言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 山下 直美
 

山下 直美

 
アバター
研究者氏名山下 直美
 
ヤマシタ ナオミ
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位学士(東京大学), 博士(東京大学)

研究キーワード

 
病態医化学 , 薬物療法学 , 閉塞性肺疾患 , アレルギー学 , 臨床免疫学

研究分野

 
  • 基礎医学 / 病態医化学 / 
  • 内科系臨床医学 / 膠原病・アレルギー内科学 / アレルギー学
  • 内科系臨床医学 / 呼吸器内科学 / Respiratory Mediicne
  • 薬学 / 医療系薬学 / 薬物療法学

経歴

 
1982年
 - 
1984年5月
東大病院
 
1984年
   
 
東京大学 医学部物療内科
 
1987年
 - 
1990年
カリフォルニア大学ロサンゼルス校 免疫学教室
 
1991年7月
 - 
1992年9月
聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター 助手
 
1992年10月
 - 
1995年3月
聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター 講師
 
1995年4月
 - 
1998年3月
聖マリアンナ医科大学 難病治療研究センター 助教授・准教授
 
1998年4月
 - 
2005年3月
帝京大学 医学部内科 助教授・准教授
 
2004年4月
 - 
2005年3月
武蔵野大学 薬学部 客員教授
 
2005年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 教授
 
2005年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 教授
 
2008年4月
 - 
2018年3月
武蔵野大学 薬学研究所 所長
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院 薬科学研究科 教授
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授
 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学臨床薬学センター  センター長
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1982年3月
東京大学 教養学部 理科Ⅲ類
 
 
 - 
1976年3月
東京学芸大学附属高等学校  
 

委員歴

 
1992年4月
   
 
日本アレルギー学会  評議員
 
2003年7月
   
 
日本炎症・再生学会  評議員
 
2005年4月
 - 
2006年3月
日本呼吸器学会  専門医試験試験委員(平成17年度)
 
