言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 淺野 敬子
 

淺野 敬子

 
アバター
研究者氏名淺野 敬子
 
アサノ ケイコ
所属武蔵野大学
部署人間科学部 人間科学科
職名助教
学位学術(武蔵野大学大学院)
J-Global ID201801000679862586

研究キーワード

 
PTSD ,性暴力被害 ,被害者支援 ,トラウマ

研究分野

 
  • 人文・社会 / 臨床心理学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学 人間科学部 人間科学科 助教 
 
2011年4月
 - 
現在
武蔵野大学 通信教育部 非常勤講師 
 
2017年4月
 - 
2018年3月
武蔵野大学 薬学部 非常勤講師 
 
2011年4月
 - 
2018年3月
武蔵野大学心理臨床センター  相談員 
 
2012年9月
 - 
2018年2月
都内精神科  心理士 
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2016年3月
武蔵野大学大学院 人間社会研究科 人間学専攻 博士後期課程
 
2009年4月
 - 
2011年3月
武蔵野大学大学院 人間社会研究科 人間学専攻 臨床心理学コース 修士課程
 

受賞

 
2016年5月
日本トラウマティック・ストレス学会, 第15回日本トラウマティック・ストレス学会優秀演題賞,性暴力被害者のためのワンストップ支援センターから精神科へ紹介された被害者の実情と治療の課題
淺野敬子 今野理恵子 山本このみ 正木智子 平川和子 小西聖子 
 

論文

 
 
今野 理恵子   淺野 敬子   正木 智子   山本 このみ   小西 聖子   
武蔵野大学人間科学研究所年報 = The annual bulletin of Musashino University Institute of Human Sciences   (7) 97-1122018年3月   
 
淺野 敬子   正木 智子   今野 理恵子   山本 このみ   平川 和子   小西 聖子   
トラウマティック・ストレス : 日本トラウマティック・ストレス学会誌 = Japanese journal of traumatic stress : official journal of the Japanese Society for Traumatic Stress Studies   15(1) 59-682017年6月   
背景と目的:性暴力被害者のPTSD症状を速やかに改善することは、被害者の回復において重要であると考えられるが、ワンストップ支援センターを利用した性暴力被害者の精神症状および実情について国内の報告はほとんどない。本調査は、急性期性暴力被害者の実情を踏まえた介入方法と課題について検討することを目的にカルテ調査を行った。方法:ワンストップ支援センター開設後3年半の間に、当該支援センターから精神科へ紹介された女性の性暴力被害者について、カルテ情報から対象者の属性、被害内容、診断名、治療転帰などの情...
 
今野 理恵子   淺野 敬子   正木 智子   山本 このみ   小西 聖子   
女性心身医学   21(3) 295-3052017年3月   
【目的】性暴力被害後3ヵ月以内に精神科初診となった患者(急性期)とそれ以降に初診となった患者(慢性期)の転帰や症状評価の比較検討を行い、臨床の実態を明らかにする。【方法】2012年6月〜2015年11月末の3年半に性暴力被害後に初診となった患者のカルテから、転帰や症状評価、認知行動療法の実施実態等の情報を収集し分析する。【結果/考察】(1)調査対象者数は初診時に被害から3ヵ月以内の急性期群21名、それ以降の慢性期群12名の計33名であり、急性期群と慢性期群で有意差が見られたのは精神科既往歴...
 
淺野 敬子   平川 和子   小西 聖子   
被害者学研究   (26) 37-522016年3月   
 
Maiko Fukasawa   Yuriko Suzuki   Satomi Nakajima   Keiko Asano   Tomomi Narisawa   Yoshiharu Kim   
DISASTER MEDICINE AND PUBLIC HEALTH PREPAREDNESS   9(4) 359-3662015年8月   [査読有り]
Objective: We intended to build consensus on appropriate disaster mental health services among professionals working in the area affected by the Great East Japan Earthquake.
Methods: We focused on the first 3 months after the disaster, divided int...

MISC

 
 
淺野 敬子   中島 聡美   成澤 知美   中澤 直子   金 吉晴   小西 聖子   
女性心身医学   21(3) 325-3352017年3月   
【背景・目的】性暴力被害者が被害後の急性期に被害による心身への影響や司法手続きおよび支援に関する情報を得ることは、被害後のストレスを軽減し、被害者を適切な治療や支援に繋げやすくすると考えられる。しかし、被害後急性期の被害者に総合的な支援情報を提供する媒体は少なく、その有用性について評価されたものはない。そこで、急性期性暴力被害者のための情報提供用ハンドブック(以下、冊子)を作成し、性暴力被害者の支援者または治療者(以下、支援・治療者)を対象に本冊子の有用性について評価を行った。【方法】先行...
 
今野 理恵子   淺野 敬子   正木 智子   山本 このみ   小西 聖子   
武蔵野大学人間科学研究所年報 = The annual bulletin of Musashino University Institute of Human Sciences   (7) 97-1122017年   
 
淺野 敬子   小西 聖子   
精神科   23(5) 529-5352013年11月   
 
淺野 敬子   小西 聖子   
性とこころ   5(1) 29-412013年6月   
 
淺野 敬子   
武蔵野大学大学院言語文化研究科・人間社会研究科研究紀要   (1) 61-662011年   

書籍等出版物

 
 
淺野敬子, 小西聖子, 榎本稔(担当:共著, 範囲:性暴力被害者の支援と治療)
金剛出版      2014年      

講演・口頭発表等

 
 
刑事手続における犯罪被害者の精神・心理状態評価例の分析
山本このみ   淺野敬子   今野理恵子   小西聖子   
第16回日本トラウマティック・ストレス学会   2017年6月   
 
ワンストップ支援センターから紹介された性暴力被害者の早期治療と治療転帰に関する検討
淺野敬子   今野理恵子   山本このみ   正木智子   平川和子   小西聖子   
第16回日本トラウマティック・ストレス学会   2017年6月   
 
保護者の支援のない若年困難事例に対するPE療法実施に必要な社会的支援
淺野敬子   小西聖子   
第16回日本トラウマティック・ストレス学会   2017年6月   
 
性暴力被害後急性期の被害者のための支援情報冊子の有用性評価
淺野敬子   中島聡美   成澤知美   中澤直子   金吉晴   小西聖子   
第45回日本女性心身医学会学術大会   2016年8月   
 
性暴力被害者のためのワンストップ支援センターから精神科へ紹介された被害者の実情と治療の課題
淺野敬子   今野理恵子   山本このみ   正木智子   平川和子   小西聖子   
第15回日本トラウマティック・ストレス学会   2016年5月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
医療心理学 (武蔵野大学薬学部)
 
   
 
グリーフケア・トラウマケア (武蔵野大学通信教育部)

所属学協会

 
 
   
 
日本女性心身医学会
 
   
 
日本被害者学会
 
   
 
日本司法精神医学会
 
   
 
日本心理臨床学会
 
   
 
日本トラウマティック・ストレス学会

Works(作品等)

 
 
淺野敬子   中島聡美   金吉晴   
2014年   その他
 
中島聡美   鈴木友理子   成澤知美   淺野敬子   深澤舞子   金吉晴   
2013年   その他