言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 室井 正志
 

室井 正志

 
アバター
研究者氏名室井 正志
 
ムロイ マサシ
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位博士(国立富山医科薬科大学)

研究キーワード

 
感染免疫 , 分子生物学 , 受容体・細胞内シグナル伝達

研究分野

 
  • 薬学 / 医療系薬学 / 

経歴

 
1991年4月
 - 
1995年2月
University of Kansas Medical Center
 
1995年2月
 - 
1998年3月
National Cancer Institute Frederick and Development Center ABL-Basic Research
 
1998年4月
 - 
1999年6月
国立医薬品食品衛生研究所 主任研究官
 
1999年7月
 - 
2009年3月
国立医薬品食品衛生研究所 室長
 
2009年4月
 - 
2019年3月
武蔵野大学 薬学部薬学科 准教授
 
2019年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部薬学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年9月
国立富山医科薬科大学  薬理学専攻
 

委員歴

 
2017年7月
 - 
現在
日本エンドトキシン・自然免疫研究会  代議員
 
2017年7月
 - 
現在
内毒素・LPS研究会  内毒素・LPS研究会
 
2006年1月
 - 
2008年12月
日本細菌学会  評議委員
 
2013年
   
 
薬学教育協議会・衛生薬学担当教員会議委員
 
2015年2月
 - 
現在
日本薬学会代議員
 

受賞

 
1990年
日本薬学会北陸支部会奨励賞受賞
 

論文

 
IRF1 supports DNA binding of STAT1 by promoting its phosphorylation.
室井 正志
Immunol. Cell. Biol.   doi: 10.1111/imcb.12185    2018年   [査読有り]
Muroi M, Tanamoto K.
Toxicol. Lett.,   235 199-205   2015年   [査読有り]
Kitajima T., Muroi M., Yamashita N., and Tanamoto K.
Biol. Pharm. Bull.   37 74-80   2014年   [査読有り]
Shah N., de Oca M.M., Jover-Cobos M., Tanamoto K., Muroi M., Sugiyama K., Davies N.A., Mookerjee R.P., Dhar D.K., Jalan R.
Liver Transpl.   19 751-761   2013年   [査読有り]
Ogura N., Muroi M., Sugiura Y.and Tanamoto K.
Pathogens and Disease   67 199-205   2013年   [査読有り]
Muroi M., Shima K., Igarashi M., Nakagawa Y., and Tanamoto K.
Biol. Pharm. Bull.   35 1841-1845   2012年   [査読有り]
Yoshida, T., Yoshioka, Y., Fujimura, M., Kayamuro, H., Yamashita, K., Higashisaka, K., Nakanishi, R., Morishita, Y., Nabeshi, H., Yamashita, T., Muroi, M., Tanamoto, K., Nagano, K., Abe, Y., Kamada, H., Kawai, Y., Mayumi, T., Itoh, N., Yoshikawa, T., Tsunoda, S., Tsutsumi, Y.
Biol. Pharm. Bull.   33 780-783   2010年   [査読有り]
Ohnishi T., Muroi M., Tanamoto K.
Microbiol. Immunol.   54 74-80   2010年   [査読有り]
Sugiyama K., Muroi M., Tanamoto K., Nishijima M., Sugita-Konishi Y.
Toxicol Lett.   192 150-4   2010年   [査読有り]
Shioiri T., Muroi M., Hatao F., Nishida M., Ogawa T., Mimura Y., Seto Y., Kaminishi M., Tanamoto K.
Biochim. Biophys. Acta   1792 1011-1018   2009年   [査読有り]
Muroi M, Tanamoto K.
J. Leuk. Biol.   83 702-707   2008年   [査読有り]
Hatao F., Yamamoto M., Muroi M., Kaminishi M., Tanamoto K.
FEMS Immunol. Med. Microbiol.   53 260-264   2008年   [査読有り]
Ohnishi T., Yoshida T., Igarashi A., Muroi M., Tanamoto K.
FEMS Immunol. Med. Microbiol.   52 293-295   2008年   [査読有り]
Sugiyama K., Muroi M., Tanamoto K.
Eur. J. Pharmacol.   594 152-156   2008年   [査読有り]
Ohnishi T., Muroi M., Tanamoto K.
FEMS Immunol. Med. Microbiol.   51 84-91   2007年   [査読有り]
Yokota S., Ohnishi T., Muroi M., Tanamoto K., Fujii N., Amano K.
FEMS Immunol. Med. Microbiol.   51 140-148   2007年   [査読有り]
Shimomura-Shimizu M, Sugiyama K, Muroi M, Tanamoto K.
Biochem. Biophys. Res. Commun   332 793-799   2006年   [査読有り]