2005年4月
 - 
現在
日本アレルギー学会  代議員
 
2005年4月
 - 
2015年3月
日本アレルギー学会  専門医試験試験委員
 
2005年4月
 - 
現在
日本抗加齢学会  評議員
 
2006年3月
 - 
現在
臨床関連担当教官会議  委員
 
2007年4月
 - 
2015年3月
日本アレルギー学会  啓発活動部会委員
 
2007年4月
 - 
現在
日本食品免疫学会  研究委員会員
 

受賞

 
1993年4月
難病財団奨励賞受賞
 
1997年10月
アストラ奨励賞受賞
 
1998年4月
臨床財団奨励賞受賞
 
1999年4月
日本内科学会奨励賞受賞
 

論文

 
Activation through toll-like receptor 2 on group 2 innate lymphoid cells can induce asthmatic characteristics.
山下 直美
Clin Exp Allergy      2019年   [査読有り]
Pilot study for risk assessment of aspiration pneumonia based on oral bacteria levels and serum biomarkers
山下 直美
BMC Infect Dis   19(1) 761   2019年   [査読有り]
Age-related immune-modulating properties of seminal fluid that control the severity of asthma are gender specific.
山下 直美
Aging   11(2) 707-723   2019年   [査読有り]
T. Ishii, Y. Niikura, K. Kurata, M. Muroi, K. Tanamoto, T. Nagase, M. Sakaguchi, N. Yamashita,山下 直美
Scand J Immunol.      2018年1月   [査読有り]
M. Ujino, N. Sugimoto, Y. Koizumi, S. Ro, Y. Kojima, K.H. Asae, N. Yamashita, K. Ohta, H. Nagase,山下 直美
Allergol Int.   66S S21-S26   2017年9月   [査読有り]
IFN Regulatory Factor 3 Potentiates Emphysematous Aggravation by lypopolysaccharide.
Ishii T, Hosoki K, Nikura Y, Yamashita N, Nagase T, Yamashita N. 直美
J Immunol.   198(9) 3637-3649   2017年5月   [査読有り]
Niikura Y, Ishii T, Hosoki K, Nagase T, Yamashita N.
Biochem Biophys Res Commun.   461(4) 642-647   2016年4月   [査読有り]
Biochemical and biophysical research communications   438(1) 175-179   2013年6月   [査読有り]
Kasutani1,K, Fujii E, Ohyama S, Adachi H, Hasegawa M, Kitamura H, Yamashita N.
British J Pharmacol.   171(22) 5049-5058   2014年9月   [査読有り]
Kitajima T, Muroi M, Yamashita N, Tanamoto K
Biological & pharmaceutical bulletin   37(1) 74-80   2013年9月   [査読有り]
Masaki Kawakam,Osamu Narumoto, Yukiko Mastuo, Kazuhide Horiguchi,Satomi Horiguchi, Naohide Yamashita, Masahiro Sakaguchi,Martin Lipp, Takahide Nagase, Naomi Yamahsita
Cellular Immunology      2012年   [査読有り]
Narumoto O, Horiguchi K, Horiguchi S, Moriwaki Y, Takano-Ohmuro H, Shoji S, Misawa H, Yamashita N, Nagase T, Kawashima K, Yamashita N.
Biochem Biophys Res Commun   398(4) 713   2010年8月   [査読有り]
Tomoyuki Tano,Masato Okamoto, Shin Kan, Koh-ichi Nakashiro, Shigetaka Shimodaira, Naomi Yamashita,Yutaka Kawakami, Hiroyuki Hamakawa
Oral Oncology      2012年   [査読有り]
Yoshiura K, Nishishita T, Nakaoka T, Yamashita N.
J Exp Clin Cancer Res 2009   (28) 13-19   2009年1月   [査読有り]
Kawakami M, Matsuo Y, Yoshiura K, Nagase T, Yamashita N.
Biol Pharm Bull 2008   (31) 1434-1438   2008年4月   [査読有り]
Tano T, Okamoto M, Kan S, Bando T, Goda H, Nakashiro K, Shimodaira S, Koido S, Homma S, Fujita T, Sato M, Yamashita N, Hamakawa H, Kawakami Y.
Neoplasia   15 805-814   2013年12月   [査読有り]
Fujita S, Yamashita N, Ishii Y, Sato Y, Sato K, Eizumi K, et al.
J Allergy Clin Immunol 2008;121   (e7.) 95-104   2008年1月   [査読有り]
Tashimo H, Yamashita N, Ishida H, Nagase H, Adachi T, Nakano J,
Allergol Int 2007   (56) 241-7   2007年3月   [査読有り]
Su X, Taniuchi N, Jin E, Fujiwara M, Zhang L, Ghazizadeh M, Tashimo H, Yamashita N, Ohta K, Kawanami O.
Pathobiology   75(1) 42-56   2008年3月   [査読有り]
Yamashita N, Tashimo H, Ishida H, Matsuo Y, Tamauchi H, Terashima M, et al.
Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol. 2006   (290) L1045-51   2006年6月   [査読有り]

Misc

 
雌マウスにおける卵巣依存的なCOPD病態の増悪とオステオポンチンの誘導
461(4) 642-647   2015年4月   [査読有り]
クルクミン誘導体のアレルギー炎症および気道リモデリング抑制効果
   2012年5月   [査読有り]
Collagen racemization and deposition in the lungs of aged rats.
Kasai A, Yamashita N, Utsunomiya-Tate N.
Biochemistry Insight 2010.   (3) 25-33   2010年   [査読有り]
Horiguchi K, Yamashita N, Horiguchi S, Irie K, Masuda J, Takano-Ohmuro H, Himi T, Miyazawa M, Moriwaki Y, Okuda T, Misawa H, Ozaki H, Kawashima K.
J Neurosci Res 2009 (in press; PMID: 19396877)      2009年2月   [査読有り]
Matsuo Y, Ishihara T, Ishizaki J, Miyamoto KI, Higaki M, Yamashita N
Cell Immunol 2009   260(1) 33-38   2009年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
やさしい臨床医学テキスト 第4版
山下 直美 (担当:共著, 範囲:編集および肺の構造と機能を担当)
薬事日報社   2018年1月   
編集 分担執筆
図解 「薬害・副作用学」改訂第2版
山下 直美 (担当:共著, 範囲:薬剤性呼吸器障害)
2017年9月   
イラストレイテッド薬理学 第6版
山下 直美 (担当:単訳, 範囲:呼吸器疾患治療薬)
2016年12月   
ポケット版臨床医薬品集2016
山下 直美 (担当:共著, 範囲:呼吸器疾患治療薬)
2016年2月   
カッツング薬理学エッセンシャル
山下 直美 (担当:共訳, 範囲:呼吸器疾患治療薬)
2012年1月   
ポケット版 臨床医薬品集2009
薬事日報社   2009年2月   
分担執筆
薬剤師・薬学生のための臨床医学テキスト
薬事日報社   2007年10月   
編集、分担執筆
臨床医薬品集
薬事日報社   2007年   
平成19年度~平成21年度版 分担執筆 呼吸器用医薬品
一般医のための外来診療のヒント
診断と治療社   2006年4月   
(分担執筆)抗生物質にアレルギーがあると訴える患者が痰を伴う咳を訴えたら喘息患者がきたらを分担執筆した。
NASAIDSの使い方
中山書店   2006年4月   
(分担執筆)喘息患者に対しての使用法の注意点について分担執筆した。

