言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 菊地 ひとみ
 

菊地 ひとみ

 
アバター
研究者氏名菊地 ひとみ
 
 
所属武蔵野大学
部署通信教育部 人間科学部
職名
科研費研究者番号40880612
J-Global ID202001001906869996

論文

 
 
菊地 ひとみ   細野 知子   齋藤 貴子   伊田 裕美   
日本看護科学学会学術集会講演集   36回 299-299   2016年11月   [査読有り]
 
菊地 ひとみ   亀岡 智美   小澤 三枝子   西岡 みどり   川西 千惠美   大笹 勝典   大谷 沙織   小松 契   園山 真由美   田尾 容子   濱 裕美子   
看護教育   55(11) 1056-1062   2014年11月   [査読有り]
 
岩本 郁子   和賀 徳子   林 幸子   坪倉 繁美   衣川 さえ子   内村 美子   平賀 元美   長久 泉   菊池 幸子   菊地 ひとみ   宗村 美江子   太田 博子   今井 保次   丸山 美知子   
看護展望   28(2) 213-242   2003年1月   [査読有り]
現実感を伴うヒヤリ・ハット,事故を体験する為に模擬患者を活用した「誤薬」と「転倒・転落」のシミュレーションモデルを開発し,シミュレーション体験をした看護師4名に面接調査を行い学びの構造を質的に明らかにした.「誤薬」は点滴静注内注射の場面を設定して体験者からは「存在しない絶対の確かさ」など五つの学びを取り出すことができた.「転倒・転落」は臥床中の患者が排泄の意思表示後動こうとする場面を設定し,体験者からは「危険性の程度および察知した転倒・転落が出現する可能性の不確実」など四つの学びを取り出す...
 
内村 美子   和賀 徳子   岩本 郁子   平賀 元美   今井 保次   菊地 ひとみ   宗村 美江子   丸山 美知子   
看護展望   26(11) 1272-1282   2001年10月   [査読有り]
 
丸山 美知子   和賀 徳子   坪倉 繁美   林 幸子   衣川 さえ子   高橋 弘子   内村 美子   岩本 郁子   金澤 暁民   平賀 元美   菊地 ひとみ   宗村 美江子   太田 博子   高橋 正子   今井 保次   
看護展望   26(10) 1142-1144   2001年9月   [査読有り]