言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 薩摩 順吉
 

薩摩 順吉

 
アバター
研究者氏名薩摩 順吉
 
サツマ ジュンキチ
所属武蔵野大学
部署工学部 数理工学科
職名教授
学位工学修士(京都大学大学院), 工学博士(京都大学大学院)
J-Global ID201701011554992865

研究キーワード

 
超離散 ,非線形差分方程式 ,可積分系 ,ソリトン

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 数理解析学 / 
  • 情報通信 / 計算科学 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学工学部 数理工学科 教授   
 
2006年6月
 - 
現在
東京大学 名誉教授   
 
2014年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学環境学部 環境学科環境学専攻 特任教授   
 
2005年4月
 - 
2014年3月
青山学院大学 理工学部物理・数理学科 教授   
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学 大学院数理科学研究科 研究科長   
 

学歴

 
1970年4月
 - 
1976年5月
京都大学大学院 工学研究科 数理工学専攻
 
1968年4月
 - 
1970年3月
京都大学大学院 工学研究科 数理工学専攻
 
1964年4月
 - 
1968年3月
京都大学 工学部 数理工学科
 

委員歴

 
2009年11月
 - 
2013年3月
九州大学GCOEプログラム外部有識者会議  委員
 
2010年12月
 - 
2011年11月
日本学術振興会科学研究費専門委員会  専門委員
 
2006年8月
 - 
2011年9月
日本学術会議  連携会員
 
2009年5月
 - 
2011年4月
大学評価・学位授与機構大学機関別認証評価委員会  専門委員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
日本応用数理学会  会長
 

受賞

 
2012年5月
日本応用数理学会, 日本応用数理学会業績賞
 
2010年4月
日本応用数理学会, 日本応用数理学会フェロー
 
2006年4月
第一回横幹連合コンファレンスベストセッション賞
 

論文

 
 
N. Mimura   J. Satsuma   A. Ramani   B. Grammaticos   
Journal of Mathematical Physics   54(2) 235042013年2月   
We present the singularity analysis of the ultradiscrete analogue of linearisable mappings of Quispel-Roberts-Thompson (QRT) type. The ultradiscretisation method used here is one which keeps track of signs and thus can be applied without the posit...
 
A. Ramani   B. Grammaticos   J. Satsuma   
JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND THEORETICAL   45(36) 365202-3652022012年9月   
We examine a class of second-order mappings which can be integrated by reduction to a linear equation. These mappings have been identified in our previous works where we have precisely shown how to obtain their linearization. The mappings belongin...
 
Shin Isojima   Junkichi Satsuma   Tetsuji Tokihiro   
JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND THEORETICAL   45(15) No.152012年4月   
Ultradiscrete Ai and Bi functions are directly derived through the ultradiscrete limit from q-difference analogues of the Ai and Bi functions, respectively. An infinite number of identities among the number of restricted partitions are obtained as...
 
N. Mimura   S. Isojima   M. Murata   J. Satsuma   A. Ramani   B. Grammaticos   
JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS   53(2) 023510-0235102012年2月   
Ultradiscrete singularity confinement test, which is an integrability detector for ultradiscrete equations with parity variables, is applied to various ultradiscrete equations. The ultradiscrete equations exhibit singularity structures analogous t...
 
R.Willox   J.Satsuma   A.Ramani   B.Grammaticos   
Contemporary Mathematics   Vol.580 135-1552012年   

MISC

 
 
M. Murata   J. Satsuma   A. Ramani   B. Grammaticos   
JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND THEORETICAL   43(31) 2010年8月   
We present a systematic approach to the construction of discrete analogues for differential systems. Our method is tailored to first-order differential equations and relies on a formal linearization, followed by a Pade-like rational approximation ...
 
A. Ramani   B. Grammaticos   J. Satsuma   R. Willox   
JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND THEORETICAL   42(28) 2820022009年7月   
We examine two integrable discrete lattice equations obtained by Levi and Yamilov. We show that the first one is a form of the lattice KdV equation already obtained by Hirota and Tsujimoto, while the second one is a discrete form of mKdV. We prese...
 
A. Ramani   B. Grammaticos   J. Satsuma   R. Willox   
JOURNAL OF PHYSICS A-MATHEMATICAL AND THEORETICAL   42(28) 2820022009年7月   
We examine two integrable discrete lattice equations obtained by Levi and Yamilov. We show that the first one is a form of the lattice KdV equation already obtained by Hirota and Tsujimoto, while the second one is a discrete form of mKdV. We prese...
 
A. Ramani   B. Grammaticos   J. Satsuma   
CHAOS SOLITONS & FRACTALS   40(1) 491-4962009年4月   
We present two models for an epidemic where the individuals are infective over it fixed period of time and which never becomes endemic i.e., no infective individuals remain after the epidemic has run its course. The first model is based oil it del...
 
A. Ramani   B. Grammaticos   J. Satsuma   
CHAOS SOLITONS & FRACTALS   40(1) 491-4962009年4月   
We present two models for an epidemic where the individuals are infective over it fixed period of time and which never becomes endemic i.e., no infective individuals remain after the epidemic has run its course. The first model is based oil it del...

書籍等出版物

 
 
岡本和夫, 桂利行, 薩摩順吉(担当:共著)
東京大学出版会      2015年3月      
 
 
川野日郎, 薩摩順吉, 四ッ谷昌二(担当:共著)
裳華房      2004年11月      
 
(丸善株式会社)      2004年      
 
(裳華房)      2004年      

講演・口頭発表等

 
 
Ultradiscrete analysis on linear and nonlinear systems
PMNP2013   2013年6月   PMNP   
 
Analysis on ultradiscrete system
ICIAM workshop   2012年6月   ICIAM   
 
ものづくり社会における数学の役割
熊本大学工学部特別講演会   2011年11月   熊本大学工学部   
 
数学--忘れられた科学から忘れてはいけない科学へ
岐阜大学工学部特別講演会   2011年7月   岐阜大学工学部   
 
Nonlinear Waves: Solitons, boxes and balls
グラスゴー大学市民講演会   2011年7月   グラスゴー大学   

所属学協会

 
 
   
 
数学教育学会
 
   
 
日本シミュレーションン&ゲーミング学会
 
   
 
日本応用数理学会
 
   
 
日本数学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 2004年
 
研究期間: 1990年
 
研究期間: 1990年