言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 青木 裕子
 

青木 裕子

 
アバター
研究者氏名青木 裕子
 
アオキ ヒロコ
所属中央大学
部署法学部
職名教授
学位博士(学術)(国際基督教大学大学院), 修士(学術)(東京外国語大学大学院)
科研費研究者番号60635671

研究キーワード

 
明治・大正・昭和の知識人とリベラルな思想 , 公共圏 , コモン・センス , 常識哲学 , スコットランド啓蒙 , アダム・ファーガスン

研究分野

 
  • 人文・社会 / 思想史 / 思想史
  • 人文・社会 / 政治学 / 思想史; 政治思想史

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学 法学研究所 客員研究員
 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学 仏教文化研究所 客員研究員
 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学 政治経済研究所 客員研究員
 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学 非常勤講師
 
2020年4月
 - 
現在
中央大学大学院 法学研究科 教授
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2004年6月
国際基督教大学大学院 行政学研究科 
 
1997年4月
 - 
1999年3月
東京外国語大学大学院 地域文化研究科 
 
1988年4月
 - 
1992年3月
東京外国語大学 外国語学部 
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
日本イギリス哲学会  監事
 
2019年4月
 - 
現在
経済学史学会  大会組織委員会委員
 
2017年9月
 - 
現在
南陽市立結城豊太郎記念館  中学生ふるさとづくり作文コンクール特別審査員
 
2013年5月
 - 
現在
常識と啓蒙研究会(科研費助成)  幹事
 
2004年
 - 
現在
日本イギリス哲学会  会員
 

論文

 
青木 裕子
『市民社会史論』   427-437   2018年5月
青木裕子
経済学史研究   58巻(1号) 167-168   2016年7月   [招待有り]
青木 裕子
研究成果報告書 イギリス思想における常識と啓蒙の系譜とその現代的意義についての研究(研究課題番号25370029 平成25~27年度科研費 基盤研究(C))   7-22   2016年3月
執筆順, 編者に下線, 青木裕子, 片山文雄, 佐藤空, 野村智清, 槇野沙央理, 大谷弘, 和田慈, 高井寛
7-22   2016年3月

書籍等出版物

 
青木 裕子, 大谷 弘 (担当:共編者(共編著者))
晃洋書房   2020年2月   ISBN:4771032874
天羽 康夫, 青木 裕子 (担当:共訳, 範囲:全文訳および訳者解説)
京都大学学術出版会   2018年5月   ISBN:4814001053
杉田孝夫, 中村孝文編, 青木裕子 (担当:分担執筆, 範囲:第二章 一八世紀イギリス、スコットランド啓蒙の市民社会論-文明社会論が提起した経済的自由主義、道徳性(モラリティ)、そして統治の問題ー)
おうふう   2016年3月   ISBN:9784273037260
押村高編, 青木裕子他著 (担当:分担執筆, 範囲:自由貿易)
晃洋書房   2015年3月   ISBN:4771025657
天羽康夫, Lingley Darren, 青木 裕子 (担当:共編者(共編著者))
極東書店   2015年1月   ISBN:9784873940243

講演・口頭発表等

 
青木 裕子
日本イギリス哲学会関東部会第104回例会   2019年12月7日   日本イギリス哲学会
青木 裕子
武蔵野大学政治経済研究所主催シンポジウム:イギリスの思想と哲学の多様な形ー啓蒙思想とコモン・センスの哲学をめぐって   2019年10月18日   
青木 裕子
第15回常識と啓蒙研究会   2019年5月12日   常識と啓蒙研究会
安部忠弘, 青木裕子
武蔵野大学生涯学習講座   2018年11月   武蔵野大学社会連携センター
全4回の講義の内、前半2回の「①ポピュリズムについて考える」(2018年11月20日、27日)を青木が担当した。

担当経験のある科目(授業)

 
  • 人間論 (武蔵野大学)
  • 哲学(発展セルフ・ディヴェロップメント) (武蔵野大学)
  • 社会思想の展開 (武蔵野大学)
  • 哲学(基礎セルフ・ディヴェロップメント) (武蔵野大学)
  • 人権について考える(発展セルフ・ディヴェロップメント) (武蔵野大学)

所属学協会

 
Eighteenth-Century Scottish Studies Society , 日本イギリス哲学会 , 政治思想学会 , 経済学史学会

Works(作品等)

 
Yasuo Amoh, Darren Lingley, Hiroko Aoki   その他   2007年3月
Yasuo Amoh, Darren Lingley a, Hiroko Aoki   その他   2007年3月

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2020年4月 - 2025年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
武蔵野女子学院: 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金): 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
平成21年度日本学術振興会科学研究費補助金: 新学術領域B
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月

社会貢献活動

 
【助言・指導, 寄稿, その他】  南陽市立結城豊太郎記念館  ふるさと作文コンクール  2017年9月 - 現在

その他

 
2001年7月   TOEFL (by CBT) 260
1992年6月   TOEIC 930
1991年7月   実用英語技能検定1級

資格・免許