言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 武藤 裕
 

武藤 裕

 
アバター
研究者氏名武藤 裕
 
ムトウ ユタカ
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位理学博士(東京大学)

研究キーワード

 
構造生物学

研究分野

 
  • 基礎生物学 / 形態・構造 / 

経歴

 
1987年4月
 - 
1988年5月
東京大学 薬学部物理化学教室 日本学術振興会奨励研究員
 
1988年6月
 - 
1994年3月
東京大学 理学部生物化学教室 助手
 
1994年4月
 - 
2002年1月
東京大学 理学系研究科生物化学専門課程 講師
 
2002年2月
 - 
2006年3月
理化学研究所 横浜研究所 安定同位体標識技術高度化チーム - RNA生物学研究チーム チームリーダー
 
2006年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人・理化学研究所 横浜研究所 生命分子システム基盤研究領域 RNA生物学研究チーム チームリーダー
 
2013年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 教授
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授
 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1988年3月
東京大学 理学系研究科 生物化学専門課程
 

委員歴

 
1997年4月
 - 
1999年3月
日本分光学会  NMR部会企画委員
 
2011年4月
 - 
現在
Frontiers in Non-Coding RNA (Swizerland)誌  Review Editor
 

論文

 
Kuwasako K, Nameki N, Tsuda K, Takahashi M, Sato A, Tochio N, Inoue M, Terada T, Kigawa T, Kobayashi N, Shirouzu M, Ito T, Sakamoto T, Wakamatsu K, Guntert P, Takahashi S, Yokoyama S, Muto Y
Protein Sci.   26(2) 280-291   2017年   [査読有り]
Duvignaud JB, Bedard M, Nagata T, Muto Y, Yokoyama S, Gagne SM, Vincent M.
Biochemistry   55(18) 2553-2566   2016年   [査読有り]
Suzuki M, Sasabe J, Miyoshi Y, Kuwasako K, Muto Y, Hamase K, Matsuoka M, Imanishi N, Aiso S
Proc Natl Acad Sci U S A.   112 2217-2224   2015年   [査読有り]
Yoshida H, Park SY, Oda T, Akiyoshi T, Sato M, Shirouzu M, Tsuda K, Kuwasako K, Unzai S, Muto Y, Urano T, Obayashi E.
Genes Dev.   29 1649-1660   2015年   [査読有り]
@Kanamori T, Ohzeki H, Masaki Y, Ohkubo A, Takahashi M, Tsuda K, Ito T, Shirouzu M, Kuwasako K, Muto Y, Sekine M, Seio K.
Chembiochem.   16(1) 167-176   2015年   [査読有り]
@Kengo Tsuda, Kanako KUwasako, Takashi Nagata, Mari Takahashi, Takanori Kigawa, Naohiro Kobayashi, Peter Guntert, Mikako Shirouzu, Shigeyuki Yokoyama, Yutaka Muto
Proteins   82(10) 2879-2886   2014年   [査読有り]
@Kuwasako K, Takahashi M, Unzai S, Tsuda K, Yoshikawa S, He F, Kobayashi N, Guntert P, Shirouzu M, Ito T, Tanaka A, Yokoyama S, Hagiwara M, Kuroyanagi H, Muto Y
Nat Struct Mol Biol.   21(9) 778-786   2014年   [査読有り]
@Shisako Shoji, Yutaka Muto, Mariko Ikeda, Fahu He, Kengo Tsuda, Noboru Ohsawa, Ryogo Akasaka, Takaho Terada, Motoaki Wakiyama, Mikako Shirouzu, Shigeyuki Yokoyama.
FEBS Open Bio.   4 689-703   2014年   [査読有り]
@Nagata T, Tsuda K, Kobayashi N, Güntert P, Yokoyama S, Muto Y.
Biomol NMR Assign.   7(1) 69-72   2013年   [査読有り]
Shodai A, Morimura T, Ido A, Uchida T, Ayaki T, Takahashi R, Kitazawa S, Suzuki S, Shirouzu M, Kigawa T, Muto Y, Yokoyama S, Takahashi R, Kitahara R, Ito H, Fujiwara N, Urushitani M.
J Biol Chem.   288 14886-14905   2013年   [査読有り]
Ha JH, Shin JS, Yoon MK, Lee MS, He F, Bae KH, Yoon HS, Lee CK, Park SG, Muto Y, Chi SW.
J Biol Chem.   288(10) 7387-98.   2013年   [査読有り]
Solution Structure of the Splicing Factor Motif (SFM) of the human Prp18 protein
He, F., Makoto Inoue, M., Kigawa, T., Takahashi, M., Kuwasako, K., Tsuda, K., Kobayashi, N., Terada, T., Shirouzu, M., Guntert, P., Yokoyama, S. and Muto, Y
PROTEINS   80 968-974   2012年   [査読有り]
Nagata T, Tsuda K, Kobayashi N, Shirouzu M, Kigawa T, Guntert P, Yokoyama S, Muto Y
Proteins.   80 1699-706.   2012年
Yutaka Muto and Shigeyuki Yokoyama
WIREs RNA (Wiley On line library)   3 229-46   2012年   [査読有り]
He F, Tsuda K, Takahashi M, Kuwasako K, Terada T, Shirouzu M, Watanabe S, Kigawa T, Kobayashi N, Guntert P, Yokoyama S, Muto Y.
FEBS Lett.   586 3858-3864   2012年   [査読有り]
Shin JS, Ha JH, He F, Muto Y, Ryu KS, Yoon HS, Kang S, Park SG, Park BC, Choi SU, Chi SW.
Biochem Biophys Res Commun.   420 48-53   2012年   [査読有り]
Tsuda, K., Someya T., Kuwasako K., Takahashi M., He F., Unzai S., Inoue M., Harada T., Watanabe S., Terada T., Kobayashi N., Shirouzu M., Kigawa T., Tanaka A., Sugano S., Guntert P., Yokoyama S. and Muto Y
Nucleic Acids Res.   39 1538-1553   2011年   [査読有り]
Yamashita, S., Nagata, T., Kawazoe, M., Takemoto, C., Kigawa, T., Guntert, P., Kobayashi, N., Terada, T., Shirouzu, M., Wakiyama, M., Muto, Y., and Yokoyama S.
Protein Science   20 118-130   2011年   [査読有り]
He, F., Umehara, T., Saito, K., Harada, T., Watanabe, S., Yobuki, T., Kigawa, T., Takahashi, M., Kuwasako, K., Tsuda, K., Matsuda, T., Aoki, M., Seki, E., Kobayashi, N., Guntert, P., Yokoyama, S. and Muto, Y
Structure   18 1127-1139   2010年   [査読有り]
Characterization of RNA aptamers against SRP19 protein having sequences different from SRP RNA.
Haraguchi Y., Kuwasako K., Muto Y., Bessho Y., Nishimoto M., Yokoyama S., Kanai A., Kawai G., and Sakamoto T.
Nucleic Acids Symp Ser (Oxf)   53 265-266   2009年
Kurimoto, K., Kuwasako, K., Sandercock, AM. Unzai S., Robinson, CV. Muto,Y. and Yokohama S.
Proteins   75 360-372   2009年   [査読有り]
Hernádez H., Makorova OV., Makorov EM., Morqner N., Muto Y., Krummel DP., and Robinson CV
Plos One   4 e7202   2009年   [査読有り]
He, F., Dang, W., Abe, C., Tsuda, K., Inoue, M., Watanabe, S., Kobayashi, N., Kigawa, T., Matsuda, T., Yabuki, T., Aoki, M., Seki, E., Harada, T., Tomabechi, Y., Terada, T., Shirouzu, M., Tanaka, A., Guntert, P., Muto Y.,* and Yokohama S.*
Protein Science   18 81-90   2009年   [査読有り]
Solution Structure of the GUCT Domain from Human RNA Helicase II/Gu Reveals the RRM Fold, but Implausible RNA Interactions
