言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 川原 正博
 

川原 正博

 
アバター
研究者氏名川原 正博
 
カワハラ マサヒロ
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位薬学博士
J-Global ID201701008184382220

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授   
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授   
 
2012年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 教授   
 
2003年4月
 - 
2012年3月
九州保健福祉大学 薬学部 教授、学部長(2010~2012)   
 
1990年4月
 - 
2003年3月
(財)東京都神経科学総合研究所 神経生化学研究部門 主事研究員   
 

委員歴

 
2017年7月
 - 
現在
日本微量元素学会  理事、学会誌編集委員長
 
2017年4月
 - 
現在
新アミノ酸分析研究会  会長
 
2017年4月
 - 
現在
日本分析化学会  理事、ぶんせき編集理事、関東支部常任幹事
 
2016年4月
 - 
現在
日本薬学会  代議員、関東支部幹事
 

受賞

 
2012年3月
第8回 順正学園学術教育カンファレンス 総長賞(教育部門)
 
2010年4月
順正学園 教育研究 最優秀賞
 
2007年11月
野口賞 学術振興奨励賞
 
2007年7月
日本微量元素学会 研究学術賞(浜理薬品賞)
 
2007年3月
第3回 高梁学園学術研究カンファレンス 総長賞(研究部門)
 

論文

 
 
Kawahara M   Tanaka KI   Kato-Negishi M   
Neutrients   10 E1472018年2月   [査読有り][招待有り]
 
Ken-Ichiro Tanaka   Mikako Shimoda   Victor T G Chuang   Kento Nishida   Masahiro Kawahara   Tatsuhiro Ishida   Masaki Otagiri   Toru Maruyama   Yu Ishima   
International journal of pharmaceutics   535(1-2) 140-1472018年1月   [査読有り]
Zinc (Zn) is a co-factor for a vast number of enzymes, and functions as a regulator for immune mechanism and protein synthesis. However, excessive Zn release induced in pathological situations such as stroke or transient global ischemia is toxic. ...
 
Ken-ichiro Tanaka   Mikako Shimoda   Masahiro Kawahara   
Biochemical and Biophysical Research Communications   495(1) 1335-13412018年1月   [査読有り]
Zinc (Zn) is known as a co-factor for over 300 metalloproteins or enzymes, and has essential roles in many physiological functions. However, excessively high Zn concentrations are induced in pathological conditions such as interruption of blood fl...
 
M. Kawahara   M. Kato-Negishi   K. Tanaka   
METALLOMICS   9(6) 619-6332017年6月   [査読有り][招待有り]
Increasing evidence suggests that disruption of metal homeostasis contributes to the pathogenesis of various neurodegenerative diseases, including Alzheimer's disease, prion diseases, Lewy body diseases, and vascular dementia. Conformational chang...
 
Tanaka K   Niino T   Ishihara T   Sugizaki T   Takafuji A   Takayama T   Kanda Y   Tamura F   Kurotsu S   Kawahara M   Mizushima T   
Scientific Reports   2017年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
Mizuno D, Kawahara M(担当:共著, 範囲:In Metallomics-Recent Analytical Techniques and Applications-, (eds Ogra,Y and Hirata, T) , pp285-314)
Springer      2017年5月      
 
Kawahara M, Tanaka K, Mizuno D(担当:共著, 範囲:In Carnosine: Physiological Effects and Research Insights, (ed by D. Wells) pp83-112)
Nova Science Publishers      2016年4月      
 
Kawahara M(担当:単著)
Nova publication      2016年      
 
Masahiro KAWAHAR, A, Ken-ichiro TANAKA, Dai MIZUNO(担当:共著)
InTech      2016年      
 
川原 正博(担当:単著)
京都廣川書店      2015年9月      

講演・口頭発表等

 
 
金属毒性と神経疾患
川原 正博   
第32回日本中毒学会東日本地方会 教育講演   2018年1月20日   
 
Lipopolysaccharide (LPS) 肺傷害に対する抗酸化ペプチド・カルノシンの機能解析
高藤綾香   日野優生   田中健一郎   川原正博   
新アミノ酸分析研究会第7回学術講演会   2017年12月4日   
 
亜鉛による神経細胞死における他の金属イオンとの相互作用
川原正博   下田 実可子   瓦谷 沙由里   根岸みどり   田中 健一郎   
第5回メタロミクス研究フォーラム   2017年11月25日   
 
TGF-β1依存のコラーゲン産生を抑制する薬の探索と肺線維症治療への応用
杉崎俊文   川原正博   田中健一郎   
生体機能と創薬シンポジウム2017   2017年8月24日   
 
Copper and nickel enhanced zinc-induced neurotoxicity: cross talk of neurometals and pathogenesis of vascular dementia
Kawahara M   Kato-Negishi M   Tanaka K   
The 6th International Symposium on Metallomics   2017年8月15日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
基礎物理学 (武蔵野大学)
 
   
 
分析化学実習 (武蔵野大学)
 
   
 
医薬品分析化学2 (武蔵野大学)
 
   
 
医薬品分析化学1 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本味と匂い学会
 
   
 
Biophysical Society
 
   
 
Society for Neuropscience
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
日本微量元素学会

教育上の能力に関する大学等の評価