言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 長尾 芳大
 

長尾 芳大

 
アバター
研究者氏名長尾 芳大
 
ナガオ ヨシヒロ
URL
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名助教
学位学士(薬学)(名城大学), 博士(薬学)(静岡県立大学)
J-Global ID201801004123617200

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生物有機化学 / 
  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学 / 
  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学 / 

論文

 
 
Yoshihiro Nagao   Tatsunari Hisanaga   Takahiro Utsumi   Hiromichi Egami   Yuji Kawato   Yoshitaka Hamashima   
The journal of Organic Chemistry   83(13) 7290-7295   2018年2月   [査読有り]
 
Takeo Sakai   Yoshihiro Nagao   Yuki Nakamura   Yuji Mori   
ACS Omega   2(11) 8543-8549   2017年11月   [査読有り]
 
Yoshihiro Nagao   Tatsunari Hisanaga   Hiromichi Egami   Yuji Kawato   Yoshitaka Hamashima   
CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23(66) 16758-16762   2017年11月   [査読有り]
We report the first desymmetrization of bisallylic amides by enantioselective bromocyclization with BINAP monoxide as a catalyst Depending upon the substitution pattern of the alkene moieties, densely functionalized, optically active oxazoline or ...
 
Yuji Kawato   Hiromi Ono   Akino Kubota   Yoshihiro Nagao   Naoki Morita   Hiromichi Egami   Yoshitaka Hamashima   
Chemistry – A European Journal   22(6) 2127-2133   2016年2月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
 
不斉ハロ環化反応を用いた対称アリルアミドの非対称化反応
長尾芳大   久永達成   江上寛通   川戸勇士   濱島義隆   
第112回有機合成シンポジウム2017年【秋】   2017年12月   
 
BINAP モノオキシド触媒を用いたアリルアミド類の不斉ブロモ環化反応
長尾芳大   久永達成   江上寛通   川戸勇士   濱島義隆   
第43回反応と合成の進歩シンポジウム   2017年11月   
 
Desymmetrization of Bisallylic Amides through Catalytic Enantioselective Bromocyclization with BINAP Monoxide
第8回ハロゲン化学国際会議 HALCHEM VIII   2017年9月   
 
Desymmetrization of Bisallylic Amides through Catalytic Enantioselective Bromocyclization with BINAP Monoxide
2017年7月   
 
ビスホスフィンモノオキシド触媒を用いた不斉ブロモ環化反応
長尾芳大   久永達成   江上寛通   川戸勇士   濱島義隆   
第47回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会   2016年11月   

所属学協会

 
 
   
 
日本薬学会