言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 風袋 宏幸
 

風袋 宏幸

 
アバター
研究者氏名風袋 宏幸
 
フウタイ ヒロユキ
URLhttp://www.ep3.cc/
所属武蔵野大学
部署工学部 建築デザイン学科
職名教授
学位学士(東京工業大学), 修士(東京工業大学大学院), MASTER OF SCIENCE(コロンビア大学大学院)

研究キーワード

 
Media Art , Built Environment , Architecture , メディア芸術 , ランドスケー プ) , 都市 , 環境デザイン(建築

研究分野

 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築史、意匠 / 
  • 人文・社会 / 芸術実践論 / 
  • 人文・社会 / デザイン学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
武蔵野大学 建築研究所 所長
 
2019年4月
 - 
現在
武蔵野大学 工学研究科 研究科長
 
2019年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院 工学研究科 建築デザイン専攻 教授
 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学 工学部 学部長
 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学工学部 建築デザイン学科 教授
 

学歴

 
1994年4月
 - 
1997年3月
東京工業大学大学院 理工学研究科 
 
1995年6月
 - 
1996年5月
コロンビア大学大学院  
 
 
 - 
1988年3月
東京工業大学 工学部 
 

委員歴

 
2001年10月
 - 
2005年3月
日本建築学会  「構造形態創生の理論と応用」小委員会委員
 

受賞

 
2018年10月
日本空間デザイン賞2018 日本空間デザイン協会特別賞
 
2018年10月
日本空間デザイン賞2018 銀賞
 
2016年10月
The American Architecture Prize (AAP) "HONORABLE MENTION in the Small Architecture Category," 2016 American Architecture Prize Scroll Hut
 
2016年8月
International Design Awards (IDA) "Silver in the professional category of Architecture," the 9th International Design Awards (IDA) Scroll Hut Pavilion
 
2016年6月
A' Design Award "Silver A' Design Award in the category of Interior Space and Exhibition Design," A' Design Award Scroll Hut Pavilion
 

論文

 
風袋 宏幸
武蔵野大学環境学部紀要   (第7号) 127-136   2018年3月
空間の全体形状が人間の働きかけに「応答」して変化する『動的空間』に着目し、音と光による現象が空間形状の変化に同期する仕組みを考案し、その仕組みを利用した空間デザイン作品を制作した。本稿はこの作品を対象にした論考である。まず『動的空間』を概念的に位置付け、次にプロジェクトのチーム編成と成果発表の概要を述べ、制作された2つの作品の解説を屋外作品を例に詳細に解説し、続いて屋内作品に関して、屋外作品との違いを示すことで、それぞれの作品形態の狙いを明確にする。最後に、プロジェクトのタイトルに込めた意...
武蔵野大学環境学部紀要   (第2号) 81-91   2011年3月
2009年度に、環境学科住環境専攻において、学生の共同制作活動である「環境プロジェクト特別演習」を通じて制作されたグリーンアート作品の解説
武蔵野大学環境学部紀要   (第1号) 65-73   2010年3月
2007年度及び2008年度の2年間に、環境学科住環境専攻において、学生の共同制作活動である「環境プロジェクト特別演習」を通じて制作されたメディアアート作品の解説
武蔵野大学人間関係学部紀要   (第5号) 57-65   2008年3月
2005年度及び2006年度の2年間に、環境学科住環境専攻において、学生の共同制作活動である「環境プロジェクト特別演習」を通じて制作されたメディアアート作品の解説。
大森博司, 風袋宏幸, 飯嶋俊比古, 武藤厚, 長谷川泰稔
日本建築学会技術報告集   (第20号) 77-82   2004年12月
最適化法に基礎を置く構造形態創生法と呼ばれる手法の解説と、この手法を利用し建築物の概形を決定し、実設計を行った例を報告。

MISC

 
長谷川泰稔, 風袋宏幸, 金子慶一, 大森博司
建築技術 「特集:変わりゆく構造形態」   (12月号)    2005年12月
変わりゆく構造形態の最新事例として「芥川プロジェクト」を紹介し、設計意図を解説する。
a+u      1999年5月
平成11年 5月~平成12年 4月。コンピュータと関わる諸科学を参照しながら、新しい建築デザインの可能性を、メディアとデザインプロセスという視点から模索する全11回の連載論文。第1回:コンストレイント・ボディ第2回:アニメーション、第3回:スペース・ジョッキー、第4回:遺伝子というデザイン単位、第5回:ニューメリカル・コントロール、第6回:CFD、第7回:モーフォロジー、第8回:ノンリニアというプロセス、第9回:アナザ・ワールド、第10回:鏡としてのウェブサイト、第11回:再帰する建築をめざして
20世紀建築研究   100-101   1998年9月
20世紀建築の中で柱がない建築を検討し、それらが示唆するランドスケープ的な建築デザインの意味を考察する。

