言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 坂上 明子
 

坂上 明子

 
アバター
研究者氏名坂上 明子
 
サカジョウ アキコ
所属武蔵野大学
部署看護学部 看護学科
職名教授
J-Global ID201801014826735464

研究キーワード

 
意思決定 ,母親役割 ,不妊治療

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生涯発達看護学 / 母性看護学、助産学

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学 看護学部 教授 
 
2010年4月
 - 
2018年3月
千葉大学 大学院看護学研究科 准教授 
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2008年3月
千葉大学 大学院看護学研究科 
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東北大学 教育学研究科 
 
1985年4月
 - 
1989年3月
千葉大学 看護学部 
 

委員歴

 
2015年9月
 - 
現在
日本生殖看護学会  理事
 
2015年2月
 - 
現在
日本看護科学学会  代議員
 
2013年6月
 - 
現在
日本母性衛生学会  代議員
 
2011年6月
 - 
現在
日本母性看護学会  理事
 
2010年4月
 - 
2018年3月
千葉県母性衛生学会  理事
 

受賞

 
2019年1月
The 22th Conference of East Asin Forum of Nursing Scholars 2019, Third place,Poster Presentation,Interprofessional Collaboration in Perinatal Care for Women of Very Advanced Maternal Age: A Survey of Existing Practice in Japan
Kunie MAEHARA Emi MORI Hiroko IWATA Asuka SAITO Mai KOSAKA Kayoko KIMURA Akiko SAKAJO 
 
2017年8月
第3回ALSO-JAPAN学術集会, 優秀ポスター賞,多職種からなる周産期急変対応チームの育成システム構築に関する研究(第2報)
坂上明子 長田久夫 飯塚美徳 
 
2016年10月
日本母性衛生学会, 学術優秀賞,分娩施設退院前の高年初産婦の身体的心理社会的健康状態:年齢・初経別の四群比較から
坂上明子 
 

論文

 
 
前原邦江   森恵美   岩田裕子   坂上明子   玉腰浩司   
母性衛生   59(4) 842-8522019年1月   [査読有り]
 
稲桂,森恵美   坂上明子   
母性衛生   59(4) 745-7532019年1月   [査読有り]
 
前原邦江   森恵美   坂上明子   岩田裕子   玉腰浩司   
母性衛生   59(2) 365-3742018年7月   [査読有り]
 
前原邦江   坂上明子   岩田裕子   三國和美   青木恭子   森恵美   
日本生殖看護学会誌   15(1) 5-142018年6月   [査読有り]
 
Mori E   Iwata H   Maehara K   Sakajo A   
Japan Society for Reproductive Medicine   17(3) 275-2822018年4月   [査読有り]

MISC

 
 
坂上明子   
月刊母子保健   (706) 4-52018年2月   [招待有り]
 
坂上明子   
ペリネイタルケア   36(11) 1080-10852017年11月   
 
石橋みゆき   眞嶋朋子   岡田忍   小宮山政敏   坂上明子他   
千葉大学大学院看護学研究科紀要   39 43-492017年   [査読有り]
 
 
坂上 明子   谷本 真理子   増島 麻里子   斉藤 しのぶ   小澤 治美   
千葉大学大学院看護学研究科紀要   35(35) 15-202013年3月   [査読有り]
社会の要請に応え,資質の高い看護職者を育成するためには,看護基礎教育課程における教育の質を向上させ,卒業時の看護実践能力の水準を一定に保証することが必要である.千葉大学看護学部では,学生が卒業時までに獲得することが求められる看護実践能力を育成するために,平成18年より看護実践能力自己評価ポートフォリオを活用している.これは,「看護基本技術の到達レベル自己評価編」と「実習の到達レベル自己評価編」から構成され,看護基本技術の授業(演習)と実習において,積み重ね学習と自己教育力の育成ができるよう...

書籍等出版物

 
 
森恵美, 高橋眞理, 工藤美子, 堤治, 石井邦子, 島袋香子, 上別府圭子, 岩田裕子, 坂上明子(担当:共著, 範囲:母子看護における災害時の中長期・備えの支援)
医学書院      2016年1月      
 
森恵美, 高橋眞理, 工藤美子, 堤治, 定月みゆき, 坂上明子他(担当:共著, 範囲:出生前診断を受ける人への看護・遺伝カウンセリング、不妊治療と看護、妊娠期の心理・社会的特性、妊婦と胎児の経過の診断とアセスメント)
医学書院      2016年1月      
 
小島操子編著, 濱松加寸子, 鈴木和代, 坂上明子(担当:共著, 範囲:女性のライフサイクル各期の看護)
オーム社      2008年      
 
後藤節子編, 森田せつ子, 鈴木和代, 大村いづみ, 坂上明子他, 名坂上明子(範囲:母子保健事業と母性看護)
名古屋大学出版会      2005年3月      
 
宮里和子監修, 分担執筆, 関谷伸子, 國分真佐代, 井上尚美, 立岡弓子, 坂上明子(担当:共著, 範囲:妊婦の看護、母性の倫理的問題)
医学芸術社      2005年3月      

講演・口頭発表等

 
 
Evaluating a simulation traning program for interprofessional response to acute obstetric emergencies
Akiko SAKAJO   Hisao OSADA   Yoshinori IITSUKA   
The 22th conference of East Asian Forum of Nursing Scholars 2019   2019年1月17日   
 
Interprofessional collaboration in perinatal care for women of very advanced maternal age:A nationwide survey in Japan
Kunie MAEHARA   Emi MOEI   Hiroko IWATA   Asuka SAITO   Mai KOSAKA   Kayoko KIMURA   Akiko SAKAJO   
The 22th conference of East Asian Forum of Nursing Scholars 2019   2019年1月17日   
 
Development and evaluation of a nursing intervention program for preventing symptoms of postpartum depression among Chinese women in Japan
Qiong-ai JIN   Emi MORI   Akiko SAKAJO   
The 22th conference of East Asian Forum of Nursing Scholars 2019   2019年1月17日   
 
高度生殖医療を受けた妊婦の母親役割獲得を促す看護介入プログラム(改訂版)の評価
坂上明子   森恵美   前原邦江   
第16回日本生殖看護学会学術集会   2018年9月   
 
多職種からなる周産期急変対応チームの育成システム構築に関する研究(第3報)
坂上明子   長田久夫   飯塚美徳   
第4回ALSO-JAPAN学術集会   2018年8月   

所属学協会

 
 
   
 
日本女性心身医学会
 
   
 
日本健康心理学会
 
   
 
日本助産学会
 
   
 
日本看護学教育学会
 
   
 
日本母性衛生学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月