言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 膽畑 Christine Anne
 

膽畑 Christine Anne

 
アバター
研究者氏名膽畑 Christine Anne
 
イハタ アン
所属武蔵野大学
部署グローバル学部 グローバルコミュニケーション学科
職名教授
学位M.A.(修士)(エディンバラ大学), M.A. (修士) (TESOL)(コロンビア大学大学院), Ph.D.(応用言語学)(英国バーミンガム大学大学院)
その他の所属Hitotsubashi University, Tokyo Gakugei University

研究キーワード

 
英語講読 , 第二言語習得理論 , 心理言語学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 外国語教育 / 
  • 人文・社会 / 言語学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
武蔵野大学グローバル学部 グローバルコミュニケーション学科 教授
 
2010年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院言語文化研究科 言語文化専攻 教授
 
2005年4月
 - 
現在
一橋大学 非常勤講師
 
2000年4月
 - 
現在
東京学芸大学 非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2016年3月
武蔵野大学グローバル・コミュニケーション学部 グローバル・コミュニケーション学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
2009年12月
英国ケンブリッジ大学 Judge Business School Certificate of General Management(総合経営課程) 
 
1999年10月
 - 
2008年12月
英国バーミンガム大学大学院 文芸学部 
 
1991年5月
 - 
1993年10月
コロンビア大学大学院 教育研究科 
 
1974年10月
 - 
1978年7月
エディンバラ大学 文学部 
 

論文

 
膽畑 Anne Christine
Proceedings of ROCMELIA and APAMALL 2018   16-24   2018年10月   [査読有り]
膽畑 Anne Christine, 膽畑隆明
People: International Journal of Social Sciences   3(3) 675-692   2017年12月   [査読有り][招待有り]
膽畑 Anne Christine
英語学論説資料 (論説資料保存会)   49(6) 596-601   2017年6月   [査読有り][招待有り]
KOTESOL Proceedings 2013   159-164   2014年9月   [査読有り][招待有り]
A report of tentative research to examine the question of how accurate pronunciation may affect lexical access. It considered interaction between the two factors investigated as well as their independent effects. Some evidence was found to suggest...
44(1) 617   2012年10月
Discussion of how succesful a training programme narrowly focusing on strategies specifically designed to increase the integration of information from visual images and written text were. Also, addresses the likelihood that these findings could be...

MISC

 
Global Communication Journal   (4)    2015年2月
This paper reported findings from several studies related to the connections made by EFL readers between information in various modes. Discussion then focused narrowly on the need to re-assess the role of skills and strategies training in the ligh...
Global Communication   2    2013年2月
A consideration of various tools designed to aid learning and teaching, particularly of languages, from the point of view of how likely they are to increase learning by themselves.<br />
The role of the teacher and the changing nature of this role...
Musashino Eibei Bungaku   44    2012年2月
A comparison of how various aspects of the (mainly Christian-inspired) Creation myth are illustrated in these two famous works of fantasy and science fiction.

書籍等出版物

 
Shakila Abdul Manan, Hajar Abdul Rahim (担当:共著)
Cambridge Scholars Publishing (UK)   2012年8月   
Improving EFL reading through training in integrating text and illustrations.
古家 聡 (担当:共著)
白水社   2011年12月   ISBN:9784560085820
Textbook of English conversation for adult false beginners. Contains a wealth of information on idiomatic expressions and British culture (ウィthCD)
Hiroko Tajika, Anne C. Ihata (担当:共著)
Pearson Longman Publishers   2003年2月   
板倉保, 井上寿子, 鈴木五十鈴, 末松良道, 佐々木真理, 山口弘恵, 山本證, 矢崎正夫, 佐藤晴雄, 須長桂介, 久富健, 荒木暢也, R.A.ポールソン, A.C.イハタ (担当:共著)
開文社出版   1998年3月   
平成10年 3月10日。言語習得研究の立場から、英語読解能力の効果的開発法を具体的に掲示した。同様の読解能力を持つ研究対象を2グループに分け、第1グループには言語習得研究における最新のEFL読解技術を教授し、第2グループには一切の教授を行わずに同一の読解テストを課した。(総頁数322頁中、P287~P319を担当)
創育   1998年3月   
言語習得研究の立場から、フランス語の効果的学習を示した。従来の規範的学習法に代えて、記述的学習法を用いたより即効性のある習得方法を例示した。また、統語論、意味論の立場から、日仏両語の類似点、相違点を考察し、それらが及ぼす言語文化的差異についても言及した。(和文、一部仏文)

講演・口頭発表等

 
膽畑 Anne Christine
ROCMELIA 2018   2018年6月9日   
膽畑 Anne Christine
24th International Conference on Teaching, Education & Learning (ICTEL), London, UK   2017年9月12日   GRDS/ADTEL
膽畑 Anne Christine, 膽畑隆明
24th International Conference on Teaching, Education & Learning (ICTEL), London, UK   2017年9月12日   GRDS/ADTEL
Report on research into the possible correlations between EFL learners' phonemic distinction/recognition orally and visually and vocabulary knowledge. Consideration of the relevance for their EFL reading comprehension performance. Studies conductd...
International Symposium on Culture, Arts and Literature (ISCAL) 2014   2014年9月10日   Department of Cultural Vocation Development, National Taipei University of Technology, Taiwan & International Academy Institute & International Business Academics Consortium (IBAC)
This paper summarized findings from experiments related the connections made by EFL readers between information in various modes. Special focus was on the need to re-assess the importance of skills and strategies training in the light of findings ...
KOTESOL 2103 International Conference   2013年10月13日   Korean TESOL
Former research had identified a need to better understand the link between phonemic awareness and reading comprehension skills. So, this study measured learners' vocabulary size, phonemic distinction ability, and reading comprehension ability, al...

所属学協会

 
IAWE(米国) , AAAL(米国) , IATEFL(英国) , TESOL(米国) , 大学英語教育学会(JACET)

Works(作品等)

 
その他   2014年10月
(Abstract only of the paper presented at the conference, and later published in full elsewhere)
A report of findings from studies related to connections made by EFL readers between information presented in different modes. The main point being mad...
その他   2002年9月

その他

 
2019年5月   JALT (Pansig) 2019 Kobe
2-Day conference, including workshops
Attended as a participant only

教育内容・方法の工夫