Ohnishi, S., Pääkkönen, K., Koshiba, S., Tochio, N., Sato M., Kobayashi, N., Harada, T., Watanabe, S., Muto, Y., Guntert, P., Tanaka, A., Kigawa, T., and Yokoyama S.
Proteins   74 133-144   2009年   [査読有り]
Solution structure of the RNA binding domain in the human muscleblind-like protein 2.
He, F., Dang, W., Abe, C., Tsuda, K., Inoue, M., Watanabe, S., Kobayashi, N., Kigawa, T., Matsuda, T., Yabuki, T., Aoki, M., Seki, E., Harada, T., Tomabechi, Y., Terada, T., Shirouzu, M., Tanaka, A., Guntert, P., Muto Y., and Yokohama S.
Protein Science   18 81-90   2009年   [査読有り]
Tsuda K, Kuwasako K, Takahashi M, Someya T, Inoue M, Terada T, Kobayashi N, Shirouzu M, Kigawa T, Tanaka A, Sugano S, Guntert P, Muto Y and Yokoyama S
Nucleic Acids Res.   37 5151-5155.   2009年   [査読有り]
He F., Saito K., Kobayashi N., Takushi HaradaT., Watanabe S., Kigawa T., Guntert P., Ohara O., Tanaka A., Unzai S., Muto Y., and Yokoyama S.
J.Mol. Biol.   393 478-495   2009年   [査読有り]
Kuwasako, K., Dohmae, N., Inoue, M., Shirouzu, M., Taguchi, S., Guntert, P., Seraphin, B., Muto Y. and Yokoyama S
Proteins   71 1617-1636   2008年
Goto-Ito, S., Ito, T., Ishii, R., Muto, Y., Bessho Y., and Yokoyama S.
Proteins   71 1617-1636   2008年   [査読有り]
Kuwasako, K., Takahashi, M., Tochio, N., Abe, C., Tsuda, K., Inoue, M., Terada, T., Shirouzu, M., Kobayashi, N., Kigawa, T., Taguchi, S., Tanaka, A., Hayashizaki, Y., Guntert, P., Muto Y., and Yokoyama S.
Biochemistry   47 6437-6450   2008年   [査読有り]
Nagata, T., Suzuki, S., Endo, R., Shirouzu, M., Terada, T., Inoue, M., Kigawa, T., Kobayashi, N., Guntert, P., Tanaka, A., Hayashizaki, Y., Muto Y. and Yokoyama S
Nucleic Acids Res.   36 4754-4767   2008年   [査読有り]
He, F., Umehara, T., Tsuda, K., Inoue, M., Kigawa, T., Mastda, T., Yabuki, T., Aoki,M., Seki, E., Terada, T., Shirouzu,M., Tanaka, A., Sugano, S., Muto Y., and Yokoyama S.
Protein Science   16 1577-1587   2007年
Suzuki S, Tatsuguchi A, Matsumoto E, Kawazoe M, Kaminishi T, Shirouzu M, Muto Y, Takemoto C, Yokoyama S
J. Bacteriol.   189 6397-6406   2007年   [査読有り]
1H, 13C and 15N Resonance Assignments of the 2'-5' RNA Ligase-like Protein from Pyrococcus furiosus.
Okada K., Matsuda T., Sakamoto T., Muto Y., Yokoyama S., Kanai A., & Kawai G
Feb 2   2006年
Kuwasako, K., He, F., Inoue, M., Tanaka, A., Sugano, S., Guntert, P., Muto Y., and Yokoyama S
Structure   14 1677-1689   2006年
Kurimoto K, Muto Y, Obayashi N, Terada T, Shirouzu M, Yabuki T, Aoki M, Seki E, Matsuda T, Kigawa T, Okumura H, Tanaka A, Shibata N, Kashikawa M, Agata K, Yokoyama S
J Struct Biol.   150 58-68   2005年   [査読有り]
Muto, Y., Krummel, DP. Oubridge, C., Helena Hernandez, H., Robinson, CV. Neuhaus D. and Kiyoshi Nagai K
J. Mol. Biol.   341 185-198   2004年   [査読有り]
Furukawa H, Hamada T, Hayashi MK, Haga T, Muto Y, Hirota H, Yokoyama S, Nagasawa K, Ishiguro M
Mol. Pharmacol.   62 778-87.   2002年
Kitamura, A., Muto, Y., Watanabe, S., Kim, I., Ito, T., Nishiya, Y., Sakamoto, K., Ohtsuki, T., Kawai, G., Watanabe, K., Hosono, K., Takaku, H., Katoh, E., Yamazaki, T., Tan Inoue, T. and Yokoyama S
RNA   8 440-451   2002年
Kurimoto K, Fukai S, Nureki O, Muto Y, Yokoyama S
Structure   9 1253-1263   2001年   [査読有り]
Reconstitution of the spliceosomal U1 snRNP from all recombinant subunits and its characterisation by ionspray Q-tof mass-spectrometry.
Muto Y., Krummel DA., Kambach C., Hernandez H., Robinson CV., and Nagai K.
Nucleic Acids Res Suppl.   3 275-276   2001年
Muto Y, Oubridge C, Nagai K.
Curr Biol.   13 R19-R21   2000年
Kim, I., Muto, Y., Watanabe, S., Kitamura, A., Futamura, Y., Yokoyama, S., Hosono, K., Kawai, G., Takaku, H., Dohmae, N., Takio, K., Sakamoto, H., Shimura Y
J. Biol. NMR   17 153-165   2000年   [査読有り]
Inoue M. Muto Y. Sakamoto H. Yokoyama S
Nucleic Acids Research   28 1743-1750   2000年
The guanosine binding mechanism of the Tetrahymena group I intron.
Kitamura A., Muto Y., Watanabe S., Kim I., Ito T., Nishiya Y., Ohtsuki T., Kawai G., Watanabe K., Hosono K., Takaku H., Katoh E., Yamazaki T., Inoue T., Yokoyama S.
Nucleic Acids Symp Ser.   41 191-192   1999年
Chi, S., Muto, Y., Inoue, M., Kim,I., Sakamoto, H., Shimura, Y., Yokoyama, S., Choi, B. and Kim H
Eur. J. Biochem   260 649-660   1999年
Ito T. Muto Y. Green MR. Yokoyama S
EMBO Journal   18 4523-4534   1999年   [査読有り]
Handa, N., Nureki, O., Kurimoto, K., Kim, I., Sakamoto, H., Shimura, Y., Muto Y., and Yokoyama S
Nature   398 579-585   1999年   [査読有り]
Kim, I., Muto, Y., Inoue, M., Watanabe, S., Kitamura, A., Yokoyama, S., Hosono, K., Takaku, H., Ono, A., Kainosho, M., Sakamoto, H. and Shimura Y
Nucleic Acids Research   25 1565-1569   1997年   [査読有り]
Inoue, M., Muto, Y., Sakamoto, H., Kigawa, T., Takio, K., Shimura, Y., and Yokoyama S
J.Mol. Biol   272 82-94   1997年   [査読有り]
Ito, Y., Yamasaki,K., Iwahara, J., Terada, T., Kamiya, A., Shirouzu, M., Muto, Y., Kawai, G., Yokoyama, S., Laue, ED., Waelchli, W., T. Shibata, T., S. Nishimura, S. and Miyazawa, T.
Biochemistry   36 9109-9119   1997年   [査読有り]
Watanabe, S., Kawai,G., Muto, Y. Watanabe, K., Inoue, T., and Yokoyama S.
Nucleic Acids Research   24 1337-1344   1996年   [査読有り]
Sakamoto, K., Kawai, G., Watanabe, S., Niimi, T., Hayashi, N., Muto, Y., Watanabe, K., Satoh, T., Sekine, M., and Yokoyama S.
