言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 大崎 広行
 

大崎 広行

 
アバター
研究者氏名大崎 広行
 
オオサキ ヒロユキ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/10291858.ja.html
所属武蔵野大学
部署人間科学部 社会福祉学科
職名教授
学位教育学修士(東京学芸大学), 学士(山梨大学), 学士(佛教大学)

研究キーワード

 
教育福祉 , 特別支援教育 , 発達障害 , 学校福祉行政 , 福祉教員 , 生徒福祉課 , 学校福祉実践 , スクールソーシャルワーカー活用事業 , スクールソーシャルワーク , 教育相談

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院 人間社会研究科 実践福祉学専攻 教授
 
2018年4月
 - 
現在
東京都スクールカウンセラー
 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学 人間科学部社会福祉学科 教授
 
2004年4月
 - 
現在
NHK学園 社会福祉士養成課程 非常勤講師
 
2017年4月
 - 
2018年3月
早稲田大学 教育学部教育学科 非常勤講師
 

学歴

 
2010年4月
 - 
2017年3月
早稲田大学大学院 教育学研究科後期博士課程 
 
1994年4月
 - 
1997年3月
佛教大学 通信教育部 
 
1987年4月
 - 
1990年3月
東京学芸大学大学院 教育学研究科 修士課程 
 
1983年4月
 - 
1987年3月
山梨大学 教育学部 
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
横浜市教育委員会  「スクールソーシャルワーカー活用事業」スーパーバイザー
 
2015年4月
 - 
現在
NHK学園高等学校  スクールソーシャルワーカー・スーパーバイザー
 
2007年4月
 - 
現在
新宿区教育委員会  「特別支援教育巡回相談専門家チーム」 チーフアドバイザー
 
2015年7月
 - 
2018年7月
日本学校ソーシャルワーク学会  理事
 
2017年2月
 - 
2017年3月
NHK学園高等学校  学校評価・外部評価委員
 

論文

 
大崎 広行
発達障害研究 : 日本発達障害学会機関誌   39(2) 165-174   2017年5月   [招待有り]
大崎広行
「日本学校ソーシャルワーク研究」(学校ソーシャルワーク学会機関誌)   (10) 103-109   2015年11月   [招待有り]
スクールソーシャルワーク実践の源流としての京都市教育委員会「生徒福祉課」の設立経過と実践について詳述した。これら生徒福祉課の実践および組織的改編のあり方を通して、スクールソーシャルワーク実践の意義とスクールソーシャルワーカーを活用する組織的な課題について言及した。
大崎広行
「日本学校ソーシャルワーク学会10周年記念誌」   60-65   2015年6月
学会設立10周年記念事業として刊行された「学校ソーシャルワーク実践の動向と今後の展望」に寄稿した論文。甲信越地区のスクールソーシャルワーカー事業の歩みと今後の展望および課題について、関係教育委員会からの提供資料を基に詳述、提言を行った。

MISC

 
大崎 広行
学校ソーシャルワーク研究 = Japanese journal of school social work   (10) 103-109   2015年11月
大崎広行
学校ソーシャルワーク研究   (4) 1   2009年7月
日本学校ソーシャルワーク学会の機関誌に寄稿した巻頭言。<br />
スクールソーシャルワーカー活用事業の課題と展望について、実施主体としての教育委員会へのメッセージとして記述した。今後の活用事業の発展には、指導主事の熱意と「思い」が不可欠であることが強調されている。<br />
大崎広行
目白大学心理カウンセリングセンター年報   (7) 3   2009年3月
カウンセリングセンターで実施された左記表題の講演会の講演禄。表題の講演後、スクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーがどう協働していけばよいか対談が行われ講演記録としてまとめられた。
大崎広行
スクールソーシャルワーカー実践活動事例集   92   2008年12月
本実践活動事例集は、専門家による理論編、教育委員会や学校関係者による実践編、SSWによる活動(事例)編に分けて編集されており、「?章4節 スクールソーシャルワークのあり方」の「4節 スクールソーシャルワーカーが「つなぐ」関係機関」を分担執筆。<br />
関係機関との連携の必要性とそのあり方について説明するとともに、連携時の留意点についても解説した。<br />
大崎広行
日本臨床心理士会雑誌   17(1) 56   2008年7月
平成20年度から始められたスクールソーシャルワーカー(SSW)活用事業は、多くの自治体でSSWに誰を任用するか混乱が生じている。自治体によっては、スクールカウンセラー(SC)を名称だけ変えて、SSWとして任用している自治体もある。本稿では、SCをSSWとして任用することの危険性とSSWを有効に活用するための課題と展望について言及した。

