言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 村松 陸雄
 

村松 陸雄

 
アバター
研究者氏名村松 陸雄
 
ムラマツ リクオ
URLhttp://muramatsu-lab.com/
所属武蔵野大学
部署工学部 環境システム学科
職名教授
J-Global ID200901017391027046

研究キーワード

 
越境論・異分野融合 ,未来の学び ,行動科学 ,環境心理学

研究分野

 
  • その他 / その他 / 未来の学び
  • その他 / その他 / 越境論・異分野融合
  • 人文・社会 / 社会心理学 / 環境心理学
  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会 / 
  • 環境・農学 / 循環型社会システム / 

経歴

 
2020年6月
 - 
現在
学校法人武蔵野大学 評議員   
 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学  別科長 
 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学  教務部長 
 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院環境学研究科 環境システム専攻博士課程  教授 
 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学工学部 環境システム学科 教授   
 

学歴

 
1996年4月
 - 
2002年3月
東京工業大学大学院 総合理工学研究科 人間環境システム専攻, 博士(工学)
 

委員歴

 
2019年6月
 - 
現在
一般社団法人環境情報科学センター 行事委員会  委員
 
2019年4月
 - 
現在
日本建築学会 環境工学委員会 環境心理生理運営委員会 人類学的アプローチ小委員会  委員
 
2019年4月
 - 
現在
日本建築学会環境工学委員会 環境心理生理運営委員会 人類学的アプローチ小委員会 「文化・社会WG]  委員
 
2016年4月
 - 
現在
未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)  共同代表
 
2005年3月
 - 
現在
環境省  環境カウンセラー[市民部門]
 

受賞

 
2002年8月
平成14年度照明学会論文賞
 

論文

 
 
村松陸雄   
武蔵野大学環境研究所紀要   9 2020年3月   
 
村山史世   石井雅章   陣内雄次   高橋朝美   滝口直樹   長岡素彦   村松陸雄   
武蔵野大学環境研究所紀要   (8) 47-652019年3月   
 
村松陸雄   
武蔵野大学環境研究所紀要   (7) 97-1092018年3月   
 
村松陸雄   石井雅章   田中優   長岡素彦   村山史世   
武蔵野大学環境研究所紀要   (6) 15-202017年3月   
 
村松陸雄   村山史世   
武蔵野大学環境研究所紀要   (5) 43-572016年3月   

MISC

 
 
村松陸雄   伊藤通子   石井雅章   勝浦信幸   小林久美子   小山田健   田中優   長岡素彦   畑正夫   村山史世   山口泰史   早川公   
第26回大学教育研究フォーラム発表論文集   2020年3月   
 
村松陸雄   葛西妃南   眞弓愛里沙   出塚益弘   加藤要   椎名悠斗   
日本環境教育学会第30回年次大会(山梨)研究発表要旨集   2019年8月   
 
村松 陸雄   滝口 直樹   高橋 朝美   村山 史世   長岡 素彦   石井 雅章   
環境情報科学   48(1) 99-1002019年3月   [招待有り]
2030アジェンダ・SDGsの社会的な認知を高める段階から、いかに社会実装していくかという段階に入っている。とくに国レベルでの対応から,地域社会とSDGsの接合を具体的に進めていくことが重要な課題である。本セッションでは、SDGsの総合的もしくは概略的な解説ではなく、主に環境分野での具体的な取組事例をつうじて,行政・企業・NPO・大学等のマルチステイクホルダーによる協働の観点(Hemmati, 2002)から、SDGsと地域社会の接合可能性について検討した。とくに、環境分野での協働取組によ...
 
村松陸雄   滝口直樹   高橋朝美   村山史世   長岡素彦   石井雅章   
第32回環境情報科学学術研究論文発表会   2019年3月   [査読有り]
 
村山史世   長岡素彦   早川公   石井雅章   長岡素彦   村松陸雄   陣内雄次   
第25回大学教育研究フォーラム論文集   2019年3月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
日本建築学会(担当:共著)
彰国社      2013年4月   (ISBN:4395100481)   
住居・建築・都市などのさまざまな環境における人間の心理生理を学ぶ学生や実務者、および他分野の研究者向けに編まれた用語集。環境心理・環境生理に関する用語を、建築だけでなく心理学・生理学・音響学などの各分野の環境要素や関連分野から集め、約3,500語に絞り解説している。
 
