言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 島田 徳子
 

島田 徳子

 
アバター
研究者氏名島田 徳子
 
シマダ ノリコ
所属武蔵野大学
部署グローバル学部 グローバルコミュニケーション学科
職名教授
学位文学士(お茶の水女子大学), 修士(人文科学)(お茶の水女子大学), 博士(学際情報学)(東京大学)
J-Global ID201701013557272289

研究キーワード

 
職場学習 ,異文化間教育 ,異文化コミュニケーション ,教育工学 ,教育学 ,日本語教育

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育工学 / 
  • 人文・社会 / 日本語教育 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学グローバル学部 グローバルコミュニケーション学科 教授 
 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院言語文化研究科 言語文化専攻(博士後期課程) 教授   
 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院言語文化研究科 言語文化専攻 教授   
 
2010年9月
 - 
現在
慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 非常勤講師   
 
2018年4月
 - 
2020年3月
武蔵野大学グローバル学部 日本語コミュニケーション学科 教授   
 

学歴

 
2008年4月
 - 
2014年9月
東京大学大学院 情報学環 学際情報学府 博士過程 文化・人間情報学コース
 
1993年4月
 - 
1995年3月
お茶の水女子大学 大学院 人文科学研究科 日本言語文化専攻 修士課程
 
1985年4月
 - 
1989年3月
お茶の水女子大学 文教育学部 外国文学科 英語・英文学専攻
 

委員歴

 
2020年7月
 - 
現在
学校法人 大原学園  厚生労働省委託事業「就労場面における外国人材の日本語コミュニケーション能力評価ツール」作成事業 調査研究会
 
2018年4月
 - 
現在
日本語教育学会  BJTビジネス日本語能力テスト特別委員会 Can-do検討部会長
 
2004年10月
 - 
2009年5月
日本語教育学会  教師研修委員
 

受賞

 
2017年12月
人材育成学会, 論文賞,新卒外国人元留学生社員の組織社会化のメカニズム ― 経験学習行動と異文化間ソーシャルスキルに注目して ―
 
2015年12月
人材育成学会, 人材育成学会 学会賞 奨励賞,元留学生外国人社員の組織社会化を促進する日本人上司による支援と本人の経験学習行動との関係(2013年度第11回年次大会)
 
2013年6月
異文化間教育学会, 優秀発表賞,元留学生外国人社員の組織会化に関する研究
 

論文

 
 
島田 徳子   
東京大学大学院学際情報学府 学際情報学専攻 博士課程 博士論文   2017年7月   [査読有り]
本研究では、日本の大学や大学院などの高等教育機関で学んだ留学生が、日本企業に就職したのちに、新入社員として日本の組織に、どのようなメカニズムで適応するのかについて、量的研究により明らかにした。元留学生社員の日本の組織における適応において、文化的社会化、つまり、組織内の文化学習が重要な役割を果たしていることが実証された。文化の学習では、文化的差異に対して肯定的な評価・感情を持つことが重要である。文化的差異に対して、肯定的な評価・感情を持ち認知的共感に至るには、他者との相互作用による意味づけが...
 
島田徳子   中原淳   
人材育成研究   12(1) 21-442016年3月   [査読有り]
本研究の目的は、日本企業に就職した元留学生社員の組織社会化について、個人要因と組織要因を統合したメカニズムを実証的に示すことである。個人要因として、経験からどのように学んでいるかという「経験学習行動」と、文化背景の異なる他者との対人関係に役立つ技能としての「異文化間ソーシャルスキル」に注目した。これらの二つの要因が、組織要因である「上司の支援」の獲得や、組織社会化の学習内容や適応成果にどのような影響を与えているのかについて、共分散構造分析によって明らかにした。その結果、「経験学習行動」と「...
 
ウェブマガジン『留学交流』   2016年(2月) 26-382016年2月   [招待有り]
本稿では、日本企業のグローバル化や、日本社会の少子高齢化に伴う高度人材の確保の必要性などを背景として、近年増加している外国人留学生(以下 留学生)の日本企業への就職後の適応について探究する。島田・中原(2014)では、組織社会化研究においてその重要性が実証されている上司と新規参入者間の社会的相互作用に注目し、元留学生社員が最初に配属された職場の日本人上司による支援をどのように認識し、その認識が組織社会化にどう影響しているのか、定量調査に基づき検証した。本稿では、島田・中原(2014)を適宜...
 
日本語学   34(12) 44-542015年10月   [招待有り]
本稿では、言語教育スタンダードを「文化的多様性を尊重する言語教育政策として、言語学習の理念や共通の評価基準を示したもの」と位置づけ、その立場から日本語教育スタンダードの源流・現在・未来を探究した。まず、日本国内外の多言語・多文化化の現状を各種統計から概観した。次に、言語教育スタンダードの源流として「言語のためのヨーロッパ共通参照枠:学習、教育、評価」(CEFR)を取り上げたのちに、CEFRの日本語教育における受容について検討した。そのうえで、日本語教育スタンダードの課題を21世紀スキルの観...
 
島田徳子   中原淳   
異文化間教育   39 92-1082014年3月   [査読有り]
本研究の目的は、新卒外国人留学生社員(以下元留学生社員)の日本企業への適応と、最初に配属された職場の日本人上司による支援との関係について、検討することである。日本の大学・大学院を卒業・修了し日本企業に就職した102名の元留学生社員に対する質問紙調査の結果から、彼らは日本人上司による「文化面の支援」を「仕事面の支援」と比較して低く認識していたさらに、上司による支援のタイプを、クラスタ分析により「平均的支援群」「低支援 精神・文化支援低群」「高支援群」「支援無し群」の4グループに分け、上司によ...

