言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 穴田 仁洋
 

穴田 仁洋

 
アバター
研究者氏名穴田 仁洋
 
アナダ マサヒロ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部
職名教授
学位博士(薬学)(北海道大学)
ORCID ID0000-0002-7691-5114
J-Global ID200901014482502546

研究キーワード

 
ロジウム(II)錯体 ,不斉触媒反応 ,ナイトレン ,カルベン ,不斉反応 ,ヘテロDiels-Alder反応 ,触媒 ,合成化学 ,有機化学 ,Organic Chemistroy

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 有機合成化学 / 
  • ライフサイエンス / 生物有機化学 / 
  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学 / 
  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学 / 
  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学 / 

経歴

 
2017年5月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 教授 
 
2010年6月
 - 
2017年4月
北海道大学 薬学研究院 准教授 
 
2002年5月
 - 
2010年5月
北海道大学 薬学研究科(研究院) 助手・助教 
 
1999年
 - 
2002年
Harvard大学博士研究員 化学・化学生物学科   
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1999年3月
北海道大学 大学院薬学研究科 創薬化学専攻・博士後期課程
 
1994年4月
 - 
1996年3月
北海道大学 大学院薬学研究科 創薬化学専攻・博士前期課程
 
1992年4月
 - 
1994年3月
北海道大学 薬学部 製薬化学科
 
1990年4月
 - 
1992年3月
北海道大学 教養部 理II系
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
2023年3月
日本薬学会  学術誌編集委員
 
2019年4月
 - 
2022年3月
日本薬学会  ファルマシア委員
 
2019年2月
 - 
2021年2月
有機合成化学協会関東支部  関東支部幹事
 
2014年3月
 - 
2016年2月
日本化学会  北海道支部幹事
 
2006年1月
 - 
2006年12月
有機合成化学協会  北海道支部庶務幹事
 

受賞

 
2010年11月
日本薬学会北海道支部, 日本薬学会北海道支部奨励賞,二核ロジウム(II)錯体触媒を用いた不斉アミノ化反応・不斉ヘテロDiels–Alder反応の開発とその応用
穴田 仁洋 
 

論文

 
 
Taku Miyazawa   Takuro Suzuki   Yuhei Kumagai   Koji Takizawa   Takashi Kikuchi   Shunsuke Kato   Akira Onoda   Takashi Hayashi   Yuji Kamei   Futa Kamiyama   Masahiro Anada   Masahiro Kojima   Tatsuhiko Yoshino   Shigeki Matsunaga   
Nature Catalysis      2020年10月   [査読有り]
 
Shunsuke Sueki   Mizuki Matsuyama   Azumi Watanabe   Arata Kanemaki   Kazuaki Katakawa   Masahiro Anada   
European Journal of Organic Chemistry   (31) 4878-4885   2020年5月   [査読有り]
 
穴田仁洋   橋本俊一   
有機合成化学協会誌   77(6) 553-565   2019年6月   [査読有り]
This article highlights our recent studies on chiral dirhodium(II) complex-catalyzed asymmetric hetero-Diels–Alder (HDA) reactions. Rh2(S-BPTPI)4, a dirhodium(II) carboxamidate complex which incorporates (S)-3-(benzene-fused-phthalimido)-2-piperid...
 
Takumi Abe   Yuta Kosaka   Miku Asano   Natsuki Harasawa   Akane Mishina   Misato Nagasue   Yuri Sugimoto   Kazuaki Katakawa   Shunsuke Sueki   Masahiro Anada   Koji Yamada   
Organic Letters   21(3) 826-829   2019年1月   [査読有り]
 
Takuro Suzuki   Seiya Fukagawa   Tatsuhiko Yoshino   Masahiro Anada   Shigeki Matsunaga   
Heterocycles   97(2)    2018年9月   [査読有り]

MISC

 
 
宮澤拓   滝沢昂嗣   鈴木拓郎   熊谷悠平   亀井雄大   小島正寛   穴田仁洋   吉野達彦   松永茂樹   
万有仙台シンポジウム   30th 50   2019年6月   
 
野村尚生   柿田浩輔   古川敦   穴田仁洋   橋下俊一   松永茂樹   齊藤貴士   前仲勝実   前仲勝実   
Abstracts. Annual Meeting of the NMR Society of Japan   57th 198‐199   2018年9月   
 
野村 尚生   柿田 浩輔   古川 敦   穴田 仁洋   橋下 俊一   松永 茂樹   齊藤 貴士   前仲 勝実   
日本薬学会年会要旨集   138年会(2) 245-245   2018年3月   
 
古川 敦   柿田 浩輔   荒瀬 尚   穴田 仁洋   尾瀬 農之   橋本 俊一   前仲 勝実   
日本薬学会年会要旨集   138年会(2) 261-261   2018年3月   
 
野村尚生   柿田浩輔   古川敦   穴田仁洋   橋下俊一   松永茂樹   齊藤貴士   前仲勝実   前仲勝実   
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th(2) ROMBUNNO.28X‐am02-245   2018年3月   

書籍等出版物

 
 
松永茂樹, 穴田仁洋(担当:共著, 範囲:キラル多核金属錯体を用いる触媒的不斉合成(pp108-114))
化学同人   2020年3月   (ISBN:9784759813975)
 
穴田仁洋, 南部寿則, 橋本俊一(担当:共著, 範囲:触媒的C-H活性化を機軸とする天然物合成 (175-191頁))
化学同人   2011年      
 
東京化学同人 現代化学増刊43最新有機合成化学   2005年      

講演・口頭発表等

 
 
ルテニウム触媒とカルボジイミドによるアルコール類の酸化的脱水素反応の開発
末木俊輔   渡辺あづみ   松山瑞季   金巻新   片川和明   穴田仁洋   
第80回有機合成化学協会関東支部シンポジウム   2020年12月18日   
 
Pd複核錯体触媒と分子状O2によるケトンのα-メチレン酸化反応の開発
末木 俊輔   山田 古都乃   菅野 里奈   財津 優人   相田 冬樹   喜多 祐介   清水 功雄   片川 和明   穴田 仁洋   
第64回日本薬学会関東支部大会   2020年9月   
 
N-シクロヘキセニル-N-プロパルギルスルホンアミドの環化異性化反応
早川 裕之   熊田 明香里   紫藤 礼子   片川 和明   末木 俊輔   穴田 仁洋   
第64回日本薬学会関東支部大会   2020年9月   
 
ルテニウム触媒およびカルボジイミドを用いたアルコール類の脱水素型酸化反応の開発とその反応機構解析
渡辺 あづみ   松山 瑞季   金巻 新   片川 和明   末木 俊輔   穴田 仁洋   
日本化学会第100春季年会   2020年3月   
 
エンインの環化異性化反応を機軸とするcis-デカヒドロキノリンアルカロイド誘導体の合成
長谷川 諒   紫藤 礼子   熊田 明香里   谷部 起子   白木 颯人   早川 裕之   片川 和明   末木 俊輔   穴田 仁洋   
日本化学会第100春季年会   2020年3月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
化学系薬学特論 (武蔵野大学)
 
   
 
化学系薬学実習 (武蔵野大学)
 
   
 
有機化学4 (武蔵野大学)
 
   
 
有機化学2 (武蔵野大学)
 
   
 
薬学化学を学ぶ③薬学化学2 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
英国工業化学会
 
   
 
国際複素環化学会日本支部
 
   
 
日本化学会
 
   
 
米国化学会
 
   
 
有機合成化学協会

共同研究・競争的資金等の研究課題