言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 西牟田 章戸
 

西牟田 章戸

 
アバター
研究者氏名西牟田 章戸
 
ニシムタ アキト
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位薬学修士(京都大学)
J-Global ID201701007893493692

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 講師   
 
2008年4月
 - 
2013年6月
慶應義塾大学 医学部 助教   
 
2005年7月
 - 
2008年3月
慶應義塾大学 医学部 研究員   
 
2005年4月
 - 
2005年6月
慶應義塾大学病院 薬剤部   
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2005年3月
京都大学 薬学研究科 
 
1999年4月
 - 
2003年3月
静岡県立大学 薬学部 
 

論文

 
 
田島 純一   小川 潤子   小川 ゆかり   小清水 治太   西牟田 章戸   益戸 智香子   吉井 智子   高尾 良洋   加藤 眞由美   高橋 あゆみ   宮川 昌和   山下 直美   三原 潔   
日本地域薬局薬学会誌   6(2) 70-79   2018年12月   [査読有り]
学生にとって充実した質の高い実習を行うためには、学生が実習を通じて如何に成長できたと感じたか、すなわち実習をどの程度有意義と感じたかが重要と考えられる。今回、有意義度に影響する因子を明らかにするため、2012〜2017年度に実務実習を受けた学生830名に対して実習終了直後に行ったアンケートの回答を分析した。結果、有意義度に大きな影響を与える因子は、実習中の患者とのコミュニケーションの頻度と、指導薬剤師の実習生への対応(準備・熱心さ・質問のしやすさ)であると考えられた。
 
Sayo Suzuki   Yasuko Yamayoshi   Akito Nishimuta   Yusuke Tanigawara   
PROTEOME SCIENCE   9    2011年12月   
Background: Individual responses to oxaliplatin (L-OHP)-based chemotherapy remain unpredictable. The objective of our study was to find candidate protein markers for tumor sensitivity to L-OHP from intracellular proteins of human colorectal cancer...

講演・口頭発表等

 
 
薬学教育における少人数グループ討論・問題立脚型学習の実施とその教育的効果の検証
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム   2016年6月26日   
 
メタボローム解析によるヒト大腸癌細胞の5-FU+オキサリプラチンに対する応答機構の解明
第10回日本臨床腫瘍学会学術集会   2012年   
 
Metabolomic analysis on pharmacological responses to oxaliplatin plus 5-FU in colorectal cancer cells
103rd American Association for Cancer Research Annual Meeting   2012年   
 
A metabolomic analysis revealed the involvement of deoxycytidine kinase and CTP synthase in the sensitivity of human pancreatic cancer cells to gemcitabine
103rd American Association for Cancer Research Annual Meeting   2012年   
 
メタボローム解析による大腸癌細胞のオキサリプラチン感受性因子の探索
第9回日本臨床腫瘍学会学術集会   2011年   

所属学協会

 
 
   
 
日本アプライド・セラピューティクス学会
 
   
 
日本薬学教育学会
 
   
 
日本医療薬学会
 
   
 
東京都病院薬剤師会
 
   
 
日本骨粗鬆症学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2010年 - 2011年
 
研究期間: 2008年 - 2009年

産業財産権

 
 
谷川原祐介   鈴木哲也   西牟田章戸   杉本伸二   五十嵐義晃   
 
谷川原祐介   西牟田章戸   大谷勇紀   松尾光寿   
 
谷川原祐介   西牟田章戸   大谷勇紀   松尾光寿   
 
谷川原祐介   西牟田章戸   津崎盾哉   高橋寛行   
 
谷川原祐介   西牟田章戸   大谷勇紀   松尾光寿   

資格・免許