言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科(介護福祉)

研究者業績

研究者リスト >> 高橋 一行
 

高橋 一行

 
アバター
研究者氏名高橋 一行
 
タカハシ カズユキ
所属武蔵野大学
部署教育学部 幼児教育学科
職名教授
学位学士(国立音楽大学)
J-Global ID200901069461477680

研究キーワード

 
幼児の音楽教育・創造性・民俗音楽・表現法

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育学 / 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
武蔵野大学教育学部 児童教育学科 教授   
 
2007年4月
 - 
現在
武蔵野大学 人間関係学部児童学科(学科名称変更) 教授   
 
2003年4月
 - 
2007年3月
武蔵野大学 人間関係学部保育学科 教授   
 
2000年4月
 - 
2003年3月
武蔵野女子大学 短期大学部 教授   
 
1991年4月
 - 
2000年3月
武蔵野女子大学 短期大学部 助教授・准教授   
 

学歴

 
1970年4月
 - 
1975年3月
国立音楽大学 音楽部 器楽学科
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
全国大学音楽教育学会  理事長
 
2016年4月
 - 
現在
NATIONAL ASSOCIATION OF COLLEGE MUSIC EDUCATION (NACOME)
 
2016年4月
 - 
現在
全国大学音楽教育学会  理事長
 
2008年4月
 - 
現在
教育音楽学会  理事
 
1986年4月
 - 
現在
全国大学音楽教育学会  関東地区学会会員
 

MISC

 
 
教育音楽 小学版、中学・高校版   (2) p45-p452017年2月   
音楽教育ワールドマップ。バリ島の子どものガムランについての現状を書いた記事である。新しい音楽も盛んにおこなわれている現在、バリ島での代々伝わっている音楽はどのように受け継がれているのか調査したもの。そこには、その国独特のシステムがあり、幼少から取り組んでいる現状があった。
 
武蔵野大学教職センター紀要 4号   (4号) p13-p242016年3月   
沖縄三線を幼児教育(保育)や教育現場に取り入れる可能性を考察したものである。三線についての呼称、楽器、楽器奏法、調弦方法、音階、リズム、楽譜(工工四)について調べ、学生に対しては、4回三線の授業を行ってからアンケート(①沖縄音楽について②楽器について③弾き方について④工工四について⑤三線伴奏について等)を行い、結果をまとめ考察した。学生は三線に対してどんなイメージを持ち、幼児や児童の歌伴奏として取り入れることはどのような意味があるか探っていったもの。結果、普段沖縄以外の子どもたちには縁のな...
 
武蔵野大学教職研究センター紀要   1 p27-p402013年3月   
1つの島の中に幾つもの芸能があるバリ島の民族音楽を考察し、幼児・児童の音楽遊び(即興演奏)についてまとめたものである。バリ島にはバリ島の音楽には、どんな歴史や文化があり、音楽文化は現在までどのようにして伝えられ、どのような音楽なのか?また、現在子ども達がどのように関わっているのか等を調べ、今後の幼稚園や小学校での日本音楽の取り入れ方と日本の音楽教育のあり方を模索していった。また、バリ島のガムラン音楽の音階やケチャ音楽や「ワヤン・クリ」と呼ばれる影絵の演奏から音楽遊びや簡単な劇音楽作りについ...
 
武山隆子   滝川孝子   高橋一行   榎田二三子   義永睦子   
武蔵野大学人間関係学部紀要   (第6号) 230-2322008年3月   
子育て支援室において展開している「養育力エンパワーメント」を主目的とした附属幼稚園保護者支援活動をとおして、保護者と学生の学びの実態を活動記録(環境構成・活動展開・活動内容・学生の気づき等)から養育力をエンパワーメントする環境づくりを考察したものである。<br />
担当は、主に環境構成(子育て支援室の構造及び環境の整備について)である。
 
