言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 香春 知永
 

香春 知永

 
アバター
研究者氏名香春 知永
 
カハル チエ
所属武蔵野大学
部署看護学部 看護学科
職名教授
J-Global ID201701007585719914

研究キーワード

 
看護教育 ,基礎看護学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 基礎看護学 / 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院看護学研究科 看護学専攻(博士後期課程) 教授   
 
2011年4月
 - 
現在
公立大学法人埼玉県立大学保健医療福祉学研究科 非常勤講師   
 
2010年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院看護学研究科 看護学専攻 教授   
 
2006年4月
 - 
現在
武蔵野大学看護学部 看護学科 教授   
 
2007年4月
 - 
2013年3月
国立大学法人東京医科歯科大学 医学部保健衛生学科 非常勤講師   
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
聖路加看護大学大学院 看護学研究科 
 
1984年4月
 - 
1986年3月
千葉大学大学院 看護学研究科 
 
1980年4月
 - 
1984年3月
聖路加看護大学 看護学部 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本看護技術学会  評議員
 
2012年11月
 - 
現在
日本看護学教育学会  研究推進・研究助成委員会委員
 
2012年9月
 - 
現在
日本看護学教育学会  評議員
 
2015年2月
 - 
2019年3月
日本看護科学学会  代議員
 
2016年1月
 - 
2017年3月
独立行政法人大学評価・学位授与機構 国立大学教育研究評価委員会  専門委員
 

論文

 
 
藤尾麻衣子   藤谷章恵   大武久美子   香春知永   
武蔵野大学看護学研究所紀要   12 31-392018年3月   [査読有り]
 
藤尾麻衣子   藤谷章恵   鈴木聖子   安藤幸枝   志賀由美   香春知永   
武蔵野大学看護学研究所紀要   9 19-282015年3月   [査読有り]
 
香春知永   大久保暢子   小板橋喜久代   吉田みつ子   鈴木美和   武田利明   
日本看護技術学会誌   6巻(2号) 34-442007年10月   
看護技術としてのグリセリン浣腸の実施方法の課題を明らかにするため、看護職者を対象としてグリセリン浣腸の実施方法の実態と、基礎看護教育課程で用いられるテキストでのグリセリン浣腸の実施方法について調査を行なった結果の報告。
 
武蔵野大学看護学部紀要   (第1号) 81-882007年3月   
 
武田利明   小板橋喜久代   香春知永   吉田みつ子   大久保暢子   鈴木美和   
日本看護技術学会誌   5巻(2号) 2-112006年10月   

MISC

 
 
栗田愛   吉田みつ子   大久保暢子   武田利明   香春知永   
日本看護技術学会第17回学術集会 講演抄録集   125-1252018年9月   [査読有り]
 
武田 利明   吉田 みつ子   大久保 暢子   香春 知永   栗田 愛   
日本看護技術学会第16回学術集会 講演抄録集   127-1272017年10月   
 
武田利明   吉田みつ子   大久保暢子   香春知永   栗田愛   
日本看護技術学会第15回学術集会 講演抄録集   50-502016年8月   
 
武田利明   吉田みつ子   香春知永   大久保暢子   
日本看護技術学会第14回学術集会   2015年10月   
 
武田利明   香春知永   吉田みつ子   大久保暢子   田代マツコ   
第11回 日本看護技術学会学術集会   2012年9月   

書籍等出版物

 
 
秋好美代子, 麻賀多美代, 浅田美江他(担当:共著)
日本看護協会出版会      2012年1月   (ISBN:9784818016286)   
便秘における緩下剤の使用方法について、既存の研究論文、ガイダンス等を用いて根拠を説明した。
 
水戸優子, 長戸和子, 酒井昌子, 鈴木弘子他(担当:共著)
医学書院      2012年1月   (ISBN:9784260013642)   
 
編集 高橋照子, 分担執筆者, 鈴木はるみ, 唐田順子, 高見千恵, 菅野夏子, 小田正枝(担当:共著)
南江堂      2009年9月      
分担執筆担当:第Ⅴ章 看護の展開
総頁数263
 
編集, 香春知永, 齋藤やよい, 分担執筆者, 香春知永, 林智子, 松谷美和子, 南川雅子(担当:共著)
南江堂      2009年1月      
編集および分担執筆
担当:第1章(p.1~8)、第Ⅱ章1.クリティカルシンキング、
2看護過程,3.記録(p.9~35)

