言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 石川 和樹
 

石川 和樹

 
アバター
研究者氏名石川 和樹
 
イシカワ カズキ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名助教
J-Global ID201801004740303647

研究キーワード

 
生合成 ,酵素 ,細菌 ,放線菌 ,真菌 ,LCMS ,NMR ,微生物変換 ,抗菌薬 ,微生物 ,天然物化学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 環境、天然医薬資源学 / 天然薬物学

委員歴

 
 
 - 
2021年9月
第9回日中韓生薬学合同シンポジウム 実行委員
 
 
 - 
2020年9月
第64回日本薬学会関東支部大会 常任委員
 
 
 - 
2018年9月
2018年度(第33回)日本放線菌学会大会 実行委員
 

受賞

 
2019年10月
日本生薬学会66回年会, 優秀発表賞(ポスター発表の部),サンシシ由来ゲニポシド類縁化合物の構造決定および学習効果の向上を目指した学生実習への応用
石川和樹 八木諒人 足立祥輝 小島晴美 古関葉 橋元誠 田口貴章 市瀬浩志 
 
2017年4月
天然物研究方法論アカデミー第19回岡崎シンポジウム 「天然物研究方法を考える若手の会」最優秀賞,新規モルヒネ生産システムの構築を目指したベルベリン資化性菌によるベルベリン分解能の解析
石川和樹 
 
2017年3月
星薬科大学若手研究者奨励賞
石川和樹 
 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
生合成酵素の基質認識機構解明を基盤とする高度官能基化ナフトキノン型化合物の創製
独立行政法人日本学術振興会: 2019年度 基盤研究(B)
市瀬浩志 
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月
 
放線菌由来ポリケタイドの多様性創出に関わる立体選択的エノイル還元機構の解明
独立行政法人日本学術振興会: 2019年度 若手研究
石川和樹 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
モルヒネの微生物生産システム構築のためのベルベリン炭素骨格開裂機構の解明
独立行政法人日本学術振興会: 2017年度 若手研究(B)
石川和樹 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
 
Isolation and Characterization of Berberine Utilization Bacterium Rhodococcus sp. BD7100
日本生薬学会: 平成26年度小城海外派遣助成
石川和樹 
研究期間: 2014年5月

論文

 
 
Makoto Hashimoto   Takaaki Taguchi   Kazuki Ishikawa   Ryuichiro Mori   Akari Hotta   Susumu Watari   Kazuaki Katakawa   Takuya Kumamoto   Susumu Okamoto   Koji Ichinose   
Chembiochem : a European journal of chemical biology   21(5) 623-627   2020年3月   [査読有り]
Flavin-dependent monooxygenases are ubiquitous in living systems and are classified into single- or two-component systems. Actinorhodin, produced by Streptomyces coelicolor, is a representative polycyclic polyketide that is hydroxylated through th...
 
Xiaodong You   Daigo Wakana   Kazuki Ishikawa   Tomoo Hosoe   Motoaki Tojo   
Advances in Microbiology   9(12) 957-970   2019年12月   [査読有り]
 
Kazuki Ishikawa   Kazunori Takahashi   Syun Hosoi   Hisashi Takeda   Hinaka Yoshida   Daigo Wakana   Masayoshi Tsubuki   Fumihiko Sato   Motoaki Tojo   Tomoo Hosoe   
The Journal of antibiotics   72(2) 71-78   2019年2月   [査読有り]
Coptidis rhizome (CR) is a widely used herbal medicine that contains protoberberine-type alkaloids. CR extract exhibits various pharmacologic activities. A previous study reported the isolation of Rhodococcus sp. strain BD7100 as a berberine (BBR)...
 
Ishikawa Kazuki   Wakana Daigo   Itabashi Takeshi   Takeda Hisashi   Yaguchi Takashi   Kawai Ken-ichi   Hosoe Tomoo   
HETEROCYCLES   96(6) 1053-1065   2018年6月   [査読有り]
 
Tsutomu Tsuruoka   Kazuki Ishikawa   Tomoo Hosoe   Darikhand Davaajab   Suvd Duvjir   Unursaikhan Surenjav   
Journal of Natural Medicines   72(1) 332-334   2018年1月   [査読有り]
A new cinnamoylphenethylamine derivative, compound 1, was isolated as the main HPLC peak after partitioning the methanol extract of bulbs of a Mongolian onion species, Allium carolinianum DC. The chemical structure of this substance was determined...

MISC

 
 
渡進   橋元誠   田口貴章   田口貴章   石川和樹   岡本晋   市瀬浩志   
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   140th (Web)    2020年
 
網野祐   橋元誠   田口貴章   田口貴章   石川和樹   熊本卓哉   岡本晋   市瀬浩志   
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   140th (Web)    2020年
 
脇田知希   石川和樹   橋元誠   田口貴章   田口貴章   市瀬浩志   
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   140th (Web)    2020年
 
田口貴章   田口貴章   橋元誠   石川和樹   岡本晋   市瀬浩志   
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   140th (Web)    2020年
 
渡進   橋元誠   田口貴章   石川和樹   岡本晋   市瀬浩志   
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   64th    2020年

講演・口頭発表等

 
 
Exploratory research of bioactive compounds from Fungi Aspergillus species to address unmet medical needs
Kazuki ISHIKAWA   Shinya OHATA   Masaki ISHII   Takashi YAGUCHI   Toshiaki KATADA   Koji ICHINOSE   
11th JSP-CSP-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy   2021年9月18日   
 
Actinorhodin生合成に関与する立体特異的エノイル還元酵素の機能解析(第2報)
石川 和樹   橋元 誠   市瀬 浩志   
日本薬学会 第141年会(広島)   2021年3月27日   
 
アクチノロジン生合成におけるアリールカップリング反応機構の解析(第5報)
渡 進   橋元 誠   田口 貴章   石川 和樹   熊本 卓哉   岡本 晋   市瀬 浩志   
2021年3月27日   
 
アクチノロジン生合成におけるアリールカップリング反応機構の解析(第4報)
橋元 誠   渡 進   田口 貴章   石川 和樹   熊本 卓哉   岡本 晋   市瀬 浩志   
日本薬学会 第141年会(広島)   2021年3月27日   
 
アクチノロジン生合成における連続水酸化反応機構の解析(第7報)
高﨑 祐里   橋元 誠   石川 和樹   熊本 卓哉   市瀬 浩志   
日本薬学会 第141年会(広島)   2021年3月27日   

担当経験のある科目(授業)

 
2018年
 - 
現在
化学系実験実習2 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本放線菌学会
 
   
 
日本菌学会
 
   
 
日本生薬学会
 
   
 
日本薬学会

社会貢献活動

 
 
【取材協力】
株式会社サイゾー サイゾー 2020年12月
 
【取材協力】
株式会社サイゾー サイゾー 2020年10月 - 2020年11月
 
 
【取材協力】
株式会社サイゾー サイゾー 2020年7月 - 2020年8月