言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 大塚 誠
 

大塚 誠

 
アバター
研究者氏名大塚 誠
 
オオツカ マコト
URLhttp://www.musashino-u.ac.jp/yakugaku/seizai/info.html
所属武蔵野大学
部署薬学部薬学科
職名教授
学位博士(昭和大学大学院)
J-Global ID200901098718183349

研究キーワード

 
製剤学 ,分析化学 ,物理化学

研究分野

 

    経歴

     
    2009年4月
     - 
    現在
    武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授, of Pharmaceutical Sciences, Graduate School, , 
     
    2009年4月
     - 
    現在
    武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授, of Pharmaceutical Sciences, Graduate School, , 
     
    2005年4月
     - 
    現在
    武蔵野大学薬学部 薬学科 教授, Faculty of Pharmacy, Department of Pharmaceutical Sciences, , 
     
    1988年9月
     - 
    2005年9月
    米国ユタ大学 薬剤学教室 客員准教授, , , 
     
    1993年4月
     - 
    1994年4月
    神戸薬科大学 助教授・准教授, , , 
     

    学歴

     
    2000年5月
     - 
    2001年4月
    京都大学 医学部 
     
    1980年4月
     - 
    1983年3月
    昭和大学大学院 薬学研究科 
     

    委員歴

     
    1999年10月
     - 
    現在
    日本セラミックス協会  生体関連材料部幹事
     
    1996年12月
     - 
    現在
    日本アパタイト研究会  評議員
     
    1995年10月
     - 
    現在
    日本バイオマテリアル学会  評議員
     
    2005年
       
     
    日本薬剤学会  評議員
     

    受賞

     
    2000年11月
    , 非破壊計測シンポジュウムNIR Advanced Award(日本食品科学工学会)
     
    1997年8月
    , 粉体工学情報センター学術奨励賞(粉体工学情報センター)
     
    1995年10月
    , バイオマテリアル科学奨励賞(日本バイオマテリアル学会)
     
    1994年10月
    , 持田記念医学薬学振興財団研究奨励賞(財団法人持田医学薬学記念財団)
     
    1994年1月
    , 日本薬学会近畿支部奨励賞(日本薬学会近畿支部)
     

    論文

     
     
    Yusuke Hattori   Makoto Otsuka   
    EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES   47(5) 884-889   2012年12月   [査読有り]
    In the present study, initial dissolution of crystalline alpha-lactose monohydrate was investigated via time-resolved Fourier Transform near-infrared (FT-NIR) spectroscopy using the liquid penetration method. The process of water penetration is cl...
     
    Makoto Otsuka   Azusa Yamanaka   Tomohiro Uchino   Kuniko Otsuka   Kiyomi Sadamoto   Hiroyuki Ohshima   
    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   60(12) 1502-1507   2012年12月   [査読有り]
    To measure the rapid disintegration of Oral Disintegrating Tablets (ODT), a new test (XCT) was developed using X-ray computing tomography (X-ray CT). Placebo ODT, rapid disintegration candy (RDC) and Gaster (R)-D-Tablets (GAS) were used as model s...
     
    Hiroyuki Abe   Makoto Otsuka   
    COLLOIDS AND SURFACES B-BIOINTERFACES   100 90-94   2012年12月   [査読有り]
    In this study, various physicochemical characteristics were evaluated for three pharmaceutical spherical carbon adsorbents, Kremezin as a brand product and its generics; Merckmezin and Spherical Carbon Adsorbent "Mylan". Scanning electron microsco...
     
    Michele Iafisco   Barbara Palazzo   Tomoko Ito   Makoto Otsuka   Mamoru Senna   Jose Manuel Delgado-Lopez   Jaime Gomez-Morales   Anna Tampieri   Maria Prat   Lia Rimondini   
    JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE-MATERIALS IN MEDICINE   23(11) 2659-2669   2012年11月   [査読有り]
    In this paper, hybrid inorganic-organic core-shell hollow microspheres, made of poly(l-lactic acid) (PLLA) and biomimetic nano apatites (HA), were prepared from biodegradable and biocompatible substances, suitable for bone tissue applications. Pre...
     
