言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 藤本 恵
 

藤本 恵

 
アバター
研究者氏名藤本 恵
所属武蔵野大学
部署文学部 日本文学文化学科

研究キーワード

 
児童文学 , 少女詩 , 童謡

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本文学 / 児童文学

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
武蔵野大学 文学部 教授
 
2018年4月
 - 
2019年3月
都留文科大学 教養学部学校教育学科 教授
 
2015年4月
 - 
2018年3月
都留文科大学 文学部初等教育学科 教授
 
2007年10月
 - 
2015年3月
都留文科大学 文学部初等教育学科 准教授
 
2004年4月
 - 
2007年9月
都留文科大学 文学部初等教育学科 専任講師
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2004年3月
お茶の水女子大学 人間文化研究科 
 
1996年4月
 - 
1998年3月
お茶の水女子大学 人文科学研究科 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
お茶の水女子大学 文教育学部 
 

受賞

 
2003年6月
日本児童文学者協会 評論新人賞(佳作)
 

MISC

 
藤本 恵
昭和文学研究   68 96-99   2014年3月
藤本 恵
日本近代文学   89(0) 49-63   2013年
日本の児童文学において、「少女詩」研究は長くなおざりにされてきた。本稿では、雑誌『少女の友』大正期の詩欄を中心に、調査と考察を行った。なぜなら、『少女の友』の編集方針が変化した重要な時期であるにもかかわらず、詩欄の研究が他誌と比べて特に手薄だったからである。結果、『少女の友』の詩は常に「感傷」という内容の拘束を受けながらも、長大で叙事的な「口語詩」から、簡潔で自己主張的な「少女小曲」(=「少女詩」)へ変化したことが明らかになった。その変化は、少女読者が詩の読み手から書き手になる過程と重なっ...
藤本 恵
国文   (118) 12-23   2012年12月

所属学協会

 
全国大学国語教育学会 , 昭和文学会 , 日本文学協会 , 日本近代文学会 , 日本児童文学学会