言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 善家 孝介
 

善家 孝介

 
アバター
研究者氏名善家 孝介
 
ゼンケ コウスケ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位学士(東京大学), 修士(東京大学大学院), 博士(釜慶大学校大学院)
J-Global ID201701012933606537

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学 / 

経歴

 
2016年6月
 - 
2019年3月
武蔵野大学薬学部 薬学科 助教   
 
2015年4月
 - 
2016年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 特任研究員   
 
2015年7月
 - 
2016年1月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 特任助教   
 
2012年4月
 - 
2015年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 日本学術振興会特別研究員   
 
2010年4月
 - 
2012年3月
広島大学大学院 生物圏科学研究科 研究員   
 

学歴

 
2005年9月
 - 
2009年2月
釜慶大学校大学院 Department of Aquatic Life Medicine 
 
2003年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学
 
1999年4月
 - 
2003年3月
東京大学 農学部 
 

論文

 
 
Yuho Watanabe   Kosuke Zenke   Naoki Itoh   Tomoyoshi Yoshinaga   
Aquaculture   540 736657-736657   2021年7月   [査読有り]
 
Watanabe Yuho   How Kah Hui   Zenke Kosuke   Itoh Naoki   Yoshinaga Tomoyoshi   
Fish Pathology   55(2) 38-41   2020年   [査読有り]
<p>Cryptocaryon irritans has clear daily rhythms in protomont detachment from fish and theront excystment from tomonts. ​While the rhythms seem to be regulated by photoperiods, it has not been confirmed. ​We investigated whether the daily r...
 
Yuho Watanabe   Kah Hui How   Kosuke Zenke   Naoki Itoh   Tomoyoshi Yoshinaga   
MethodsX   7 101000-101000   2020年   [査読有り]
We established a laboratory propagation method of Cryptocaryon irritans, a parasitic ciliate of marine fishes, with black molly Poecilia sp. as host fish, using small plastic aquaria. One cycle of the propagation usually takes one week. With this ...
 
Yuho Watanabe   Kah Hui How   Kosuke Zenke   N. Itoh   Tomoyoshi Yoshinaga   
Aquaculture   512    2019年10月   [査読有り]
 
Zenke K   Muroi M   Tanamoto KI   
Immunology and cell biology      2018年6月   [査読有り]

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月