Misc

 
日本薬局方指定菌株の特性と保存管理法に関する研究III
Tanamoto K., Muroi M., Igarashi M., Shima K., Nakagawa Y., Fujiwake H.:
医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス   41 890-894   2010年
日本薬局方指定菌株の特性と保存管理法に関する研究
Tanamoto K., Muroi M., Nakagawa Y., Shima K., Ichimura K.
Pharm. Regul. Sci.   40 520-524   2009年
日本薬局方で使用が指定されている菌株の継代・培地等の差による特性の変化を検討した。
日本薬局方指定菌株の特性と保存管理法に関する研究
Tanamoto K., Muroi M., Nakagawa Y., Shima K., Ichimura K.
Pharm. Regul. Sci.   39 309-312   2008年
日本薬局方で使用が指定されている菌株の特性と保存管理法を検討した。
Muroi M, Tanamoto K.
J. Biol. Chem.   281 5484-91   2006年   [査読有り]
Igarashi A., Ohtsu S., Muroi M., Tanamoto K.
Biol. Pharm. Bull.   29 2120-2122   2006年   [査読有り]
Hatao F, Hiki N, Mimura Y, Ogawa T, Kojima J, Mafune K, Hawkins LD, Muroi M, Tanamoto K, Kaminishi M.
Shock   23 365-370   2005年   [査読有り]
Hatao, F., Muroi, M., Hiki, N., Ogawa, T., Mimura, Y., Kaminishi, M., and Tanamoto, K.
J. Leuk. Biol.   76 904-908   2004年   [査読有り]
Hong C.C., Shimomura S.-S., Muroi M., and Tanamoto, K.
Biol. Pharm. Bull.   27 1136-1139   2004年   [査読有り]
マウスマクロファージにおけるリポポリサッカライド誘導性のTNF-αおよび一酸化窒素産生に対する内分泌かく乱化学物質の効果を検討した。
Sakai,A., Kikuchi,Y., Muroi,M., Masui,T., Furihata,C., Uchida,E., Takatori,K., Tanamoto,K.
Biol. Pharm. Bull.   26 347-351   2003年   [査読有り]
Fujihara, M., Muroi, M., Tanamoto, K., Suzuki, T., Azuma, H., Ikeda, H.
Pharmacol. Therapeut   100 171-194   2003年
Ohnishi T., Muroi M., and Tanamoto K.
Clin. Diagn. Lab. Immunol.   10 405-410   2003年   [査読有り]
Muroi M., Ohnishi T., and Tanamoto K.
Infect. Immun.   71 3221-3226   2003年   [査読有り]
Muroi, M., Ohnishi, T., and Tanamoto, K.
J. Biol. Chem.   277 42372-42379   2002年   [査読有り]
Muroi, M., Ohnishi, T., and Tanamoto, K.
Infect. Immun.   70 3546-3550   2002年   [査読有り]
N-linked glycosylations at Asn26 and Asn114 of human MD-2 are required for Toll-like receptor 4-mediated activation of NF-kB by lipopolysaccharide.
Ohnishi, T., Muroi, M., and Tanamoto, K.
J. Immunol.   167 3354-3359   2001年   [査読有り]
Lipopolysaccharide-triggered desensitization of TNF-αmRNA expression involves lack of phosphorylation of IkBα in a murine macrophage-like cell line, P388D1.
Fujihara, M., Wakamoto S., Ito T., Muroi M., Suzuki T., Ikeda H., and Ikebuchi K.
J. Leukoc. Biol.   68 267-276   2000年   [査読有り]
マウスマクロファージ細胞においてリポポリサッカライドによりTNF-α 遺伝子発現が脱抑制されてしまうことにはIkBαのリン酸化が起きないことが起因していることを見出した。
Both basal and enhancer kB elements are required for full induction of the mouse inducible nitric oxide synthase gene.
Murphy W. J., Muroi M Zhang C.X., Suzuki T., and Russell S.W.
J. Endotoxin Res.   3 381-393   2000年   [査読有り]
Effects of protease inhibitors on LPS-mediated activation of a mouse macrophage cell line (J774).
Muroi M., Muroi Y., Ito N., Rice N.R., and Suzuki T
J. Endotoxin Res.   2 337-347   1995年   [査読有り]
Kimura M., Kimura I., Muroi M., Nojima H., and Diwan P. V.
Biol. Pharm. Bull.   18 691-695   1995年   [査読有り]
Kimura M., Kimura I., Muroi M., Tanaka K., Nojima H., Uwano T., and Koizumi T.
Biol. Pharm. Bull.   17 1224-1231   1994年   [査読有り]
The binding of immobilized IgG2a to Fcγ2a receptor activates NF-kB via reactive oxygen intermediates and TNF-α.
Muroi M., Muroi Y., and Suzuki T.
J. Biol. Chem.   269 30561-30568   1994年   [査読有り]
非動化IgG2aがFcγ2a受容体を介してNF-kBを活性化するのはTNF-αと活性酸素中間体の両者の相乗作用によることを見出した。
Muroi M., and Suzuki T.
Cellular Signalling.   5 289-298   1993年   [査読有り]
Mechanism of lipopolysaccharide-triggered junB activation in a mouse macrophage-like cell line. (J774).
Fujihara M., Muroi M., Muroi Y., Ito N., and Suzuki T.
J. Biol. Chem.   268 14898-14905   1993年   [査読有り]
Influence of 3' half-site sequence of NF-kB motifs on the binding of lipopolysaccharide-activatable macrophage NF-kB proteins.
Muroi M., Muroi Y., Yamamoto K., and Suzuki T.
J. Biol. Chem.   268 19534-19539   1993年   [査読有り]
Different modes of blockade by p-phenylene-polymethylene bis-ammonium compounds of the nicotinic acetylcholine receptor channel in skeletal muscle cells of mice.
Nojima H., Kimura I., Muroi M., and Kimura M.
J. Pharm. Pharmacol.   45 309-314   1993年   [査読有り]
Indirect inhibitory effect of succinylcholine on acetylcholine-activated channel activities and its modulation by external Ca2+ in mouse skeletal muscles.
Nojima H., Muroi M., Kimura I., and Kimura M.
Br. J. Pharmacol.   105 23-26   1992年   [査読有り]
Different modes of potentiation by β-eudesmol, a main compound from Atractylodes lancea, depending on neuromuscular blocking actions of p-phenylene polymethylene bis-ammonium derivatives in isolated phrenic nerve-diaphragm muscles of normal
Kimura M., Kimura I., Muroi M., Tanaka K., Nojima H., and Uwano T.
Jpn. J. Pharmacol.   60 19-24   1992年   [査読有り]
正常および糖尿病マウスにおけるフェニレンポリメチレンビスアンモニウム化合物の神経筋遮断作用に対する蒼朮成分 β-ユーデスモールの異なる増強作用について解析した。
Kimura M., Nojima H., Muroi M., and Kimura I.
Neuropharmacol.   30 835-841   1991年   [査読有り]
マウス骨格筋のアセチルコリン受容体チャネルにおける β-ユーデスモールの阻害作用機序について解析した。
Muroi M., Kimura I., and Kimura M.
Neuropharmacol..   29 567-572   1990年   [査読有り]
Muroi M., Tanaka K., Kimura I., and Kimura M.
Jpn. J. Pharmacol.   50 69-71   1989年   [査読有り]
生薬「蒼朮」の主成分 β-ユーデスモールが糖尿病マウスにおける骨格筋弛緩作用を増強することを見出した。
Kimura M., Muroi M., Kimura I., Sakai S., and Kitagawa I
Jpn. J. Pharmacol.   48 290-293   1988年   [査読有り]
Pharmacological evidence for an interaction between constituents (blend effect) of Japanese-Sino medicine 'Keishi-ka-zyutubu-to' in neuromuscular blockade in diabetic mice.
Kimura M., Kimura I., Muroi M., Yoshizaki M., and Hikino H.
Phytotherapy Res.   1 107-113   1987年   [査読有り]
Kimura M., Kimura I., Nojima H., and Muroi M.
Jpn. J. Pharmacol.   40 251-256   1986年   [査読有り]
Kimura M., Kimura I., Muroi M., Nakamura T., and Shibata S.
Jpn. J. Pharmacol.   41 263-265   1986年   [査読有り]
Kimura M., Kimura I., Takahashi K., Muroi M., Yoshizaki M., Kanaoka M., and Kitagawa I.
Jpn. J. Pharmacol.   36 275-282   1984年   [査読有り]

