言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 大塚 誠
 

大塚 誠

 
アバター
研究者氏名大塚 誠
 
オオツカ マコト
URLhttp://www.musashino-u.ac.jp/yakugaku/seizai/info.html
所属武蔵野大学
部署薬学部薬学科
職名教授
学位博士(昭和大学大学院)

研究キーワード

 
物理化学 , 分析化学 , 製剤学

経歴

 
1988年9月
 - 
2005年9月
米国ユタ大学 薬剤学教室 客員准教授
 
1993年4月
 - 
1994年4月
神戸薬科大学 助教授・准教授
 
2005年4月
 - 
現在
武蔵野大学薬学部 薬学科 教授
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻 教授
 
2009年4月
 - 
現在
武蔵野大学大学院薬科学研究科 薬科学専攻(博士後期課程) 教授
 

学歴

 
1980年4月
 - 
1983年3月
昭和大学大学院 薬学研究科 
 
2000年5月
 - 
2001年4月
京都大学 医学部 
 

委員歴

 
1995年10月
 - 
現在
日本バイオマテリアル学会  評議員
 
1996年12月
 - 
現在
日本アパタイト研究会  評議員
 
1999年10月
 - 
現在
日本セラミックス協会  生体関連材料部幹事
 
2005年
   
 
日本薬剤学会  評議員
 

受賞

 
1984年11月
昭和大学上條研究奨励賞 (昭和大学)
 
1994年1月
日本薬学会近畿支部奨励賞(日本薬学会近畿支部)
 
1994年10月
持田記念医学薬学振興財団研究奨励賞(財団法人持田医学薬学記念財団)
 
1995年10月
バイオマテリアル科学奨励賞(日本バイオマテリアル学会)
 
1997年8月
粉体工学情報センター学術奨励賞(粉体工学情報センター)
 

論文

 
近赤外ケモメトリックスによるインドメタシン結晶化度の評価
加藤史恵,大塚 誠,松田芳久.
薬剤学   59巻 83-86   1998年11月
医薬品情報を定量的に解析するために統計的手法として有効なStep-Up重相関分析法を用い有効成分のアモルファスの含有量を評価した。コンピュータによる繰り返し計算を用い、重相関式により解析することにより極めて高い相関関係を示し、有効なアモルファス評価法であることが統計学的に認められた。
近赤外ケモメトリックス法によるシメチジン結晶化度の評価
加藤史恵,大塚 誠,松田芳久.
第16回製剤と粒子設計シンポジウム要旨集   175   1998年11月
シメチジン結晶化度を定量的に解析するために統計的手法として有効なStep-Up重相関分析法を用い有効成分のアモルファスの含有量を評価した。重相関式により解析することにより極めて高い相関関係を示し、有効な評価法であることが統計学的に認められた。
近赤外スペクトル主成分分析法と粉末X線回折法によるインドメタシン結晶多形定量の比較評価
大塚 誠,加藤史恵,松田芳久.
日本薬学会第120年会要旨集   2 228-231   1999年3月
医薬品情報を定量的に解析するために統計的手法として有効な主成分分析法を用い有効成分の結晶多形の含有量を評価した。目的関数として有効成分量をおき説明関数である近赤外スペクトルをコンピュータによる繰り返し計算により、3主成分からなる相関式により解析することにより極めて高い相関関係を示し、有効な結晶多形評価法であることが統計学的に認められた。
米国の腎移植に おけるファーマシューティカルケ アと日本における展望-腎移植の概要と薬剤師の役割-
大塚邦子,安原一,大塚 誠,C. L.Taylor, K.T. Somer-ville, J.A.Jorgenson.
日本病院薬学会9年会要旨集   78   1999年10月
米国と日本における腎移植治療におけるファーマシューティカルケアの比較研究として、日米における腎移植のプロセスと医療に関する従事者の考え方を考察し、腎移植に関わる薬剤師の役割分担とこれに関わる教育内容を比較検討して将来のわが国の薬剤師の進むべき方向性を探った。
FT-NIRケモメトリックス法によるフェナセチン製剤中の原末粒子径の評価
大塚 誠,松田芳久.
日本薬学会第120年会要旨集   4 183   2000年3月
医薬品情報を定量的に解析するために統計的手法として有効な主成分分析法を用い有成分の結晶の粒子径を評価した。目的関数として粒子径をおき説明関数である近赤外スペクトルをコンピュータによる繰り返し計算により、3主成分からなる相関式により解析することにより極めて高い相関関係を示し、有効な原末粒子径評価法であることが統計学的に認められた。