Biochemistry   35 6533-6538   1996年   [査読有り]
Taguchi, T., Iwasaki, M., Muto, Y., Kitajima, K., Inoue, S., Khoo, K-H. Morris, HR. Dell, A. and Inoue S.
Eur. J. Biochem.   238 357-367   1996年   [査読有り]
Selective deuteration of RNA for NMR signal assignment.
Kim I, Watanabe S, Muto Y, Hosono K, Takai K, Takaku H, Kawai G, Watanabe K, Yokoyama S.
Nucleic Acids Symp Ser.   34 123-124   1995年
Cell-free synthesis and amino acid-selective stable isotope labeling of protein for NMR analysis
Kigawa, T., Muto Y. and Yokoyama S.
Journal of Biomolecular NMR   6 129-134   1995年   [査読有り]
Taguchi, T., Kitajima, K., Niimi,, T., Muto, Y., Yokoyama, S. Inoue, S. and Inoue Y.
Carbohydrate Research   275 185-191   1995年   [査読有り]
Conformation analysis of non-pepsin-type acid proteinase A from the fungus Aspergillus niger by NMR.
Kojima M, Tanokura M, Muto Y, Miyano H, Suzuki E, Hamaya T, Takizawa T, Kono T, Takahashi K.
Adv Exp Med Biol.   362 611-615   1995年   [査読有り]
Taguchi, T., Kitajima, K., Muto, Y., Yokoyama, S. Inoue, S. and Inoue, Y.
Eur. J. Biochem.   228 822-829   1995年   [査読有り]
Koide, H., Yokoyama, S., Katayama, Y., Muto, Y., Kigawa, T., Kohno, T., Takusari, H., Ohishi, M., Takahashi, S., Tsukumo, K., Sakai, T., Miyake, T., Fuwa, T., Kawai, G. and Miyazawa T.
Biochemistry   33 7470-7476   1994年   [査読有り]
Yamasaki, K., M. Shirouzu, M., Muto, Y., Fujita-Yoshigaki, J., Koide, K., Ito, Y., Kawai, G., Hattori, S., Yokoyama, S., Nishimura S. and T. Miyazawa, T.
Biochemistry   33 65-74   1994年   [査読有り]
Structural studies of a novel type of pentaantennary large glycan unit in the fertilization-associated carbohydrate-rich glycopeptide isolated from the fertilized eggs of Oryzias latipes.
Taguchi T, Seko A, Kitajima K, Muto Y, Inoue S, Khoo KH, Morris HR, Dell A, Inoue Y.
J Biol Chem.   269 8762-8771   1994年   [査読有り]
15N-1H NMR study on the interaction between isoleucyl-tRNA synthetase from E. coli
Niimi, T., Kawai, G., Takayanagi, M., Noguchi, T., Hayashi, N., T. Kohno, T., Muto, Y., Watanabe, K., T. Miyazawa, T. and Yokoyama, S.
Biochimie   75 1109-1115   1993年   [査読有り]
Assignments and secondary structure of GDP-bound human c-Ha-Ras protein in solution
Muto, Y., Yamasaki, K., Ito, Y., Yajima, S., Masaki, H., Uozumi, T., Waelchli, M., Nishimura, S., Miyazawa, T. and Yokoyama, S.
Journal of Biomolecular NMR   3 165-184   1993年   [査読有り]
Song Y., Kitajima K., Inoue S., Muto Y., Kasama T, Handa S, Inoue Y.
Biochemistry   32 9221-9229   1993年   [査読有り]
Yajima, S., Muto, Y., Morikawa, S., Nakamura, H., Yokoyama, S., Masaki, H., and Uozumi, T.
FEBS Lett.   333 257-260   1993年   [査読有り]
1H-15N NMR study of human c-Ha-Ras protein
Yamasaki, K., Muto, Y., Ito, Y., Waelchli, M., Miyazawa, T., Nishimura S. and Yokoyama S.
Journal of Biomolecular NMR   2 71-82   1992年   [査読有り]
A site-directed mutagenesis study on the role of isoleucine-23 of human epidermal growth factor in the receptor binding
Koide, H., Muto, Y., Kasai, H., Khori, K., Hoshi, K., Takahashi, S., Tsukumo, K., Sasaki, T., Oka, T., Miyake, T., Fuwa, T., Khoda, D., Inagaki, F., Miyazawa, T. and Yokoyama, S
Biochimica et Biophysica Acta   1120 257-261   1992年   [査読有り]
Fujita-Yoshigaki J., Ito Y., Yamasaki K., Muto Y., Miyazawa T., Nishimura S., and Yokoyama S.
J Protein Chem.   11 731-739   1992年   [査読有り]
Koide, H., Muto, Y., Kasai, H., Hoshi, K., Takusari, H., Kohri, K., Takahashi, S., Sasaki, T., Tsukumo, K., Miyake, T., Fuwa, T., Miyazawa, T. and Yokoyama S.
FEBS Lett.   302 39-42   1992年   [査読有り]
Yajima, S., Muto, Y., Yokoyama, S., Masaki, H. and Uozumi, T.
Biochemistry   31 5578-5586   1992年   [査読有り]
Mechanisms of molecular recognition of tRNAs by aminoacyl-tRNA synthetases
Nureki O, Tateno M, Niimi T, Kohno T, Muramatsu T, Kanno H, Muto Y, Giege R, Yokoyama S.
Nucleic Acids Symp Ser.   25 165-166   1991年
Recognition of tRNA identity determinants by aminoacyl-tRNA synthetases.
Nucleic Acids Symp Ser   22 119-120   1990年
Ikai, A., Nishigai, M., Saito, A., Shinohara, H., Muto, Y. and Arata, Y.
FEBS. Lett.   260 291-293   1990年   [査読有り]
Yamasaki, K., Kawai, G., Ito, Y., Muto, Y., Fujita, J., Miyazawa, T., Nishimura, S. and Yokoyama, S.
Biochemical and Biophysical Research Communications   162 1054-1062   1989年   [査読有り]
Proton Nuclear Magnetic Resonance Study of the Solution Conformation of C3a-Arg69, a 69-Residue N-Terminal Fragment of the Third Component of Complement
Muto, Y., Ingaki, F. and Arata, Y.
J. Biochem   105 330-337   1989年   [査読有り]
Comparative molecular structural study of the third component of human and a-2-macroglobulin; structures of the peptide segment that are susceptible to the attack by endopeptidases
Muto, Y., Arakawa, H., Ikai, A. and Arata, Y.
Protides of Biological Fluids   35 441-448   1987年
Solution Conformation of carboxyl-terminal fragment of the third component of human complement C3 ; proton nuclear magnetic resonance study of C3a, des-Arg-C3a and C3a-Arg69.
Muto, Y., Fukumoto, Y. and Y. Arata, Y
J. Biochem.   102 635-641   1987年   [査読有り]
Arakawa, H., Muto, Y., Arata, Y. and Ikai, A.
Biochemistry   25 6785-6789   1986年   [査読有り]
Muto, Y., Ito, K. and Y. Arata, Y.
Anal. Biochem   159 206-209   1986年   [査読有り]
Muto, Y., Fukumoto, Y. and Arata, Y
Biochemistry   24 6659-6665   1985年   [査読有り]

