言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 武藤 裕
 

武藤 裕

 
アバター
研究者氏名武藤 裕
 
Muto Yutaka
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位理学博士(東京大学)
J-Global ID201701000847883066

研究キーワード

 
Structural Biology ,構造生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 形態、構造 / 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授, of Pharmaceutical Sciences, Graduate School, , 
 
2014年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授, of Pharmaceutical Sciences, Graduate School, , 
 
2013年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 教授, Faculty of Pharmacy, Department of Pharmaceutical Sciences, , 
 
2006年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人・理化学研究所 横浜研究所 生命分子システム基盤研究領域 RNA生物学研究チーム チームリーダー, , , 
 
2002年2月
 - 
2006年3月
理化学研究所 横浜研究所 安定同位体標識技術高度化チーム - RNA生物学研究チーム チームリーダー, , , 
 

学歴

 
1983年4月
 - 
1988年3月
東京大学 理学系研究科 生物化学専門課程
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
現在
Frontiers in Non-Coding RNA (Swizerland)誌  Review Editor
 
1997年4月
 - 
1999年3月
日本分光学会  NMR部会企画委員
 

受賞

 

論文

 
 
Kanako Kuwasako   Nobukazu Nameki   Kengo Tsuda   Mari Takahashi   Atsuko Sato   Naoya Tochio   Makoto Inoue   Takaho Terada   Takanori Kigawa   Naohiro Kobayashi   Mikako Shirouzu   Takuhiro Ito   Taiichi Sakamoto   Kaori Wakamatsu   Peter Guentert   Seizo Takahashi   Shigeyuki Yokoyama   Yutaka Muto   
PROTEIN SCIENCE   26(2) 280-291   2017年2月   [査読有り]
The spliceosomal protein SF3b49, a component of the splicing factor 3b (SF3b) protein complex in the U2 small nuclear ribonucleoprotein, contains two RNA recognition motif (RRM) domains. In yeast, the first RRM domain (RRM1) of Hsh49 protein (yeas...
 
Jean-Baptiste Duvignaud   Mikael Bedard   Takashi Nagata   Yutaka Muto   Shigeyuki Yokoyama   Stephane M. Gagne   Michel Vincent   
BIOCHEMISTRY   55(18) 2553-2566   2016年5月   [査読有り]
p54(nrb)/NonO is a nuclear RNA-binding protein involved in many cellular events such as pre-mRNA processing, transcription, and nuclear retention of hyper-edited RNAs. In particular, it participates in the splicing process by directly binding the ...
 
Hisashi Yoshida   Sam-Yong Park   Takashi Oda   Taeko Akiyoshi   Mamoru Sato   Mikako Shirouzu   Kengo Tsuda   Kanako Kuwasako   Satoru Unzai   Yutaka Muto   Takeshi Urano   Eiji Obayashi   
GENES & DEVELOPMENT   29(15) 1649-1660   2015年8月   [査読有り]
The pre-mRNA splicing reaction of eukaryotic cells has to be carried out extremely accurately, as failure to recognize the splice sites correctly causes serious disease. The small subunit of the U2AF heterodimer is essential for the determination ...
 
Takashi Kanamori   Hiroki Ohzeki   Yoshiaki Masaki   Akihiro Ohkubo   Mari Takahashi   Kengo Tsuda   Takuhiro Ito   Mikako Shirouzu   Kanako Kuwasako   Yutaka Muto   Mitsuo Sekine   Kohji Seio   
CHEMBIOCHEM   16(1) 167-176   2015年1月   [査読有り]
We developed fluorescent turn-on probes containing a fluorescent nucleoside, 5-(benzofuran-2-yl) deoxyuridine (dU(BF)) or 5-(3-methylbenzofuran-2-yl) deoxyuridine (dU(MBF)), for the detection of single-stranded DNA or RNA by utilizing DNA triplex ...
 
