 加瀬 義夫
 

加瀬 義夫

 
アバター
研究者氏名加瀬 義夫
 
カセ ヨシオ
URL
学位博士(薬学)(千葉大学)
J-Global ID201701011434513866

プロフィール

1982年千葉大学薬学部修士課程修了
1982年~2017年、35年間にわたり株式会社ツムラで漢方薬の薬効薬理研究を担当
2017年4月より武蔵野大学薬学部教授、薬学キャリア教育研究センター長

研究キーワード

 
漢方薬 ,薬理学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 薬学キャリア教育研究センター センター長、教授 
 
2008年4月
 - 
2017年3月
株式会社ツムラ ツムラ研究所 研究所長 
 
1982年4月
 - 
2017年3月
株式会社ツムラ ツムラ研究所  
 
1980年4月
 - 
1982年3月
千葉大学 薬学部大学院博士前期課程修了  
 
1976年4月
 - 
1980年3月
千葉大学 薬学部製薬化学科卒  
 

学歴

 
1999年12月
 - 
1999年12月
千葉大学  博士(薬学)授与
 
1980年4月
 - 
1982年3月
千葉大学 薬学部 大学院博士前期課程修了
 
1976年4月
 - 
1980年3月
千葉大学 薬学部 製薬化学科卒
 

委員歴

 
2010年3月
 - 
2017年3月
日本薬学会  関東支部幹事
 

受賞

 
2016年9月
日本生薬学会, 優秀論文賞,Effects of shakuyakukanzoto and its absorbed components on twitch contractions induced by physiological Ca2+ release in rat skeletal muscle
Kaifuchi N Omiya Y Kushida H Fukuake M Nishimura H Kase Y 
 
2004年9月
日本生薬学会, 優秀論文賞,甘草の抗潰瘍作用本体の解明
中村理恵 加瀬義夫 橋本和則 榊原巌 油田正樹 
 

論文

 
 
Jun Miyoshi   Kentaro Nobutani   Mark W. Musch   Daina L. Ringus   Nathaniel A. Hubert   Masahiro Yamamoto   Yoshio Kase   Mitsue Nishiyama   Eugene B. Chang   
Evidence-based Complementary and Alternative Medicine   2018    2018年   [査読有り]
Medications or dietary components can affect both the host and the host's gut microbiota. Changes in the microbiota may influence medication efficacy and interactions. Daikenchuto (TU-100), a herbal medication, comprised of ginger, ginseng, and Ja...
 
Nishi A   Ohbuchi K   Kushida H   Matsumoto M   Lee K   Kuroki H   Nabeshima S   
NPJ systems biology and applications   doi:10.1038/s41540-017-0032-1 32   2017年10月   [査読有り]
 
Masahiro Tabuchi   Keita Mizuno   Kazushige Mizoguchi   Tomohisa Hattori   Yoshio Kase   
FRONTIERS IN PHARMACOLOGY   8 235   2017年4月   [査読有り]
Yokukansan (YKS) and yokukansankachimpihange (YKSCH) are traditional Japanese Kampo medicines. The latter comprises YKS along with the medicinal herbs Citrus unshiu peel and Pinellia tuber. Both of these Kampo medicines are indicated for the treat...
 
Suzuro Hitomi   Kentaro Ono   Kiyoshi Terawaki   Chinami Matsumoto   Keita Mizuno   Kiichiro Yamaguchi   Ryota Imai   Yuji Omiya   Tomohisa Hattori   Yoshio Kase   Kiyotoshi Inenaga   
PHARMACOLOGICAL RESEARCH   117 288-302   2017年4月   [査読有り]
The traditional Japanese herbal medicine hangeshashinto (HST) has beneficial effects for the treatment of oral ulcerative mucositis (OUM) in cancer patients. However, the ingredient-based mechanism that underlies its pain-relieving activity remain...
 
Kiyoshi Terawaki   Yohei Kashiwase   Yumi Sawada   Hirofumi Hashimoto   Mitsuhiro Yoshimura   Katsuya Ohbuchi   Yuka Sudo   Masami Suzuki   Kanako Miyano   Seiji Shiraishi   Yoshikazu Higami   Kazuyoshi Yanagihara   Tomohisa Hattori   Yoshio Kase   Yoichi Ueta   Yasuhito Uezono   
PLOS ONE   12(3) e0173113   2017年4月   [査読有り]
Cancer cachexia (CC) is a multifactorial disease characterized by decreased food intake and loss of body weight due to reduced musculature with or without loss of fat mass. Patients with gastric cancer have a high incidence of cachexia. We previou...