Misc

 
miRNA
生体の科学  分子遺伝学・遺伝子・遺伝子工学   59(5)    2008年

書籍等出版物

 
補体系第3成分C3の高次構造の構築と機能発現
武藤 裕、荒田洋治 (担当:共著)
共立出版   1987年   
新生化学実験講座 第5章 原子レベルの構造解析法 II NMR (p91-101) 第8章 巨大蛋白質の構造研究法 (p191-203)
荒田洋治、 武藤 裕 (第5章) 武藤 裕、加藤晃一、荒田洋治(第8章) (担当:共著)
東京化学同人   1990年   
基礎生化学実験 横山茂之編
飯野雄一、石丸 聡、井上英史、北島 健、小嶋徹也、坂本健作、三瓶厳一、武藤 裕、村松知成、渡辺嘉典 (担当:共著)
東京化学同人   1994年   
RNA結合蛋白質とRNA輸送(RNA結合蛋白質の構造)
シュプリンガー・フェアラーク東京   2000年   
バイオ高性能機器・新技術利用マニュアル(蛋白質核酸酵素増刊、共立出版) 小原 收・谷口寿章・市川哲生・猪飼 篤 編 6章 生体高分子の立体構造解析装置 (蛋白質立体構造解析のためのNMR)
林 文晶・武藤 裕・廣田 洋・木川隆則・横山茂之 (担当:共著)
共立出版   2004年   