総頁数492
 
編集深井喜代子, 前田ひとみ, 分担執筆, 宮脇美保子, 山口三重子, 新見明子, 西田直子(担当:共著)
南江堂      2006年5月      
担当:2-3-1.排尿
総頁数502

講演・口頭発表等

 
 
臨地実習において学生同士が互いに及ぼす影響に関する文献研究
藤尾麻衣子   藤谷章恵   大武久美子   香春 知永   
日本看護教育学学会第27回学術集会   2017年8月17日   
 
A大学看護学の学生が抱いている導尿と全身清拭の技術習得における「困難」
藤尾麻衣子   藤谷章恵   鈴木聖子   安藤幸枝   志賀由美   赤坂天貴子   香春知永   
第33回日本看護科学学会学術集会   2013年12月7日   日本看護科学学会   
一時的導尿と就床患者の全身清拭の技術習得において看護学生(対象者167名)が抱いている「困難」の特徴および両技術の共通性と差異について、学生の記録用紙を用いて内容を明らかにした。導尿は、排泄や形態機能、感染予防の知識を活用した一定手順による実施という困難性が、全身清拭では事例の条件に合わせた計画、自分の感覚や体験を用いた生活行動の実施などの困難性が特徴として明らかになった。
 
グリセリン浣腸ガイドライン作成に向けて
武田利明   吉田みつ子   大久保暢子   香春知永   田代マツコ   
日本看護技術学会第10回学術集会   2011年10月29日   
日本看護技術学会研究成果委員会グリセリン浣腸研究グループとして活動してきた成果(GEによる溶血、血尿、直腸穿孔など有害事象の実態調査と回避に向けた知識やアセスメント)をふまえ、ガイドライン案を提示して参加者と討議を行った。
 
グリセリン浣腸の安全性について考える-浣腸実施後の直腸粘膜の変化に着目して-
武田利明   吉田みつ子   田代マツコ   香春知永   大久保暢子   鈴木美和   松田一郎   三原由記子   
日本看護技術学会第9回学術集会   2010年10月   
「看護技術成果検討委員会GEグループ」が主催した交流集会。グルセリン浣腸による直腸粘膜への影響を中心に、マウスの実験結果を報告、ディスカッションを行なった。
 
周手術期実習で看護学生から術後の看護技術を提供された患者の思い
大竹由美子   香春知永   
第29回日本看護科学学会学術集会   2009年11月   

所属学協会

 
 
   
 
日本看護技術学会
 
   
 
日本POS医療学会
 
   
 
聖路加看護学会
 
   
 
日本看護学教育学会
 
   
 
日本病院管理学会

Works(作品等)

 
 
太田喜久子   香春知永   平林優子   野村美香   
2011年6月   その他
日本看護系協議会の看護系大学を対象とした全国調査結果の報告。日本の医療や社会状況に対応する看護教育のあり方やグローバルな看護教育・研究を検討する上で、また看護系大学の教育の果たしている社会貢献や研究活動の発信、政策等への提言などの基礎資料となるものである。
 
太田喜久子   香春知永   平林優子   野村美香   濱田悦子   
2010年6月   その他
日本看護系協議会の看護系大学を対象とした全国調査結果の報告。日本の医療や社会状況に対応する看護教育のあり方やグローバルな看護教育・研究を検討する上で、また看護系大学の教育の果たしている社会貢献や研究活動の発信、政策等への提言などの基礎資料となるものである。
 
小澤道子   香春知永   横山美樹   佐居由美   
2006年3月   その他
 
田代順子   川越博美   小澤道子   及川郁子   松谷美和子   平林優子   香春知永   酒井昌子   宮崎紀枝   
2005年3月   その他
 
菱沼典子   香春知永   横山美樹   大久保暢子   山本真知子   
2003年6月   その他

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
 
研究期間: 2002年4月 - 2006年3月
 
根拠に基づく看護技術のデータベース化に関する研究
厚生労働科学研究費補助金 医療技術評価総合研究事業: 
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月
 
研究期間: 2000年4月 - 2003年3月
 
根拠に基づく看護技術のデータベース化に関する研究
厚生科学研究費補助金 21世紀型医療開拓推進研究事業: 
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月

社会貢献活動

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)