言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 北本 朝展
 

北本 朝展

 
アバター
研究者氏名北本 朝展
URLhttp://agora.ex.nii.ac.jp/~kitamoto/
所属情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設
部署人文学オープンデータ共同利用センター
職名センター長
学位博士(工学)
その他の所属国立情報学研究所コンテンツ科学研究系, 総合研究大学院大学複合科学研究科情報学専攻
ORCID ID0000-0002-1517-7795

プロフィール

1997年東京大学工学系研究科電子工学専攻修了。博士(工学)。現在、情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター センター長、国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 准教授、総合研究大学院大学 情報学専攻 准教授。画像データの分析を中心に、データ駆動型サイエンスを人文科学や地球科学、防災などの分野で幅広く展開する。文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品、山下記念研究賞などを受賞。オープンサイエンスの展開に向けた超学際的研究コラボレーションにも興味を持つ。<br />
***<br />
大規模データの解析から新たな価値を生み出すという「データ駆動型サイエンス」を,様々な学術分野において展開することを目指している。具体的には、画像情報処理や地理情報処理などの技術を基盤とし、対象とするデータの特徴に適合した分析、検索、可視化アルゴリズムを発展させることにより、大規模データベースを中心とした利便性の高い研究基盤を構築し、新しい知識を発見したり新しいコミュニティを形成したりすることが目標である。例えば気象学分野では、台風や気象災害に関する異種・大量のデータを過去から現在までシームレスに検索可能な世界最大規模のデータベースを構築し,ビッグデータ技術に基づくリアルタイム災害情報サービスとして多くの人々に活用されている。同様に地球環境情報や人文科学情報などの幅広い分野においてもデータ駆動型サイエンスを展開しており、今後は情報・システム研究機構・データサイエンス共同利用基盤施設・人文学オープンデータ共同利用センターの研究活動の一環として、人文科学情報に関する研究基盤を展開する計画である。こうした研究は、学術情報の分野を越えた共有と公開を梃子にして学術研究の進め方を変革する「オープンサイエンス」の動きにも対応しており、超学際的な連携に基づく研究にも積極的に関わっている。

研究キーワード

 
メタデータ管理 , WAINS , 衛星画像 , アジア地域における学術情報交流 , グラフ構造 , 気象学 , 情報検索 , 情報共有 , インタ-ネット , デ-タベ-ス検索 , マルチメディアデータ管理 , 多言語辞書 , マルチメディア国際共同実験 , 画像検索 , BLCATプロジェクト , 階層モデル , ディジタル資産 , 3次元復元 , 類似画像検索 , 衛星データ , 遺伝的アルゴリズム , 衛生データ , AHYDS , 情報格差 , オンライン辞書 , 統計学的手法 , 予兆発見 , 時系列画像 , タイ王国 , MediaSys , 人文社会情報学 , 形態解析 , ジオメディア , 雲パターン , 内容検索 , 画像コレクション , 情報学 , 類似度 , 気象衛星画像 , 文化遺産 , ソウル大学図書館 , 画像デ-タベ-ス , バーミヤン , NACSIS Thaiプロジェクト , 画像表現モデル , 気象画像 , パタ-ン認識 , マルチメディアデータ , アメリカ:フランス:タイ:ノルウェー , キャラバンサライ , 国際情報交換 , 3D復元 , データマイニング , パターン認識 , 東洋文庫 , マルチメディア , 台風 , ポータル , バム遺跡 , シルクロード , 画像内容検索 , 多言語 , メタデータ , 画像データベース , ディジタルアーカイブ

研究分野

 
  • 人文・社会 / 図書館情報学、人文社会情報学 / 
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション / 
  • 情報通信 / データベース / 
  • 情報通信 / 知能情報学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター センター長
 
2008年4月
 - 
現在
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系 准教授
 
2004年4月
 - 
現在
国立情報学研究所
 
2016年4月
 - 
2017年3月
情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター準備室 準備室長
 
2015年4月
 - 
2017年3月
京都大学 地域研究統合情報センター 客員准教授
 

所属学協会

 
The Alliance of Digital Humanities Organizations , 日本デジタル・ヒューマニティーズ学会 , ACM , 人工知能学会 , 日本気象学会

受賞

 
2019年2月
じんもんこん2018実行委員会 最優秀論文賞 End-to-End Pre-Modern Japanese Character (Kuzushiji) Spotting with Deep Learning
 
2017年3月
一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED) 勝手表彰 日本古典籍デジタルデータのオープン化
 
2017年1月
陝西師範大学 『陝西師範大学学報』,2016年優秀論文 絲綢之路遺址之重新定位与遺址数拠庫之建立
 
2016年1月
じんもんこん2015実行委員会 最優秀論文賞 Digital Criticism Platform: エビデンスベースの解釈を支援するデジタル史料批判プラットフォーム
 
