言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 根岸 みどり
 

根岸 みどり

 
アバター
研究者氏名根岸 みどり
 
ネギシ ミドリ
通称等の別名Kato-Negishi Midori
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部
職名助教
J-Global ID201701012775561059

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経科学一般 / 

論文

 
 
Masahiro Kawahara   Midori Kato-Negishi   Ken-Ichiro Tanaka   
International journal of molecular sciences   22(3)    2021年1月
Prion diseases are progressive and transmissive neurodegenerative diseases. The conformational conversion of normal cellular prion protein (PrPC) into abnormal pathogenic prion protein (PrPSc) is critical for its infection and pathogenesis. PrPC p...
 
Masahiro Kawahara   Yutaka Sadakane   Keiko Mizuno   Midori Kato-Negishi   Ken-Ichiro Tanaka   
International journal of molecular sciences   21(7)    2020年4月   [査読有り]
Increasing evidence suggests that the metal homeostasis is involved in the pathogenesis of various neurodegenerative diseases including senile type of dementia such as Alzheimer's disease, dementia with Lewy bodies, and vascular dementia. In parti...
 
Masahiro Kawahara   Midori Kato-Negishi   Ken-Ichiro Tanaka   
Molecules (Basel, Switzerland)   25(6)    2020年3月   [査読有り]
Conformational changes in amyloidogenic proteins, such as β-amyloid protein, prion proteins, and α-synuclein, play a critical role in the pathogenesis of numerous neurodegenerative diseases, including Alzheimer's disease, prion disease, and Lewy b...
 
Masahiro Kawahara   Dai Mizuno   Akane Sato   Naoko Kobayashi   Midori Negishi   Ken-ichiro Tanaka   
CHEMICAL SENSES   44(2) E8-E8   2019年2月   [査読有り]
 
Yuki Matsushiro   Midori Kato-Negishi   Hiroaki Onoe   
Biotechnology and bioengineering   115(6) 1614-1623   2018年6月   [査読有り]
This paper describes three-dimensional (3D) tissue shape control of mouse neural stem cell (mNSC) micro tissues by using closed agarose microchambers for effective differentiation induction of neurons in vitro. Our agarose microchambers, made by m...

MISC

 
 
根岸 みどり   澤山 淳   川原 正博   竹内 昌治   
日本薬学会年会要旨集   140年会 27P-am151   2020年3月   
 
川原 正博   根岸 みどり   田中 健一郎   
亜鉛栄養治療   9(2) 56-65   2019年3月   
必須金属である亜鉛(Zn)は、脳内では多くはシナプス小胞内に含まれ、神経細胞の興奮と共にシナプス間隙に放出される。シナプスのZnは脳神経系の機能発現、記憶学習にとっても重要な働きを持つ一方で、脳虚血時に放出される過剰なZnは神経細胞死を引き起こし、脳血管性認知症の発症に重要な役割を果たす。筆者らは、Zn神経細胞死のメカニズムを検討する過程で、低濃度の銅(Cu)がZn神経細胞死を顕著に増強することを見出した。さらにそのメカニズムを検討した結果、CuとZnは小胞体ストレス、フリーラジカル産生、...
 
川原正博   田中健一郎   根岸みどり   
Clinical Neuroscience   37(3) 333‐337   2019年3月   
 
川原 正博   田中 健一郎   根岸 みどり   
ファルマシア   54(7) 663-666   2018年7月   
 
根岸 みどり[加藤]   松代 悠暉   川原 正博   尾上 弘晃   
日本薬学会年会要旨集   138年会(3) 150-150   2018年3月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
アミロイド形成タンパク質の多量体化・チャネル形成・神経毒性発現に及ぼす金属の影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
川原 正博 根岸 みどり 田中 健一郎 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
物質移行性を評価可能な骨格筋血管構造モデルの創出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
森本 雄矢 根岸 みどり 長田 翔伍 高橋 英俊 
研究期間: 2018年6月 - 2021年3月
 
創薬評価のための血液脳関門(BBB)を有する神経組織アレイ
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
根岸 みどり 尾上 弘晃 川原 正博 森本 雄矢 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
次世代三次元組織培養を実現する細胞ファイバ工学の創成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(S)
竹内 昌治 森本 雄矢 長田 翔伍 大崎 寿久 根岸 みどり 興津 輝 
研究期間: 2016年5月 - 2021年3月
 
微絨毛形成を介する細胞の力学刺激応答と組織形成における役割の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
三浦 重徳 森本 雄矢 根岸 みどり 滝本 晶 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月