言語の選択:
 

メニュー/MENU

文学部グローバル学部法学部経済学部経営学部データサイエンス学部人間科学部工学部教育学部薬学部看護学部教養教育部会文学研究科言語文化研究科法学研究科政治経済学研究科経営学研究科人間社会研究科仏教学研究科工学研究科環境学研究科教育学研究科薬科学研究科看護学研究科通信教育部人間科学部通信教育部教育学部通信教育部人間社会研究科通信教育部仏教学研究科通信教育部環境学研究科別科

研究者業績

研究者リスト >> 小西 聖子
 

小西 聖子

 
アバター
研究者氏名小西 聖子
 
コニシ タカコ
所属武蔵野大学
部署人間科学部 人間科学科
職名教授
学位博士((医学)筑波大学)

プロフィール

1993~1999年、東京医科歯科大学難治疾患研究所の犯罪被害者相談室で犯罪被害者の支援、対人暴力被害者の精神的なケアや周辺領域のマネージメントにかかわった。東京医科歯科大学難治疾患研究所教務職員(1993〜1996年)、東京医科歯科大学難治疾患研究所被害行動学(セコム)研究部門客員助教授(1996〜1999年)を経て1999年より現職。2015年より人間科学部長。<br />
専門は臨床心理学、トラウマ・ケア。現在、外傷後ストレス障害(PTSD)の治療に関する研究を行っている。

研究キーワード

 
トラウマケア

研究分野

 
  • 人文・社会 / 臨床心理学 / 

経歴

 
2019年2月
 - 
現在
公認心理師
 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学 大学院人間社会研究科 研究科長
 
2015年4月
 - 
現在
武蔵野大学 人間科学部 学部長
 
2012年4月
 - 
現在
武蔵野大学 人間科学部人間科学科 教授
 
2010年4月
 - 
現在
武蔵野大学 大学院人間社会研究科 人間学専攻 教授
 

学歴

 
1992年3月
 - 
1992年3月
筑波大学 博士号(医学)取得 
 
1988年4月
 - 
1992年3月
筑波大学大学院 博士課程医学研究科 
 
1980年4月
 - 
1988年3月
筑波大学 医学専門学群 
 
1973年4月
 - 
1977年3月
東京大学 教育学部 
 

委員歴

 
2019年11月
 - 
現在
内閣府 男女共同参画会議  第5次基本計画策定専門調査会議員
 
2019年5月
 - 
現在
東京都  東京都犯罪被害者等の支援に関する有識者懇談会 委員
 
2019年3月
 - 
現在
内閣府  男女共同参画会議 女性に対する暴力に関する専門調査会委員・会長
 
2017年3月
 - 
現在
内閣府  男女共同参画会議議員
 
2014年5月
 - 
現在
ふくしま心のケアセンター  顧問
 

受賞

 
2014年10月
日本犯罪学会 日本犯罪学会賞 受賞(第33号)
 