講演・口頭発表等

 
スプライシング因子の複合体に結合するaptamerの特性解析
佐藤 謙太郎1)柳澤 拓也1)瀧澤 将行2)天野 亮1)武藤 裕2)桑迫 香奈子2)坂本 泰一1)(1.千葉工大、2.武蔵野大)
第41回分子生物学会   2018年11月29日   
Selection of RNA sequences that bind to a complex of splicing factors
柳澤拓也1), 桑迫香奈子2), 天野亮1), 瀧澤将行2), 武藤裕2), 坂本泰一
第40回 日本分子生物学会年会   2017年12月7日   
スプライシング因子の複合体に対する aptamer の取得と解析
柳澤拓也1), 桑迫香奈子2), 徳田正明2), 天野亮1), 武藤裕2), 坂本泰一1)
生化学会の関東支部例会   2017年6月17日   
Solution structures of the two RNA recognition motif (RRM) domains of the human spliceosomal protein SF3b49
Kanako Kuwasako, Kengo Tsuda, Mari Takahashi, Atsuko Sato, Naoya Tochio, Makoto Inoue, Takaho Terada, Takanori Kigawa, Naohiro Kobayashi, Mikako Shirouzu, Takuhiro Ito, Taiichi Sakamoto, Nobukazu Nameki, Kaori Wakamatsu, Peter Guntert, Seizo Takahashi, Shigeyuki Yokoyama, Yutaka Muto
The 21st Annual Meeting of the RNA Society   2016年6月29日   The RNA Society
In vitro selection of RNA aptamers to a splicing factor
Takuya Yanagisawa, Kanako Kuwasako, Ryo Amano, Yutaka Muto, Taiichi Sakamoto
The 21st Annual Meeting of the RNA Society   2016年6月29日   The RNA Society of Japan
RNA スプライシングにおける3'スプライス部位の認識機構
尾林 栄治、吉田 尚史、朴 三用、小田 隆、佐藤 衛、武藤 裕、浦野 健
第38回 日本分子生物学会年会   2015年12月3日   日本分子生物学会
3'スプライシング部位の認識を行うU2AF35蛋白質の立体構造解析
The key residues exerting the characteristic inhibitory activity of the Emi2 ZBR domain against APC/C-mediated cell division and ubiquitin chain elongation
庄司 志咲子、武藤 裕、池田 眞理子、何 発虎、津田 健吾、大沢 登、赤坂 領吾、寺田 貴帆、脇山 素明、白水 美香子、横山 茂之
第37回 日本分子生物学会年会   2014年11月26日   日本分子生物学会
選択的スプライシング制御因子RBFOXとSUP-12による協働的なRNA認識の構造生物学的研究
桑迫 香奈子、高橋 真梨、雲財 悟、津田 健吾、吉川 征子、何 発虎、小林 直宏、Peter Guntert、白水 美香子、伊藤 拓宏、田仲 昭子、横山 茂之、萩原 正敏、黒柳 秀人、武藤 裕
第37回 日本分子生物学会年会   2014年11月25日   日本分子生物学会年会
選択的スプライシング制御因子ASD-1とSUP-12による協働的なRNA認識の構造基盤
桑迫 香奈子1),高橋 真梨2),雲財 悟3),津田 健吾2),吉川 征子2),
第16回日本RNA学会   2014年7月24日   
RNA recognition mode of the RNA recognition motif (RRM) of the human spliceosomal protein
行木-桑迫 香奈子 佐藤敦子 津田健吾 高橋真梨 井上真 寺田貴帆 木川 隆則 白水美香子 行木信一 若松馨 高橋征三 横山茂之 武藤  裕
36回分子生物学会年会   2013年12月3日   日本分子生物学会
U2 snRNPを構成するRRMドメインの構造決定
LAP結合TGF-β活性化反応阻害物質の探索と活性評価
山本由佳、坂田幸大郎、原詳子、本田香織、結城瑞恵、近藤恭光、平野秀典、武藤裕、白水美香子、斎藤臣雄、長田裕之、小嶋聡一
第36回日本分子生物学会年会   2013年12月3日   日本分子生物学会
creening of LAP binding inhibitors of TGF-β activation reaction
Yamamoto, Y., Sakata, K., Hara, M., Honda, K., Yuuki, M., Kondoh, Y., Hirano, Y., Muto, Y., Shirouzu, M., Saito, T., Osada, H. and Kohima, S.
17th International Symposium on Cells of the Hepatic Sinusoid   2013年9月23日   International Society for Hepatic Sinusoidal Research
Screening of LAP binding inhibitors of TGF-β activation reaction
Yamamoto, Y., Sakata, K., Hara, M., Honda, K., Yuki, M., Kondo, Y., Hirano, Y., Muto, Y., Shirouzu, M., Saito, T., Osada, H. and Kojima, S.
第2回「システムズケミカルバイオロジー合同シンポジウム」   2013年4月16日   独立行政法人理化学研究所
PARP11 WWEドメインによるADP-リボース認識機構の解明
FuhuHe、津田健吾、高橋真梨、桑迫香奈子、寺田貴帆、白水美香子、渡部暁、木川隆則、小林直宏、PeterGüntert、横山茂之、武藤裕
第35回日本分子生物学会年会   2012年12月11日   本分子生物学会
二つのCCHC-タイプのZinc Finger ドメインをもつタンパク質のRNA認識機構
高橋真梨、染谷龍彦、坂本泰一、平川真未、桑迫香奈子、津田健吾、何 発虎、渡部暁、原田拓志、井上 真、寺田貴帆、白水美香子、木川隆則、河合剛太、横山茂之、武藤 裕
第34回日本分子生物学会年会   2011年12月16日   日本分子生物学会
脊髄性筋萎縮症に関わるスプライシング因子の機能解析
津田健吾、何発虎、白水美香子、寺田貴帆、井上真、木川隆則、横山茂之、武藤 裕
第34回日本分子生物学会年会   2011年12月16日   日本分子生物学
Stuctural basis of the characteristic interactions between Ubc9 and the SP-RING domain of a human SUMO E3 ligase
Fahu He, Noriyuki Matsuda, Mayumi Kimura, Makoto Inoue, Satoru Watanabe, Takushi Harada, Takanori Kigawa, Kengo Tsuda, Kanako Kuwasako, Mari Takahashi, Naohiro Kobayashi, Akiko Tanaka, Peter Güntert, Shigeyuki Yokoyama, Yutaka Muto
第34回日本分子生物学会年会   2011年12月16日   日本分子生物学会
mRNA前駆体スプライシングに関わるタンパク質のRRMドメインによるRNA認識
桑迫香奈子、佐藤敦子、井上真、寺田貴帆、白水美香子、木川隆則、高橋征三、横山茂之、武藤 裕
第34回日本分子生物学会年会   2011年12月16日   日本分子生物学会
マウス卵細胞分裂停止因子Emi2のAPC/C阻害機構
庄司志咲子、武藤 裕、Fahu He, 池田真理子、渡部 暁、大沢 登、赤坂領吾、寺田貴帆、脇山素明、白水美香子、横山茂之
第34回日本分子生物学会年会   2011年12月   日本分子生物学
Structural Basis for the Dual RNA-recognition Modes of human Tra2bRRM
Tsuda K, Someya T, Kuwasako K, Takahashi M, He F, Unzai S, Inoue M, Harada T, Watanabe S, Terada T, Kobayashi N, Shirouzu M, Kigawa T, Tanaka A, Sugano S, Guntert P, Yokoyama S and Muto Y
The 16th Annual Meeting of the RNA Society   2011年6月14日   International RNA society
構造を基盤とした選択的スプライシング因子SUP-12のRNA認識の解明
高橋真梨、桑迫香奈子、津田健吾、黒柳秀人、萩原正敏、横山茂之、武藤裕
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(BMB2010)   2010年12月10日   日本分子生物学会
RNAの高次構造に依存したhTra2-βのRNA認識メカニズムの解明
津田健吾、桑迫香奈子、高橋真梨、染谷龍彦、白水美香子、寺田貴帆、井上真、木川隆則、菅野純夫、横山茂之、武藤裕
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(BMB2010)   2010年12月10日   日本分子生物学会
Solution Structure of Splicing Factor Motif (SFM) in Prp18 from Homo sapiens