書籍等出版物

 
TRAF6はIRAK-1と相互作用することによりproteasome依存性に分解される
室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2009年   
Toll-like receptor 4への作用が期待される敗血症治療薬候補とリード化合物について
杉山圭一、室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2009年   
MyD88非依存性経路活性化におけるTLR4二量体形成の役割
大西貴弘、室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2009年   
MyD88およびIRAK-1によるNF-kBの活性化には異なる様式でTRAF6が関与する
室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2009年   
MyD88およびIRAK-1により誘導されるNF-kBの活性化にどのような機序でTRAF6が関与するのかを解説した。
LPS誘導性一酸化窒素産生におよぼすトリコテセン系マイコトキシンの影響
杉山圭一、室井正志、棚元憲一、小西良子 (担当:共著)
医学図書出版   2009年   
低エンドトキシン活性を示すHelicobacter pyloriリポ多糖の炎症反応惹起機構
横田伸一、大西貴弘、室井正志、藤井鴨弘、棚元憲一、天野憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2007年   
低エンドトキシン活性を示すHelicobacter pyloriリポ多糖の炎症反応惹起機構について解説した。
エンドトキシンによる血管内皮細胞のアポトーシス誘導
塩入利一、室井正志、畑尾史彦、西田正人、小川利久、三村芳和、上西紀夫、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2007年   
エンドトキシンによって誘導される血管内皮細胞のアポトーシスを解説した。
TLR4強制発現細胞による血中エンドトキシン生物活性測定の試み[Lipopolysaccharide Biological Activity Assay (LBA)]
西田正人、畑尾史彦、比企直樹、塩入利一、小川利久、三村芳和、上西紀夫、室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2007年   
TLR4強制発現細胞を用いた血中エンドトキシン活性測定法について解説した。
MD-2非発現細胞における新しいLPS認識機構
大西貴弘、室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2007年   
MD-2非発現細胞における新しいLPS認識機構について解説した。
IRAK-1過剰発現によるTRAF6蛋白のproteasome依存性の減少
室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2007年   
IRAK-1過剰発現によるTRAF6蛋白のproteasome依存性の減少機構について解説した。
Lipid Ivaのアゴニスト/アンタゴニスト活性発現を制御する分子としてのMD-2の役割
室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2006年   
Lipid Ivaのアゴニスト/アンタゴニスト活性発現を制御する分子としてのMD-2の役割について解説した。
Toll-like receptor刺激によるIRAK-4タンパクの動態
畑尾史彦、室井正志、比企直樹、小川利久、三村芳和、上西紀夫、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2005年   
Toll-like receptorの持続的刺激によるIRAK-4タンパクの分解機構について解説した。
内毒素によるマクロファージの一酸化窒素産生に対するカルバリルとアラクロールの抑制作用機序
志水美文、室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2004年   
内毒素によるマクロファージの一酸化窒素産生に対するカルバリルとアラクロールの抑制作用機序について解説した。
エンドトキシン活性に及ぼすToll-like receptor刺激薬によるcross toleranceの効果
畑尾史彦、室井正志、比企直樹、小川利久、三村芳和、上西紀夫、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2004年   
エンドトキシン活性に及ぼすToll-like receptor刺激薬によるcross toleranceの効果について解説した。
Toll-like receptorを介するNF-kBの活性化に必須なマウスCD14分子の機能的部位
室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2003年   
Toll-like receptorを介するNF-kBの活性化に必須なマウスCD14分子の機能的部位について解説した。
Toll-like receptor 4の膜発現に重要なN-グリコシル化におけるMD-2の役割
大西貴弘、室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2003年   
Toll-like receptor 4の膜発現に重要なN-グリコシル化におけるMD-2の役割について解説した。
サルモネラリピドAの動物種特異的反応の分子機構:MD-2の関与
室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2002年   
サルモネラリピドAの動物種特異的反応におけるMD-2の役割について解説した。
エンドトキシンの情報伝達におけるMD-2分子上のグリコシル化の役割
大西貴弘、室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2002年   
エンドトキシンの情報伝達におけるMD-2分子上のグリコシル化の役割について解説した。
サルモネラリピドAはヒト細胞を活性化しない
安住聡子、室井正志、棚元憲一 (担当:共著)
菜根出版   2000年   
サルモネラリピドAがマウス細胞を活性化するにもかかわらずヒト細胞を活性化しない現象について解説した。