    Tatsuya Ogawa   Tomohiro Uchino   Daisuke Takahashi   Tsuyoshi Izumi   Makoto Otsuka   
    DRUG DEVELOPMENT AND INDUSTRIAL PHARMACY   38(11) 1390-1393   2012年11月   [査読有り]
    Objective: In some of drug developments, the amount of bulk drug powder to use in early stages is limited and it is not easy to supply a sufficient drug amount for conventional preparation methods. Therefore, an ultra-small-scale high-shear granul...

    MISC

     
     
    Makoto Otsuka   Jun-Ichi Nishizawa   Jiro Shibata   Masahiko Ito   
    JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES   99(9) 4048-4053   2010年9月   [査読有り]
    The purpose of the present study is to measure polymorphic content in a bulk powder, mefenamic acid polymorph of pharmaceuticals, as a model drug by THz-spectrometer using frequency-tunable THz wave generators based on difference frequency generat...
     
    M. Fujimoto   K. Mihara   J. A. Jorgenson   K. Otsuka   M. Aburada   T. Kawada   J. Ishizaki   K. Miyamoto   M.Otsuka   
    Dissol. Tech   17(2010) 36-44   2010年8月   
     
    Eri Otsuka   Hiroyuki Abe   Masaki Aburada   Makoto Otsuka   
    DRUG DEVELOPMENT AND INDUSTRIAL PHARMACY   36(7) 839-844   2010年7月   
    Background: A suppository dosage form has a rapid effect on therapeutics, because it dissolves in the rectum, is absorbed in the bloodstream, and passes the hepatic metabolism. However, the dosage form is unstable, because a suppository is made in...
     
    H. Hamada   H. Ohshima   A. Ito   W. I. Higuchi   M.Otsuka   
    Biological Phram. Bull.   33巻(7号) 1228-1234   2010年7月   
    人工骨に患者細胞を培養して移植すれば,生体活性の高い人工骨とすることができる.細胞培養のできる人工骨として,完全連通孔を持つアパタイト・コラーゲンセメントを調製した.完全連通孔セメントは,ラット皮下に埋め込まれて,経時的にX線CTによりセメント密度と体積を測定し,その変化から生分解速度を評価した.完全連通孔を有するアパタイトコラーゲン複合化セメントは,アパタイトだけを含むセメントに比較して急速な生体吸収性を示す材料であることが示された.
     
    Pornpun Laovachirasuwan   Jomjai Peerapattana   Voranuch Srijesdaruk   Padungkwan Chitropas   Makoto Otsuka   
    COLLOIDS AND SURFACES B-BIOINTERFACES   78(1) 30-35   2010年6月   
    Glutinous rice starch (GRS) is a biopolymer used widely in the food industry but not at all in the pharmaceutical industry. There are several ways to modify this biopolymer. Physical modification is simple and cheap because it requires no chemical...

    書籍等出版物

     
     
    大塚ら編(担当:共著)
    南江堂書店,      2010年4月      
    薬科大学学部4年学生向けのCBT対策教科書として使用される本書において,物理薬剤学と製剤学全般を解説した.全書における編集と,第1章の解説を担当.医薬品の原料となる粉末の基礎的な性質として結晶多形や非晶質の意味や粒子径,粒度分布,などの粉体物性とその評価方法について解説している.医薬品製造法と原料粉末の性質の関係とその意味を総合的に解説した. それぞの製剤生産過程に用いる代表的な測定法を解説した.(分担筆,大塚 誠,)
     
    川上恒作監修(担当:共著)
    シーエムシー出版,東京      2010年2月      
    製剤分野における振動分光法による,難溶性医薬品の物性解析法を解析した.医薬品製造工程を連続的にモニタリングする迅速で,非破壊,非接触な分析手法として,赤外吸収,近赤外吸収,ラマンスペクトルの医薬品結晶多形への定量的解析方法について検討した.これらの振動分光法を適切に適用することにより,非破壊・非接触で,医薬品原料の粉末に含まれる結晶内における分子間相互作用を把握して,結晶特性の定性や結晶形の定量化を達成することが可能となる.大塚 誠,分担筆
     
