言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 廣谷 功
 

廣谷 功

 
アバター
研究者氏名廣谷 功
 
ヒロヤ コウ
URLhttp://www.musashino-u.ac.jp/facilities/pharmacy/yakka.html
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位薬学士(東北大学), 薬学修士(東北大学), 薬学博士(東北大学)
J-Global ID201701020116661251

プロフィール

●趣味
日曜大工,映画・海外ドラマ鑑賞,野球観戦.
●モットー
やる時はやる.一心不乱.
●授業方針
基礎から応用までを丁寧に解説します.
記憶より考えて答えを出す方法を解説します.

研究キーワード

 
Organic Chemistry ,有機化学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学 / 
  • ナノテク・材料 / 有機合成化学 / 
  • ライフサイエンス / 生物有機化学 / 
  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学 / 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授   
 
2011年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 教授   
 
2011年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授   
 
1999年4月
 - 
2011年3月
東北大学 大学院薬学研究科 准教授   
 
1996年2月
 - 
1999年3月
東北大学 薬学部 助教授   
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1988年3月
東北大学 薬学研究科 
 
1983年4月
 - 
1985年3月
東北大学 薬学研究科 
 
1979年3月
 - 
1983年3月
東北大学 薬学部 
 

受賞

 
1997年5月
有機合成化学協会 研究企画賞
 
1992年12月
日本薬学会東北支部 奨励賞
 

論文

 
 
Shiori Date   Kensei Hamasaki   Karen Sunagawa   Hiroki Koyama   Chikayoshi Sebe   Kou Hiroya   Hiroki Shigehisa   
ACS Catalysis   10(3) 2039-2045   2020年2月
Copyright © 2020 American Chemical Society. Herein we report a one-step, catalytic, Markovnikov-selective, and scalable method for the synthesis of saturated sulfur heterocycles, which are found in the structures of pharmaceuticals and natural pro...
 
Kou Hiroya   Shin Itoh   Kiyofumi Inamoto   Hiroki Shigehisa   Takao Sakamoto   
HETEROCYCLES   95(2) 920-933   2017年1月   [査読有り]
Two different kind of sequential cyclization-functionalization are developed. Namely, cyclization-chlorination of 2-ethynylaniline derivatives using CuCl2 gave 3-chloro- and 3,5-dichloroindole derivatives. The plausible mechanism for this reaction...
 
Hiroki Shigehisa   Takuya Ano   Hiroshi Honma   Kousuke Ebisawa   Kou Hiroya   
ORGANIC LETTERS   18(15) 3622-3625   2016年8月   [査読有り]
A mild, general, scalable, and functional group tolerant intramolecular hydroarylation of unactivated olefins using a Co(salen) complex, a N-fluoropyridinium salt, and a disiloxane reagent was reported. This method, which was carried out at room t...
 
Hiroki Shigehisa   Miki Hayashi   Haruna Ohkawa   Tsuyoshi Suzuki   Hiroki Okayasu   Mayumi Mukai   Ayaka Yamazaki   Ryohei Kawai   Harue Kikuchi   Yui Satoh   Akane Fukuyama   Kou Hiroya   
JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   138(33) 10597-10604   2016年8月   [査読有り]
A mild, general, and functional group tolerant intramolecular hydroalkoxylation and hydroacyloxylation of unactivated olefins using a Co(salen) complex, an N-fluoropyridinium salt, and a disiloxane reagent is described. This reaction was carried o...
 
Hiroki Shigehisa   Harue Kikuchi   Kou Hiroya   
CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   64(4) 371-374   2016年4月   [査読有り]
We developed an addition reaction of fluorous solvents to olefins using salen cobalt (Co) complex, N-fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium tetrafluoroborate, and 1,1,3,3-tetramethyldisiloxane. This reaction condition was found to activate olefins, whic...

MISC

 
 
K SHISHIDO   E SHITARA   H KOMATSU   K HIROYA   K FUKUMOTO   T KAMETANI   
HETEROCYCLES   24(1) 250-250   1986年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
廣谷 功(担当:分担執筆, 範囲:第II編 化学系薬学)
東京化学同人   2021年10月22日   
 
廣谷 功(担当:分担執筆, 範囲:10章 免疫・アレルギー疾患とその治療薬および抗炎症薬)
化学同人   2021年4月10日   
 
廣谷 功(担当:分担執筆, 範囲:第6章 芳香族化合物 SBO29 代表的な芳香族複素間化合物の性質を芳香属性と関連づけて説明できる.)
東京化学同人   2015年2月20日   
 
坂本 尚夫, 廣谷 功(担当:共著)
講談社   2010年11月   (ISBN:9784061543331)   
ヘテロ小員環化合物,含窒素飽和5~7員環化合物,および4級塩化合物の反応性と合成について記述した.また,芳香ヘテロ環化合物の環変換と遷移金属触媒を用いる芳香ヘテロ環への官能基導入法と閉環反応に関しても記述した.
 
坂本尚夫, 廣谷 功(担当:共著)
講談社   2008年10月   (ISBN:9784061536838)   
芳香族ヘテロ環化合物の性質,反応性,官能基導入部,環合成方法などに関して記述した著書.

講演・口頭発表等

 
 
長尾 芳大   廣谷 功   
第64回 日本薬学会関東支部大会   2020年9月   
 
三嶽 香穂   天野 智喬   村田 いぶき   重久 浩樹   長尾 芳大   廣谷 功   
第64回 日本薬学会関東支部大会   2020年9月   
 
館 志織   小山 寛貴   瀬部 謹儀   廣谷 功   重久 浩樹   
日本薬学会 第140年会(京都)   2020年3月   
 
濱崎 健生   砂川 夏蓮   館 志織   廣谷 功   重久 浩樹   
日本薬学会 第140年会(京都)   2020年3月   
 
三股 奈央   長井 拓哉   寺田 吉宏   廣谷 功   重久 浩樹   
日本薬学会 第140年会(京都)   2020年3月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
構造解析学 (東北大学薬学部)
 
   
 
有機化学 (武蔵野大学,東北大学薬学部)

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ化学会
 
   
 
日本化学会
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
有機合成化学協会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
インダゾール環を含む不斉配位子の開発研究と動的速度論的光学分割法への適用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
廣谷 功 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
メトロニダゾールによる薬物相互作用機構の解明および新たな相互作用の可能性の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
工藤 敏之 伊藤 清美 廣谷 功 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月