講演・口頭発表等

 
AKT1はキナーゼ活性に依存せずTLR4シグナリング活性化を抑制する
善家孝介、室井正志、棚元憲一
日本薬学会第138年会   2018年3月   
STAT1により誘導されるIRF1はSTAT1を活性化する
室井正志、善家孝介、棚元憲一
日本薬学会第138年会   2018年3月   
AKT1によるToll-like receptorシグナリングの調節 [招待有り]
室井正志、善家孝介、棚元憲一
第100回日本細菌学会関東支部総会   2017年9月   
Toll-like receptorシグナリングに対する非活性型AKT1の抑制作用
善家孝介、室井正志、井戸貴彬、田野邊竜平、井橋佑太、棚元憲一
日本薬学会第137年会   2017年3月   
STAT1における二量体化とGASへの結合に必要なアミノ酸配列
室井正志、善家孝介、土屋光平、棚元憲一
日本薬学会第137年会   2017年3月   
Suppression of Toll-like receptor signaling by kinase-dead AKT1.
Zenke K., Muroi M., Ido T., Tanobe R., Ihashi Y., and Tanamoto K.
第90回日本細菌学会総会   2017年3月   
Role of the C-terminal region of STAT1 on its binding to the GAS element.
Muroi M., Zenke K., Tsuchiya K., and Tanamoto K.
第90回日本細菌学会総会   2017年3月   
TRAF6の分解とTRAF6を介するNF-Bの活性化に必要なIRAK-1の構造領域
室井 正志、棚元 憲一
日本薬学会第136年会   2016年3月   
TRAF6を介したシグナル伝達とシグナル抑制に必要なIRAK-1の構造領域
室井 正志、棚元 憲一
第21回日本エンドトキシン・自然免疫研究会   2015年12月   
Ziram は亜鉛および酸化作用依存的にマクロファージにおける pro-caspase-1 と NLRP3 蛋白を分解する
日本薬学会第135年会   2015年3月28日   
コナヒョウヒダニ抽出物によるNF-κBの活性化に関与するToll-like receptor の同定
北島孝明, 石黒希, 室井正志, 山下直美, 棚元憲一
日本薬学会第134年会   2014年3月28日   
IRAK-1によるTRAF6の分解に必要なIRAK-1構造領域の検討
杉浦 友香、高橋 晴也、室井 正志、棚元 憲一
日本薬学会第134年会   2014年3月28日   
Lipid A類縁体によるToll-like receptor 4のMyD88依存的・非依存的経路の活性化比較
小倉紀彦、杉浦由香、室井正志、棚元憲一
日本薬学会第133年会   2013年3月30日   
ミクログリア細胞におけるToll-like receptorの発現及び炎症性応答
林原 紀明、田村 直樹、渡辺 恵、室井 正志、畑尾史彦 瀬戸泰之 棚元 憲一
第85回日本細菌学会総会   2012年   
ダニアレルゲンの自然免疫応答に及ぼす影響
北島孝明, 室井正志, 山下直美, 棚元憲一
第85回日本細菌学会総会   2012年   
光散乱エンドトキシン測定法分析法バリデーション
杉浦 友香、廣野 泰亮、室井 正志、棚元 憲一
日本防菌防黴学会第38回年次大会   2011年   
光散乱エンドトキシン測定法における攪拌回転速度の検討
杉浦 友香、廣野 泰亮、室井 正志、棚元 憲一
日本薬学会第131年会   2011年   
マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による遺伝的近縁菌株の識別解析
室井 正志、島 圭介、中川 恭好、棚元 憲一
日本防菌防黴学会第38回年次大会   2011年   
マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法による遺伝的近縁菌株の識別解析
室井 正志、島 圭介、中川 恭好、棚元 憲一
日本薬学会第131年会   2011年   
Trichothecene mycotoxins inhibit MyD88-independent pathways of Toll-like receptors
Sugiyama, K., Kinoshita, M., Minai, Y., Muroi, M., Tanamoto, K. and Sugita-Konishi, Y
9th Joint Meeting of ICS-ISICR   2011年   
IRAK-1-mediated negative regulation of Toll-like receptor signaling.
Masashi Muroi and Ken-ichi Tanamoto
International Union of Microbiological Societies 2011 Congress   2011年   
TRAF6はIRAK-1と相互作用することによりproteasome依存性に分解される
室井正志、棚元憲一
第83回日本細菌学会総会   2010年   
Stimulation of Toll-like receptors leads to proteasome-dependent downregulation of TRAF6 through interaction with IRAK-1.
Masashi Muroi and Ken-ichi Tanamoto
Annual Meeting of The Society for Leukocyte Biology & The International Endotoxin and Innate Immunity Society   2010年   
IRAK-1によるTRAF6の分解を介したTLRシグナリングの抑制的調節
室井 正志、棚元 憲一
第16回日本エンドトキシン・自然免疫研究会   2010年   
IRAK-1により誘導されるTRAF6のproteasome依存性の分解
室井正志、棚元憲一
日本薬学会第130年会   2010年   
非病原性細菌による感染症に対する内分泌かく乱候補物質の影響評価
水谷紀子、室井正志、五十嵐ありさ、菅野慎二、鎌田洋一、小西良子、棚元憲一
第16回日本免疫毒性学会学術大会   2009年   
非結晶性ナノシリカの自然免疫抑制作用に関する検討
森重智弘、吉岡靖雄、田辺綾、堤康央、室井正志、棚元憲一、河合裕一、眞弓忠範、向洋平、岡田直貴、中川晋作
第36回日本トキシコロジー学会   2009年   
新規素材として期待されるナノマテリアルの自然免疫攪乱作用に関する検討
吉岡靖雄、田辺綾、森重智弘、姚醒蕾、渡辺光、室井正志、棚元憲一、堤康央、向洋平、岡田直貴、中川晋作
日本薬学会第129年会   2009年   
TLRシグナルに対するdeoxynivalenolの抑制機構
杉山圭一、室井正志、棚元憲一、小西良子
