言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 木下 修一
 

木下 修一

 
アバター
研究者氏名木下 修一
 
キノシタ シュウイチ
所属武蔵野大学
部署工学部 数理工学科
職名准教授
学位博士(理学)(新潟大学)
科研費研究者番号60551843

研究キーワード

 
複雑系 , ブーリアンネットワーク , 複雑ネットワーク

研究分野

 
  • 情報通信 / ソフトコンピューティング / 
  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学 工学部数理工学科 准教授
 
2014年4月
 - 
2020年3月
明治大学 先端数理科学インスティチュート(MIMS) 客員研究員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
武蔵野大学 環境学部環境学科 准教授
 
2013年10月
 - 
2014年3月
明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員
 
2009年4月
 - 
2013年3月
明治大学 研究・知財戦略機構 研究推進員
 

論文

 
Shu-ichi Kinoshita, Hiroaki Yamada
Unifying Themes in Complex Systems IX   346-351   2018年7月   [査読有り]
Shu-ichi Kinoshita, Mayuko Iwamoto, Keita Tateishi, Nobuhiko J Suematsu, Daishin Ueyama
Physical review. E, Statistical, nonlinear, and soft matter physics   87(6) 062815-062815   2013年6月   [査読有り]
Spiral waves on excitable media strongly influence the functions of living systems in both a positive and negative way. The spiral formation mechanism has thus been one of the major themes in the field of reaction-diffusion systems. Although the w...
Shu-ichi Kinoshita, H.S.Yamada
Proceedings of International Symposium on Communications and Information Technologies 2010 (IEEE)   839   2010年   [査読有り]
Shu-ichi Kinoshita, Kazumoto Iguchi, Hiroaki S. Yamada
JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY   256(3) 351-369   2009年2月   [査読有り]
We study intrinsic properties of attractor in Boolean dynamics of complex networks with scale-free topology, comparing with those of the so-called Kauffman's random Boolean networks. We numerically study both frozen and relevant nodes in each...
Shu-Ichi Kinoshita, Kazumoto Iguchi, Hiroaki S. Yamada
COMPLEX SYSTEMS-BOOK 1   982 768-+   2008年   [査読有り]
We study the intrinsic properties of attractors in the Boolean dynamics in complex network with scale-free topology, comparing with those of the so-called random Kauffman networks. We have numerically investigated the frozen and relevant nodes for...

MISC

 
木下 修一, 立石 恵大, 岩本 真裕子, 末松 J.信彦, 上山 大信
京都大学数理解析研究所講究録   1853 210   2013年4月

講演・口頭発表等

 
木下修一
数学と現象 in 清里   2020年2月3日   
木下修一, 片山明
現象数理学の形成と発展 in 函館   2019年12月19日   
木下修一
Comference on Complex Systems 2019   2019年10月1日   
木下修一
数学と現象 in 那須   2019年2月1日   
木下修一, 山田弘明
現象数理学研究集会2018   2018年11月30日   

担当経験のある科目(授業)

 
  • ネットワーク科学特論 (武蔵野大学大学院工学研究科)
  • 数理工学研究2(ゼミ:輪読(統計力学)) (武蔵野大学工学部数理工学科)
  • 数理工学研究1(ゼミ:輪読(熱力学)) (武蔵野大学工学部数理工学科)
  • 現象数理学1演習(C言語による数値計算) (明治大学理工学部)
  • 数理工学実験2(Pythonによる数値計算) (武蔵野大学工学部)

所属学協会

 
日本数理生物学会 , 日本応用数理学会 , 日本バイオインフォマティクス学会 , 日本物理学会

学歴

 
2001年4月
 - 
2009年3月
新潟大学大学院 自然科学研究科 
 
1998年4月
 - 
2001年3月
新潟大学大学院 自然科学研究科 
 
1992年4月
 - 
1997年3月
新潟大学 理学部 
 

社会貢献活動

 
【情報提供, 運営参加・支援】  明治大学先端数理科学インスティチュート  数理で見ると仕組みがわかる!―現象数理学の最前線―  2012年10月2日 - 2012年10月15日
【司会, 運営参加・支援】  明治大学先端数理科学インスティチュート  MASセミナー  2010年4月 - 2012年3月
【情報提供, 運営参加・支援】  明治大学  身の回りの現象を数理の目で見ると!―現象数理学の新展開―  2011年11月17日 - 2011年11月28日
【情報提供, 運営参加・支援】  数理で見ると仕組みがわかる!―現象数理学の最前線―  2010年11月13日 - 2010年11月28日