言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

武蔵野大学 研究者情報ページについて


研究者氏名で検索を行った場合、本学に現在在籍している専任教員だけではなく、researchmapに登録のあるすべての研究者が表示されますので、ご了承ください。なお、本学に在籍している専任教員情報については左の「メニュー/MENU」より検索ください。
 

researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 嶋田 真理子
 

嶋田 真理子

 
アバター
研究者氏名嶋田 真理子
 
シマダ マリコ
所属武蔵野大学
部署人間科学部 人間科学科
職名助教

経歴

 
2007年4月
 - 
2009年6月
医療法人社団KNI 北原国際病院 言語聴覚士
 
2009年6月
 - 
現在
医療法人社団KNI 北原リハビリテーション病院 言語聴覚士
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学人間科学部 人間科学科 助教
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院人間社会研究科 人間学専攻 助教
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2017年3月
武蔵野大学大学院通信教育部 人間学研究科 人間学
 
2005年4月
 - 
2007年3月
学校法人 北杜学園 仙台医療福祉専門学校  言語聴覚学科
 

論文

 
ゲルストマン症候群と二方向性アノミアー非右手利き、左大脳基底核梗塞の1例からー
◎小嶋 知幸、狐塚 順子、畠山 恵、小野 真理子
武蔵野大学人間科学研究所年報   (7) 1-25   2018年3月   [査読有り]
職業的音楽家における脳損傷後の高次脳機能について―左半球損傷左手利きの1例―
◎小嶋 知幸、狐塚 順子、畠山 恵、小野真理子、船山道隆
武蔵野大学人間科学研究所年報   (6)    2017年3月   [査読有り]

Misc

 
多職種による地域に根ざした新しい食支援活動の試み−多摩地域「いただきますの会」報告からみる地域食支援活動の課題と展望
石山寿子、柴崎美紀、佐野淳也、阿部久美子、小野真理子、大西由夏、横山雄士、丸山道生
日本静脈経腸栄養学会雑誌   33(5) 1-5   2018年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
図解やさしくわかる言語聴覚障害
小嶋知幸、狐塚順子、畠山恵他 (担当:共著)
ナツメ社   2016年1月   ISBN:987-4-8163-5944-6

講演・口頭発表等

 
医療福祉系4学科専門職連携教育「むさしのIPE」の試み:学習の進捗と参加意義についての検討
嶋田(小野)真理子、畠山恵、小俣智子、山本摂子、三觜久美子、 小川潤子、益戸智香子、狐塚順子、小嶋知幸
第20回日本リハビリテーション連携科学学会   2019年3月17日   
総合大学医療福祉系4学科専門職連携教育の試み-むさしのIPE実習体験発表会を開催して-
山本摂子、小野真理子、畠山恵、小川潤子、益戸智香子、小俣智子
第11回日本保健医療福祉連携教育学会学術集会   2018年8月11日   
医療福祉系4学科専門職連携教育の試み-むさしのIPE体験ツアー活動報告-
山本摂子、小野真理子、畠山恵、小川潤子、益戸智香子、小俣智子
第28回日本医学看護学教育学会   2018年3月3日   
医療福祉系学科連携教育の試み―むさしのIPE 活動の報告―
小川潤子、小俣智子、山本摂子、小野真理子、畠山恵、益戸智香子
第2回日本薬学教育学会大会   2017年9月2日   
医療福祉系4学科における専門職連携教育の試みが臨床実習に与える効果 -むさしのIPE活動報告 第2報-(第18回日本言語聴覚学会)
畠山恵、小俣智子、山本摂子、小川潤子、益戸智香子、小嶋知幸、狐塚順子
2017年6月24日   
医療福祉系4学科における専門職連携教育の試み -むさしのIPE活動報告 第1報-(第18回日本言語聴覚学会)
小野真理子、畠山恵、小俣智子、小川潤子、益戸智香子、小嶋知幸、狐塚順子
2017年6月24日   
言語聴覚士による認知症評価への関わり(第16回日本言語聴覚学会)
大塩 歩、小泉智枝、植村聡子、平井亜紀子、榊田知美、深谷愛基子、小野真理子
2015年6月26日   日本言語聴覚士協会

所属学協会

 
一般法人社団 日本言語聴覚士協会 , 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 , 東京都言語聴覚士会 , 日本高次脳機能障害学会