言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 濱 進
 

濱 進

 
アバター
研究者氏名濱 進
 
 
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名
学位博士(薬学)(北海道大学)
科研費研究者番号60438041
J-Global ID201901007919942126

研究キーワード

 
ビタミン ,細胞内動態制御学 ,腫瘍微小環境 ,ドラッグデリバリーシステム

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学 / 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 
  • ライフサイエンス / 生体材料学 / 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 
  • ライフサイエンス / 薬系分析、物理化学 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 製剤学研究室 講師 
 
2013年4月
 - 
2021年3月
京都薬科大学 薬品物理化学分野 講師 
 
2017年3月
 - 
2018年2月
ユタ大学  訪問研究員 
 
2011年4月
 - 
2013年3月
東北大学 加齢医学研究所 共同研究員 
 
2008年4月
 - 
2013年3月
京都薬科大学 薬品物理化学分野 助教 
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
北海道大学大学院 薬学研究科 博士後期課程
 
2001年4月
 - 
2003年3月
徳島大学大学院 薬学研究科 博士前期課程
 
1997年4月
 - 
2001年3月
徳島大学 薬学部 製薬化学科
 

委員歴

 
2016年1月
 - 
現在
ビタミンE研究会  幹事
 

受賞

 
2014年6月
平成26年度日本ビタミン学会, 奨励賞
濱 進 
 
2013年1月
平成25年度日本薬学会近畿支部, 奨励賞
濱 進 
 
2010年6月
第10回遺伝子・デリバリー研究会, 奨励賞
濱 進 
 
2010年1月
第21回ビタミンE研究会, 奨励賞
濱 進 
 

論文

 
 
Susumu Hama   Yuriko Okamura   Kazuho Kamei   Saki Nagao   Mari Hayashi   Shizuka Maeda   Kenji Fukuzawa   Kentaro Kogure   
Biochemical and Biophysical Research Communications      2020年1月   [査読有り]
α-Tocopheryl succinate (TS) is a tocopherol derivative and has multifaceted anti-cancer effects; TS not only causes cancer cell-specific apoptosis but also inhibits tumor angiogenesis. Although TS has the potential to be used as a well-tolerated a...
 
Mahadi Hasan   Susumu Hama   Kentaro Kogure   
Scientific Reports   Vol.9(No.1) 4114-4114   2019年3月   [査読有り]
 
Misuzu Ishikawa   Shota Hirai   Tatsusada Yoshida   Natsumi Shibuya   Susumu Hama   Yu Takahashi   Tatsuya Fukuta   Tamotsu Tanaka   Shinzo Hosoi   Kentaro Kogure   
Chemical & Pharmaceutical Bulletin   Vol.66(No.7) 714-720   2018年5月   [査読有り]
We previously found that antioxidative activity of liposomes co-encapsulating astaxanthin (Asx) and tocotrienols (T3s) was higher than the calculated additive activity, which results from intermolecular interactions between both antioxidants (J. C...
 
Satoko Suzuki   Shoko Itakura   Ryo Matsui   Kayoko Nakayama   Takayuki Nishi   Akinori Nishimoto   Susumu Hama   Kentaro Kogure   
BIOMACROMOLECULES   18(2) 535-543   2017年2月   
Delivery of anticancer drugs into tumor cores comprised of malignant cancer cells can result in potent therapeutic effects. However, conventional nanoparticle-based drug delivery systems used for cancer therapy often exhibit inefficient tumor-pene...
 
Hyunkyung Jung   Yuri Shimatani   Mahadi Hasan   Kohei Uno   Susumu Hama   Kentaro Kogure   
INTERNATIONAL JOURNAL OF PHARMACEUTICS   516(1-2) 258-265   2017年1月   
Various non-viral delivery systems for small interfering RNAs (siRNA) have been developed. Such delivery systems generally exhibit tightly formed spherical structures. While such carriers have demonstrated good transfection activity in mono-layere...

MISC

 
 
小暮健太朗   濱 進   
ビタミン   91 182-187   2017年   
 
小暮 健太朗   濱 進   梶本 和昭   
オレオサイエンス   15 131-137   2015年   
 
Hama S   Nakamura I   Nishimoto A   Nishi T   Itakura S   Kogure K   
Molecular Cancer Therapeutics   14 A202-A202   2015年   
 
小暮健太朗   濱 進   梶本和昭   
Cosmetic Stage   9 1-6   2015年   
 
Kentaro Kogure   Susumu Hama   Masahiko Yamamoto   Kiyoshi Kanamura   Kaoru Kigasawa   Kazuaki Kajimoto   
JOURNAL OF GENE MEDICINE   16(7-8) 213-213   2014年7月   

書籍等出版物

 
 
濱 進, 高田和幸(担当:分担執筆, 範囲:第8章 血液脳関門通過を可能にするDDS技術とその評価:アルツハイマー病DDS技術の開発)
(株)技術情報協会   2019年4月   
 
斎藤博幸, 濱 進(担当:分担執筆, 範囲:3-4.界面化学)
(株)南江堂   2017年      
 
濱 進, 板倉祥子, 小暮健太朗(担当:分担執筆, 範囲:第5章4節がん微小環境をターゲットとしたDDS技術開発)
(株)製剤技術協会   2017年      
 
濱 進, 小暮健太朗(担当:分担執筆, 範囲:標的に応じた構造特性を有するがん治療DDS)
2015年      
 
小暮健太朗, 気賀澤郁, 濱 進, 梶本和昭(担当:分担執筆, 範囲:第2章第1節イオントフォレシスによる経皮デリバリー技術)
(株)技術情報協会   2014年      

講演・口頭発表等

 
 
Tumor-Penetrable Nanoparticles for Delivering Drugs into Cells in Response to Tumor Microenvironment
Hama S   Suzuki S   Itakura S   Kogure K   
BIT’s 8th Annual World Congress of Nano Science & Technology-2018   2018年   
 
Development of a siRNA Carrier Penetrable into the Deep Region of Tumor
Hama S   Suzuki S   Itakura S   Kogure K   
BIT's 9th World Gene Convention-2018   2018年   
 
Slightly Acidic pH Sensitive Peptide-Modified Nanoparticles for Nucleic Acid Delivery to Cancer Cells
Hama S   Itakura S   Kogure K   
BIT’s 6th Annual World Congress of Nano Science & Technology-2016   2016年   
 
がん微小環境応答性素子を組み込んだリポソーム型DDSの構築
濱 進   板倉祥子   小暮健太朗   
第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム   2015年   
 
がん微小環境を利用したDDS開発と有用性評価
濱 進   
技術情報協会セミナーがんDDS技術における安全性・有効性評価   2015年   

所属学協会

 
 
   
 
Controlled Release Society
 
   
 
American Association for Cancer Research
 
   
 
遺伝子・デリバリー研究会
 
   
 
ビタミンE研究会
 
   
 
日本ビタミン学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2018年 - 2020年
 
腫瘍微小環境応答性ペプチド搭載核酸キャリアーの開発と肝転移がん治療への展開(国際共同研究強化)
文部科学省: 科学研究費補助金(国際共同研究加速基金・国際共同研究強化)
濱 進 
研究期間: 2016年 - 2018年
 
研究期間: 2015年 - 2017年
 
研究期間: 2013年 - 2014年
 
研究期間: 2009年 - 2011年

産業財産権

 
 
 
 
原田敦史   山本聡   小暮健太朗   濱 進   

メディア報道

 
 
日本経済新聞   2015年   [新聞・雑誌]