MISC

 
 
Yumi Harada   Junichi Koseki   Hitomi Sekine   Naoki Fujitsuka   Tomohisa Hattori   Yoshio Kase   
GASTROENTEROLOGY   152(5) S934-S934   2017年4月   
 
Yumi Harada   Yayoi Saegusa   Seiichi Iizuka   Hitomi Sekine   Naoki Fujitsuka   Tomohisa Hattori   Yoshio Kase   
GASTROENTEROLOGY   152(5) S507-S507   2017年4月   
 
大宮雄司   鈴木康之   今井亮太   服部智久   加瀬義夫   
末梢神経   27(2) 278   2016年12月   
 
原田由美   飯塚生一   三枝弥生   藤塚直樹   服部智久   加瀬義夫   中島淳   
薬理と治療   44(10) 1435‐1443   2016年10月   
 
川上善治   溝口和臣   服部智久   加瀬義夫   
Dementia Japan   30(4) 566   2016年10月   

書籍等出版物

 
 
Kono T, Shimada M, Yamamoto M, Kase Y(担当:共著, 範囲:Herbal medicines:New horaizons, methods in pharmacology and toxicology)
2016年10月      
 
加瀬義夫(担当:共著, 範囲:第2編、第3章、P80-86を分筆)
シーエムシー出版   2014年11月   (ISBN:9784781310039)   
薬用植物・生薬に関して、①薬用植物の栽培技術と生薬の品質評価、②薬用植物・生薬の成分解析・作用機序、
③薬用植物の遺伝子解析、生合成経路の解明、④薬用植物・生薬の標準化と国際動向、⑤医薬品・市販薬への応用、⑥食品・化粧品・トイレタリーへの応用の各観点から最先端の研究、事業内容について解説。監修:川原信夫
第2編 薬用植物・生薬の成分解析・作用機序の内、第3章の作用メカニズム解明のための薬物動態試験P80-86を分筆。渡辺淳子、加瀬義夫
 
加瀬義夫(担当:共著, 範囲:第4章、P33-41を分筆)
日本医学館   1998年2月   (ISBN:4890443665)   
下痢に対する漢方薬の効果について、基礎研究の立場から論述している。半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)の各種下痢モデルでの有効性の検証、止瀉作用機序を中心に記載。
加瀬義夫、早川晃正、斎藤和子、譲原光利、石毛 敦、小松靖弘

講演・口頭発表等

 
 
低学年海外医療視察研究における事前事後学習とその教育効果について
西丸 宏   高田 幸江   馬場本絵未   加瀬 義夫   
第64回日本薬学会関東支部大会   2020年9月19日   
 
武蔵野大学薬学部における薬剤師国家試験合格への学習方略の検討 (3)
弓削田祥子   西丸宏   馬場本絵未   加瀬義夫   
日本薬学会第140年会(京都)   2020年3月26日   
 
武蔵野大学薬学部における薬剤師国家試験合格への学習方略の検討(2)
弓削田祥子   西丸宏   馬場本絵未   市瀬浩志   加瀬義夫   
第4回日本薬学教育学会   2019年8月31日   
 
医療系他学部と連携した薬学生低学年海外医療視察研修とその教育効果について
西丸宏   弓削田祥子   中田庸介   加瀬義夫   
日本薬学会第138年会   2018年3月26日   
 
武蔵野大学薬学キャリ ア教育研究センター 5年間の活動検証―薬学生に対する総合支援組織の在り方について―
弓削田祥子   馬場本絵未   西丸宏   油田正樹   加瀬義夫   
第2回薬学教育学会   2017年9月2日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
薬効安全性学 (武蔵野大学)
 
   
 
漢方治療学 (武蔵野大学)
 
   
 
漢方医学 (愛媛大学医学部,三重大学医学部,長崎大学歯学部,杏林大学医学部,千葉大学医学部,大阪大学薬学部)
 
   
 
生薬(漢方)療法 (武蔵野大学)
 
   
 
薬理学 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本東洋医学会
 
   
 
和漢医薬学会
 
   
 
日本薬理学会
 
   
 
日本薬学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
更年期障害に対する加味逍遙散の有効 性・安全性の検討-プラセボ対照二重盲検無 作為化比較試験
厚生労働省: 厚生労働科学研究補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)
弘前大学大学院医学研究科産科婦人科学講座 水沼教授 
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月
 
疲労および疲労感の分子・神経メカニズムとその防御に関する研究
科学技術庁: 科学技術振興調整費
第 班(班長 大阪市立大 渡辺恭良教 
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月