言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 清水 潤子
 

清水 潤子

 
アバター
研究者氏名清水 潤子
 
シミズ ジュンコ
URL
所属武蔵野大学
部署人間科学部 社会福祉学科
職名助教
J-Global ID202101009154553747

研究キーワード

 
プログラム評価 ,ソーシャルワーク

学歴

 
2014年8月
 - 
2017年1月
Case Western Reserve University Jack, Joseph and Morton Mandel School of Applied Social Sciences 
 
2004年4月
 - 
2008年3月
立教大学 コミュニティ福祉学部 コミュニティ福祉学科
 

受賞

 
2018年
立教大学コミュニティ福祉学会第4回研究実践奨励賞
 
2017年
Nonprofit Academic Centers Council, Nu Lambda Mu Award
 

MISC

 
 
日本ファンドレイジング協会ファンドレイジングジャーナルオンライン      2020年5月
 
清水潤子   
日本ファンドレイジング協会ファンドレイジングジャーナルオンライン      2019年3月   
 
清水潤子   
立教大学コミュニティ福祉学会学会誌「まなびあい」   (10) 222-227   2017年11月   

書籍等出版物

 
 
清水潤子, 千葉直紀, 今田克司, 平尾千絵, 鴨崎貴泰(担当:共編者(共編著 者), 範囲:全章)
日本ファンドレイジング協会(令和2年度内閣府社会性評価・認証に係る調査・実証事業)   2021年3月   
 
清水潤子, 新藤健太, 落合千華, 鴨崎貴泰, 長津結一郎(担当:共著, 範囲:全5章)
日本ファンドレイジング協会(平成30年度厚生労働省障害者総合福祉推進事業 障害者芸術文化活動普及支援事業評価ガイドライン作成事業)   2019年3月   
 
清水潤子, 新藤健太, 落合千華, 鴨崎貴泰(担当:共著, 範囲:全4章)
日本ファンドレイジング協会(平成30年度厚生労働省障害者総合福祉推進事業 障害者芸術文化活動普及支援事業評価ガイドライン作成事業)   2019年3月   

講演・口頭発表等

 
 
新自由主義下における犯罪者処遇
津富宏   古橋拓也   吉間慎一郎   中島学   川端浩平   清水潤子   
日本犯罪社会学会第47回大会   2020年10月3日   
 
現場実践をEBP効果モデルに発展させる評価ガイドラインの開発ーCD-TEP法を活用してー
清水潤子   新藤健太   
日本評価学会第20回全国大会   2019年12月7日   
 
米国のソーシャルワーク専門家教育と現場実践におけるエビデンスの活用とプログラム立案
清水潤子   
第3回エビデンスに基づく実践と政策セミナー(第18回エビデンスに基づく教育研究会研究大会)   2019年8月3日   
 
評価を通じた業務・組織改善
清水潤子   
令和元年度協働のまちづくりセミナー特別編~休眠預金等活用を契機に考える、民間公益活動~(主催:千葉県)   2019年7月23日   
 
企業連携の可能性とその方策
清水潤子   川向緑   山本将   李炯植   本山勝寛   
子どもの貧困対策企業連携フォーラム~貧困の連鎖を断ち切るためのコレクティブ・インパクト~   2018年10月24日   

所属学協会

 
2019年11月
 - 
現在
American Evaluation Association
2018年
 - 
現在
日本ソーシャルワーク学会
2018年
 - 
現在
日本評価学会
2014年
 - 
現在
National Association of Social Workers

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
児童福祉領域における知識仲介の研究:機能のモデル化と試行的実装
公益財団法人トヨタ財団: 2019年度研究助成プログラム
研究期間: 2020年4月