言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 熊田 博喜
 

熊田 博喜

 
アバター
研究者氏名熊田 博喜
 
クマダ ヒロキ
所属武蔵野大学
部署人間科学部社会福祉学科
職名教授
学位学士(東洋大学), 修士(東洋大学大学院)
J-Global ID201701002402453552

研究キーワード

 
NPO ,福祉政策 ,ソーシャル・インクルージョン ,コミュニティ

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院人間社会研究科 実践福祉学専攻 教授   
 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学人間科学部 社会福祉学科 教授   
 
2005年4月
 - 
現在
東洋大学 社会学部 非常勤講師   
 
2010年4月
 - 
2016年3月
常磐大学 コミュニティ振興学部 非常勤講師   
 
2012年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学人間科学部 社会福祉学科 准教授   
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2005年3月
東洋大学大学院 社会学研究科 社会福祉学専攻
 
1994年4月
 - 
1996年3月
東洋大学大学院 社会学研究科 社会福祉学専攻
 
1990年4月
 - 
1994年3月
東洋大学 社会学部 応用社会学科
 

委員歴

 
2018年8月
 - 
現在
千代田区社会福祉協議会  「ちよだ成年後見センター運営委員会」委員長
 
2017年3月
 - 
現在
東京都  「東京都保健医療計画推進協議会改定部会」専門委員
 
2017年1月
 - 
現在
西東京市社会福祉協議会  「西東京市社会福祉協議会評議員選任・解任委員会」委員長
 
2016年9月
 - 
現在
日本地域福祉学会  第11期「選挙管理委員会』委員長
 
2016年5月
 - 
現在
東京都  「東京都高齢者保健福祉施策委員会」委員
 

論文

 
 
ソーシャルワーク研究   41(1) 58-672015年4月   [招待有り]
本論文は、今日、地域福祉で課題視されている「制度の狭間」を支援するシステムとその中で中心的な役割を果たすコミュニティソーシャルワーカーの内実や機能について、主に西東京市の事例を通して分析を試みることを目的とする。

MISC

 
 
ネットワーク   (339) 132015年12月   [招待有り]
東京都都内における地域の支え合い事例(4つ)の活動実践を踏まえ、地域で住民同士の「つながり』を生み出すのに必要な要件について論じている。
 
武蔵野大学人間科学研究所年報   (4) 2015年3月   
本稿では、地域包括支援センターを中心に、広く社会福祉における「地域」理解を検討する一端として、a)連携やネットワークを構築する地域社会の主体の現状や実際、b)地域社会の「福祉」に対する認識、そしてそのようなa)・b)を踏まえた上で、c)地域社会に対して地域包括支援センターはどのようなアプローチを行うのか、という上記a)・b)・c)を巡り、その基本的な考え方を検討する過程の中で、地域へのアプローチを行う際の基本的な考え方を整理することを目的とするものである。
 
『武蔵野大学人間科学研究所年報』   (第3号) 35-432014年3月   
近年、「格差」の問題が日本社会で常態化してきており、特に就労している年齢層では非正規労働層の貧困化が問題化してきている。一方で就労からリタイアした世代である高齢者のも様々な形で、そのような問題が現れてきている。高齢者、特に在宅で生活する生活困窮状態にある高齢者がどのような生活背景を有し、どのような状況に陥っているのか、そしてどのような支援が求められているのかを明らかにすることが急務である。本稿では、その検討の足がかりとして、在宅高齢者の困窮者の諸論点について先行研究のレビュー・整理を行うと...
 
武蔵野大学現代社会学部紀要   (第7号) 99-1132010年3月   
本稿では、高齢者の生活危機や貧困を考察する手掛かりとして、特に高齢者の収入実態に注目して検討を行った。具体的には2007年~08年に行った在宅高齢者の生活実際調査の中で、家計収入、特に収入を支える年金制度や保有資産状況、就労状況等に着目しつつ、その家計収入実態の一端を素描すると共に、その特徴や傾向について明らかにすることを目的としたものである。結果、主力家計収入源が年金、特に職域年金であり、その年金を補助する形で国民年金や個人資産が活用されていること。家計収入の多寡と金融資産の多寡には相関...
 