全国大学音楽教育学会   (第18号) 2007年3月   
保育者として「何時、どこでも音楽ができる」即興演奏について「ドラムサークル」を取り上げ、研究を進めたものである。「ドラムサークル」には楽譜はなく、即興で演奏を創り上げる。平成17・18年度の授業の取り組みを基に、学生アンケーを実施、打楽器による即興の取り組みを探っていった。結果や感想からは、色々なリズムで叩くことはできるが、自身の感情をとおして表現することは、少し難しいことが判明。即興は、会話から始まることやリズムの魅力などが確認できた。<br />
(P22~P32)

書籍等出版物

 
 
木許隆, 高倉秋子, 三縄公一, 高橋一行(担当:共著, 範囲:楽器でリズムをあそぼうpp21-34)
音楽之友社      2007年4月      
子どもが楽しみながらリズム感が豊かになり、学習ができる「リズム遊び」を分かりやすく紹介した教材である。担当は、主に「楽器でリズムを遊ぼう」で、1.紙コップでリズム楽譜を作ろう 2.楽器の音色を楽しもう(3) 3.即興リズムを作ろう 4.ドラムサークルで楽器遊びをしよう 5.短時間で打楽器パレードを作ろう 6.身の周りから見つけよう音遊び 7.民族楽器で遊ぼう、である。
木許隆、高倉秋子、高橋一行、三縄公一
(P22~P32)
 
杉江正美, 伊藤嘉子, 石近義徳, 高橋一行他(担当:共著)
音楽之友社      2001年6月      
平成13年 6月30日。幼児教育・保育専攻学生、幼稚園教諭ならびに保育士を対象に音楽用語および幼児の音楽教育に関連した事項を解説したハンドブックである。「指揮」「現代音楽」「交響組曲」「近代音楽」などの項目を担当。

講演・口頭発表等

 
 
民族音楽から幼児・児童の音楽遊び(即興演奏)を探る~アフリカ音楽・バリ島音楽を土台として~
全国大学音楽教育学会第29回全国大会《大阪大会》   2013年8月30日   全国大学音楽教育学会第29回全国大会(近畿地区)   
アフリカ・バリ島の音楽づくりから幼児・児童の音楽づくり(即興演奏)のノーハウを分析し、未来の保育者や教育者が楽譜で音楽するのではなく「音を遊ぶ」ことを目的とした取り組み(楽器活動)の発表である。(例)アフリカでの実際に教わったジャンベアンサンブルの奏法や教え方、どんな音楽作りをしているのか等をまとめ。また、バリ島の3つの音楽(子どものガムラン・ジェゴク・ケチャ)を分析、即興演奏は感覚教育に役立つことを提示し、授業での取り組み(タンブリンを使っての即興伴奏)を映像から見て発表した。そして、バ...
 
ドラム即興演奏「おもむくままに」
全国大学音楽教育学会関東地区学会   2011年10月29日   
幼児にふさわしい楽器は、叩けば簡単に音の出る打楽器である。しかし、無音程のドラムではなく、有音程楽器ログドラム(4音階)・ハングドラム(5音階)の2つの楽器の演奏である。4音階や5音階の音程は民族音楽に取り入れられており、その特徴を活かし即興演奏したものである。今回の演奏では、スティックを用いた演奏も可能であるが、より感受性が表れる素手で演奏を試みた。
 
子どもや学生の感性を磨く試み~ドラムサークルからパレードをつくろう~
全国大学音楽教育学会第26回全国大会《名古屋大会》   2010年9月3日   
ドサムサークルは、即興演奏を中心とした演奏体験を身に着けていく音楽活動である。楽譜の読めない幼児や児童の感性を育てるには必要と思われる。武蔵野市の土曜学校でのドラムサークル内容(ドラムサークルからパレードをつくろう)を分析(①楽器②音を聴く③リズムをあわせる④五感をはたらかせる⑤ファシリテーター方法等)し、時間のあまりかからない方法で、演じる人が楽しめるパレードをつくりあげ、演じた実例報告である。
 
