言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 田中 笑子
 

田中 笑子

 
アバター
研究者氏名田中 笑子
 
タナカ エミコ
通称等の別名田中 笑子
URL
所属武蔵野大学
部署看護学部 看護学科
職名
ORCID ID0000-0002-2010-243X
J-Global ID202001001374413689

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生涯発達看護学 / 地域看護 在宅看護 家族看護 公衆衛生 社会福祉 エンパワメント かかわりの質 コホート研究

経歴

 
2020年4月
   
 
武蔵野大学 看護学部 看護学科 講師 
 
2015年4月
 - 
2020年3月
筑波大学  研究員 
 
2016年7月
 - 
2019年6月
独立行政法人日本学術振興会  特別研究員 
 
2017年5月
 - 
2017年10月
ロンドン王立大学 精神医学・心理学・神経科学研究所 客員研究員 
 
2012年4月
 - 
2015年3月
独立行政法人日本学術振興会  特別研究員 
 

学歴

 
2009年4月
 - 
2013年4月
筑波大学 人間総合科学研究科 
 
2007年4月
 - 
2009年3月
筑波大学 人間総合科学研究科 看護科学専攻
 
2000年4月
 - 
2004年3月
浜松医科大学 医学部 看護学科
 

受賞

 
2019年10月
第32回日本保健福祉学会学術集会, 最優秀学会発表賞
 
2018年10月
第77回日本公衆衛生学会総会, 優秀ポスター賞
 
2016年11月
第75回日本公衆衛生学会総会, ポスター賞
 
2014年11月
第73回日本公衆衛生学会総会, 優秀演題賞
 
2014年10月
第27回日本保健福祉学会学術集会, 最優秀学会発表賞
 

論文

 
 
Xiang Li   Yan-Tong Zhu   Dan-Dan Jiao   Yuko Sawada   Emiko Tanaka   Taeko Watanabe   Etsuko Tomisaki   Zhu Zhu   Ammara Ajmal   Munenori Matsumoto   Jin-Rui Zhang   Alpona Afsari Banu   Yang Liu   Ming-Yu Cui   Yolanda Graça   Yan-Lin Wang   Mei-Ling Qian   Tokie Anme   
Children   9(2) 210-210   2022年2月   [査読有り]
Externalizing and internalizing behavioral problems occurs at a high rate among children. However, this has rarely been examined among Japanese children using a person-oriented method. Hence, this study aims to explore its subtypes and clarify the...
 
Zhu Zhu   Emiko Tanaka   Etsuko Tomisaki   Taeko Watanabe   Yuko Sawada   Xiang Li   Dandan Jiao   Ammara Ajmal   Munenori Matsumoto   Yantong Zhu   Tokie Anme   
SCHOOL PSYCHOLOGY INTERNATIONAL   43(1) 71-87   2022年2月   [査読有り]
Self-care ability and social skills are potential areas of difficulty for preschool children. However, values about young children's self-care ability are different worldwide. This longitudinal study examined the influence of early self-care abili...
 
Xiang Li   Dandan Jiao   Munenori Matsumoto   Yantong Zhu   Jinrui Zhang   Zhu Zhu   Yang Liu   Mingyu Cui   Yanlin Wang   Meiling Qian   Ammara Ajmal   Alpona Afsari Banu   Yolanda Graça   Emiko Tanaka   Taeko Watanabe   Yuko Sawada   Etsuko Tomisaki   Tokie Anme   
Early Child Development and Care   1-12   2022年1月   [査読有り]
 
Kumi Watanabe Miura   Takuya Sekiguchi   Mihoko Otake-Matsuura   Yuko Sawada   Emiko Tanaka   Taeko Watanabe   Etsuko Tomisaki   Rika Okumura   Yuriko Kawasaki   Sumio Ito   Tokie Anme   
BMC Geriatrics   22(1)    2022年1月   [査読有り]
<title>Abstract</title><sec>
<title>Background</title>
Social relationships may be the key to successful aging among older adults. However, little is known about the variability of social relationships among community-dwelling older people. This...
 
飯島彩加   渡邊久美   田中笑子   富崎悦子   渡辺多恵子   安梅 勅江   
小児保健研究   81    2021年12月   [査読有り]

MISC

 
 
令和2-3年度厚生労働行政推進調査研究事業「災害後の母子保健サービス向上のための研究」   1-79   2021年3月   
 
令和2-3年度厚生労働行政推進調査研究事業「災害後の母子保健サービス向上のための研究」   1-120   2021年3月   
 
田中 笑子   冨崎 悦子   渡邉 多恵子   澤田 優子   安梅 勅江   
日本保健福祉学会誌   26(1) 25-26   2020年1月   
 
丹羽 一絵   冨崎 悦子   田中 笑子   澤田 優子   恩田 陽子   渡邉 多恵子   奥村 咲   奥村 理加   伊藤 澄雄   安梅 勅江   
日本公衆衛生学会総会抄録集   78回 384-384   2019年10月   
 
冨崎 悦子   田中 笑子   澤田 優子   恩田 陽子   渡邉 多恵子   丹羽 一絵   奥村 咲   奥村 理加   伊藤 澄雄   安梅 勅江   
日本公衆衛生学会総会抄録集   78回 384-384   2019年10月   

書籍等出版物

 
 
安梅 勅江, 伊藤 澄雄, 奥村 理加, 加藤 光彦, 澤田 優子, 渡邊 多恵子, 篠原 亮次, 杉澤 悠圭, 宇留野 功一, 宇留野 光子, 酒寄 学, 渡辺 久実, 荒川 博美, 田中 裕, 宮崎 勝宣, 田中 笑子, 冨崎 悦子, 張 羽寧(担当:分担執筆, 範囲:第10章p101-110;コラム①p57-60;コラム②p111-114)
北大路書房   2021年3月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2021年 - 2022年
 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
長期追跡コホートを活用した子育てエンパワメント指標の開発と支援的応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
田中 笑子 
研究期間: 2016年7月 - 2020年3月
 
大規模コホートを活用した、思春期におよぶ学校不適応への早期支援方法の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
磯 笑子 安梅 勅江 伊藤 澄雄 奥村 理加 田中 裕 酒井 初恵 宮崎 勝宣 渡辺 多恵子 冨崎 悦子 澤田 優子 望月 由妃子 恩田 陽子 張 羽寧 Lau Jenifer 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
地域コホートデータを用いた妊娠期から思春期までの保健福祉ケアシステムの確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
渡辺 多恵子 安梅 勅江 伊藤 澄雄 奥村 理加 下里 美穂 冨崎 悦子 田中 笑子 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月

学術貢献活動

 
 
査読
 2020年12月1日 - 現在
 
査読
 2019年2月1日 - 現在
 
査読
 2013年3月 - 現在