書籍等出版物

 
河津優司監修, 風袋宏幸, 水谷俊博編 (担当:共著)
武蔵野大学出版会   2007年6月   
武蔵野大学人間関係学部環境学科住環境専攻研究室が企画し開催した連続講座をもとにまとめた環境デザイン論集。
(総頁数319頁)
ボーンデジタル   1999年6月   
CG検定3級レベルの理論を、Softimage3Dを利用して、実践的に学ぶ教科書。
日経BP社   1998年6月   
オブジェクトとアクションという視点から新しい表現論を展開する前半と、デジタルメディアを活用した新しい建築の表現を紹介する後半から構成されている。

講演・口頭発表等

 
風袋 宏幸
JAPAN SHOP 同時開催セミナー   2019年3月6日   武蔵野大学
商空間デザインの総合見本市である、JAPAN SHOP2019(主催:日本経済新聞社)の同時開催セミナーとして実施した一般講演である。世界的なスポーツの祭典を始めとする、現代都市のイベント空間で多用される巨大広告や空間演出のための「ビジュアル」に焦点を当て、その変遷と近年の動向を紹介。さらに、古来より長きに亘り受け継がれてきた儀式的な空間演出法を参照しながら、プロジェクションマッピングを超えた新しい空間創造の可能性を、先進技術と日本文化との双方から多角的に探った。
風袋 宏幸
平成30年度武蔵野地域五大学共同教養講座   2018年11月   武蔵野大学
平成30年度武蔵野地域五大学共同教養講座「環境デザイン再考(全4回)」の全体企画と第1回(11月03日)「太陽と風 -形をつくる力-」の講師を担当。全体テーマの「環境デザイン再考」は、平成19年度武蔵野市寄付講座「環境デザイン論:環境の世紀を生きる感性」及び同講座をもとに編集した、論考集「環境デザインの試行」の続編として位置づけられている。
風袋宏幸,伊藤泰彦,水谷俊博,河津優司
担当部分:全体テーマ企画、第1回目の講演
風袋 宏幸
JAPAN SHOP 同時開催セミナー   2018年3月7日   武蔵野大学
商空間デザインの総合見本市である、JAPAN SHOP2018(主催:日本経済新聞社)の同時開催セミナーとして実施した一般講演である。本セミナーは、 グローバル・シティの先進モデル、ニューヨークでのフィールドワークに基づき、現在進行する先端技術や食文化の新産業拠点、ネットと融合した多様なビジネスモ デル、ウォーターフロントや都市公園の再生など、情報と現実、グローバルとロー カルが織りなす未来の都市像を空間デザインの視点から再考した。
WeiLi Low, 竹内正人
日本建築学会大会(関東)   2015年9月5日   日本建築学会
建築系学生たちのセルフビルドによって、大学キャンパス内に設置されたパビリオン「スクロールハット」に関して、建築デザイン発表会にて口頭発表・パネル展示を行った。
JAPAN SHOP 同時開催セミナー (協力 日本空間デザイン協会 日本経済新聞社)   2013年3月   
受賞作品を複数生み出した大学のプロジェクトチームに焦点をあて、そのユニークな教育プログラムの全容を紹介する。

所属学協会

 
シェル空間構造国際学会(IASS) , 日本建築学会

Works(作品等)

 
風袋 宏幸   芸術活動   2019年3月 - 2019年3月
インタラクティグな空間アート作品「カスケード・カラーズ」が「DSA日本空間デザイン賞2018」(一般社団法人日本空間デザイン協会、応募総数771作品)において、「銀賞」及び「協会特別賞」を受賞。その結果、受賞作品展である本展において作品がパネル展示された。
掲載誌:年間日本の空間デザイン2019(六耀社),112-113頁
風袋宏幸,平木康仁,武蔵野大学1年生65名
担当部分:構想、総監督
芸術活動   2016年6月 - 2016年6月
芸術活動   2016年3月 - 2016年3月
東京ビッグサイトインタラクティグな空間デザイン作品「リバーブスケープ」が「DSA日本空間デザイン賞2015」(一般社団法人日本空間デザイン協会、応募総数806作品)において、「協会特別賞」を受賞、また移動式パビリオン「SCROLL HUT」がE部門(エンターテイメント&クリエイティブ・アート空間)に入選。その結果、受賞作品展である本展において2作品がパネル展示された。
芸術活動   2016年2月 - 2016年3月
「高度なメディアテクノロジーを背景に論理的な思考と芸術的感性との融合、さらにアジアの文化、風土に根差した世界レベルのメディアアート作品」を選出し、展示する企画展である。9 の国と地域から961 点余りの応募があり65 点が入選。メディアアート作品「リバーブスケープ 2015」がこの企画展のインタラクティブアート部門に入賞し作品を展示した。
芸術活動   2015年12月 - 2015年12月
このイベントは、毎年12 月に丸ノ内周辺で開催しており、今回で10 周年を迎える。石井竜也(ミュージシャン)、山本寛斎(デザイナー・プロデューサー)、喜多俊之(プロダクトデザイナー)、勝井三雄(アートディレクター)、小山薫堂(放送作家・脚本家)など多彩な分野のアーティストが参加し、「地球環境保護と子供たちの平和な未来」と「復興支援の継続」を呼びかけ光の作品を展示。また、展示作品はオークションで購入することもできるチャリティーイベントになっている。展示作品は「エレファント・シャワー」と名付け...

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許

 
 

その他(職務上の実績)