言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 渡邉 浩文
 

渡邉 浩文

 
アバター
研究者氏名渡邉 浩文
 
ワタナベ ヒロフミ
所属武蔵野大学
部署人間科学部 社会福祉学科
職名教授
学位学士(社会福祉学)(日本社会事業大学), 修士(社会福祉学)(日本社会事業大学), 博士(社会福祉学)(日本社会事業大学)

研究キーワード

 
認知症ケア 高齢者福祉 , ケアマネジメント , ソーシャルワーク

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学 人間科学部社会福祉学科 教授
 
2018年
 - 
現在
武蔵野大学大学院 人間科学研究科 教授
 
2014年4月
 - 
2018年3月
武蔵野大学大学院人間社会研究科 実践福祉学専攻 准教授
 
2013年4月
 - 
2018年3月
武蔵野大学人間科学部 社会福祉学科 准教授
 
2009年10月
 - 
2013年3月
社会福祉法人 浴風会 認知症介護研究・研修東京センター 研究主幹
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
日本社会事業大学大学院 社会福祉学研究科 博士後期課程 
 
2002年3月
 - 
2004年3月
日本社会事業大学大学院 社会福祉学研究科 博士前期課程 
 
1994年4月
 - 
1998年3月
日本社会事業大学 社会福祉学部 
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
社会福祉法人西東京市社会福祉協議会  西東京ボランティア・市民活動センター 運営委員会 会長
 
2019年4月
 - 
現在
台東区チームミーティング委員  副委員長
 
2018年7月
 - 
現在
武蔵村山市 介護保険運営協議会  会長
 
2018年6月
 - 
現在
一般社団法人日本認知症ケア学会  『認知症ケア学会誌』編集委員会
 
2016年6月
 - 
現在
小平市 介護保険運営協議会  会長
 

受賞

 
2010年6月
老年精神医学会奨励賞
 
2009年11月
日本認知症ケア学第10回大会 石崎賞
 

論文

 
渡邉浩文
ソーシャルワーク研究 : 社会福祉実践の総合研究誌   45(4) 303-310   2020年   [査読有り]
日本認知症ケア学会認知症ケア事例ジャーナル   9(2) 178-182   2016年9月   [招待有り]
相談援助実習を高齢者ケア施設で実施する中で、認知症の行動・心理症状のある利用者と関わっていくことになる。そのために必要な認知症ケアの視点や技術を実習指導で行う際の武蔵野大学での実践を紹介しながらまとめた。
渡邉浩文, 今井幸充, 鈴木貴子, 佐藤美和子, 本間 昭, 浅野弘毅, 五十嵐禎人, 長田久雄, 小長谷陽子, 萩原正子, 六角僚子
老年精神医学雑誌   20(3) 325-334   2009年4月   [査読有り]
本研究は、認知症の人本人に対し、介護支援専門員がサービス計画書について、どのように説明を行っているかの現状とその課題を明らかにするための実態調査を行った。<br />
調査は、無作為抽出した7500件の居宅介護支事業所に所属する介護支援専門員に対して実施した。<br />
結果、2092件(回収率27.89%)の回答を得た。サービスが家族主体で提供されている、個々の専門員によって説明する内容が異なっている、利用者本人の理解の確認方法が利用者のうなづき等客観的でないといったことが明らかになっ...
渡邉浩文, 今井幸充
診断と治療   96(11) 2367-2370   2008年11月   [招待有り]
本論文は、病名告知が医療法で定められた医療行為であり、あらゆるサービス提供時に不可欠な行為であるという前提にたちながら、認知症の場合には消極的な立場があることをふまえ、そのスムーズな実施のための本人や家族への支援体制の整備等の必要性について論述した。
渡邉浩文, 今井幸充, 北村世都
老年精神医学雑誌   17(5) 531-537   2006年5月   [査読有り]
本研究ではThurstone による等現間隔法に従って「アルツハイマー病患者本人への病名告知」に対する態度尺度を作成し、医師ら専門職に対し調査を行った。測定された尺度得点に対し一元配置分散分析を行った結果、医師-介護職間に有意な差が見られた。これまで、告知に対する態度の異同は、家族として、または患者本人としてといった立場により変化するということが示唆されてきたが、本研究結果より、職種間においても態度に差異が生じることが示唆された。