山崎浩一, 村松陸雄(担当:共著)
武蔵野大学通信教育部      2008年3月      
武蔵野大学通信教育部で開講されている、「心理学測定法」用の教科書
 
羽生和紀, 槇究, 村松陸雄共同監訳(担当:共著)
北大路書房      2007年6月      
環境心理学はこころのはたらきを仲介とした人と環境の結びつき,相互作用を探求する学際的な学問であり日々進展している。そのような中,本書は現在の環境心理学の領域を包括的にカバーした定評のある基本テキスト。下巻では都市,住居,教室,オフィスといった身近に接する環境を取り上げ詳説した。
 
机械工业出版社      2006年1月      
「光と色の視環境デザイン」中国語版ISBN: 7111174593
 
羽生和紀, 槇究, 村松陸雄共同監訳(担当:共著)
北大路書房      2005年6月      
本書は,欧米における環境心理学の教育プログラムにおいて,専攻する学生,主として大学院生が必ず読むべき基本書として指定される文献として高く評価されており,現在の環境心理学の領域を包括的にカバーした教科書とよべるものである。本書の発刊が環境心理学に興味のある人をできるだけ増やし,人間と環境が関わるすべての分野の人々に対して環境心理学が多大な示唆を与える。

講演・口頭発表等

 
 
趣旨説明:「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」は大学PBLでもいえるのか、学生と教員のエンゲージメントをアンカンファレンスで考える150分。あなたもこの企画セッションに巻き込まれてみては!?
村松 陸雄   
第26回大学教育研究フォーラム   2020年3月19日   
 
ワークショップ「お先真っプラ」─プラスチックごみ問題を理解を深める新ワークショップ提案
村松陸雄   武蔵野大学EPL(Environmental Psychology Lab)   
未来の先生展2019   2019年9月15日   
 
環境学に対するイメージと期待に関する探索的検討
村松陸雄, 葛西妃南, 眞弓愛里沙, 出塚益弘, 加藤要, 椎名悠斗   
日本環境教育学会第30回年次大会(山梨)   2019年8月23日   
 
社会情報学とSDGs
村松 陸雄   
社会情報学会社員総会シンポジウム   2019年6月1日   
 
指定討論:未来のプロフェッショナルを育むために大学教育に求められる変容とは?
村松陸雄   
第25回大学教育研究フォーラム   2019年3月23日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
メディアコミュニケーション2 (武蔵野大学)
 
   
 
メディアコミュニケーション1 (武蔵野大学)
 
   
 
環境プロジェクト特別演習 (武蔵野大学)
 
   
 
心理学実験実習(中級) (武蔵野大学)
 
   
 
心理学実験実習(初級) (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)
 
   
 
日本質的心理学会
 
   
 
日本環境心理学会
 
   
 
人間・環境学会
 
   
 
日本環境教育学会

Works(作品等)

 
 
2010年3月   その他
地球環境問題に端を発し、それを拡張した「人間環境系倫理」がいかなるものであるかというテーマで研究会を開設し、2008 年度に議論した結果をまとめた報告書である。(共同研究につき、本人担当部分抽出不可能)
 
著者   渡辺秀俊   高橋正樹   木多道宏   橘弘志   実   隼田尚彦   土田義郎   共同研究につき   本人担当部分抽出不   
2007年3月   その他
環境心理生理運営委員会、環境心理教材SWGにおいて議論した結果をまとめた報告書である。
 
2002年3月   その他
本研究は、従来の光環境評価が複数の要因間の相互関係やグローバルな視点を考慮した検討が欠如していることが光環境評価の発展を阻害していることを明らかにし、さらに評価者と評価対象との関わり方、特に、評価対象の公共性の程度と評価者が評価対象に対する当事者としての利害関係が重要な要因であることを示した。上記の課題を解決する方策として、光環境評価を多属性問題として捉えることを提案し、その妥当性をオフィス、住宅地、地域街路空間における光環境評価及び光害に対する意識と光環境評価を分析することで検討した。そ...

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月

社会貢献活動

 
 
【助言・指導,情報提供,企画,運営参加・支援】
未来の学びと持続可能な開発・発展研究会 2019年2月23日 - 2019年2月24日
 
【その他】
 2019年2月1日
 
【講師,企画,運営参加・支援】
 未来の先生展 実行委員会 2018年9月15日 - 2018年9月16日
 
【コメンテーター,司会,企画,運営参加・支援】
未来の学びと持続可能な開発・発展研究会 2018年2月24日 - 2018年2月25日
 
【コメンテーター,司会,企画,運営参加・支援】
未来の学びと持続可能な開発・発展研究会 2017年11月12日

メディア報道

 
 
宣伝会議   環境会議 2017秋号   2017年9月   [新聞・雑誌]