書籍等出版物

 
櫻井慶一, 宮?正宇, 執筆者, 櫻井慶一, 宮?正宇, 大崎広行 (担当:共著, 範囲:第3章)
北大路書房   2017年7月   
教育福祉実践の系譜を辿り、スクールソーシャルワーク実践との関連およびその展開過程について詳述した。また、日本におけるスクールソーシャルワークの制度的側面に関する最新の動向や課題についても言及している。「第3章 学校におけるソーシャルワークの展開とその展望」を分担執筆。
山野則子, 野田正人, 半羽利美佳, 大崎広行 (担当:共著, 範囲:?章5節)
ミネルヴァ書房   2016年10月   
前掲11の改訂版。
スクールソーシャルワークの日本の歴史について詳述した。
「?章5節 日本のスクールソーシャルワーク? スクールソーシャルワーク前史」を分担執筆。
小松茂久, 阿内春生, 時田詠子, 大崎広行 (担当:共著, 範囲:第8章)
昭和堂   2016年3月   
前掲12の改訂版。
前記の内容に、文部科学省の最新の施策、動向を追記し、今日的課題について言及した。「第8章 教育福祉と教育行政」を分担執筆。
明石要一, 森田洋二, 滝充, 大崎広行 (担当:共著, 範囲:第?章 第2節)
学事出版   2015年9月   
日本生徒指導学会編集の生徒指導論のテキスト。生徒指導研究の技法として「ファミリー・サポート論」について概説した。
「第?章 生徒指導研究の対象と方法、第2節 生徒指導研究の技法」の「4 ファミリー・サポート論(家庭支援論)」を分担執筆。
櫻井慶一, 大崎広行 (担当:共著, 範囲:第8章)
北大路書房   2014年3月   
法律や制度改正をふまえ、前掲の「社会的養護」に新たな内容を加えて、新版として執筆。児童養護施設における児童の権利擁護のあり方、職員の専門性の向上などを課題にして、現状の問題点を掘り下げて記述した。「第8章 社会的養護の今後の課題」を分担執筆。

講演・口頭発表等

 
大崎 広行
日本教育行政学会第53回大会   2018年10月13日   日本教育行政学会
文部科学省と財務省が公表しているスクールソーシャルワーカー活用事業および内閣府を含めたスクールソーシャルワーカー活用事業に関連した諸事業の資料を中心に分析を行い、スクールソーシャルワーカー活
用事業と他の「子供・若者育成支援」施策との関係および諸事業間の継承性について明らかにした。
大崎広行
日本教育行政学会第51回大会   2016年10月   日本教育行政学会
学校教育の現場では、いじめや非行、不登校など、子どもの権利条例との関わりを通して、検討していかなくてはならないケースも少なくない。教育現場での指導や支援のあり方だけでなく、教育行政施策との関連も踏まえて、適用・運用していかなくてはならない。本研究では、川崎市と尼崎市の子どもの権利条例の意義と課題を通して、子どもの権利条例が教育行政施策に及ぼす影響について検討を行った。
大崎広行
日本教育行政学会第50回大会   2015年10月   日本教育行政学会
スクールソーシャルワーカー活用事業の政策形成過程を明らかにするために、キングダンの「政策の窓」モデルの適用可能性についての検討を行った。検討の結果、先行研究(近藤、2010)に示された通り、政策形成過程の分析に有効でることが示唆された。
大崎広行
「日本学校ソーシャルワーク学会第9回全国大会」   2014年7月   日本学校ソーシャルワーク学会
学会記念シンポジウムの基調講演として報告を行った。スクールソーシャルワーク実践の源流としての京都市教育委員会「生徒福祉課」の設立経過と実践について詳述した。これら生徒福祉課の実践および組織的改編のあり方を通して、スクールソーシャルワーク実践の意義とスクールソーシャルワーカーを活用する組織的な課題について言及した。
大崎広行
「日本学校ソーシャルワーク学会第8回全国大会」   2013年7月   日本学校ソーシャルワーク学会
スクールソーシャルワーカー活用事業の導入以来、多くの自治体で課題とされてきたのが「スクールカウンセラー(SC)とスクールソーシャルワーカー(SSW)の住み分け」である。実践現場におけるSCとSSWの関係性は、SSWの配置形態や勤務日数、期待される役割によって大きく異なる。本報告では、SCとSSWが併置される場合の両者の協働関係に影響を及ぼす要因と両者の関係性について、配置校における実践事例および教育相談体制の分析を通して考察した。

担当経験のある科目(授業)

 
  • 教育理論原典講読 (早稲田大学教育学部教育学科)
  • 障害者福祉論 (聖十字福祉専門学校介護福祉士科)
  • ソーシャルワーク演習(チャレンジド) (目白大学大学院生涯福祉研究科)
  • ケースワーク特論 (武蔵野大学大学院人間科学研究科実践福祉専攻<通学課程,通信課程>)
  • 生涯福祉総論 (目白大学大学院生涯福祉研究科)

所属学協会

 
日本心理臨床学会 , 日本教育学会 , 教育史学会 , 日本教育行政学会 , 日本社会福祉学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究補助金 基盤研究C
研究期間: 2014年4月 - 2017年4月
早稲田大学: 教育総合研究所 公募研究課題
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
文部科学省: 科学研究費補助金 基盤研究C
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月