言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 今福 理博
 

今福 理博

 
アバター
研究者氏名今福 理博
 
イマフク マサヒロ
URL
所属武蔵野大学
部署教育学部 幼児教育学科
職名准教授
学位学士(人間関係学)(慶應義塾大学), 修士(教育学)(京都大学), 博士(教育学)(京都大学)
科研費研究者番号80786616
J-Global ID201601012604285404

プロフィール

武蔵野大学教育学部(准教授)。専門は,発達科学,発達心理学。社会性やことばの発達とそのメカニズムを,実験心理学の手法を用いて研究しています。

研究キーワード

 
模倣 ,言語獲得 ,言語発達 ,社会的注意 ,社会的認知 ,内受容感覚 ,実行機能 ,忍耐力 ,乳児 ,幼児 ,早産児 ,母子関係 ,発達科学 ,発達心理学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育心理学 / 
  • 人文・社会 / 認知科学 / 
  • 人文・社会 / 実験心理学 / 発達心理学

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
武蔵野大学教育学部幼児教育学科  准教授 
 
2020年4月
 - 
2021年3月
武蔵野大学 教育学部 幼児教育学科 講師 
 
2018年4月
 - 
2020年3月
武蔵野大学 教育学部 こども発達学科 講師 
 
2017年4月
 - 
2018年3月
東京大学大学院総合文化研究科 特別研究員(PD)   
 
2016年4月
 - 
2017年3月
京都大学大学院教育学研究科  特定助教 
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
京都大学 大学院教育学研究科 教育科学専攻発達教育分野
 
2011年4月
 - 
2013年3月
京都大学 大学院教育学研究科 教育科学専攻発達教育分野
 
2007年4月
 - 
2011年3月
慶應義塾大学 文学部 人文社会学科心理学専攻
 

委員歴

 
2021年3月
 - 
現在
武蔵野市生きる力を育む幼児教育振興検討会議委員
 
2021年1月
 - 
現在
日本発達心理学会  国際研究交流委員会
 
2019年1月
 - 
2020年12月
日本発達心理学会  ニューズレター委員会
 

受賞

 
2017年10月
東京大学こころの多様性と適応の統合的研究機構, ポスター発表優秀賞,「内受容感覚と情動的共感の関連性の検討」
今福 理博 
 

論文

 
 
今福理博・西田なつみ   
人間学研究論集   10    2021年3月   [査読有り]
 
Imafuku, M   Seto, A   
Early Child Development and Care      2021年   [査読有り]
 
Imafuku, M   Saito, A   Hosokawa, K   Okanoya, K   Hosoda, C   
Frontiers in Psychology      2021年   [査読有り]
 
Imafuku, M   Kawai, M   Niwa, F   Shinya, Y   Myowa, M   
Infancy      2021年   [査読有り]
 
高牧恵里   今福理博   
武蔵野大学教育学論集   10 11-17   2021年

MISC

 
 
今福理博   
武蔵野大学教育学部こども発達学科シンポジウム「かかわりを生きる -自然・からだ・ことば-」報告書   50-51   2021年3月   
 
武蔵野大学教育学部こども発達学科シンポジウム「「弱さ」と生きる―子ども・大人・保育―」報告書   52-53   2020年3月   
 
今福理博   
武蔵野大学教育学部こども発達学科開設記念シンポジウム「いま 子どもとして 生きる」報告書   36-37   2019年3月   

書籍等出版物

 
 
今福理博, やすのなほ(担当:単著)
エンブックス   2021年6月   
 
今福 理博(担当:分担執筆, 範囲:第2章 人間はどのように発達するのか(1節~3節))
七猫社   2019年6月      
 
今福 理博(担当:単著)
ミネルヴァ書房   2019年5月      
 
今福 理博(担当:分担執筆, 範囲:第7章 (1) 赤ちゃんは,周りの世界をどのように知覚しているのでしょうか)
教育情報出版   2019年5月      
 
新屋裕太, 今福 理博(担当:分担執筆, 範囲:4 胎児期・周産期)
東京大学出版   2018年1月      

講演・口頭発表等

 
 
過敏性腸症候群における消化器症状と運動経験の関連に対する検討
小関友記   村椿智彦   津島博道   森永雄   大橋孝子   今福理博   鈴木裕一   金澤素   福土審   
第25回日本心療内科学会学術大会   2021年10月   
 
幼児におけるアニメのキャラクターに対する選好と社会性の関連
今福理博   日下部瑞歩   鹿子木康弘   
日本赤ちゃん学会第21回学術集会   2021年6月13日   
 
赤ちゃんの心はどのように育つのか
今福理博   
第23回「子どもの心」研修会前期(日本小児科医会)   2021年5月9日   
 
乳幼児・児童におけるやり抜く力(Grit)の発達要因の検討:エフォートフルコントロールと養育環境との関連から
今福理博   
日本心理学会第84回大会   2020年9月8日   
 
乳児と母親における内受容感覚の評価:母子の行動同期との関連
今福理博   吉本廣雅   開一夫   
日本赤ちゃん学会第20回学術集会   2020年9月19日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
発達心理学特講(R) (武蔵野大学通信教育部)
 
   
 
発達心理学特講(SR) (武蔵野大学通信教育部)
 
   
 
プレ実習(保育内容の理解と方法) (武蔵野大学)
 
   
 
教育心理学研究 (武蔵野大学大学院教育学研究科)
 
   
 
保育実践演習 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本音声学会
 
   
 
日本保育学会
 
   
 
日本赤ちゃん学会
 
   
 
日本発達心理学会
 
   
 
日本心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2019年4月
 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
 
新生児期からの自己認識と他者理解に関する発達科学研究
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
今福 理博 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月

社会貢献活動

 
 
【講師,助言・指導,調査担当】
 2020年2月26日