言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 鈴木 清貴
 

鈴木 清貴

 
アバター
研究者氏名鈴木 清貴
 
スズキ キヨタカ
所属武蔵野大学
部署法学部  法律学科
職名教授
学位学士(法学)(明治大学), 修士(法学)(慶應義塾大学)

研究分野

 
  • 法学 / 民事法学 / 

経歴

 
2003年4月
 - 
2006年3月
帝塚山大学 法政策学部 専任講師
 
2006年4月
 - 
2007年3月
帝塚山大学 法政策学部 助教授
 
2007年4月
 - 
2010年3月
愛知大学 法科大学院 兼担教員
 
2007年4月
 - 
2016年3月
愛知大学 法学部 准教授
 
2013年4月
 - 
2014年3月
フランス オルレアン大学 ポティエ法研究センター 在外研究
 
2013年7月
 - 
2014年4月
LE STUDIUM® VISITOR RESEARCH FELLOW
 
2016年4月
 - 
2018年3月
武蔵野大学法学部 法律学科 准教授
 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学法学部 法律学科 教授
 
2018年4月
 - 
2019年3月
政策研究大学院大学 非常勤講師
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1990年3月
東京都立戸山高等学校  
 
1991年4月
 - 
1996年3月
明治大学 法学部 法律学科
 
1996年4月
 - 
1998年3月
慶應義塾大学 法学研究科 民事法学専攻 前期博士課程 修了
 
1998年4月
 - 
2002年3月
慶應義塾大学 法学研究科 民事法学専攻 後期博士課程 単位取得退学
 

委員歴

 
2007年8月
 - 
2011年3月
愛知県みよし市緑の基本計画策定委員会  委員
 

Misc

 
民法上の正当防衛における侵害者の無過失責任の追求
鈴木 清貴
武蔵野大学 政治経済研究所年報   (16) 207-223   2018年2月
他人を害する権利はあるか(1)―民法上の正当防衛論のために―
鈴木 清貴
武蔵野法学   (8) 100-81   2018年2月
フランス民事責任改正草案(2017年3月13日)試訳
鈴木 清貴
武蔵野法学   (7) 230-185   2017年10月
フランス民事責任改正法草案(2016年4月29日)試訳
武蔵野大学 政治経済研究所年報   (14) 121-149   2017年2月
「民法上の正当防衛における侵害者の責任根拠」
愛知大学法学部 法経論集(愛知大学法学会)   (205) 25-52   2016年1月
「民法上の正当防衛における第三者の救済―侵害者の責任―」
滝沢昌彦ほか編 『民事責任の法理―円谷峻先生古稀祝賀論文集』   437-453   2015年5月
「債権法改正と学説の行方」
三色旗(慶應義塾大学通信教育部)   (769)    2012年4月
「代理権の濫用と職務の濫用-代理・表見代理・使用者責任の関係」
椿寿夫=伊藤進編 『代理の研究』   361-375   2011年3月
「不正競争と不法行為-不正競争防止法と民法の関係-」
帝塚山法学   (18) 99-114   2009年6月
「代理権の濫用と職務の濫用-表見代理と使用者責任の関係」
法律時報   79(4) 68-71   2007年4月
「取引における不法行為と企業の責任」
法律時報   76(8) 109-113   2004年8月
「民法715条をめぐる『外形理論』のメカニズム-使用者責任と表見代理の関係-」
法学政治学論究(慶應義塾大学大学院)   (50) 201-224   2001年9月   [査読有り]
「使用者責任における『事業ノ執行ニ付キ』の再検討-フランス法と比較して-」
法学政治学論究(慶應義塾大学大学院)   (48) 97-126   2001年3月   [査読有り]
「民法112条の表見代理と過失概念」
法学政治学論究(慶應義塾大学大学院)   (43) 597-637   1999年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
『導入対話による民法講義(総則)〔新版〕』
橋本恭宏=松井宏興=清水千尋=鈴木清貴=渡邊力 (担当:共著, 範囲:第17章・代理制度総論、第18章・無権代理、第19章・表見代理)
不磨書房・信山社(発売)   2003年4月   
第17章・代理制度総論、第18章・無権代理、第19章・表見代理の執筆を担当。
『導入対話による民法講義(総則)〔第3版〕』
橋本恭宏=松井宏興=清水千尋=鈴木清貴=渡邊力 (担当:共著, 範囲:第17章・代理制度総論、第18章・無権代理、第19章・表見代理)
不磨書房・信山社(発売)   2006年4月   
第17章・代理制度総論、第18章・無権代理、第19章・表見代理の執筆を担当(民法の現代語化にあわせて改訂)。
『導入対話による民法講義(総則)〔第4版〕』
橋本恭宏=松井宏興=清水千尋=鈴木清貴=渡邊力 (担当:共著, 範囲:第17章・代理制度総論、第18章・無権代理、第19章・表見代理)
2007年4月   
第17章・代理制度総論、第18章・無権代理、第19章・表見代理の執筆を担当(補訂)。

講演・口頭発表等

 
L'accueil et l'installation du code civil au Japon
フランス オルレアン大学ポティエ法研究センター   2014年3月14日   フランス オルレアン大学ポティエ法研究センター
民法上の正当防衛における被害者の救済
武蔵野大学政治経済研究所 2016年度第1回研究フォーラム   2016年7月7日   武蔵野大学政治経済研究所
民法上の正当防衛における侵害者の責任
不法行為法研究会(明治大学)   2016年10月15日   

所属学協会

 
日本私法学会

Works

 
(判例解説)「『正当な理由』の判断(1)―本人と自称代理人が夫婦の場合』(最判昭和36年1月17日民集15巻1号1頁)
その他   2010年3月
(判例解説)「『正当な理由』の判断(2)―本人と自称代理人が親子の場合」(最判昭和39年12月11日民集18巻10号2160頁)
その他   2010年3月
(判例解説)「『正当な理由』の判断(3)―登記済権利証と実印の提示」(最判昭和42年11月30日民集21巻9号2497頁)
その他   2010年3月
(判例解説)「表見代理の成立と本人の過失の要否」(最判昭和34年2月25日民集13巻1号67頁)
その他   2010年3月
(用語解説)池田真朗編著『現代民法用語辞典』
その他   2008年8月
「法人の不法行為能力」など14の項目につき、1項目200字程度の解説を担当。
(科研費研究成果報告書)「不正競争と不法行為法-民法からみた不正競争防止法」
その他   2006年6月
(判例解説)「階層的に構成されている暴力団の下部組織の構成員が対立抗争においてした殺傷行為と最上位の組長の使用者責任」
その他   2005年6月
(判例研究)「郵便局に所属する保険外務員が簡易保険の契約者に対し虚偽の事実を述べて資金の融通を受けることによって同契約者に加えた損害が民法715条1項にいう『被用者カ其ノ事業ノ執行ニ付キ第三者ニ加ヘタル損害』にあたらないとされた事例」
その他   2004年8月
(資料)池田真朗=北澤安紀=国際債権流動化法研究会「注解・国連国際債権譲渡条約(1)(2)(3)(4・完)─UNCITRAL総会報告書をもとに─」
その他   2002年7月
共同の翻訳
(資料)池田真朗=北澤安紀=国際債権流動化法研究会「UNCITRAL国際債権譲渡条約草案作業部会最終案試訳」
その他   2001年3月
共同の翻訳