2015年7月
一般社団法人 情報処理学会 山下記念研究賞 メディア知能情報
 

論文

 
Nguyen Hung Tuan, Nguyen Cuong Tuan, Masaki NAKAGAWA, Asanobu KITAMOTO
人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2019論文集   253-260   2019年12月   [査読有り]
北本 朝展, カラーヌワット タリン, Alex LAMB, Mikel BOBER-IRIZAR
人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2019論文集   223-230   2019年12月   [査読有り]
鈴木 親彦, 北本 朝展
人文科学とコンピュータシンポジウム じんもんこん2019論文集   11-18   2019年12月   [査読有り]
Clément Playout, Asanobu Kitamoto
The 9th International Workshop on Climate Informatics (CI2019)      2019年10月   [査読有り]
Tarin CLANUWAT, Alex LAMB, Asanobu KITAMOTO
15th International Conference on Document Analysis and Recognition (ICDAR2019)      2019年9月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
北本 朝展
第38回人文機構シンポジウム「~ コンピュータがひもとく歴史の世界 ~デジタル・ヒューマニティーズってなに?」   2020年1月25日   
北本 朝展
Workshop on Digital Humanities in Asian & East Asian Studies   2019年11月22日   
北本 朝展
日本文化とAIシンポジウム2019   2019年11月11日   
佐々木 謙人, 山路 倍弘, 橋本 敬之, 北本 朝展, 鈴木 静男
地理情報システム学会 第28回学術研究発表大会   2019年10月19日   
Asanobu KITAMOTO
The Digital Transformation - Implications for the Social Sciences and the Humanities   2019年9月25日   

書籍等出版物

 
北本 朝展 (担当:分担執筆, 範囲:災害の非可逆性とアーカイブの精神―デジタル台風・東日本大震災デジタルアーカイブ・メモリーグラフの教訓)
勉誠出版   2019年8月   ISBN:9784585202820
北本 朝展 (担当:分担執筆, 範囲:画像データの分析から 歴史を探る −「武鑑全集」における「差読」の可能性−)
文学通信   2019年3月   ISBN:9784909658128
北本 朝展 (担当:分担執筆, 範囲:第1部II「オープンサイエンス・オープンデータ」、第1部IV「人文科学におけるデータ活用」")
国立国会図書館   2018年3月   ISBN:9784875828150
Yoko NISHIMURA, Erika Forte, Asanobu KITAMOTO (担当:分担執筆, 範囲:A new method for re-identifying ancient excavated structures on the Silk Road: the case of Kocho)
2016年12月   
西村 陽子, 北本 朝展 (担当:分担執筆, 範囲:「華北交通アーカイブ」の構築)
国書刊行会   2016年11月   

MISC

 
北本 朝展
月刊J-LIS   6(8) 36-39   2019年11月   [依頼有り]
北本 朝展
歴博   (207) 11-11   2018年3月   [依頼有り]
藤山 秋佐夫, 吉野 諒三, 山下 智志, 越前 功, 北本 朝展
文部科学教育通信   (422) 22-23   2017年10月   [依頼有り]

Works(作品等)

 
北本 朝展, カラーヌワットタリン, Mikel Bober-Irizar, Alex Lamb   Web Service   2019年11月
北本 朝展, 戸田 智恵, 村田 健史   データベース   2019年1月
Tarin Clanuwat, Mikel Bober-Irizar, Asanobu Kitamoto   データベース   2018年12月
北本 朝展, 本間 淳, Tarek SAIER   ソフトウェア   2018年11月
北本 朝展, 鈴木 親彦   データベース   2018年5月

担当経験のある科目(授業)

 
  • 複合科学概論 (総合研究大学院大学)
  • ソフトウェア科学概論 (総合研究大学院大学)
  • 確率的情報処理 (総合研究大学院大学)
  • ビッグデータ概論 (総合研究大学院大学)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(A)
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
情報・システム研究機構: 機構間連携・文理融合プロジェクト
研究期間: 2018年9月 - 2021年3月
文部科学省: 地球環境情報プラットフォーム構築推進プログラム
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月
国文学研究資料館: 日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築事業 研究開発系共同研究
研究期間: 2015年4月 - 2020年3月

学歴

 
1994年4月
 - 
1997年3月
東京大学 大学院工学系研究科 
 
1992年4月
 - 
1994年3月
東京大学 大学院工学系研究科 
 
1988年4月
 - 
1992年3月
東京大学 工学部 
 

委員歴

 
2019年8月
 - 
現在
科学技術情報整備審議会  専門委員
 
2019年7月
 - 
現在
デジタルアーカイブ学会  理事
 
2018年10月
 - 
現在
研究データ利活用協議会  Japan Data Repository Network小委員会
 
2018年10月
 - 
現在
日本気象学会  学術委員会データ利用部会員
 
2018年4月
 - 
現在
文化遺産国際協力コンソーシアム  西アジア分科会委員
 

社会貢献活動

 
【企画】  東洋文庫ミュージアム  2015年1月10日 - 2015年4月12日
【企画】  東洋文庫ミュージアム  2014年1月11日 - 2014年4月13日
【企画】  東洋文庫ミュージアム  2013年8月 - 2013年12月
【実演】  文化庁  平成24年度(第16回)文化庁メディア芸術祭 受賞作品展  2013年2月13日 - 2013年2月24日
【実演】  COP10  生物多様性交流フェア  2010年10月23日 - 2010年10月29日