武蔵野大学現代社会学部紀要   (第6号) 87-1082009年3月   
地域福祉が1970年代以降、その社会福祉実践、制度として取組みが進められる中で、孤独死やホームレス問題など地域社会の中で取り残された人々の存在とその支援の方途が今日模索されている。では今日の到達点としての地域福祉はどのように成立したのであろうか。本稿では自治体、特に武蔵野市の地域福祉実践の歴史に着目しながら、その発達過程と発展を促した諸要件の解明を試みるものである。まず、地域福祉理解の基本的視座について地域福祉の諸要素の整理を踏まえた上で提示し、それを基に武蔵野市における地域福祉の発展を4...

書籍等出版物

 
 
日本地域福祉学会, 地域福祉イノベーション研究会監修, 宮城孝編集代表(担当:共著, 範囲:生活困窮者支援における「地域社会」~対象・方法・主体・役割を巡って~)
中公法規出版      2017年11月      
日本地域福祉学会大会第30回大会の記念して出版された書籍である。本大会では、「コミュニティの持続可能性の危機と地域福祉のイノベーション」が大会テーマであり、「地域包括ケア」「生活困窮者の自立支援」「社会福祉法人改革と社会開発」の3つをキーワードに内容が検討された。筆者は、「生活困窮者の自立支援」の分科会のコーディネーターを担当した関係で本書の執筆に関わったが、本講では特に生活困窮者支援に地域社会がどのように関わっているのかについて、対象・方法・主体・役割の各点から、当日のパネリスト(朝比奈...
 
岩田弘三, 谷田川ルミ, 岡田佳子, 冨江英俊, 熊田博喜(担当:共著, 範囲:第13章「青年の社会貢献活動」及び第14章「青年に対する社会的排除と支援」)
放送大学教育振興会      2017年3月      
本書は放送大学テキスト教材である。子ども・青年を巡る環境の変化に伴い、様々な問題が噴出し、錯綜状態にあるのが日本の現状であるが、本書は学際的な視点から子ども・青年の現状・課題に対してアプローチしていることが特徴である。筆者は、第13章「青年の社会貢献活動」、第14章「青年に対する社会的排除と支援」を担当している。
第13章では、青年が社会貢献活動に取り組む意義を確認した後、その具体的形態であるボランティアやNPOの定義、青年の社会貢献活動の歴史・意識について明らかにする。次に青年の社会貢...
 
監修, 古川孝順, 共同執筆者, 野口友紀子, 金子光一, 秋元美世, 児島亜紀子, 平塚謙一, 小林良二, 小松理佐子, 西田恵子, 熊田博喜, 門美由紀, 相馬大祐, 飛永高秀, 中村英三, 柳愛貞, 千葉真理子, 後藤広史, 上村麻耶, 笹尾雅美, 本多勇, 伊部恭子(担当:共著, 範囲:社会福祉協議会の「経営」の基本概念とその要点~社会福祉協議会「経営」の史的変遷を中心に~)
筒井書房      2012年3月   (ISBN:9784864790055)   
社会福祉協議会の「経営」の基本概念やその要点について、まず民間非営利組織・行政組織・社会福祉組織における経営概念を明らかにした上で、社協「経営」の基本枠組を明らかにした上で、「経営」概念の推移について全社協各種社協文書の史的変遷を追いながら、その論点を明らかにしつつ、社協「経営」の方向性について分析を行った。担当部分:第2部3 A5版(総頁数380頁中、P161~P188)
 
編著者, 小松理佐子, 共同執筆者, 新谷司, 大藪元康, 尾里育士, 川島ゆり子, 川村岳人, 熊田博喜, 新名雅樹, 相馬大祐, 千葉真理子, 徳広隆司, 飛永高秀, 永井裕子, 中村英三, 西田恵子, 芳賀祥泰, 堀内裕美, 本多勇, 吉永洋子(担当:共著)
ミネルヴァ書房      2010年3月      
社会福祉士資格法改正に伴い新科目として講じられた「社会福祉運営管理」に関する初学者向けのテキストである。筆者は「社会福祉供給の基礎理論」に関する「公私関係」「準市場」、並びに「福祉サービスの提供主体」に関する「特定非営利活動法人」、「特定非営利活動法人の運営」に関する項目の執筆を行った。「社会福祉供給の基礎理論」では、社会福祉供給に関する基本的な枠組となる公私関係の基本的な考え方に併せて、今日の福祉供給体制に大きな影響を及ぼしている準市場の考え方とその特徴について論じている。またサービス供...
 