第82回日本生化学会大会   2009年   
可溶型MD-2およびCD14の細菌増殖抑制作用
大西貴弘,室井正志,棚元憲一
第81回日本細菌学会総会   2008年   
デオキシニバレノールのToll-like receptorシグナル伝達系に対する作用機構の解析
杉山圭一、室井正志、薬袋裕二、棚元憲一、芳賀 実、小西良子
第15回日本免疫毒性学会学術大会   2008年   
エンドトキシンによる血管内皮細胞のアポトーシス誘導と可溶性CD14, MD-2の効果
塩入利一、室井正志、大西貴弘、棚元憲一
第81回日本細菌学会総会   2008年   
エンドトキシンによる血管内皮細胞のアポトーシス誘導および可溶性CD14, MD-2の効果について
塩入利一、室井正志、畑尾史彦、西田正人、小川利久、三村芳和、棚元憲一、上西紀夫
日本外科代謝栄養学会 第45回学術集会   2008年   
TRAF6はMyD88およびIRAK-1によるNF-kBの活性化に異なる様式で関与する
室井 正志、棚元 憲一
第81回日本細菌学会総会   2008年   
TRAF6 distinctively mediates MyD88- and IRAK-1-induced activation of NF-kB.
Masashi Muroi, Takahiro Ohnishi and Ken-ichi Tanamoto
10th Biennial Meeting of the International Endotoxin and Innate Immunity Society   2008年   
Toll-like receptorシグナリングに及ぼすデオキシニバレノールの影響、(2008, 3)
杉山 圭一、濱田 理、室井 正志、薬袋 裕二、棚元 憲一、芳賀 実、小西 良子
日本農芸化学会2008年度大会   2008年   
TLR4/MD-2/CD14定常発現細胞を用いたTLR4刺激能測定による, グラム陰性菌への抗生剤投与後のLPS生物活性の評価
西田正人、畑尾史彦、比企直樹、小川利久、三村芳和、塩入利一、室井正志、棚元憲一、上西紀夫
日本外科代謝栄養学会 第45回学術集会   2008年   
New assay for biologically active of lipopolysaccharide using NF-kB activity in Toll-like receptor (TLR) 4/MD-2/CD14-transfected HEK293 cells.
Nishida M., Hatao F., Hiki N., Ogawa T., Mimura Y., Seto Y. Muroi M., and Tanamoto K.
10th Biennial Meeting of the International Endotoxin and Innate Immunity Society   2008年   
LPS刺激はTRIFをTLR4から解離させる
大西貴弘、室井正志、棚元憲一
第82回日本細菌学会総会   2008年   
IRAK-1との相互作用によるTRAF6のproteasome依存性の分解
室井正志、棚元憲一
第82回日本細菌学会総会   2008年   
Effect of deoxynivalenol on LPS signaling in macrophage.
Kei-ichi Sugiyama, Masashi Muroi, Ken-ichi Tanamoto, Motohiro Nishijima, Yoshiko Sugita-Konishi
The Society of Toxicology Annual Meeting   2008年   
Effect of deoxynivalenol and nivalenol on LPS-induced nitric oxide production by mouse macrophages.
Kei-ichi Sugiyama1, Masashi Muroi, Ken-ichi Tanamoto, Motohiro Nishijima, Yoshiko Sugita-Konishi
10th Biennial Meeting of the International Endotoxin and Innate Immunity Society   2008年   
Dimerization of intracellular domain of TLR4 is not required for the activation of MyD88-independent signaling pathway.
Takahiro Ohnishi, Masashi Muroi, Ken-ichi Tanamoto
10th Biennial Meeting of the International Endotoxin and Innate Immunity Society   2008年   
血管内皮細胞のアポトーシスに及ぼすエンドトキシンの影響
塩入利一、室井正志、棚元憲一
第80回日本細菌学会総会   2007年   
血管内皮細胞およびマクロファージ細胞におけるエンドトキシン誘発性アポトーシス
塩入利一,畑尾史彦,西田正人,上西紀夫,小川利久,三村芳和,室井正志,棚元憲一
第13回日本エンドトキシン研究会   2007年   
血管内皮細胞およびマクロファージ細胞におけるエンドトキシン誘発性アポトーシス
塩入利一、室井正志、畑尾史彦、西田正人、小川利久、三村芳和、棚元憲一、上西紀夫
第44回日本外科代謝栄養学会   2007年   
TLR4をターゲット分子としたLPSシグナル阻害ペプチドの諸性質について
杉山 圭一、室井 正志、棚元 憲一
第13回日本エンドトキシン研究会   2007年   
TLR4/MD-2/CD14定常発現細胞を用いた動物循環血液中のendotoxin生物活性の測定
西田正人、畑尾史彦、塩入利一、上西紀夫、小川利久、比企直樹、三村芳和、室井正志、棚元憲一
第13回日本エンドトキシン研究会   2007年   
TLR4/MD-2/CD14定常発現細胞を用いた動物循環血液中のendotoxin生物活性の測定
西田正人、畑尾史彦、比企直樹、小川利久、三村芳和、塩入利一、室井正志、棚元憲一、上西紀夫
第44回日本外科代謝栄養学会   2007年   
MyD88非依存性経路におけるTLR4細胞内領域の会合の重要性についての解析
大西貴弘,室井正志,棚元憲一
第80回日本細菌学会総会   2007年   
MyD88およびIRAK-1によるNF-kBの活性化には異なる様式でTRAF6が関与する
室井 正志、棚元 憲一
第13回日本エンドトキシン研究会   2007年   
動物実験モデルの循環血液中endotoxin生物活性の測定
西田 正人、畑尾 史彦、比企 直樹、室井 正志、塩入 利一、小川 利久、三村 芳和、棚元 憲一、上西 紀夫
第43回日本外科代謝栄養学会   2006年   
エンドトキシンによる血管内皮細胞のアポトーシスに関する検討
塩入利一、室井正志、畑尾史彦、西田正人、小川利久、三村芳和、棚元憲一、上西紀夫:
第12回日本エンドトキシン研究会   2006年   
エンドトキシンによる血管内皮細胞のアポトーシスに関する検討
塩入利一、室井正志、畑尾史彦、西田正人、小川利久、三村芳和、棚元憲一、上西紀夫
第43回日本外科代謝栄養学会   2006年   
TLR4強制発現細胞による血中endotoxin生物活性測定の試み
西田正人、畑尾史彦、小川利久、三村芳和、上西紀夫、比企直樹、室井正志、棚元憲一
第12回日本エンドトキシン研究会   2006年   
TLR4をターゲットとしたLPSシグナル阻害作用ペプチドの探索
杉山圭一,室井正志,棚元憲一
第79回日本細菌学会総会   2006年   
Overexpression of IRAK-1 leads to proteasome-dependent downregulation of TRAF6.
Muroi M., and Tanamoto K.
Joint Meeting of the Society for Leukocyte Biology and the International Endotoxin and Innate Immunity Society   2006年   
Novel lipopolysaccharide-recognition mechanism in cells expressing TLR4 and CD14 but lacking MD-2.
Ohnishi T., Igarashi A., Muroi M., and Tanamoto K.
Joint Meeting of the Society for Leukocyte Biology and the International Endotoxin and Innate Immunity Society   2006年   
New approach for analyzing biological activity of lipopolysaccharide in blood.
Nishida M., Hatao F., Hiki N., Ogawa T., Mimura Y., Kaminishi M. Muroi M., and Tanamoto K.
Joint Meeting of the Society for Leukocyte Biology and the International Endotoxin and Innate Immunity Society   2006年   
MD-2非発現細胞における新しいLPS認識機構
大西貴弘,室井正志,棚元憲一
第12回日本エンドトキシン研究会   2006年   
MD-2非発現細胞におけるLPS認識機構の解析
大西貴弘,室井正志,棚元憲一
第79回日本細菌学会総会   2006年   
Lipid IVaのアゴニスト/アンタゴニスト変換を支配するMD-2の分子領域の役割
室井正志,棚元憲一
第79回日本細菌学会総会   2006年   
Isolation of peptides that inhibit lipopolisaccharide signaling using Toll-like receptor 4-baited yeast two-hybrid screening.
Sugiyama K., Muroi M., and Tanamoto K.
Joint Meeting of the Society for Leukocyte Biology and the International Endotoxin and Innate Immunity Society   2006年   
IRAK-1過剰発現によるTRAF6蛋白のproteasome依存性の減少
室井正志,棚元憲一
第12回日本エンドトキシン研究会   2006年   
IRAK-1によるTRAF6蛋白のproteasomeに依存した減少
室井正志,棚元憲一:
第80回日本細菌学会総会   2006年   
Endotoxin-induced endothelial and macrophage cells apoptosis.
Shioiri T., Muroi M., Hatao F., Nishida M., Ogawa T., Mimura Y., Tanamoto K., and Kaminishi M.
Joint Meeting of the Society for Leukocyte Biology and the International Endotoxin and Innate Immunity SocietyJ   2006年   
Effects of possible endocrine disrupting chemicals on Toll-like receptor 2 and 4 signaling.
Igarashi A., Muroi M., and Tanamoto K.
Joint Meeting of the Society for Leukocyte Biology and the International Endotoxin and Innate Immunity Society   2006年   
Helicobacter pyloriリポ多糖刺激による炎症性サイトカイン誘導能
天野憲一、横田伸一、藤井鴨弘、大西貴弘,室井正志,棚元憲一
第12回日本エンドトキシン研究会   2006年   
Helicobacter pylori lipopolysaccharides, which have low endotoxic activity, upregulate Toll-like receptor 4 expression and enhance inflammatory reaction induced by other bacterial lipopolysaccharide.
Yokota S., Amano K., Ohnishi T., Okabayashi T., Yokosawa N., Muroi M., Tanamoto K. and Fujii N.
The 26th International Symposium of Sapporo Cancer Seminar   2006年   
Toll-like receptor刺激によるIRAK-4のdown regulationの機構解析
畑尾史彦,室井正志,棚元憲一
第78回日本細菌学会総会   2005年   
TLR4細胞内領域の会合はMyD88との結合に必要である
大西貴弘,室井正志,棚元憲一
第78回日本細菌学会総会   2005年   
Lipid IVaのアンタゴニスト作用発現に必要なヒトMD-2分子領域の探索
室井正志,棚元憲一
第78回日本細菌学会総会   2005年   
Lipid IVaのアゴニスト/アンタゴニスト活性を支配するMD-2の分子領域
室井正志,棚元憲一
第11回日本エンドトキシン研究会   2005年   
2種類の農薬アラクロールとカルバリルのTLR4シグナル伝達に与える影響
杉山圭一,室井正志,棚元憲一
第78回日本細菌学会総会   2005年   