He, F., Inoue, M., Kigawa, T., Takahashi, M., Kuwasako, K., Tsuda, K., Kobayashi, N., Terada, T., Shirouzu, M., Tanaka, A., Sugano, S., Güntert, P., Yokoyama, S. and Muto, Y.
第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(BMB2010)   2010年12月7日   日本分子生物学会
Structural basis for the sequence-specific RNA-recognition mechanism of Bruno-like family proteins
The 19th CDB Meeting : RNA Sciences in Cell and Developmental Biology   2010年5月10日   RIKEN
RNA recognition motif (RRM)の多様性
桑迫香奈子、菅野純夫、林崎良英、木川隆則、武藤裕、横山茂之
RNAフロンティアミーティング2009   2009年9月   日本RNA学会
mRNAの動態制御にかかわる因子の構造生物学 [招待有り]
横浜NMR研究会 Workshop RNAの構造生物学   2009年7月   横浜NMR懇談会
超高熱性古細菌P.furiosus由来GTP依存性耐熱性RNA ligaseの性状およびその立体構造の解析
金井昭夫、佐藤朝子、福田陽子、岡田 潔、松田崇志、坂本泰一、武藤 裕、横山茂之、河合剛太、富田 勝
2008年度日本分子生物学会・生化学会 合同大会   2008年12月   日本分子生物学会
選択的スプライシングを調節するTIA-1 RRM2の立体構造解析およびRNA認識
高橋真梨、桑迫香奈子、栃尾尚哉、阿部千景、津田健吾、井上 真、寺田貴帆、白水美香子、小林直宏、木川隆則、田口精一、田仲昭子、林崎良英、Peter Guntert, 武藤 裕、横山茂之
2008年度日本分子生物学会・生化学会 合同大会   2008年12月   日本分子生物学会
RNA recognition motifドメインにおける分子認識の違い
津田健吾、桑迫香奈子、高橋真梨、染谷龍彦、武藤 裕、白水美香子、寺田貴帆、井上 真、木川隆則、菅野純夫、横山茂之
2008年度日本分子生物学会・生化学会 合同大会   2008年12月   日本分子生物学会
PARNのRRMドメインによるmRNA 5'キャップの認識機構
永田 崇、鈴木咲良、遠藤竜太、白水美香子、寺田貴帆、井上 真、木川隆則、Peter Guntert, 小林直宏、田仲昭子、林崎良英、武藤 裕、横山茂之
2008年度日本分子生物学会・生化学会   2008年12月   日本分子生物学会
MBNL2蛋白質に見られるCCCH-type Zn fingerドメインの新規溶液構造
何 発虎、党 偉栄、阿部千景、津田健吾、井上 真、木川隆則、松田貴意、矢吹 孝、青木雅昭、関 英子、寺田貴帆、白水美香子、田仲昭子、菅野純夫、武藤 裕、横山茂之
2008年度日本分子生物学会・生化学会 合同大会   2008年12月   日本分子生物学会
Complex assembly mechanism and an RNA-binding mode of the human p14-SF3b155 spliceosomal protein complex identified by NMR solution structure and functional analysis
Kanako Kuwasako, Naoshi Dhomae, Mio Inoue, Mikako Shirouzu, Seiichi Taguchi, Peter Guntert, Bertrand Seraphin, Yutaka Muto and Shigeyuki Yokoyama
2008年度日本分子生物学会・生化学会 合同大会   2008年12月   日本分子生物学会
Structural Studies of the RRM:mRNA 5' cap complex
Nagata, T., Suzuki, S., Endo, R., Shirouzu, M., Terada, T., Inoue, M., Kigawa, T., Guntert, P., Hayashizaki, Y., Muto, Y. and Yokoyama, S.
XXIII International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems   2008年8月   International society of Magnetic Resonance in Biological Systems
リボソーム成熟因子RimMの結晶構造解析
竹本千重、上西達也、川添将仁、鈴木咲良、龍口文子、松本英子、白水美香子、武藤裕、横山茂之
第10回RNAミーティング   2008年7月   日本RNA学会
tRNA アンチコドン隣位(37 位)のグアノシンに連続的に働く修飾酵素の立体構造学的研究
伊藤(後藤)桜子、伊藤拓宏、石井亮平、武藤裕、別所義隆、横山茂之
第10回RNAミーティング   2008年7月   日本RNA学会
構造を基盤とした転写後修飾にかかわる因子の分子間相互作用 [招待有り]
第31回日本分子生物学会年会 シンポジウム:新しいRNAとタンパク質の構造と機能   2007年12月   オーガナイザー: 濡木 理(東京工業大学), 河合 剛太(千葉工業大学/理化学研究所)
リボソーム成熟関連蛋白質RimMの構造特性
鈴木咲良、龍口文子、t松本英子、川添将仁、上西達也、白水美香子、武藤 裕、竹本千重、横山茂之
2007年度日本分子生物学会・生化学会 合同大会   2007年12月   日本分子生物学会
リボソーム成熟に関わるタンパク質RimMの結晶構造解析
上西達也、竹本千重、川添将仁、鈴木咲良、龍口文子、松本英子、白水美香子、武藤裕、横山茂之
日本生物物理学会第45回年会   2007年12月   日本生物物理学会
Type-III AREに結合するRNA結合蛋白質によるRNA認識機構
津田健吾、桑迫香奈子、高橋真梨、染谷龍彦、武藤 裕、白水美香子、寺田貴帆、井上 真、木川隆則、菅野純夫、横山茂之
2007年度日本分子生物学会・生化学会 合同大会   2007年12月   日本分子生物学会
Solution structure of zinc finger HIT domain
Fahu He, Takashi Umehara, Kengo Tsuda, Makoto Inoue, Takanori Kigawa, Takayoshi Mastuda, Takashi Yabuki, Masaaki Aoki, Eiko Seki, Takaho Terada, Mikako Shirouzu, Akiko Tanaka, Sumio Sugano, Yutaka Muto, Shigeyuki Yokoyama
2007年度日本分子生物学会・生化学会 合同大会   2007年12月   日本分子生物学会
Solution structure of the SURP domains and the subunit-assembly mechanism within the splicing factor SF3a complex in 17S U2 snRNP
Kanako Kuwasako, Fahu He, Makoto Inoue, Akiko Tanaka, SUmio Sugano, Peter Guntert, Yutaka Muto, Shigeyuki Yokoyama
2007年度日本分子生物学会・生化学会 合同大会   2007年12月   日本分子生物学会
cDNA/構造リソースを活用した核蛋白質ドメイン作動原理解明に向けたアプローチ
梅原崇史、武藤 裕、坂本健作、林 文晶、寺田貴帆、白水美香子、小原 収、林崎良英、中山朋子、田仲昭子、木川隆則、横山茂之
2007年度日本分子生物学会・生化学会 合同大会   2007年12月   日本分子生物学会
高等動植物の構造プロテオミクス
木川隆則、武藤裕、林文晶、山崎和彦、廣田洋、山崎俊夫、Peter Güntert、前田秀明、好田真由美、白水美香子、田仲昭子、横山茂之
第46回NMR討論会   2007年9月   日本磁気共鳴学会
転写後修飾に関わる因子の構造生物学 [招待有り]
横浜NMR研究会 Workshop 理研GSCにおける蛋白質構造解析の現状   2007年6月   横浜NMR懇談会
Structural characterization of the ribosome maturation protein RimM.
Kawazoe, M., Suzuki, S., Tatsuguchi, A., Matsumoto, E., Kaminishi, T., Shirouzu, M., Muto, Y., Takemoto, C. and Yokoyama, S.
Ribosomes: Form and Function   2007年6月   ribosome society
Solution structure of the GUCT domain from human RNA Helicase II/Guβ (DDX50): New finding of the RRM domain Superfamily member
Ohnishi, S., Pääkkönen, K., Koshiba, S., Muto, Y., Sato, M., Harada, T., Watanabe, S., Güntert, P., Kigawa, T. and Yokoyama, S
the International Workshop on Perspectives on Stable Isotope Aided NMR Methods for Protein Structural Analysis   2007年3月   International NMR society
Structural characterization of the ribosome mutation protein RimM
鈴木咲良、武藤裕、龍口文子、松本英子、川添将仁、上西達也、白水美香子、竹本千重、横山茂之
日本分子生物学会2006フォーラム(分子生物学の未来)   2006年12月   日本分子生物学会
Structural proteomics of animals and a plant
