言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 小松 美智子
 

小松 美智子

 
アバター
研究者氏名小松 美智子
 
コマツ ミチコ
所属武蔵野大学
部署人間科学部 社会福祉学科
職名教授
学位学士(明治学院大学), 修士(ルーテル学院大学大学院)

研究キーワード

 
ソーシャルワーク・医療福祉・アドミニストレーション

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
NHK学園 社会福祉士養成課程 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院人間社会研究科 実践福祉学専攻 教授
 
2012年4月
 - 
現在
武蔵野大学人間科学部 社会福祉学科 教授
 
2006年4月
 - 
2017年1月
東京女子医科大学 附属女性生涯健康センター 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2012年3月
武蔵野大学人間関係学部 社会福祉学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
2004年7月
ルーテル学院大学大学院 人間福祉学研究科 
 
 
 - 
1978年3月
国立公衆衛生院  
 
 
 - 
1977年3月
明治学院大学 社会学部 
 

委員歴

 
2014年5月
 - 
現在
日本医療社会事業協会  保健医療分野におけるソーシャルワーク専門委員会チーム員
 
2012年12月
 - 
現在
西東京市  西東京市防災会議
 
2011年5月
 - 
現在
日本医療社会事業協会  認定医療社会福祉士認定審査委員会チーム員
 
2010年7月
 - 
2013年9月
日本医療マネジメント学会  医療福祉連携士講習会講師
 
2009年8月
 - 
2012年3月
日本精神神経学会  多職種との協働委員会委員
 

論文

 
ソーシャルワーク研究   39(2) 15-22   2013年7月   [招待有り]
医療現場におけるリスクマネジメントの取り組みを概観し、福祉部門におけるソーシャルワーカーが取り組んだリスクマネジメントの実際を取り上げ、医療の質を向上させるためのリスクマネジメントについて述べた。
武蔵野大学人間関係学部紀要   (第7号) 71-84   2010年3月
精神疾患は慢性疾患であり、患者は病気とともに生活していくことを余儀なくされ、また家族や職場地域など患者を取り巻く多くの関係者の理解と支援を継続的に必要とする疾患といえる。病を持ちながら生活していくためには適切な医療を受けるとともに患者を支えるサポートが必要である。したがって、精神科医療チームの一員としてソーシャルワーカーは医療と生活を結ぶ接点としての役割は大きい。ソーシャルワーカーの多様な機能は医療チームにおいて十分理解されることが的確な患者支援につながる。本論分においてはソーシャルワーカ...
武蔵野大学人間関係学部紀要   (第6号) 73-86   2009年3月
日本の医療は医師不足・看護師不足や国民皆保険の崩壊など、危機に瀕してており医療政策や医療供給体制の抜本的見直しが迫られている。このような現状を踏まえながら本論文においては、医療現場に求められている医療の質を高めるための重要な課題である医療安全管理対策を取り上げ、大学病院での実践例を取り上げて分析することによって医療安全管理面でソーシャルワーカーが果たす役割を明らかにした。
武蔵野大学現代社会学部紀要   (第9号) 61-74   2008年3月
現代の医療は,疾病構造の変化などにより、求められる医療サービスは拡大し、患者の「生活」を支える視点が必要となってきている。このため,病院ボランティアの活動が注目されている。本論文では、病院ボランティア活動を支援している医療ソーシャルワーカーの活動内容を分析することにより、ミクロレベルの機能に焦点があたりやすい医療ソーシャルワーク機能のうち、組織に働きかけるメゾレベルの機能を明らかにし、現代の医療における医療ソーシャルワーク機能の有用性について論じた。
武蔵野大学現代社会学部紀要   (第8号) 49-61   2007年3月
女性のためのメンタルヘルスクリニックで、ソーシャルワーカーとしてかかわったドメスティックバイオレンス(以下DV)当事者女性の事例調査をもとに、DV当事者女性支援ネットワークにおける医療と医療ソーシャルワーカーの役割について論じた。DVは、重大な人権侵害である。医療は発見の場として重要な位置を占め、医療ソーシャルワーカーは、直接的援助を行うとともにDV当事者女性を見逃さないシステム作りや医療スタッフによる二次的人権侵害を引き起こさないための啓発など、アドミニストレーション機能を発揮する必要がある。

