言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 室井 正志
 

室井 正志

 
アバター
研究者氏名室井 正志
 
ムロイ マサシ
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位博士(国立富山医科薬科大学)

研究キーワード

 
受容体・細胞内シグナル伝達 , 分子生物学 , 感染免疫

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部薬学科 教授
 
2009年4月
 - 
2019年3月
武蔵野大学 薬学部薬学科 准教授
 
1999年7月
 - 
2009年3月
国立医薬品食品衛生研究所 室長
 
1998年4月
 - 
1999年6月
国立医薬品食品衛生研究所 主任研究官
 
1995年2月
 - 
1998年3月
National Cancer Institute Frederick and Development Center ABL-Basic Research
 

学歴

 
 
 - 
1989年9月
国立富山医科薬科大学  
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
国立医薬品食品衛生研究所  JaCVAM資料編纂委員会(発熱性試験)委員
 
2017年7月
 - 
現在
内毒素・LPS研究会  内毒素・LPS研究会
 
2017年7月
 - 
現在
日本エンドトキシン・自然免疫研究会  代議員
 
2017年1月
 - 
現在
医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団  生物薬品標準品評価委員会委員
 
2015年2月
 - 
現在
日本薬学会代議員
 

受賞

 
1990年
日本薬学会北陸支部会奨励賞受賞
 

論文

 
Takashi Ishii, Masashi Muroi, Kazuhide Horiguchi, Ken-Ichi Tanamoto, Takahide Nagase, Naomi Yamashita
Clinical and experimental allergy : journal of the British Society for Allergy and Clinical Immunology   49(12) 1624-1632   2019年12月   [査読有り]
BACKGROUND: Type 2 innate lymphoid cells (ILC2s) are one of the sources of IL-5 and IL-13 in allergic airway inflammation. Innate immune receptors such as Toll-like receptors (TLRs) expressed on epithelial cells could contribute to ILC2 activation...
Masashi Muroi, Norihiko Ogura, Hikaru Mizumura, Jun Aketagawa, Toshio Oda, Ken-Ichi Tanamoto
Biological & pharmaceutical bulletin   42(12) 2024-2037   2019年12月   [査読有り]
Assays using lysate reagents prepared from horseshoe crab hemocyte extract (limulus amoebocyte lysate, LAL) are commonly and widely used to detect and measure endotoxin in parenteral drugs and medical devices. However, lysate reagents suffer from ...
T Ishii, Y Niikura, K Kurata, M Muroi, K Tanamoto, T Nagase, M Sakaguchi, N Yamashita
Scandinavian journal of immunology   87(3)    2018年3月   [査読有り]
House dust mites (HDMs) are a common source of allergens that trigger both allergen-specific and innate immune responses in humans. Here, we examined the effect of allergen concentration and the involvement of Toll-like receptor 4 (TLR4) in the pr...
室井 正志
Immunol. Cell. Biol.   doi: 10.1111/imcb.12185    2018年   [査読有り]

MISC

 
Muroi M, Tanamoto K
J. Biol. Chem.   281 5484-91   2006年   [査読有り]
Igarashi A, Ohtsu S, Muroi M, Tanamoto K
Biol. Pharm. Bull.   29 2120-2122   2006年   [査読有り]
Hatao F, Hiki N, Mimura Y, Ogawa T, Kojima J, Mafune K, Hawkins LD, Muroi M, Tanamoto K, Kaminishi M
Shock   23 365-370   2005年   [査読有り]
Hatao, F, Muroi, M, Hiki, N, Ogawa, T, Mimura, Y, Kaminishi, M, Tanamoto, K
J. Leuk. Biol.   76 904-908   2004年   [査読有り]
Hong C.C, Shimomura S.-S, Muroi M, Tanamoto, K
Biol. Pharm. Bull.   27 1136-1139   2004年   [査読有り]
マウスマクロファージにおけるリポポリサッカライド誘導性のTNF-αおよび一酸化窒素産生に対する内分泌かく乱化学物質の効果を検討した。

書籍等出版物

 
室井正志, 棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2009年   
杉山圭一, 室井正志, 棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2009年   
大西貴弘, 室井正志, 棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2009年   
室井正志, 棚元憲一 (担当:共著)
医学図書出版   2009年   
MyD88およびIRAK-1により誘導されるNF-kBの活性化にどのような機序でTRAF6が関与するのかを解説した。
杉山圭一, 室井正志, 棚元憲一, 小西良子 (担当:共著)
医学図書出版   2009年   

講演・口頭発表等

 
善家 孝介、竹居 芳恵 、津田 知希、相馬 柊子、室井 正志、棚元 憲一
2019年3月   
室井 正志、善家 孝介、棚元 憲一
日本薬学会第139年会   2019年3月   
善家孝介, 室井正志, 棚元憲一
日本薬学会第138年会   2018年3月   
室井正志, 善家孝介, 棚元憲一
日本薬学会第138年会   2018年3月   
室井正志, 善家孝介, 棚元憲一
第100回日本細菌学会関東支部総会   2017年9月   

所属学協会

 
日本薬学会 , 日本エンドトキシン研究会 , 日本細菌学会 , 日本薬理学会 , 日本薬学会

Works(作品等)

 
室井正志, 佐々木次雄   その他   2012年11月
室井 正志, 佐々木 次雄   その他   2011年4月

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 基盤研究(C)一般
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
厚生労働省: 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
厚生労働省: 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月
独立行政法人日本学術振興会: 基盤C一般
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月

社会貢献活動

 
【】  2009年 - 2011年

資格・免許

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)