MISC

 
武蔵野大学人間科学研究所年報   5 85-97   2016年3月   [査読有り]
居宅サービス計画書の作成プロセスにおける、認知症の人の参加・協力の実態及びそのことに対する介護支援専門員の対処方法を明らかにし、認知症者の支援のあり方について検討する。介護支援専門員10名を対象に、グループインタビューを行いその結果をまとめた。査読あり。
ケアマネジャー   16(8) 54-57   2014年8月   [依頼有り]
ケアマネジメントは、介護保険の理念でもある自立支援を目指して行われる必要があり、支援を通して、利用者とその家族が自らの生活課題の解決に主体的に課題に関わり、解決していこうとする意欲を高めていけるようにしていく必要がある原則についてまとめた。
渡邉浩文, 今井幸充, 長田久雄, 鈴木貴子, 佐藤美和子
武蔵野大学人間科学研究所年報   (3) 59-69   2014年3月   [査読有り]
介護支援専門員が居宅サービス計画書を利用者に説明した際の理解度評価の方法について検討した。AppelbaumとGrissoが開発したMacCAT-Tを参考に評価項目と評価基準を作成し、妥当性、信頼性を検討した。
渡邉浩文, 今井幸充, 北村世都
目白大学総合科学研究   165(173)    2006年2月   [査読有り]
アルツハイマー病の患者本人への病名告知に対する専門職集団の態度の相違を測定する尺度を作成し、医師、看護師、介護職、ケアマネージャーらに調査を行った。各尺度項目と職種に対しコレスポンデンス分析及びクラスター分析を行った。結果、「患者本人への病名告知への肯定的態度」「告知後の生活を判断基準とする態度」「強い否定的態度」「父権的態度」の4つのクラスターを採用した。

書籍等出版物

 
渡邉, 浩文
中央法規出版   2019年11月   ISBN:9784805859681
渡邉浩文, 今井幸充 (担当:共著)
最新医学社   2010年4月   
本稿は認知症の病医告知に関する法理、実態及びその諸課題について論じた。具体的には、まず、病名告知とインフォームド・コンセントの法理及び病名告知の実態について論じる。その上で、認知症患者に対する病名告知実施に伴う諸課題として、認知症患者の病名告知の是非をめぐる議論、認知症患者に対する病名告知実施に伴う判断能力評価の課題、代理人・家族への病名告知に関する課題、MCIの告知についてとりあげた。

講演・口頭発表等

 
渡邉浩文
令和元年度東京都主任介護支援専門員更新研修   2020年2月12日   
渡邉浩文
新座市高齢者虐待防止ネットワーク研修会   2020年1月23日   
渡邉浩文
令和元年度埼玉県・さいたま市認知症対応型サービス事業者管理者研修   2019年11月28日   
渡邉浩文
一般社団法人日本認知症ケア学会2019年度関東ブロック大会   2019年11月17日   
渡邉浩文
令和元年度東京都主任介護支援専門員更新研修   2019年10月15日   

所属学協会

 
日本地域福祉学会 , 日本老年精神医学会 , 日本成年後見法学会 , 日本老年社会科学会 , 日本認知症ケア学会

Works(作品等)

 
渡邉浩文, 中村考一   その他   2013年3月
かかりつけ医と介護支援専門員が地域の認知症者の支援においていかに連携をすべきかを検討した研究事業の報告書。介護支援専門員に対するグループインタビューをもとに調査票を作成し、杉並区のかかりつけ医、及び介護支援専門員に対して質問紙調査を実施した。
渡邉浩文, 姜文熙   その他   2013年3月
通所介護、通所リハビリテーション、認知症対応型通所介護、重度認知症デイケアにおける認知症の人へのサービスの異同を明らかにするため、全国の事業所に対して質問紙調査を行った。厚生労働省 老人保健事業推進費等補助金事業における報告書。
渡邉浩文, 中村考一   その他   2013年3月
東日本大震災における認知症者等の実態を明らかにし、今後の災害時の認知症者等への支援のあり方を検討する研究事業の報告書。認知症介護指導者によるワーキングチームによる議論をもとに、災害時の認知症の人への対応を行うための研修のあり方について検討した。

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
認知症介護研究・研修東京センター: 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
厚生労働省: 
研究期間: 2012年11月 - 2013年3月
厚生労働省: 
研究期間: 2011年6月 - 2012年3月
財団法人ユニベール財団: 
研究期間: 2010年10月 - 2011年11月