MISC

 
 
島田徳子   
日本の人事部 LEADERS( リーダーズ)   Vol.8 102-1022020年4月   [招待有り]
 
島田徳子   二瓶知子   古川智樹   
2020年2月   [招待有り]
外国人人材の活用指標となる、BJTに関するCan-do statements調査研究の結果を公表したもの。優秀な外国人人材が求められている昨今、日本のビジネス現場で必要となる日本語能力についての指標が強く求められている。そこで公益財団法人 日本漢字能力検定協会は、外国人人材がビジネス現場で具体的に何ができるのかをBJTのレベルと結びつけて具体的に示すことを目的に、BJTに関するCan-do statements調査研究を公益社団法人日本語教育学会(事務局:東京都千代田区/会長:石井恵理子)...
 
島田徳子   菊岡由夏   古川智樹   
2018年9月   [招待有り]
公益財団法人 日本漢字能力検定協会による、社団法人 日本語教育学会委託 調査研究事業の成果。外国人人材の活用指標となる、BJTに関するCan-do statements調査研究の結果を公表した報告書。以下、漢字能力検定協会のHPより。
優秀な外国人人材が求められている昨今、日本のビジネス現場で必要となる日本語能力についての指標が強く求められています。そこで公益財団法人 日本漢字能力検定協会は、外国人人材がビジネス現場で具体的に何ができるのかをBJTのレベルと結びつけて具体的に示すことを目的...

書籍等出版物

 
 
中原淳(担当:共著, 範囲:第18章 元外国人留学生の組織社会化)
東京大学出版会      2017年4月   (ISBN:9784130402804)   
第18章「元外国人留学生の組織社会化」を執筆。
本書『人材開発大全』は、人材開発(人的資源開発)に関連する研究論文や研究論考を収録した、日本で初めての研究論文集(ハンドブック)である。
 
中原淳, 編著者, 木村充, 伊勢坊綾, 脇本健弘, 吉村春美, 関根雅泰, 福山佑樹, 伊澤莉瑛, 島田徳子, 重田勝介, 舘野泰一(担当:共著, 範囲:9章 海外での経験は、能力向上にどのような影響を与えるのか―経験学習行動をてがかりにして)
生産性出版      2012年3月   (ISBN:9784820119975)   
第9章「海外での経験は、能力向上にどのような影響を与えるか-経験学習行動を手がかりにして」を執筆。
本書『職場学習の探究』は、副題の「企業人の成長を考える実証研究」が示すとおり、「企業で働く成人の学習」に関して多種多様な視点からアプローチした研究論文を所収したものである。「仕事で成長するにはどうすればいいのか」「どんな職場であればいいのか」企業人を対象とした「仕事経験や職場環境に関するアンケート」をもとに、経営学習論、学習研究論の11人の研究者たちが分析し、得られた知見を明らかにする。
 
国際交流基金      2010年7月      
 
国際交流基金      2010年7月   (ISBN:9784875401216)   
 
山内祐平, 重田勝介, 西森年寿, 望月俊男, 山田政寛, 古賀暁彦, 藤本徹, 松河秀哉北村智, 中原淳, 山口悦司, 島田徳子(担当:共著, 範囲:第10章 デジタル教材の開発2 なりきりEnglish!)
東京大学出版会      2010年4月      
第10章「デジタル教材の開発2 なりきりEnglish!」を執筆。
本の概要は、次の通り。
ウェブ時代の新しい学びへ
学校教育、企業内人材育成、外国語習得、生涯教育・・・など、オンライン上の学習が広まるなか、デジタル教材になにが求められているのか、その歴史と思想から設計・評価の実際まで、教育学の観点をとおして解説する。デジタル教材に関する基礎知識を網羅した一冊。

講演・口頭発表等

 
 
学習者も教師もワクワク学べる日本語学習デザインー主体的な学び、言語習得、相互作用による文化学習の観点からー
島田徳子   
川崎市国際交流協会 日本語講座ボランティア向けブラッシュアップ研修   2020年2月8日   
 
アクティブラーニングにおける日本語学習デザインとCan-do活用
島田徳子   
ベトナム日本語・日本語教育学会 「アクティブ・ラーニングにおける日本語学習デザインとCan-do活用」会議とワークショップ   2019年10月26日   ベトナム日本語・日本語教育学会   
 
CEFRの増補版(CEFRーCV)とその応用
島田徳子   
ベトナム日本語・日本語教育学会 「アクティブ・ラーニングにおける日本語学習デザインとCan-do活用」会議とワークショップ   2019年10月25日   ベトナム日本語・日本語教育学会   
 
外国人にとってわかりやすい教え方とは?ー講義資料の作成と講義中の説明や確認のコツー
島田徳子   
一般財団法人 中小建設業特別教育協会 一般社団法人 安全衛生マネジメント協会 講師研修会(第5回)   2019年10月5日   一般財団法人 中小建設業特別教育協会 一般社団法人 安全衛生マネジメント協会   
 
就労者のニーズの多様性
島田徳子   
日本語教育研究所 就労者に対する日本語教師【初任】研修 「就労者に対する日本語教師研修」   2019年7月13日   

所属学協会

 
 
   
 
異文化間教育学会
 
   
 
人材育成学会
 
   
 
教育システム情報学会
 
   
 
日本教育工学会
 
   
 
日本語教育学会

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許

 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)