    大塚 誠, 田中旬, 分担筆(担当:共著)
    情報機構(2008)      2008年6月      
    医薬品製造工程のバリデーション法として,ジェネリック医薬品の溶出性の評価を行った.医薬品の溶出試験法は, 内用固形製剤からの主成分の溶出を試験する方法で、固形製剤の品質を一定水準に確保し、併せて著しい生物学的非同等性を防ぐことを目的としている、日本薬局方一般試験法に規定されている。即ち、薬物が体内に吸収されるためには,一度消化管内の体液に溶けることが必要であり、そのときの製剤に含まれる主薬の溶出性(濃度・速度)を理化学的に試験する方法を解説した.
     
    大塚 誠, 分担筆, 三島基弘, 内田亨弘, 平井正巳, 川嵜博文編(担当:共著)
    南江堂      2006年4月      
    薬科大学学部学生向けの製剤学教科書として使用される本書において,医薬品の原料となる粉末の基礎的な性質として結晶多形や非晶質の意味や粒子径,粒度分布,などの粉体物性とその評価方法について解説している.医薬品製造法と原料粉末の性質の関係とその意味を総合的に解説した.
     
    大塚 誠(担当:共著)
    評言社      2006年4月      
    製剤学に関する薬剤師国家試験問題の内容を平易に解説した.物理薬剤学を基礎に製剤の調製方法やその機器の使用目的と機能を解説した.分担筆.

    講演・口頭発表等

     

    担当経験のある科目(授業)

     

    所属学協会

     
     
       
     
    日本ジェネリック医薬品学会
     
       
     
    日本医療薬学会
     
       
     
    製剤機械研究会
     
       
     
    日本アパタイト研究会
     
       
     
    日本DDS学会

    Works(作品等)

     
     
    M.Otsuka   H. Tanabe   K. Osaki   K. Otsuka   Y. Ozaki   
    2007年3月   その他
     
     
    研究代表者   大塚 誠   
    2005年   その他
    2005年-2006年度.バイオマテリアルを基盤としたドラックデリバリーシステム(DDS)は,生体機能を制御するサイトカインなどの薬剤を放出制御することから,分子レベルでのバイオマテリアルと細胞の相互作用をコントロールする上で必須の技術である.本研究は,骨再生医療を目的としたインテリジェントマテリアルとして完全連通孔を持つアパタイト・コラーゲン複合化骨セメントを用いたDDSで3次元セルスキャホールドを開発し,これに骨細胞を培養した臓器を病態動物に再移植する再生医療としての人工骨の調製を目指す.
     
    研究代表者   大塚 誠   
    2001年   その他
    2001年-2002年度.ナノレベル有機・無機複合化粒子からの生体必須微量金属の放出制御,アパタイト関連化合物からの亜鉛溶出挙動を検討した。
     
    M.Otsuka   S. Marunaka   Y. Matsuda   A. Ito   P. Layrolle   H. Naito   N. Ichinose   
    1999年11月   その他
    骨粗鬆症患者に適用する人工骨として細胞増殖能を有する亜鉛を含有するリン酸カルシウムを開発した。トリリン酸カルシウムに含有した亜鉛はアパタイトへの転移に従いゆっくりと徐放したことから、この材料のDDSとして機能が証明された。

    共同研究・競争的資金等の研究課題

     

    産業財産権

     

    学術貢献活動

     

    社会貢献活動

     

    メディア報道

     

    その他

     

    教育内容・方法の工夫

     
     
     
     
     
     

    教育上の能力に関する大学等の評価

     
     
     
     
     
     

    その他(教育上の能力)

     
     

    資格・免許

     
     
     
     
     

    その他(職務上の実績)