言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 武藤 裕
 

武藤 裕

 
アバター
研究者氏名武藤 裕
 
ムトウ ユタカ
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位理学博士(東京大学)

研究キーワード

 
Structural Biology , 構造生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 形態、構造 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授
 
2013年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 教授
 
2006年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人・理化学研究所 横浜研究所 生命分子システム基盤研究領域 RNA生物学研究チーム チームリーダー
 
2002年2月
 - 
2006年3月
理化学研究所 横浜研究所 安定同位体標識技術高度化チーム - RNA生物学研究チーム チームリーダー
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1988年3月
東京大学 理学系研究科 
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
Frontiers in Non-Coding RNA (Swizerland)誌  Review Editor
 
1997年4月
 - 
1999年3月
日本分光学会  NMR部会企画委員
 

論文

 
Kuwasako K, Nameki N, Tsuda K, Takahashi M, Sato A, Tochio N, Inoue M, Terada T, Kigawa T, Kobayashi N, Shirouzu M, Ito T, Sakamoto T, Wakamatsu K, Guntert P, Takahashi S, Yokoyama S, Muto Y
Protein Sci.   26(2) 280-291   2017年   [査読有り]
Duvignaud JB, Bedard M, Nagata T, Muto Y, Yokoyama S, Gagne SM, Vincent M
Biochemistry   55(18) 2553-2566   2016年   [査読有り]
Kanamori T, Ohzeki H, Masaki Y, Ohkubo A, Takahashi M, Tsuda K, Ito T, Shirouzu M, Kuwasako K, Muto Y, Sekine M, Seio K
Chembiochem.   16(1) 167-176   2015年   [査読有り]
Suzuki M, Sasabe J, Miyoshi Y, Kuwasako K, Muto Y, Hamase K, Matsuoka M, Imanishi N, Aiso S
Proc Natl Acad Sci U S A.   112 2217-2224   2015年   [査読有り]
Yoshida H, Park SY, Oda T, Akiyoshi T, Sato M, Shirouzu M, Tsuda K, Kuwasako K, Unzai S, Muto Y, Urano T, Obayashi E
Genes Dev.   29 1649-1660   2015年   [査読有り]

MISC

 
生体の科学 分子遺伝学・遺伝子・遺伝子工学   59(5)    2008年

書籍等出版物

 
シュプリンガー・フェアラーク東京   2000年   
飯野雄一, 石丸 聡, 井上英史, 北島 健, 小嶋徹也, 坂本健作, 三瓶厳一, 武藤 裕, 村松知成, 渡辺嘉典 (担当:共著)
東京化学同人   1994年   
武藤 裕, 荒田洋治 (担当:共著)
共立出版   1987年   

講演・口頭発表等

 
佐藤 謙太, 柳澤 拓, 瀧澤 将, 野, 武藤, 桑迫 香, 本, 千葉工大, 武蔵野大
第41回分子生物学会   2018年11月29日   
柳澤拓也, 桑迫香奈, 瀧澤将行, 坂本泰一
第40回 日本分子生物学会年会   2017年12月7日   
柳澤拓也, 桑迫香奈, 徳田正明, 野, 坂本泰
生化学会の関東支部例会   2017年6月17日   
Kanako Kuwasako, Kengo Tsuda, Mari Takahashi, Atsuko Sato, Naoya Tochio, Makoto Inoue, Takaho, Terada, Takanori Kigawa, Naohiro Kobayashi, Mikako Shirouzu, Takuhiro Ito, Taiichi Sakamoto, Nobukazu Nameki, Kaori Wakamatsu, Peter Guntert, Seizo Takahashi, Shigeyuki Yokoyama, Yutaka Muto
The 21st Annual Meeting of the RNA Society   2016年6月29日   The RNA Society
Takuya Yanagisawa, Kanako Kuwasako, Ryo Amano, Yutaka Muto, Taiichi Sakamoto
The 21st Annual Meeting of the RNA Society   2016年6月29日   The RNA Society of Japan

所属学協会

 
日本薬学会 , 日本磁気共鳴学会 , 日本分子生物学会

Works(作品等)

 
武藤 裕, 牛田 千里   その他   2014年11月
RNA分子の多くは単独で、あるいはタンパク質と複合体を形成して特徴的な二次構造や立体構造をとり、機能の多様性を生み出している。本ワークショップではRNA-タンパク質複合体の動作原理にせまる最新の構造生物学的研究を紹介するとともに、今後そのような研究の展開が期待されるstructured RNAについての話題を提供する。RNA/RNP機能と構造の多様性を知ることで、RNAを介した新たな生体制御システムの発見と理解につなげたい。
依頼講演者は, 小木曽英雄, 神田 大輔, 嶋田 一夫, 中迫 雅由, 宮澤 淳夫各氏, 一般公募者は梅影創氏   その他   1997年12月
第25回日本分子生物学会年会ワークショップ 「生体システムの理解に挑む構造生物学」
田中俊之教授(筑波大学)とともに組織した。

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
日本学術振興会: 新学術領域研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月
文部科学省: 新学術領域研究
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)