言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 上林 憲行
 

上林 憲行

 
アバター
研究者氏名上林 憲行
 
カミバヤシ ノリユキ
所属武蔵野大学
部署データサイエンス学部 データサイエンス学科
職名教授

論文

 
中村太戯留, 田丸恵理子, 上林憲行
東京工科大学研究報告   5 3-14   2010年3月   [査読有り]
Koyama, A, Barolli, L, Okada, Y, Kamibayashi, N, Shiratori, N
International Journal of Applied Systemic Studies3(1)   16-27   2010年   [査読有り]
市村 哲, 山下 亮輔, 松本 圭介, 中村 亮太, 上林 憲行
情報処理学会論文誌   49(1) 525-533   2008年1月   [査読有り]
大規模講義ではその人数の多さゆえに,学生に十分な学習支援が困難であるという現状がある.講義と期末テストの実施で手一杯になってしまうことが多いが,学生は「演習やミニテストがあり自分の理解度を確認できる」,「講師からフィードバックが受けられる」講義を求めている.近年,IT 技術を利用して大規模講義の質の向上をめざす例が増えてきているが,ノートPC やネットワーク環境のトラブル等により,ミニテストや定期テストは紙で行わなければならないのが現状である.そこで著者らは,大規模講義を支援することを目的...
NAOHIRO.TERAMOTO, NORIYUKI KAMIBAYASHI
Proc. Of IADIS International Conference?Web Based Communities 2007      2007年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
上林 憲行, 中村 亮太, 中村 太戯留, 岡崎 博樹, 田丸 恵理子, ソニー株式会社MESHプロジェクト, プログラミング教室Swimmy (担当:監修)
オーム社   2019年   ISBN:9784274223761
大久保潤, 藤原義久, 上林憲行, 小野直亮, 湯田聴夫, 相馬亘, 佐藤一憲 (担当:分担執筆, 範囲:一章を分担。)
近代科学社   2007年12月   ISBN:9784764903463
ネットワークサイエンスをこれから学ぶ人を念頭に、この分野の最新の概要をその道の研究者が分担して執筆した。
林 幸雄, 大久保 潤, 藤原 義久, 上林 憲行, 小野 直亮, 湯田 聴夫, 相馬 亘, 佐藤 一憲 (担当:共著)
近代科学社   2007年   ISBN:9784764903463
上林 憲行
オーム社   2007年   ISBN:9784274067044
MSCO(地域自立ソフトウエア連携機構, 編 (担当:分担執筆, 範囲:1部のMSCOの目指すもの,2部のMSCOに何を望むか,を分担。)
イデア出版局   2003年5月   

講演・口頭発表等

 
村上 貴彦, 横山 誠, 中村 太戯留, 上林 憲行
情報科学技術フォーラム講演論文集   2015年8月24日   
村上 貴彦, 中村 太戯留, 上林 憲行
日本教育工学会研究報告集   2015年2月28日   
上野直哉, 岡崎博樹, 上林憲行
第76回全国大会講演論文集   2014年3月11日   
本研究では,Samuletの開発と提供を行う.Samuletとは,寺院や神社が指定するNFCタグ・QRコードを読み取ることで,電子お守りを取得するスマートフォン・タブレットのアプリケーションサービスである.電子お守りは,クラウド上に保持され,他ユーザーに送付することや寺院や神社に返還することが可能である.サービス活用により,寺院や神社をより身近に感じる体験価値を提供する.
杉山渉, 中村亮太, 上野歩, 上林憲行
第76回全国大会講演論文集   2014年3月11日   
企業の面接者が重視している評価項目は、非言語であり、その中には話し方、表情、動作などが含まれる。しかし非言語の改善方法を重視した書籍は少ない。非言語の一つ、話し方の構成要素は声の大きさ、話速、音声フィラーなどがあり、筆者はその中の話速に着目した。本研究の目的は面接時における適切な話速にする支援である。その手段として音声認識技術を用いて話速を計測し、適切かどうか判断するWebサービスを開発した。効果を明らかにするために模擬面接を2回実施し、サービスの使用前と後の自己PR間の話速をそれぞれ計測...