内毒素によるマクロファージの一酸化窒素産生を抑制する2種の外因性内分泌かく乱化学物質の作用機序
志水美文、室井正志、棚元憲一
第77回日本細菌学会総会   2004年   
ヒトとマウスの誘導型NO合成酵素遺伝子のエンドトキシン応答性の解析
杉山圭一、室井正志、棚元憲一
第77回日本細菌学会総会   2004年   
エンドトキシン活性に及ぼすToll like receptor 刺激薬によるcross toleranceの効果
畑尾史彦、比企直樹、小川利久、三村芳和、上西紀夫、棚元憲一、室井正志
第104回日本外科学会定期学術集会   2004年   
Toll-like receptor刺激によるIRAK-4のdown regulation
畑尾史彦、室井正志、比企直樹、上西紀夫、三村芳和、棚元憲一
第10回日本エンドトキシン研究会、京都   2004年   
Toll-like receptor刺激によるIRAK-1およびIRAK-4のdown regulation
畑尾史彦、室井正志、棚元憲一
第77回日本細菌学会総会、大阪   2004年   
Toll-like receptor 4の情報伝達における可溶性MD-2の性状解析
大西貴弘、室井正志、棚元憲一
第77回日本細菌学会総会、大阪   2004年   
Serum factor other than LBP is necessary for soluble MD-2 to gain its function as part of the LPS receptor.
Ohnishi T., Muroi M., Tanamoto K.
8th Biennial Conference of the International Endotoxin Society, Kyoto   2004年   
Prolonged Toll-like receptor stimulation leads to down-regulation of IRAK-4 protein.
Hatao F., Muroi M., Hiki N., Ogawa T., Mimura Y., Kaminishi M, Tanamoto K.
8th Biennial Conference of the International Endotoxin Society, Kyoto   2004年   
Differential regulation of human and murine iNOS expression in response to lipopolysaccharide.
Sugiyama K., Muroi M., Tanamoto K.
8th Biennial Conference of the International Endotoxin Society, Kyoto   2004年   
CD14またはCD14/TLR4/MD-2複合体に対するlipopolysaccharideの結合様式
室井正志、棚元憲一
第77回日本細菌学会総会   2004年   
A region of human MD-2 required for the antagonistic activity of lipid IVa.
Muroi M., Tanamoto K.
8th Biennial Conference of the International Endotoxin Society, Kyoto   2004年   
内毒素によるマクロファージの一酸化窒素産生に対するアラクロールとカルバリルの抑制作用機序
志水美文、室井正志、棚元憲一
第9回日本エンドトキシン研究会   2003年   
内毒素によるマクロファージからの一酸化窒素産生に与える内分泌かく乱化学物質の作用機序
志水美文、室井正志、棚元憲一
第76回日本細菌学会総会   2003年   
エンドトキシン活性に及ぼすToll-like receptor刺激薬によるcross tolerance効果
畑尾史彦、室井正志、比企直樹、三村芳和、上西紀夫、棚元憲一
第9回日本エンドトキシン研究会   2003年   
Toll-like receptor を介するシグナル伝達に必須なマウスCD14分子の機能的部位の解析
室井正志、大西貴弘、棚元憲一
第76回日本細菌学会総会   2003年   
Toll-like receptor 4の膜発現におけるMD-2の役割
大西貴弘、室井正志、棚元憲一
第76回日本細菌学会総会   2003年   
Signal sorting by CD14 to Toll-like receptors.
Muroi, M., Ohnishi, T., and Tanamoto, K.
第76回日本生化学会大会   2003年   
LPSによるマクロファージ活性化に与える内分泌かく乱物質の影響
杉山圭一、室井正志、棚元憲一
第76回日本細菌学会総会   2003年   
内毒素によるマクロファージからの一酸化窒素産生に与える内分泌かく乱物質の影響
洪志駿、室井正志、大西貴弘、黛(安住)聡子、棚元憲一
第75回日本細菌学会総会   2002年   
大腸菌およびサルモネラ由来のLPSに含まれるTLR2刺激活性を持つLPS様物質
室井正志、大西貴弘、棚元憲一
第75回日本細菌学会総会   2002年   
サルモネラLPSのヒトTLR4活性化における糖鎖部分の関与
室井正志、棚元憲一
第75回日本細菌学会総会   2002年   
Trehalose 6, 6'-dimycolate(TDM)はTLR2 を介してシグナルを伝達する
滝本博明、若林靖貴、矢野郁也、室井正志、熊沢義雄
第75回日本細菌学会総会   2002年   
Toll-like receptorを介するNF-kBの活性化に必須なCD14分子の機能的部位の探索
室井正志、大西貴弘、棚元憲一
第8回日本エンドトキシン研究会   2002年   
Toll-like receptor 4の膜発現に重要なN-グリコシル化におけるMD-2の役割
大西貴弘、室井正志、棚元憲一
第8回日本エンドトキシン研究会   2002年   
The function of N-linked glycosylations at Asn26 and Asn114 of human MD-2 on Toll-like receptor 4-mediated signal transduction.
Ohnishi, T., Muroi, M., and Tanamoto, K
7th Conference of the International Endotoxin Society, Washington D.C.   2002年   
MD-2 is involved in species-specific actions of Salmonella lipid A.
Muroi, M., Ohnishi, T., and Tanamoto, K
7th Conference of the International Endotoxin Society, Washington D.C.   2002年   