木川隆則、武藤裕、林文晶、山崎和彦、廣田洋、Peter Güntert、山崎俊夫、好田真由美、白水美香子、田仲昭子、林崎良英、篠崎一雄、小原收、菅野純夫、横山茂之
第45回 NMR討論会   2006年11月   日本磁気共鳴学会
Solution structure of the N-terminal domain of Thermus thermophilus RimM protein: putative 16S rRNA-processing protein
鈴木咲良、龍口文子、松本英子、川添将仁、上西達也、白水美香子、武藤裕、竹本千重、横山茂之
第45回 NMR討論会   2006年11月   日本磁気共鳴学会
Solution structure of tandem repeat of the zf-C2H2 domains of human zinc finger protein 297B
井上匡子、斉藤講平、武藤裕、林文晶、白水美香子、寺田貴帆、木川隆則、井上真、矢吹孝、青木雅昭、関英子、松田貴意、廣田洋、好田真由美、田仲昭子、小原收、横山茂之
第45回 NMR討論会   2006年11月   日本磁気共鳴学会
ヒト由来CUG-BP1におけるRBD3のNMR法による立体構造解析
津田健吾、武藤 裕、白水美香子、寺田貴帆、井上真、木川隆則、菅野純夫、横山茂之
第28回日本分子生物学会   2005年12月   日本分子生物学会
ヒトミトコンドリアリボソームL17の溶液構造
鈴木咲良、武藤 裕、栃尾尚哉、井上 真、小柴生造、木川隆則、寺田貴帆、白水美香子、菅野純夫、横山茂之
第28回日本分子生物学会   2005年12月   日本分子生物学会
Structural analysis of Mouse Poly(A)-specific Ribonuclease
永田崇、武藤裕、白水美香子、寺田貴帆、井上真、木川隆則、林崎良英、横山茂之
第28回日本分子生物学会   2005年12月   日本分子生物学会
Solution structure of the RNA recognition motif (RRM) of human SF3b49
Asuko Sato, Yutaka Muto, Kanako Kuwasako, Mikako Shirouzu, Takaho Terada, Takanori Kigawa, Makoto Inoue, Takashi Nagata, Sakura Suzuki, Tatsuhiko Someya, Kengo Tsuda, Seizo Takahashi, Sうmio Sugano, Shigeyuki Yokoyama
第28回日本分子生物学会   2005年12月   日本分子生物学会
Solution Structure of PWI domain in PRP3 from Homo sapiens
Fahu He, Yutaka Muto, Makoto Inoue, Takanori Kigawa, Mikako Shirouzu, Takaho Terada, Hiroshi Hirota, Mayumi Yoshida, Naohiro Kobayashi, Akiko Tanaka, Sumio Sugano, Shigeyuki Yokoyama
第28回日本分子生物学会   2005年12月   日本分子生物学会
Arginine/serine-rich splicing factor 10 のRRM領域の構造解析
染谷龍彦、武藤 裕、井上 真、木川隆則、寺田貴帆、白水美香子、菅野純夫、横山茂之
第28回日本分子生物学会   2005年12月   日本分子生物学会
Structural proteomics of animals and a plant
Kigawa, T., Muto, Y., Hayashi, F., Yamasaki, K., Yamazaki, T., Maeda, H., Yoshida, M., Shirouzu, M., Tanaka, A., Hayashizaki, Y., Seki, M., Shinozaki, K., Sugano, S., Ohara, O., Hirota, H., Guntert, P. and Yokoyama, S.
XXI International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems (ICMRBS)   2005年1月   International society of Magnetic Resonance in Biological Systems
Structural and functional analysis of UBA domain proteins
Higuchi, Y., Abe, T., Hamada, T., Onuki, H., Doi-katayama, Y., Zhao, C., Kamatari, Y., Izumi, K., Momen, R. A. Z. M., Ohashi, W., Hayashi, F., Muto, Y., Saito, K., Koshiba, S., Kigawa, T., Yoshida, M., Shirouzu, M., Terada, T., Inoue, M., Yabuki, T., Aoki, M., Seki, E., Matsuda, T., Tanaka, A., Shinozaki, K., Hayashizaki, Y., Ohara, O., Sugano, S. and Hirota, H
The 3rd International Conference on Structural Genomics 2004 (ICSG 2004)   2004年11月   International structural gemonocs society
NMR structure of a novel ubiquitin-like protein, mouse UBL3
Zhao, C., Saito, K., Koshiba, S., Suzuki, S., Muto, Y., Inoue, M., Yabuki, T., Aoki, M., Tomo, Y., Seki, E., Terada, T., Shirouzu, M., Tanaka, A., Hayashizaki, Y., Kigawa, T. and Yokoyama, S
The 3rd International Conference on Structural Genomics 2004 (ICSG 2004)   2004年11月   International structural genomics society
Solution structure of HBS1-like domain hypothetical protein bab28515
He, F., Muto, Y., Hayami, N., Shirouzu, M., Terada, T., Kigawa, T., Inoue, M., Yabuki, T., Aoki, M., Seki, E., Matsuda, T., Hirota, H., Yoshida, M., Kobayashi, N., Tanaka, A., Osanai, T., Matsuo, Y., Hayashizaki, Y. and Yokoyama, S
The 1st Pacific-Rim International Conference on Protein Science (PRICPS 2004)   2004年4月   International protein science society
RNA結合蛋白質の構造生物学 [招待有り]
第21回横浜構造生物学研究会ワークショップ RNAの今   2003年9月   横浜構造生物学研究会
NMR構造生物学 [招待有り]
第18回横浜構造生物学研究会ワークショップ NMR構造生物学の現状と展望   2002年   横浜構造生物学研究会
Solution Structure of the Guanosine Binding site of the Tetrahymena group I intron
Kitamura A., Muto Y., Watanabe S., Kim I., Ito T., Sakamot K., Kawai G., Katoh E., Yamazaki T., Inoue T., and Yokoyama S
XX th ICMRBS(2002) (International Conference on the Magnetic Resonance in Biological Systems)   2002年   International society of the Magnetic Resonance in Biological Systems
Structure and assembly of the spliceosomal snRNPs. [招待有り]
Nagai K, Muto Y, Pomeranz Krummel DA, Kambach C, Ignjatovic T, Walke S, Kuglstatter A. (発表者 Nagai K.)
Novartis Medal Lecture.   2001年   Novartis
TRNOE studies of methacholine bound to the muscarinic acetylcholine recptor
Toshiyuki Hamada, Hirota Hiroshi, Furukawa hiroyasu, Tatsuya Haga, Muto Yutaka, Yokoyama Shigeyuki
XIX th ICMRBS(2000) (International Conference on the Magnetic Resonance in Biological Systems)   2000年   International society of the Magnetic Resonance in Biological Systems
hU2AF65のRNA結合ドメインの立体構造解析 [招待有り]
伊藤拓宏、武藤裕、Michael R.Green、横山茂之 (発表者 伊藤拓宏)
第22回日本分子生物学会年会 ワークショップ RNA分子生物学の新展開(最前線)   1999年   オーガナイザー: 谷 時雄(九州大学) 中村義一(東京大学)