Suzuki M   Sasabe J   Miyoshi Y   Kuwasako K   Muto Y   Hamase K   Matsuoka M   Imanishi N   Aiso S   
Proc Natl Acad Sci U S A.   112 2217-2224   2015年   [査読有り]

MISC

 
 
庄司志咲子   武藤裕   池田眞理子   何発虎   津田健吾   大沢登   赤坂領吾   寺田貴帆   脇山素明   白水美香子   横山茂之   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   37th 2P-0418   2014年11月   
 
庄司志咲子   武藤裕   HE Fahu   池田眞理子   渡部暁   大沢登   赤坂領吾   寺田貴帆   脇山素明   白水美香子   横山茂之   
日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web)   34th 4P-0322   2011年12月   
 
山下征輔   永田崇   川添将仁   竹本千重   赤坂領吾   木川隆則   滝元宏治   武藤裕   脇山素明   横山茂之   
第33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学会大会合同大会.神戸      2010年12月   
 
永田 崇   鈴木 咲良   遠藤 竜太   白水 美香子   寺田 貴帆   井上 真   木川 隆則   eterGuntert   小林 直宏   田仲 昭子   林崎 良英   武藤 裕   
第31回日本分子生物学会年会・第82回日本生化学会大会.神戸      2008年12月   
 
Nagata, T   Suzuki, S   Endo, R   Shirouzu, M   Terada, T   Inoue, M   Kigawa, T   Guntert, P   Hayashizaki, Y   Muto, Y   Yokoyama, S   
23rd International Conference of Magnetic Resonance in Biological Systems. San Diego,2008.8.24      2008年8月   

書籍等出版物

 
 
 
シュプリンガー・フェアラーク東京      2000年      
 
飯野雄一, 石丸 聡, 井上英史, 北島 健, 小嶋徹也, 坂本健作, 三瓶厳一, 武藤 裕, 村松知成, 渡辺嘉典(担当:共著)
東京化学同人      1994年      
 
荒田洋治, 武藤 裕, 武藤 裕, 加藤晃一, 田洋(担当:共著)
東京化学同人      1990年      
 
武藤 裕, 荒田洋治(担当:共著)
共立出版      1987年      

講演・口頭発表等

 
 
スプライシング因子の複合体に結合するaptamerの特性解析
佐藤 謙太   柳澤 拓   瀧澤 将   野   武藤   桑迫 香   本   千葉工大   武蔵野大   
第41回分子生物学会   2018年11月29日   
 
スプライシング因子の複合体に結合するaptamerの結合能の解析
佐藤謙太郎,柳澤拓也,瀧澤将行,天野亮,武藤裕,桑迫香奈子,坂本泰一   
平成30年度日本生化学会関東支部例会   2018年6月23日   
 
Selection of RNA sequences that bind to a complex of splicing factors
柳澤拓也   桑迫香奈   瀧澤将行   坂本泰一   
第40回 日本分子生物学会年会   2017年12月7日   
 
スプライシング因子の複合体に対する aptamer の取得と解析
柳澤拓也   桑迫香奈   徳田正明   野   坂本泰   
生化学会の関東支部例会   2017年6月17日   
 
Solution structures of the two RNA recognition motif (RRM) domains of the human spliceosomal protein SF3b49
Kanako Kuwasako   Kengo Tsuda   Mari Takahashi   Atsuko Sato   Naoya Tochio   Makoto Inoue   Takaho   Terada   Takanori Kigawa   Naohiro Kobayashi   Mikako Shirouzu   Takuhiro Ito   Taiichi Sakamoto   Nobukazu Nameki   Kaori Wakamatsu   Peter Guntert   Seizo Takahashi   Shigeyuki Yokoyama   Yutaka Muto   
The 21st Annual Meeting of the RNA Society   2016年6月29日   The RNA Society   

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
日本磁気共鳴学会
 
   
 
日本分子生物学会

Works(作品等)

 
 
武藤 裕   牛田 千里   
2014年11月   その他
RNA分子の多くは単独で、あるいはタンパク質と複合体を形成して特徴的な二次構造や立体構造をとり、機能の多様性を生み出している。本ワークショップではRNA-タンパク質複合体の動作原理にせまる最新の構造生物学的研究を紹介するとともに、今後そのような研究の展開が期待されるstructured RNAについての話題を提供する。RNA/RNP機能と構造の多様性を知ることで、RNAを介した新たな生体制御システムの発見と理解につなげたい。
 
依頼講演者は   小木曽英雄   神田 大輔   嶋田 一夫   中迫 雅由   宮澤 淳夫各氏   一般公募者は梅影創氏   
1997年12月   その他
第25回日本分子生物学会年会ワークショップ 「生体システムの理解に挑む構造生物学」
田中俊之教授(筑波大学)とともに組織した。

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月
 
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月
 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
 
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月
 
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他

 

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)