言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 川島 哲
 

川島 哲

 
アバター
研究者氏名川島 哲
 
カワシマ サトシ
URL
所属武蔵野大学
部署通信教育部 人間科学部
職名助教
J-Global ID201801016712406110

プロフィール

教室談話分析をしています。

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育心理学 / 

論文

 
 
 
川島哲   
東京大学大学院教育学研究科紀要   52 367-374   2012年3月   

MISC

 
 
 
川島哲   
日本教育心理学会第 59 回総会発表論文集   421   2017年   
 
児玉 佳一   笹屋 孝允   川島 哲   
教師学研究   18(0) 1-11   2016年   
本研究は,都内公立小学校5年生1学級を対象に,教師と児童の"授業ルール"認識におけるズレの特徴について,「重要度」「優先度」「目的」の3点から検討した。「重要度」については授業ルールの重要度認識を測定する尺度,「優先度」については授業ルールが葛藤する場面を記述した場面想定課題,および「目的」については授業ルールの目的を尋ねる自由記述課題をそれぞれ実施した。その結果,「重要度」では,教師および児童とも授業ルールの重要度を高く認識していることが示された。一方で「優先度」および「目的」では,主に...
 
Takayoshi Sasaya   Satoshi Kawashima   Keiichi Kodama   
WALS International Conference 2015      2015年11月   [査読有り]
 

講演・口頭発表等

 
 
活動移行における状況の違いと指示表現の 違いが指示の受け手に与える影響——場面想定法による大学生への質問紙調査から——
川島哲   
教師教育学会第22回大会   2021年3月14日   
 
活動のルールから逸脱する児童に対する注意と児童全体への指示の関係性
川島哲   
世界授業研究学会2019   2019年9月4日   
 
The relationship between how teachers’ directions are uttered and what they aim to achieve: Discourse analysis in a first-grade classroom教師の指示とその目的の関係性:小学一年の教室における談話分析
川島哲   
World Association of Lesson Study 2017   

担当経験のある科目(授業)

 
2018年10月
 - 
現在
教育相談(カウンセリングを含む) (武蔵野大学)
2018年4月
 - 
現在
発達と学習 (武蔵野大学)
2018年4月
 - 
現在
心理測定法 (武蔵野大学通信教育部)
2018年4月
 - 
現在
発達心理学 (武蔵野大学通信教育部)
2018年4月
 - 
現在
教育心理学 (武蔵野大学通信教育部)

所属学協会

 
 
   
 
日本心理学会
 
   
 
世界授業研究学会
 
   
 
日本教師学学会
 
   
 
日本教育学会
 
   
 
日本教育方法学会