言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 渡邊 紀文
 

渡邊 紀文

 
アバター
研究者氏名渡邊 紀文
所属武蔵野大学
部署データサイエンス学部
職名准教授
学位政策・メディア(慶應義塾大学)

プロフィール

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了.玉川大学脳科学研究所嘱託研究員を経て,東京工科大学コンピュータサイエンス学部助教,産業技術大学院大学産業技術研究科情報アーキテクチャ専攻助教,武蔵野大学データサイエンス学部・教育部会准教授.博士(政策・メディア).<br />
専門は知覚情報処理,神経情報処理,認知科学.視覚情報処理に関係する神経細胞のモデル化と,計算機によるシミュレーション,また近年応用研究として人間の意図を推定し,行動を支援するインタフェースの開発,更に知能を持ったロボットの実現を目指したロボカップへも出場している.

論文

 
Motokazu Moritani, Norifumi Watanabe, Junya Imani, Kota Itoda, Hiroyuki Aoyama, Yoshiyasu Takefuji
IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2018, Miyazaki, Japan, October 7-10, 2018   2382-2387   2018年   [査読有り]
渡邊 紀文, 守谷 元一, 宮本 賢良, 糸田 孝太, 今仁 順也
産業技術大学院大学紀要   (12) 101-106   2018年
渡邊 紀文, 今仁 順也
ヒューマンインタフェース学会論文誌   19(4) 311-318   2017年2月
We have implemented the personal mobility performing semiautonomous control by estimating the avoidance direction of pedestrian and the avoidance judgment timing of passenger. In the space of pedestrian and personal mobility coexist, it is possibl...
Kota Itoda, Norifumi Watanabe, Yoshiyasu Takefuji
Artificial General Intelligence - 10th International Conference, AGI 2017, Melbourne, VIC, Australia, August 15-18, 2017, Proceedings   10414 249-258   2017年   [査読有り]
渡邊 紀文, 守谷 元一, 宮本 賢良, 糸田 孝太, 今仁 順也
産業技術大学院大学紀要   (11) 103-108   2017年

MISC

 
渡邊 紀文, 上地 泰彰, 守谷 元一
映像情報メディア学会誌 = The journal of the Institute of Image Information and Television Engineers   73(2) 330-334   2019年3月

書籍等出版物

 
大野 澄雄, 宇田 隆哉, 三橋 郁, 柴田 千尋, 荻谷 光晴, 伊東 拓, 井上 亮文, 長名 優子, 渡邊 紀文, 田所 裕康, 政倉 祐子, 加藤 秀行
コロナ社   2014年   ISBN:9784339024869
大野 澄雄, 宇田 隆哉, 三橋 郁, 柴田 千尋, 荻谷 光晴, 伊東 拓, 井上 亮文, 長名 優子, 渡邊 紀文, 田所 裕康, 政倉 祐子, 加藤 秀行
コロナ社   ISBN:9784339024876

講演・口頭発表等

 
糸田孝太, 渡邊紀文, 武藤佳恭
知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM)   2019年3月6日   
渡邊 紀文, 糸田 孝太
人工知能学会全国大会論文集   2019年   
<p>我々はこれまでに特定の目標に対して協調的な意図や行動の切り替えが必要とされる集団行動を抽象化したパターンタスクを用いた行動実験により,目標の動的な変更のタイミングと集団内で意図を調整する戦略を分析してきた.本研究ではその結果を元に「ランダム選択」「自己優先選択」「他者エージェントの目標パターンの推定」の3つの戦略を持つエージェントモデルを作成し,シミュレーションにより意思決定過程の検証を行った.</p>
中野美由紀, 柴田淳司, 渡邊紀文
情報処理学会全国大会講演論文集   2018年3月13日   
守谷元一, 渡邊紀文, 今仁順也, 宮本賢良, 糸田孝太, 青山浩之, 武藤佳恭
知能システムシンポジウム講演資料(CD-ROM)   2018年3月7日