MISC

 
臨床看護   Vol.32(10月号 No.11) 1618-1624   2006年9月   [依頼有り]
医療機関が提供する医療サービスの一環としての退院援助をソーシャルワーカーの視点から論じた。退院援助は、医療の連携にとどまらず、生活を支援する視点が必要であり、医療・保健・福祉の有機的な連携を必要としている。また退院援助は、システム的にチームアプローチによって行うことが効果的である。
看護部マネジメント   (第145.146.148)    2002年7月   [依頼有り]
平成14年7月~9月。チーム医療を行なうときチームの一員であるソーシャルワーカーは何を得意とし、何を持ってチームに貢献するのかを3回にわたって述べた。
臨床看護第   第25巻(第8号)    1998年7月   [依頼有り]
医療依存度の高い患者の在宅療養について、人工呼吸器を装着した小児を事例として取り上げ、医療依存度が高い患者の在宅療養が推進されるようになってきた背景と意味、社会資源活用の留意点などをまとめた。
看護学雑誌   第61巻(第3号)    1997年3月   [依頼有り]
ホームインフュージョンセラピーの中の在宅中心静脈栄養法を概説し、癌ターミナルの患者の事例を取り上げ、ソーシャルワーカーの視点とサポートについて述べた。
プラクティス   Vol.13(No.5)    1996年9月   [依頼有り]
大学病院でソーシャルワーカーが関わった糖尿病網膜症患者調査を基に軽度の視力障害者が抱える心理・社会的課題を明らかにし、事例を通して医療チームにおけるソーシャルワーカー役割、社会復帰支援の課題を述べた。

書籍等出版物

 
小松 美智子 (担当:共編者(共編著者))
中央法規   2019年6月   ISBN:9784805859063
主催している「女性の暮らしやすさを考えるソーシャルワーク研究会」(暮らし研)として2冊目のガイドブックである。
暮らし研は医療機関においてDV当事者女性への支援を行っているソーシャルワーカーを中心に構成し、ライフサイクルごとに生きづらさを抱える女性たちを支援していくとき、その受け止め方や社会資源への活用方法などを解説したガイドブックである。
小松 美智子 (担当:分担執筆)
中央法規   2018年3月   ISBN:9784805856994
明治学院大学山崎美喜子先生をスーパーバイザーとしてゼミの卒業生を中心に30年近く実施されてきたグループスーパービジョンを事例集としてまとめたもの。
新人のソーシャルワーカーの悩み、組織に理解されない憤りや困難ケースに出会ったときにスーパ-ビジョンや仲間によってによって支えられてきた過程を共著で表している
小松 美智子 (担当:分担執筆, 範囲:5章ソーシャルワーカー組織のチームビルドとマネジメント2節ソーシャルワーカー組織のマネジメント)
中央法規   2017年6月   ISBN:9784805855249
小松美智子, 小俣智子, 清田敦 (担当:共著, 範囲:1章.2章を小俣智子氏と共著)
日総研   2015年9月   ISBN:9784776017622
医療機関において退院支援に携わっているソーシャルワーカーや看護師、事務職などを対象に退院支援に対する取り組む姿勢や支援方法や社会資源の活用方法を事例を通して具体的に解説した。
退院支援は単に目の前の患者さんが退院したということで終結するのではなく、患者さんや家族が、主体的に地域で暮らしていく道筋を立てていくことであり、地域機関も含めてチームで取り組んでいく支援であることを強調した。
井上美穂, 石田真理子 (担当:共著, 範囲:編集および分担執筆)
2013年3月   
DV当事者女性など女性支援を行っているソーシャルワーカーによって、女性が抱える暮らしづらさを改善するために活用できる社会資源をライフサイクルに沿ってまとめた。
東京ウイメンズプラザDV防止等民間助成事業を活用して作成した。

講演・口頭発表等

 
小松 美智子
東京社会福祉士会 社会福祉士実習指導者講習会   2019年2月   
小松 美智子
中野区身体・知的障害者相談員研修会   2019年1月   
小松 美智子
練馬区障碍者福祉人材育成・研修センター研修 階層別研修   2018年11月   
小松 美智子
東京都医療社会事業協会   2018年11月   
小松 美智子
練馬区障害者福祉人材育成・研修センター 階層別研修   2018年2月   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 医療福祉特論 (武蔵野大学大学院実践福祉学専攻)
  • 組織マネジメント特論 (武蔵野大学大学院実践福祉学専攻)
  • スーパービジョン特論 (武蔵野大学大学院実践福祉学専攻)
  • 社会福祉演習 (武蔵野大学人間科学部社会福祉学科)
  • 社会福祉実習指導(医療福祉分野) (武蔵野大学人間科学部社会福祉学科)

所属学協会

 
日本医療マネジメント学会 , 日本精神神経学会 , 日本社会福祉学会 , 日本社会福祉士会 , 日本糖尿病眼学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
独立行政法人 国立がん研究センター: がん臨床研究事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
厚生労働省科学研究費補助金
研究期間: 2007年8月 - 2009年3月

教育内容・方法の工夫

 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 

資格・免許

 
 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)

 
 
 
 

その他(職務上の実績)