所属学協会

 
日本薬学会 , 日本薬理学会 , 日本細菌学会 , 日本エンドトキシン研究会 , 日本薬学会

Works

 
最終滅菌法による無菌医薬品の製造に関する指針
室井正志、佐々木次雄   その他   2012年11月
無菌操作法による無菌医薬品の製造に関する指針(改訂版)
室井 正志、佐々木 次雄   その他   2011年4月

競争的資金等の研究課題

 
TRAF6の分解を利用した感染症疾患治療薬候補物質の探索に関する研究
日本学術振興会: 基盤研究(C)一般
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
医薬品の微生物学的品質確保のための試験法高度化に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
医薬品の微生物学的品質確保のための高度試験法導入に関する研究
厚生労働省: 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 棚元 憲一
エンドトキシンシグナルの強弱を調節する分子機構の解明
独立行政法人日本学術振興会: 基盤C一般
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月
エンドトキシンバイオセンサーの開発に関する研究
独立行政法人日本学術振興会: 基盤C一般
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月
医薬品の微生物学的品質確保のための新規試験法導入に関する研究
厚生労働省: 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月

特許

 
5044765 : 新規ペプチドおよびこれを用いたエンドトキシン由来疾患治療剤
杉山圭一、棚元憲一、室井正志

社会貢献活動

 
厚生労働科学研究主任研究者
【】  2009年 - 2011年
国立医薬品食品衛生研究所協力研究員
【】  2009年 - 2013年3月

資格・免許

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)