Misc

 
大塚 誠, 金庭延慶。
薬学雑誌   104巻(4号) 359-364   1982年4月
セファレキシン結晶多形の調製法を変化させることにより種々の多形と水和物を得、これらを0-95%RHに保存し、吸湿性と安定性を検討した。
大塚 誠, 金庭延慶。
薬学雑誌   104巻(10号) 967-971   1982年10月
セファレキシン結晶多形と水和物の溶解性を評価するために種々の温度における溶解度を測定し、ファントフォッフプロットにより、溶解熱量を求め評価した。
M.Otsuka and N. Kaneniwa.
Chem. Pharm. Bull.   31巻(1号) 26-33   1983年1月
凍結乾燥法により調製したセファレキシン非晶質の吸湿性と安定性を検討し、その溶解性を評価するためにファントフォッフプロットにより、溶解熱量を求め評価した。
M.Otsuka and N. Kaneniwa.
Chem. Pharm. Bull.   31巻(3号) 1021-1029   1983年3月
セファレキシン水和物の脱水反応の熱量からCriado、 Kissingerなどの非等温法あるいは、等温法により脱水反応の速度論的パラメータを求め、吸着水分の性質を明らかにした。
セファレキシン結晶の吸湿性
大塚 誠, 金庭延慶.
粉砕   27巻(1号) 26-27   1983年4月
再結晶法や凍結乾燥ほうなど種々の調製方法により調製したセファレキシン結晶形の異なる水和物を得、これらの吸湿性と安定性を検討し、種々の条件による結晶の相転移を求め評価した。

書籍等出版物

 
医薬品の開発:第18巻, プレフォーミュレーション
大塚 誠, 金庭延慶。 (担当:共著)
広川書店   1989年4月   
医薬品開発のプレフォーミュレイションのため粉末のキャラクタリゼーションを物理化学的性質試験として解説している。粉末粒子表面、 結晶化度、 結晶形を定量的に測定する、IR、 X線回折などの方法を比較しその長所と欠点を解説している。(総頁数304頁)後藤茂編集,分担執筆,
Hydroxyapate and Related Materials
M.Otsuka,Y. Matsuda, Y. Suwa, J. L. Fox, and W. I. Higuchi (担当:共著)
CRC Press Inc.   1994年7月   
Encyclopedia of Pharmaceutical Technology, Vol. 12
M.Otsuka,Y.Matsuda (担当:共著)
Marcel Dekker, Inc.   1995年10月   
Mineral Scale Formation and Interhibition, Edited by Zahid
編者,Zahid Amjad,J. L. Fox, Z. Wang, J. Hsu, A. Baig, S. Colby, G. L. Powell,M.Otsuka,and W. I. Higuchi (担当:共著)
Plenum Press   1995年10月   
人工骨材料である炭酸アパタイトの溶解度を測定する方法として準安定溶解度を定義しアパタイトの炭酸含有量が溶解度に与える影響を粉末X線測定とその解析により結晶化度との関係を検討している。分担執筆 (総頁数876頁)
粒子設計工学,新素材開発のキーテクノロジー
粉体工学会編,産業図書社   1999年2月   
医薬品の品質と安全性を確保するために原薬の粉体物性を安定的に管理する必要があるが、医薬品製造過程における結晶性粉末の結晶多形や結晶化度と粒子径分布がどのように制御されているかを速度論的に解明して製造のバリデーションを確実にする手法を解説した。分担執筆,(総頁数237頁)

所属学協会

 
日本薬学会 , 日本薬剤学会 , 粉体工学会 , American Association of Pharmaceutical Scientists , 日本バイオマテリアル学会 , 日本DDS学会 , 日本アパタイト研究会 , 製剤機械研究会 , 日本医療薬学会 , 日本ジェネリック医薬品学会

Works

 
Chemoinformetrical Evaluation of Dissolution Property of Indomethacin Tablets by Near-Infrared Spectroscopy,
M.Otsuka, H. Tanabe, K. Osaki, K. Otsuka, Y. Ozaki,   その他   2007年3月
Bone Regeneration by using Drug Delivery System Technology and Apatite Intelligent Materials,
M.Otsuka, K. Otsuka,   その他   2006年2月
3次元空間制御細胞スキャホールドと骨刺激因子放出制御による骨細胞活性誘導
研究代表者大塚 誠   その他   2005年
2005年-2006年度.バイオマテリアルを基盤としたドラックデリバリーシステム(DDS)は,生体機能を制御するサイトカインなどの薬剤を放出制御することから,分子レベルでのバイオマテリアルと細胞の相互作用をコントロールする上で必須の技術である.本研究は,骨再生医療を目的としたインテリジェントマテリアルとして完全連通孔を持つアパタイト・コラーゲン複合化骨セメントを用いたDDSで3次元セルスキャホールドを開発し,これに骨細胞を培養した臓器を病態動物に再移植する再生医療としての人工骨の調製を目指す.
科学研究補助金  採択課題
研究代表者:大塚 誠   その他   2001年
2001年-2002年度.ナノレベル有機・無機複合化粒子からの生体必須微量金属の放出制御,アパタイト関連化合物からの亜鉛溶出挙動を検討した。
alcium Level-Responsive Zinc Ion Release from Tricalcium Phosphate Containing Zinc (ZnTCP)
M.Otsuka, S. Marunaka, Y. Matsuda, A. Ito, P. Layrolle, H. Naito, N. Ichinose.   その他   1999年11月
骨粗鬆症患者に適用する人工骨として細胞増殖能を有する亜鉛を含有するリン酸カルシウムを開発した。トリリン酸カルシウムに含有した亜鉛はアパタイトへの転移に従いゆっくりと徐放したことから、この材料のDDSとして機能が証明された。

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 
 
 

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 

資格・免許

 
 
 
 
 

その他(職務上の実績)