言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 市川 裕菜
 

市川 裕菜

 
アバター
研究者氏名市川 裕菜
 
イチカワ ヒロナ
URL
所属Musashino University
部署Faculty of Pharmacy Department of Pharmaceutical Sciences
職名
J-Global ID201801000026794780

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 機能形態学研究室 助教 
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2018年3月
東京医科歯科大学大学院  医歯学総合研究科博士課程
 
2008年4月
 - 
2014年3月
武蔵野大学 薬学部 薬学科
 

論文

 
 
Misa Tokorodani†   Hirona Ichikawa†   Katsutoshi Yuasa   Tetsuyuki Takahashi   Takao Hijikata, †M.T   H.I. contributed equally to this study   
Biological and Pharmaceutical Bulletin   43(11) 1715-1728   2020年11月   [査読有り]
 
Tetsuyuki Takahashi   Hirona Ichikawa   Yuuki Morimoto   Koichi Tsuneyama   Takao Hijikata   
Biochemical and Biophysical Research Communication   516 388-396   2019年9月   [査読有り]
 
Hirona Ichikawa   Momoe Itsumi   Shunichi Kajioka   Tomoko Maki   Ken Lee   Makoto Tomita   Shoji Yamaoka   
Biochemical and Biophysical Research Communications   495(1) 64-70   2018年1月   [査読有り]
Exchange protein directly activated by cAMP (EPAC) is a mediator of a cAMP signaling pathway that is independent of protein kinase A. EPAC has two isoforms (EPAC1 and EPAC2) and is a cAMP-dependent guanine nucleotide exchange factor for the small ...
 
Y. Saitoh   A. Hamano   K. Mochida   A. Kakeya   M. Uno   E. Tsuruyama   H. Ichikawa   F. Tokunaga   A. Utsunomiya   T. Watanabe   S. Yamaoka   
Leukemia   30(3) 716-727   2016年3月   [査読有り]
Adult T-cell leukemia (ATL) arises from a human T-cell leukemia virus type I (HTLV-I)-infected cell and has few therapeutic options. Here, we have uncovered a previously unrecognized role for a ubiquitin-editing enzyme A20 in the survival of HTLV-...

書籍等出版物

 
 
市川 裕菜(担当:分担執筆, 範囲:ポリオーマウイルス関連疾患とマイクロRNAによる治療戦略の項目)
医学書院   2018年8月      

講演・口頭発表等

 
 
SV40 microRNA (miR-S1) によるSV40生活環への影響
市川 裕菜   高橋 徹行   土方 貴雄   
第64回日本薬学会 関東支部大会   2020年9月19日   
 
膀胱癌由来細胞株においてEPAC1発現は細胞の移動性を抑制する
市川 裕菜   
第76回日本癌学会学術総会   2017年9月30日   
 
A20はC末端側zinc finger領域を介してTNFα刺激による細胞死を抑制する
市川 裕菜   
第74回日本癌学会学術総会   2015年10月8日   
 
ユビキチン化修飾酵素A20はzinc finger領域を介して癌細胞の細胞死を抑制する
市川 裕菜   
平成26年度 がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動 公開シンポジウム   2015年1月   
 
Ubiquitin-editing enzyme A20 inhibits TNFα-induced apoptosis of cancer cells through the C-terminal zinc finger domain
市川 裕菜   
「修飾シグナル病」第2回国際シンポジウム   2015年1月   

所属学協会

 
2020年9月
 - 
現在
日本薬学会
 
   
 
日本癌学会

資格・免許