講演・口頭発表等

 
ダニ誘発気管支喘息マウスモデルの時間濃度依存性とtoll-like receptor 4 の役割
石井崇史, 新倉雄一,成田知也,村上祐輔,蔵田 圭吾, 阪口雅弘,長瀬隆英, 山下直美山下 直美
第49回 日本職業・環境アレルギー学会   2018年7月21日   
自然免疫受容体TLR2を介する2型自然リンパ球の活性化と気管支喘息病態における役割
石井崇史,新倉雄一, 村上祐輔,長瀬隆英, 山下直美
第39回日本炎症・再生医学会   2018年7月11日   
自然免疫受容体TLR2により直接活性化される2型自然リンパ球は気管支喘息病態形成に関与する
石井崇、新倉雄一、村上祐輔、長瀬隆英、山下直美
日本アレルギー学会   2018年6月22日   
Toll-like Receptor 2 Directly Activates Pulmonary Type2 Innate Lymphoid Cells And Modify The Asthmatic Phenotype.
山下 直美
ATS 2018 San Diego   2018年5月20日   
IRF3はLPSによる肺気腫形成増悪、好中球機能活性化に促進的関与をする
石井崇史, 新倉雄一, 細木敬祐, 長瀬隆英, 山下直美
第58回日本呼吸器学会学術講演会   2018年4月28日   
老齢喘息モデルマウスの確立とその解析
村上樹里佳、下田恵莉奈、安斎紗和子、新倉雄一、山下直美
日本薬学会   2018年3月27日   
The direct involvement of toll-like receptor 2 in activating pulmonary type2 inn ate lymphoid cells.
T. Ishii, K. Hosoki, Y. Nikura, T. Nagase, N. Yamashita
2017年6月   
The Activation of Pulmonary Type2 Innate Lymphoid Cells Through Toll-Like Receptors
ATS   2017年5月23日   
Essential role of IRF-3 in COPD exacerbation mouse model
Takashi Ishii, Keisuke Hosoki, Yuichi Nikura, Takahide Nagase, Naomi Yamashita
ERS2016   2016年9月   
COPD病態形成におけるIRF3の役割
石井崇史, 新倉雄一, 細木敬祐, 長瀬隆英, 山下直美
第37回日本炎症・再生学会   2016年6月16日   

担当経験のある科目

 
  • 免疫学 (聖マリアンナ医科大学)
  • 呼吸器内科学 (帝京大学医学部)
  • 薬物療法学、病態学、病理学、臨床検査学 (武蔵野大学薬学部)

所属学協会

 
日本内科学会 , 日本アレルギー学会 , 日本呼吸器学会 , AAI , 日本免疫学会 , 内科認定医学会 , アレルギー専門医学会 , ATS , AAAAI , 日本薬学会 , 日本炎症・再生学会 , 日本食品免疫学会 , 日本抗加齢学会

社会貢献活動

 
東京都大気汚染健康被害調査会委員
【】  2004年4月 - 現在
ホームヘルパー養成講座 疾病の知識講義
【】  2006年1月
ホームヘルパー養成講座 疾病の知識講義
【】  2007年1月
ホームヘルパー養成講座 疾病の知識講義
【】  2008年2月
ホームヘルパー養成講座 疾病の知識講義
【】  2009年2月

教育内容・方法の工夫

 
 

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)