幼児・児童の器楽教育の考察―楽器遊びからの取り組みから―(口頭発表)
全国大学音楽教育学会第24回全国大会(横浜大会)   2008年8月29日   
幼稚園指導要領や保育指針では、「感じたことや考えたことを自分なりに表現することをとおして、豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにする」ことが方針として掲げられている。特に幼児教育や初等での器楽教育のあり方に疑問を感じ、幼児は楽器をどのように扱い、遊ぶのかを楽器遊びの観察記録から一考察したものである。観察の楽器は、それぞれの民族から生まれた手づくり民族楽器(ジェンベ・アシーコ・レインスティック・まゆのがらがら・マンドゥック・マンジーラ・コブラフルート他)である。
 
(口頭発表) 保育における打楽器の可能性をもとめて~楽譜のいらない即興演奏を中心とした取り組み~
全国大学音楽教育学会   2006年9月   
保育者が楽譜を使わず、即興で音楽できるようにするにはどうすればよいかを考察した発表である。アフリカ音楽を体験したことをきっかけに、ドラムサークルにたどり着き、授業に取り入れている。アンケート結果を基に、即興に必要な考え方、方法を考察していった。即興音楽を取り入れるには、①音楽構成、②コミュニケーションの音楽作り、③他の人の出している音をよく聴くこと、が重要とまとめ発表した。

所属学協会

 
 
   
 
全国大学音楽教育学会
 
   
 
教育音楽学会
 
   
 
日本保育学会
 
   
 
全国大学音楽教育学会
 
   
 
International Society for Music Education

Works(作品等)

 
 
武蔵野大学ウインドアンサンブル   
2015年12月   芸術活動
①想ひ麗し浄瑠璃の雫 樽屋雅徳 作曲 ②ドラムサークル「エル・クンバンチェロ」③となりのトトロ~コンサートバンドのためのセレクション 久石譲作曲/後藤洋編曲他
 
武蔵野大学ウインドアンサンブル指揮   
2013年12月   芸術活動
「あの丘をこえて」星谷丈夫作曲・「トゥーランドット」プッチーニ作曲・「魔法の鍋」Oレスピーギ作曲 第2部企画ステージドラムサークル等 第3部アラジンメドレーAメンケン作曲(学生指揮者)・「メモリー」ALウェ―バー作曲(学生指揮者)・「セプテンバー」Mホワイト(学生指揮者)・交響曲「ハリーポッター」Jウイリアムズ作曲
 
武蔵野大学管弦楽   
2013年12月   芸術活動
第1部「中央アジアの草原にて」ボロディン作曲・「カルメン」第1・2組曲ビゼー作曲 第2部交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」 アンコール曲「ラデッキー行進曲」
 
武蔵野大学ウインドアンサンブル指揮   
2012年12月   芸術活動
第1部シンフォニックステージ:「アルセナール」JVder roost 作曲・「海へ 吹奏楽の為に」Kei Misawa作曲・「元禄」 Tetsunosuke Kusida作曲 第2部企画ステージ「映画の世界を旅しよう」ドラムサークル等 第3部ポップスステージ「オーメンズ・オブ・ラブ」Hirotaka Izumi作曲(学生指揮)・「ソング・オブ・ライフ」Yuji Toriyama 作曲(学生指揮)・「ディスコキッド」Osamu Syoji作曲(学生指揮)・「天空の城ラピュタ コレクション」J...
 
武蔵野大学管弦楽団   指揮   
2012年12月   芸術活動
第1部「情熱大陸」葉加瀬太郎作曲・「ディズニー・ファンティリュージョン』ブルース ヒーリー作曲・「オーケストラストーリーズ となりのトトロ」久石譲作曲・交響曲第7番ロ短調作品759「未完成」シューベルト作曲

社会貢献活動

 
 
【講師】
武蔵野市生涯学習スポーツ課 武蔵野大学「ドラムサークル」 のち名称を武蔵野大学「リズム道場」に変更 (武蔵野大学4103教室) 2006年9月 - 現在
楽譜のいらない即興演奏を基に、民族の打楽器を使い即興演奏(リズム遊び)を行う。また、その延長で各年により、テーマを決め学園祭でパレードを行っている。現在まで行ったパレードのテーマ(アフリカ・海賊・沖縄(エイサー)・インディアン・ピエロ・お祭り等。

教育内容・方法の工夫

 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許