言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 箕輪 潤子
 

箕輪 潤子

 
アバター
研究者氏名箕輪 潤子
 
ミノワ ジュンコ
URL
所属武蔵野大学
部署教育学部 幼児教育学科
職名准教授
J-Global ID201701007674881199

研究キーワード

 
保育者の専門性 ,保育環境 ,砂場 ,遊び

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育学 / 保育学・幼児教育学

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学 教育学部幼児教育学科 准教授 
 
2017年4月
 - 
現在
武蔵野大学 教育学部 児童教育学科 准教授 
 
2010年4月
 - 
2017年3月
川村学園女子大学 教育学部 幼児教育学科 准教授 
 
2007年4月
 - 
2010年3月
川村学園女子大学 教育学部 幼児教育学科 専任講師 
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院 総合教育科学専攻 教育創発学コース 博士課程(単位修得満期退学)
 

委員歴

 
2020年7月
 - 
現在
豊島区子ども・子育て会議  委員
 
2020年4月
 - 
現在
豊島区保幼小連携推進検討委員会  委員長
 
2013年7月
 - 
現在
我孫子市子ども子育て会議  会長
 
2020年9月
 - 
2021年3月
厚生労働省「低年齢児の保育実践の充実に係る調査研究 研究会」 構成員
 
2019年9月
 - 
2020年3月
厚生労働省「保育所等における保育の質の確保・向上に関する検討会 総論的事項研究会」 構成員
 

受賞

 
2015年11月
乳幼児教育学会, 学術賞,「保育者はどのような保育カンファレンスが自己の専門的成長に繋がると捉えているのか」
中坪史典 秋田喜代美 増田時枝 安見克夫 砂上史子 箕輪潤子 
 
2008年5月
日本保育学会, 研究奨励賞(論文部門),「砂場における山作り遊びの発達的検討」
 
2005年8月
発達科学財団, 発達科学研究教育奨励賞(学術研究の部),「幼児の砂遊びの発達過程 ―遊びの構造と展開に注目して―」
 
2003年11月
日本乳幼児教育学会, 新人賞,「幼児同士の砂場遊びにおけるイメージの共有」
 

論文

 
 
淀川 裕美   箕輪 潤子   門田 理世   秋田 喜代美   
東京大学大学院教育学研究科紀要   59(59) 485-516   2019年   
In order to depict a mechanism of preschool teachers' ways of learning at their on-site training session, this study consists of two research projects: project 1 is to clarify preschool teachers and directors overall learning experiences through o...
 
箕輪 潤子   秋田 喜代美   安見 克夫   増田 時枝   中坪 史典   砂上 史子   
保育学研究   55(1) 6-18   2017年   
<p>本研究では,4歳児6月片付け場面における時間の制約に伴って生じる葛藤に対して,保育者がどのような援助を行うのかについて,園の片付けの特徴を踏まえて明らかにすることを目的とし,分析を行った。その結果,①殆どの保育者が,子どもの思いを受容したり認めたりした上で,時間に間に合わないことに関わる援助を行うと考えていること ②園が普段行っている片付けの実態と保育者の援助方法に関連があること ③園によって時間に間に合わないことについての援助に特徴があることが明らかになった。</p>
 
箕輪 潤子   秋田 喜代美   安見 克夫   
乳幼児教育学研究   (18) 41-50   2009年   
 
箕輪 潤子   
保育学研究   45(1) 42-53   2007年   
In this study, Japanese 3-5-year-old children who play with sand and make sand mountains are observed. As the result, 3-year-old children discover the nature or sand by playing with sand, and they learn how to make mountains using sand by watching...
 
秋田 喜代美   箕輪 潤子   高櫻 綾子   
東京大学大学院教育学研究科紀要   47 289-305   2007年   
Internationally, many researchers have studied the issue of quality in early childhood education. This paper reviews what the term ""quality"" means, and how it is studied. First, the paper discusses international research trends and suggests two ...

MISC

 
 
箕輪 潤子   秋田 喜代美   安見 克夫   増田 時枝   中坪 史典   砂上 史子   
日本教育心理学会総会発表論文集   57(0) 641-641   2015年   
 
野口 隆子   鈴木 正敏   門田 理世   森 暢子   箕輪 潤子   宇佐美 慧   上田 敏丈   秋田 喜代美   無藤 隆   小田 豊   中坪 史典   芦田 宏   
日本教育心理学会総会発表論文集   56(0) 827-827   2014年   
 
箕輪 潤子   中坪 史典   芦田 宏   宇佐美 慧   野口 隆子   秋田 喜代美   鈴木 正敏   無藤 隆   上田 敏丈   小田 豊   門田 理世   森 暢子   
日本教育心理学会総会発表論文集   56(0) 828-828   2014年   
 
近藤 千草   箕輪 潤子   菅井 洋子   内海﨑 貴子   
川村学園女子大学研究紀要   24(2) 1-13   2013年   
 
箕輪 潤子   秋田 喜代美   安見 克夫   増田 時枝   砂上 史子   中坪 史典   
日本教育心理学会総会発表論文集   55(0) 580-580   2013年   

書籍等出版物

 
 
秋田, 喜代美, 増田, 時枝, 安見, 克夫, 箕輪, 潤子, 石井, 恭子
みらい   2018年3月   (ISBN:9784860154479)
 
箕輪潤子(担当:分担執筆, 範囲:第7章 遊びや生活の中で育む人と関わる力)
光生館   2018年3月      
 

講演・口頭発表等

 
 
PG064 4歳児の片付け場面における保育者の援助 : 園における片付けの実態の違いに着目して(発達,ポスター発表G)
箕輪 潤子   秋田 喜代美   安見 克夫   増田 時枝   中坪 史典   砂上 史子   
日本教育心理学会総会発表論文集   2015年   
 
PG087 保育の質が幼児の発達に与える影響(1) : 4歳から5歳の言語発達に関する縦断的検討とコーホート間比較(発達,ポスター発表G)
野口 隆子   箕輪 潤子   宇佐美 慧   上田 敏丈   秋田 喜代美   無藤 隆   小田 豊   中坪 史典   芦田 宏   鈴木 正敏   門田 理世   森 暢子   
日本教育心理学会総会発表論文集   2014年   
 
PG088 保育の質が幼児の発達に与える影響(2) : 4歳から小1までの科学的思考の発達に関する縦断的検討(発達,ポスター発表G)
箕輪 潤子   野口 隆子   秋田 喜代美   鈴木 正敏   無藤 隆   上田 敏丈   小田 豊   門田 理世   森 暢子   中坪 史典   芦田 宏   宇佐美 慧   
日本教育心理学会総会発表論文集   2014年   
 
PF-038 保育の質が幼児の発達に与える影響(2) : 4歳児クラスの科学的思考発達と園差・月齢との関連(発達,ポスター発表)
上田 敏丈   野口 隆子   秋田 喜代美   無藤 隆   小田 豊   箕輪 潤子   中坪 史典   芦田 宏   鈴木 正敏   門田 理世   森 暢子   
日本教育心理学会総会発表論文集   2013年   
 
PF-037 保育の質が幼児の発達に与える影響(1) : 4歳児クラスの言語発達と月齢、園差、文字意識との関連(発達,ポスター発表)
野口 隆子   上田 敏丈   秋田 喜代美   無藤 隆   小田 豊   箕輪 潤子   中坪 史典   芦田 宏   鈴木 正敏   門田 理世   森 暢子   
日本教育心理学会総会発表論文集   2013年