編著者, 坪井真, 共同執筆者, 新井利民, 内慶福, 鎌田真理子, 瓦井昇, 木下聖, 熊田博喜, 齊藤千鶴, 西都代子, 長谷中崇志, 牧村順一, 明路咲子, 山本美香(担当:共著)
(株)みらい      2009年4月      
社会福祉士資格法改正に伴う新しい「地域福祉論」のテキストとして編纂されたものである。筆者は第三章「地域福祉の発達過程」を担当した。そこでは地域福祉の発達過程の基本視点として、地域福祉が本格的に誕生したと捉えられている1970年代の段階において、1970年代以前の地域を基盤とした諸実践との「連続性」があることに併せて、1970年代以降の地域を基盤とした諸実践とは一線を画する「断絶性」があることを指摘した。更にその理解を踏まえ、今日の地域福祉誕生に大きな影響を及ぼしたイギリスとアメリカ、更には...

講演・口頭発表等

 
 
地域共生社会の実現に向けて~住民同士が支え合う活動の重要性について~
熊田 博喜   
江東区地域福祉セミナー   2018年7月9日   江東区社会福祉協議会   
 
見守りからはじまる地域づくり~ささえあう心と安らぎの居場所~
熊田 博喜   
平成29年度ささえあい訪問協力員フォローアップ研究会   2018年3月12日   西東京市社会福祉協議会   
 
地域に眠る宝を見つける力、聴く力~コーディネーターが語る、社会資源開発~
熊田 博喜   
2018年3月1日   東京都社会福祉協議会   
 
『わたし』がつくる『わたしたち』の居場所
熊田 博喜   
地域の居場所づくり講座   2018年1月11日   中野区社会福祉協議会   
 
なぜ、居場所が必要か
熊田 博喜   
居場所(サロン)づくり講座   2017年12月7日   小平市社会福祉協議会   

所属学協会

 
 
   
 
日本地域福祉学会
 
   
 
日本社会福祉学会
 
   
 
社会政策学会
 
   
 
日本ボランティア学会

Works(作品等)

 
 
熊田博喜   小松理佐子   本多勇   後藤広史   川村岳人   相馬大祐   孫彰良   
2017年3月   その他
本研究は、近年、「制度の狭間」等の十分に支援が行き届かない課題に対して市場の原理を活用してその対象者の社会的包摂を図ると共に事業運営費を安定的に確保する組織である社会的企業の実践に注目して、その問題解決の手法を明らかとすると共に、そのような問題解決手法がどのように地域・社会の問題解決にアプローチしているのか解明することを目的とするものである。
 
下門顯太郎   菊池潤   松本博之   熊田博喜   
2016年11月   その他
 
坂倉杏介   長田英史   小池良実   稲葉隆裕   草野由佳   植原奈穂子   山崎美貴子   
2016年3月   その他
本ハンドブックは、『平成25・26年度 地域の居場所活性化モデル事業報告書』を受け作成した冊子で、社会福祉協議会の新人職員が居場所づくりの相談を住民から受けた際にどのように支援を進めて行けばよいのか、実践的視点から、その立ち上げから終結に至るまで、居場所支援に関わる重要なステップを網羅的に記載したものである。
 
坂倉杏介   長田英史   小池良実   稲葉隆裕   草野由佳   高野邦義   宮地成子   山崎美貴子   
2015年6月   その他
本報告書は、東京都社会福祉協議会 東京ボランティア・市民活動センターの地域の居場所活性化モデル事業検討委員会の報告書である。地域の居場所づくりの「中間的支援」のい視点からまとめることを目的としている。
 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
研究期間: 2013年9月 - 2014年3月
 
 
研究期間: 2012年9月 - 2013年3月

その他(教育上の能力)