言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 山下 直美
 

山下 直美

 
アバター
研究者氏名山下 直美
 
ヤマシタ ナオミ
所属武蔵野大学
部署薬学部 薬学科
職名教授
学位学士(東京大学), 博士(東京大学)
J-Global ID200901096762158340

研究キーワード

 
病態医化学 ,薬物療法学 ,臨床免疫学 ,アレルギー学 ,閉塞性肺疾患

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 病態医化学 / 
  • ライフサイエンス / 膠原病、アレルギー内科学 / アレルギー学
  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学 / Respiratory Mediicne
  • ライフサイエンス / 医療薬学 / 薬物療法学

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
武蔵野大学臨床薬学センター,  センター長, 
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院 薬科学研究科 教授, , , 
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授, of Pharmaceutical Sciences, Graduate School, , 
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授, of Pharmaceutical Sciences, Graduate School, , 
 
2005年4月
 - 
現在
武蔵野大学 薬学部 教授, , , 
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1982年3月
東京大学 教養学部 理科Ⅲ類
 
 
 - 
1976年3月
東京学芸大学附属高等学校  
 

委員歴

 
2007年4月
 - 
現在
日本食品免疫学会  研究委員会員
 
2006年3月
 - 
現在
臨床関連担当教官会議  委員
 
2005年4月
 - 
現在
日本抗加齢学会  評議員
 
2005年4月
 - 
現在
日本アレルギー学会  代議員
 
2007年4月
 - 
2015年3月
日本アレルギー学会  啓発活動部会委員
 

受賞

 
1999年4月
, 日本内科学会奨励賞受賞
 
1998年4月
, 臨床財団奨励賞受賞
 
1997年10月
, アストラ奨励賞受賞
 
1993年4月
, 難病財団奨励賞受賞
 

論文

 
 
 
山下 直美   
BMC Infect Dis   19(1) 761   2019年   [査読有り]
 
山下 直美   
Aging   11(2) 707-723   2019年   [査読有り]
 
T Ishii   Y Niikura   K Kurata   M Muroi   K Tanamoto   T Nagase   M Sakaguchi   N Yamashita   
Scandinavian journal of immunology   87(3)    2018年3月   [査読有り]
House dust mites (HDMs) are a common source of allergens that trigger both allergen-specific and innate immune responses in humans. Here, we examined the effect of allergen concentration and the involvement of Toll-like receptor 4 (TLR4) in the pr...
 
M. Ujino   N. Sugimoto   Y. Koizumi   S. Ro   Y. Kojima   K.H. Asae   N. Yamashita   K. Ohta   H. Nagase   山下 直美   
Allergol Int.   66S S21-S26   2017年9月   [査読有り]

MISC

 
 
すこやかライフ   3(37)    2011年4月   
 
山下直美   永井厚志   國近尚美   駒瀬 裕子   近藤光子   別役智子   
呼吸   29巻(3号)    2010年3月   
 
 
山下直美   
THE LUNG-perspectives(0919-5742)   18巻(1号) 36-39   2010年1月   
 
山下 直美   
Pharma NEXT   (11月号)    2009年11月   

書籍等出版物

 
 
山下 直美(担当:共著, 範囲:編集および肺の構造と機能を担当)
薬事日報社      2018年1月      
編集 分担執筆
 
山下 直美(担当:共著, 範囲:薬剤性呼吸器障害)
   2017年9月      
 
山下 直美(担当:単訳, 範囲:呼吸器疾患治療薬)
   2016年12月      
 
山下 直美(担当:共著, 範囲:呼吸器疾患治療薬)
   2016年2月      
 
山下 直美(担当:共訳, 範囲:呼吸器疾患治療薬)
   2012年1月      

講演・口頭発表等

 
 
ダニ誘発気管支喘息マウスモデルの時間濃度依存性とtoll-like receptor 4 の役割
石井崇史   新倉雄一   成田知也   村上祐輔   蔵田 圭吾   阪口雅弘   長瀬隆英   山下直美山下   
第49回 日本職業・環境アレルギー学会   2018年7月21日   
 
自然免疫受容体TLR2を介する2型自然リンパ球の活性化と気管支喘息病態における役割
石井崇史   新倉雄一   村上祐輔   長瀬隆英   山下直美   
第39回日本炎症・再生医学会   2018年7月11日   
 
自然免疫受容体TLR2により直接活性化される2型自然リンパ球は気管支喘息病態形成に関与する
石井崇   新倉雄一   村上祐輔   長瀬隆英   山下直美   
日本アレルギー学会   2018年6月22日   
 
Toll-like Receptor 2 Directly Activates Pulmonary Type2 Innate Lymphoid Cells And Modify The Asthmatic Phenotype.
山下 直美   
ATS 2018 San Diego   2018年5月20日   
 
IRF3はLPSによる肺気腫形成増悪、好中球機能活性化に促進的関与をする
石井崇史   新倉雄一   細木敬祐   長瀬隆英   山下直美   
第58回日本呼吸器学会学術講演会   2018年4月28日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
免疫学 (聖マリアンナ医科大学)
 
   
 
呼吸器内科学 (帝京大学医学部)
 
   
 
薬物療法学、病態学、病理学、臨床検査学 (武蔵野大学薬学部)

所属学協会

 
 
   
 
日本抗加齢学会
 
   
 
日本食品免疫学会
 
   
 
日本炎症・再生学会
 
   
 
日本薬学会
 
   
 
AAAAI

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 

産業財産権

 

学術貢献活動

 

メディア報道

 

その他

 

教育内容・方法の工夫

 
 

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)