言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 岩本 操
 

岩本 操

 
アバター
研究者氏名岩本 操
 
イワモト ミサオ
所属武蔵野大学
部署人間科学部 人間科学科
職名教授
学位社会学士(立教大学), 社会学修士(立教大学大学院), 人間学博士(大正大学大学院)

研究キーワード

 
医療福祉 , 精神保健福祉 , ソーシャルワーク

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 
  • 人文・社会 / 社会学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学 人間科学研究所 研究員
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学人間科学部 人間科学科 教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
武蔵野大学人間科学部 人間科学科 准教授
 
2009年4月
 - 
2012年3月
武蔵野大学人間関係学部 人間関係学科 准教授
 
1998年4月
 - 
2012年3月
立教大学 社会福祉研究所 客員所員
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
大正大学大学院 人間学研究科 
 
1988年4月
 - 
1991年3月
立教大学大学院 社会学研究科 
 
1984年4月
 - 
1988年3月
立教大学 社会学部 
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
武蔵野市第3期健康福祉総合計画・地域福祉計画策定委員会  委員
 
2017年5月
 - 
現在
武蔵野市障害者計画・第5期障害福祉計画策定委員会  委員長
 
2017年4月
 - 
現在
東京都自立支援協議会  会長
 
2016年10月
 - 
現在
Japanese Society for the Study of Mental Health and Social Welfare
 
2016年10月
 - 
現在
日本精神保健福祉学会  学会誌査読委員
 

MISC

 
精神保健福祉   48(1)    2017年3月
精神保健福祉士の共通言語としての業務指針の意義とその枠組み及び実践的活用について執筆した。
精神保健福祉士業務指針, 作成委員会, 岩本操, 古屋龍太, 赤畑淳, 井上牧子, 大西良, 加藤雅江, 国重智宏, 栗原活雄, 山中達也, 田村綾子, 西澤利朗, 木太直人
日本精神保健福祉士協会誌「精神保健福祉」   44(3) 254-255   2013年9月
第12回日本精神保健福祉士学会(石川県)演題報告
座談会出席者, 今村まゆら, 川口真知子, 黒川常治, 吉野比呂子司会, 岩本操
東京PSW研究   (22) 5-19   2013年3月

書籍等出版物

 
一般社団法人日本精神保健福祉士養成校協会編集, 伊東秀幸, 青木聖久, 田中英樹, 坂本智代枝, 鈴木孝典, 坂田憲二郎, 岩本操 (担当:共著, 範囲:第7章第2節精神保健福祉士養成における演習教育の内容と方法 p109-114)
中央法規出版   2016年11月   
精神保健福祉士養成課程における演習の教育方法、教材の種類、業務指針を活用した演習展開について執筆した。
精神保健医療福祉白書編集委員 (担当:共著, 範囲:教育現場における精神保健福祉士養成の現状と課題 P126)
中央法規   2015年12月   ISBN:9784805852613
中央法規   2015年6月   ISBN:9784805851562
石川到覚, 岩崎香, 北本佳子 (担当:共著, 範囲:医療現場からの問いかけ P14-27)
新泉社   2015年3月   ISBN:9784787715036

講演・口頭発表等

 
課題別研修/「精神保健福祉士業務指針」講師養成研修~業務におけるソーシャルワークの専門性を伝承する~   2017年2月5日   公益社団法人日本精神保健福祉士協会
精神保健福祉士業務指針(第2版)の普及啓発と実践的活用を進めるために、全国で第2版を教示できる講師養成のための講義。講義用の教材を開発し、教材の使い方や講義のポイント及び留意点を解説した。
精神保健福祉士業務指針, 版, の普及啓発と実践的活用を進めるために, 全国で第, 版を教示できる講師養成のための講義, 講義用の教材を開発し, 教材の使い方や講義のポイント及び留意点を解説した。
課題別研修/「精神保健福祉士業務指針」講師養成研修~業務におけるソーシャルワークの専門性を伝承する~   2016年12月17日   公益社団法人日本精神保健福祉士協会
平成28年度東京都社会福祉協議会高齢者福祉施設協議会 職員研修委員会   2016年12月   東京都社会福祉協議会高齢者福祉施設協議会
社会福祉の理念とサービスマナーの関係を整理し、専門職の援助技術としてサービスマナーを位置づけた。サービスマナーの技術習得のための学習法を実践的に教示した。
課題別研修/精神保健福祉士の実践力を高める「業務指針」の活用~日常業務における専門性の確認~   2016年11月   公益社団法人日本精神保健福祉士協会
精神保健福祉士業務指針(第2版)の概要として、業務の定義、業務を構成する要素の整理、精神保健福祉士の業務特性について解説した。
平成28年度東京都社会福祉協議会高齢者福祉施設協議会 職員研修委員会   2016年11月   東京都社会福祉協議会高齢者福祉施設協議会
社会福祉の理念とサービスマナーの関係を整理し、専門職の援助技術としてサービスマナーを位置づけた。サービスマナーの技術習得のための学習法を実践的に教示した。

所属学協会

 
日本精神保健福祉学会 , 多文化間精神医学会 , 日本精神障害リハビリテーション学会 , 日本保健医療社会学会 , 日本社会福祉学会

Works(作品等)

 
社団法人日本精神保健福祉士協会   その他   2010年3月
Web Service   2008年4月
平成20年4月~平成21年2月まで連載(毎週更新)。精神保健福祉士国家試験の受験生を対象に、受験勉強のノウハウや受験科目ごとの傾向と対策についてポイントを紹介している。
Web Service   2007年
平成19年度(平成19年5月~平成20年2月)毎週更新。精神保健福祉士国家試験の受験生を対象に、受験勉強のノウハウや受験科目ごとの傾向と対策についてポイントを紹介している。
教材   2002年6月
医療福祉に携わる援助者に対する学習番組の構成および出演(60分)。患者・高齢者とかかわる上での基本的視点として相手を理解するポイントとコミュニケーション技術について説明した。また援助的面接場面「良い対応」「悪い対応」それぞれのドラマのシナリオを作成し、ドラマをもとに解説を加えた。
教材   2001年4月
障害者・高齢者への在宅介護に携わる訪問介護員(ホームヘルパー)を対象としたリカレント教育番組のシリーズ最終回(60分)に他2名の講師と共に出演し、シリーズの総まとめと対人援助職に求められる姿勢についてコメントした。

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
独立行政法人日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月
独立行政法人日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月
独立行政法人日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月

社会貢献活動

 
【講師】  浦安市基幹相談支援センター  (浦安市)  2015年4月 - 現在
【司会, 講師】  浦安市基幹相談支援センター  (浦安市)  2013年6月 - 現在
【講師】  武蔵野市基幹相談支援センター  (武蔵野市)  2013年3月 - 現在
【運営参加・支援】  2012年4月 - 現在
【運営参加・支援】  2006年4月 - 現在

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 

資格・免許

 
 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)

 
 
 
 
 
 

その他(職務上の実績)