言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部アントレプレナーシップ学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科データサイエンス研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 赤石 樹泰
 

赤石 樹泰

 
アバター
研究者氏名赤石 樹泰
 
アカイシ タツヒロ
URLhttp://www.musashino-u.ac.jp/yakugaku/yakuri/m-yakuri-home.html
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名講師
学位学士(日本大学), 修士(日本大学大学院), 博士(日本大学大学院)
J-Global ID200901004174977023

研究キーワード

 
薬理学一般 ,生理学一般 ,神経化学・神経薬理学 ,神経科学一般 ,生物系薬学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 薬理学 / 

経歴

 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学研究所 薬理学研究室 講師   
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 講師   
 
2007年5月
 - 
2009年3月
武蔵野大学 薬学部・薬学研究所 薬理学研究室 助教   
 
2004年4月
 - 
2007年4月
武蔵野大学 薬学部・薬学研究所 薬理学研究室 助手   
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2004年3月
日本大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 博士後期課程(博士課程)
 
2000年4月
 - 
2001年3月
東京大学 医学部附属病院薬剤部 研修生 
 
1998年4月
 - 
2000年3月
日本大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 博士前期課程(修士課程)
 
 
 - 
1998年3月
日本大学 薬学部 生物薬学科
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部  国家試験対策委員会
 
2020年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部  学修活動支援委員会 委員
 
2020年2月
 - 
現在
公益社団法人 日本薬学会  関東支部 執行部(若手シンポジウム実行委員長)
 
2011年4月
 - 
現在
日本薬理学会  学術評議委員
 
2005年1月
 - 
現在
日本神経科学学会  会員
 

論文

 
 
Tatsuhiro Akaishi   Shohei Yamamoto   Kazuho Abe   
Biological & pharmaceutical bulletin   43(1) 138-144   2020年   [査読有り]
We have recently found that the synthetic curcumin derivative CNB-001 suppresses lipopolysaccharide (LPS)-induced nitric oxide (NO) production in cultured microglia, demonstrating that it exerts anti-neuroinflammatory effects by regulating microgl...
 
 
He WB   Abe K   Akaishi T   
Journal of pharmacological sciences   136(1) 42-45   2018年1月   [査読有り]
 
赤石樹泰   
日薬理誌   143(5) 260-261   2014年5月   [査読有り][招待有り]
 
Hiroko Ushikubo   Yui Tanimoto   Kazuho Abe   Tomohiro Asakawa   Toshiyuki Kan   Tatsuhiro Akaishi   
BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   37(5) 748-754   2014年5月   [査読有り]
Amyloid beta protein (A beta) self-assembles into insoluble fibrils, and forms the senile plaques associated with Alzheimer's disease. 3,3',4',5'-Tetrahydroxyflavone, a synthetic analogue of the natural flavonoid fisetin, has been found to potentl...

MISC

 
 
Tatsuhiro Akaishi   Pamela Maher   David Schubert   Kazuho Abe   
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   124 212P-212P   2014年   
 
Takuro Ueki   Tatsuhiro Akaishi   Hedenobu Okumura   Kazuho Abe   
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   118 217P-217P   2012年   
 
Hiroko Ushikubo   Yui Tanimoto   Tatsuhiro Akaishi   Tomohiro Asakawa   Toshiyuki Kan   Kazuho Abe   
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   118 145P-145P   2012年   [査読有り]
 
Tatsuhiro Akaishi   Maya Kashima   Kiyomi Ogawa   Tomohiro Asakawa   Toshiyuki Kan   Kazuho Abe   
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   118 229P-229P   2012年   [査読有り]
 
Hiroko Ushikubo   Tatsuhiro Akaishi   Tomohiro Asakawa   Toshiyuki Kan   Kazuho Abe   
JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   115 241P-241P   2011年   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
赤石 樹泰(担当:分担執筆, 範囲:薬理学(必須問題 問26~40、理論問題 問151~162、複合問題 問247、249、250、253、255、257、259、261、263、264))
評言社   2020年5月   
 
赤石 樹泰(担当:分担執筆, 範囲:薬理学全範囲)
評言社   2019年5月      
 
赤石 樹泰(担当:分担執筆, 範囲:薬理学全範囲)
評言社   2018年5月      
 
赤石 樹泰(担当:分担執筆, 範囲:薬理学全範囲)
評言社   2017年5月      
 
赤石 樹泰(担当:分担執筆, 範囲:薬理学全範囲)
評言社   2016年5月      

講演・口頭発表等

 
 
クルクミン誘導体CNB-001はミクログリアのトロンビン誘発ERKおよびp38 MAPキナーゼリン酸化を抑制する
山本 昇平   赤石 樹泰   Schubert David   阿部 和穂   
第64回 日本薬学会 関東支部大会   2020年9月19日   
 
初代培養ミクログリアのトロンビン誘発MAPキナーゼリン酸化に対するクルクミン誘導体CNB-001の効果
山本昇平、赤石樹泰、Schubert, David、阿部和穂   
第93回日本薬理学会年会   2020年3月18日   
 
クルクミン誘導体CNB-001はCa2+/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼの活性化を介してアストロサイト星状化を誘導する
山本昇平   赤石樹泰   Schubert, David   阿部和穂   
2019年3月14日   
 
クルクミン誘導体CNB-001は初代培養ミクログリア細胞のトロンビン誘発NO産生を抑制する
赤石樹泰   山本昇平   Schubert, David   阿部和穂   
第92回日本薬理学会年会   2019年3月14日   
 
クルクミン誘導体CNB-001はミクログリアのリポ多糖誘発STAT-1リン酸およびIRF-1発現を抑制する
赤石樹泰   鵜澤勇気   永島瞳   小野あかり   武内彩香   Schubert, David   阿部和穂   
第90回日本薬理学会年会   2017年3月15日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
生命科学と人間<生命の仕組み> (武蔵野大学)
 
   
 
研究者養成コース薬学研究 (武蔵野大学)
 
   
 
卒業研究2 (武蔵野大学)
 
   
 
薬学総合演習1 (武蔵野大学)
 
   
 
卒業研究1 (武蔵野大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本神経科学学会
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
日本薬理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2016年10月 - 2017年9月
 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
 
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月

その他

 
 
2008年10月 - 2008年10月