所属学協会

 
日本分子生物学会 , 日本磁気共鳴学会 , 日本薬学会

Works

 
第25回日本分子生物学会年会ワークショップ 「生体システムの理解に挑む構造生物学」
依頼講演者は、小木曽英雄、神田 大輔、嶋田 一夫、中迫 雅由、宮澤 淳夫各氏 一般公募者は梅影創氏   その他   1997年12月
第25回日本分子生物学会年会ワークショップ 「生体システムの理解に挑む構造生物学」
田中俊之教授(筑波大学)とともに組織した。
第37回日本分子生物学会 ワークショップ 『機能性RNA分子研究の新展開』
武藤 裕、 牛田 千里   その他   2014年11月
RNA分子の多くは単独で、あるいはタンパク質と複合体を形成して特徴的な二次構造や立体構造をとり、機能の多様性を生み出している。本ワークショップではRNA-タンパク質複合体の動作原理にせまる最新の構造生物学的研究を紹介するとともに、今後そのような研究の展開が期待されるstructured RNAについての話題を提供する。RNA/RNP機能と構造の多様性を知ることで、RNAを介した新たな生体制御システムの発見と理解につなげたい。

競争的資金等の研究課題

 
疾病に関連するスプライシング制御因子の分子論的基盤研究
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
スプライシング制御因子のRNA認識における柔軟性の構造生物学的研究
日本学術振興会: 新学術領域研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 武藤 裕
構造を基盤とした選択的スプライシング因子ASD-1,SUP-12の協働作用の解明
文部科学省: 新学術領域研究
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
スプライシング異常による疾病発症メカニズムの分子論的基盤研究
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
オールタナテイブ スプライシングに関わる分子複合体の構造生物学的研究
理化学研究所: 
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 武藤 裕
生体制御を担うmRNAの転写後修飾に関わる生体高分子複合体の構造生物学的研究
文部科学省: 
研究期間: 2006年12月 - 2009年3月
Study of transient and stable eukaryotic macromolecular complexes: implication for cell function
HFSP: 
研究期間: 2003年9月 - 2006年3月
初期スプライシング構成因子の構造生物学的研究
文部省: 基盤研究(C) (2)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月
転写後制御に関わるmRNA−蛋白質複合体の構造生物学的解析
文部省: 基盤研究(C)
研究期間: 1999年4月 - 2000年3月
NMR法によるショウジョウバエSxl蛋白質のRNA分子の認識機構の解明
文部省: 基盤研究(C)
研究期間: 1996年4月 - 1999年3月
RNA機能の発現機構
文部省: 重点領域研究
研究期間: 1992年4月 - 1996年3月    代表者: 渡辺公綱
NMR法によるショウジョウバエSxl蛋白質のRNA分子の認識機構の解明
文部省: 奨励研究(A)
研究期間: 1994年4月 - 1995年4月    代表者: 武藤 裕
NMRによるショウジョウバエの性決定遺伝子産物Sxlの高次構造解析
文部省: 奨励研究(A)
研究期間: 1993年4月 - 1994年3月    代表者: 武藤 裕
ショウジョウバエの神経発生に関与するBarHIのホメオドメイン部分の構造解析
文部省: 重点領域研究
研究期間: 1992年4月 - 1993年3月    代表者: 武藤 裕
ヒトc-Ha-Ras遺伝子産物の機能発現の分子機構
文部省: がん特別研究
研究期間: 1989年4月 - 1991年4月    代表者: 横山茂之

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)