2010年1月
毎日新聞社 第8回毎日書評賞受賞
 
1998年10月
エイボン女性年度賞(教育賞)受賞
 
1996年11月
第2回日本犯罪学会学術奨励賞受賞
 

論文

 
大岡友子, 小西聖子
武蔵野大学心理臨床センター紀要   (18) 1-13   2018年12月   [査読有り]
配偶者をがんで亡くした女性9名を対象に、半構造化面接を用いて、がん発病から現在までの心理について語りを得た。闘病期間1年未満と1年以上の2群に分けて分析を行った。1年未満群では死別への準備ができず、悲嘆のプロセスが阻害されていることが示唆された。早い段階から家族の死別への準備を支援する必要があると考えられる。
工藤紗弓, 和田一郎, 和田久美子, 小西聖子
総合病院精神医学   29(2) 152-162   2017年4月   [査読有り]
入院中の精神疾患患者の主観的な幼少時の困難な体験(ACE)の体験率と、ACEの有無および累積と精神科初診年齢・精神科初回入院年齢、教育歴との関連について検討した。2014年7月から2015年6月に関東圏内A病院に入院中の患者を対象とした。53名(平均年齢53.1歳)について検討を行った。ベースラインおよび10から14週後の2回調査を実施した。ACEは親の離婚および別居、虐待など8項目について尋ねた自記式のチェックリストを用いた。1つ以上ACEを体験した者は58.5%、平均累積数は1.2であ...
今野理恵子, 淺野敬子, 正木智子, 山本このみ, 小西聖子
女性心身医学   21(3) 295-305   2017年3月   [査読有り]
性暴力被害後3カ月以内に精神科初診となった患者(急性期)とそれ以降に初診となった患者(慢性期)の転帰や症状評価の比較検討を行い、臨床の実態を明らかにした。
今野理恵子, 野口普子, 淺野敬子, 坂巻郁美, 小西聖子
武蔵野大学心理臨床センター紀要   14 1-12   2014年12月   [査読有り]
2010〜2013年の4年間における武蔵野大学心理臨床センター来談者のデータベース情報を元にカルテ調査研究を行い、来談者の傾向とその治療転帰を検討した。新規ケース総件数282件のうちトラウマ体験のある来談者は約56%、また、新規ケースの64%が医療機関・公共の専門機関等から紹介を受けて来談していた。トラウマ体験を持つ来談者は年々増えている。また、同一の医療機関や公共専門機関からの紹介は繰り返し行われることが多く、協力体制が整いつつあることを示していると考えられる。センターにおいて、今後はト...
本田りえ, 野口普子, 嶋美香, 小西聖子
総合病院精神医学   24(3) 253-260   2012年7月   [査読有り]
司法手続きに関与しながら適切な行動がとれずに相談のあったDV被害者5名に、筆者らが開発した心理的サポートを行い、その後、面接において被害者が抱える困難を明らかにするとともに、心理的技法を用いたサポートの有効性を検証した。司法のプロセスで経験した困難の多くは、恐怖反応やPTSDなどの症状と関連しており、これらの症状が司法手続きを阻害する一因となっている可能性が示唆された。メンタルヘルスの専門家によって行われる心理的サポートは、症状によって自分の権利を十分に行使できない状態にある人が、行使でき...

MISC

 
小西 聖子
精神科   35(Suppl. 1) 157-161   2019年7月   [査読有り][依頼有り]
特別増刊号 精神科診療マニュアル<br />
急性ストレス障害の概念と診断をDSM-5に沿ってPTSDとの違いを中心に示し、診断がついた場合の急性期での治療についてトラウマ体験後の介入の留意点について述べた。
小西 聖子
日本社会精神医学会雑誌   28(2) 159-166   2019年5月   [査読有り][依頼有り]
2018年末段階のICD-11における複雑性PTSDの診断は、多彩な症状を持つPTSDが一定の条件を満たす場合として、PTSD診断の中に位置づける形で構成された。そのため、社会的な側面で意味を持つようになったと思われる。例えばこれまで境界性パーソナリティ障害や双極性障害等の併存疾患が目立っていた虐待やDVの被害者に、複雑性PTSDは、個人の責任ではないという含意と治療可能性を与えるからである。
島尻楓, 小西聖子
武蔵野大学心理臨床センター紀要   18 25-39   2018年12月   [査読有り]
沖縄戦の語り部活動をしている沖縄戦体験者3名を対象にライフストーリーインタビューを実施し、「時期と状況」、「出来事の配列」、「評価」の3つを軸にしてナラティブ分析を行った。3名各々適応過程は異なるが、語り部活動を通して戦争体験を心の中に収める場所を作る作業をしていると考えられた。今回は体験の開示と共有のみに焦点を当てたため、解釈する際に他の要因を考慮できていないことが考えられる。
小西 聖子
臨床精神病理   39(2) 142-147   2018年8月   [依頼有り]
DVや虐待の被害者が呈する状態としてよく見られる解離や認知の変化について述べ、その影響、基盤にある精神病理について検討した。(日本精神病理学会第40回大会シンポジウムI「司法精神医学と精神病理学のコラボレーション-その多様な可能性-」)
小西 聖子
アアディクションと家族   33(2) 269-272   2018年7月   [依頼有り]
小西真理子「共依存の倫理―必要とされることを渇望する人びと」, 晃洋書房, 2018 の書評<br />
<br />
アディクションと家族 第33巻2号 ISBN: 978-4-904340-25-7

書籍等出版物

 
福井次矢, 高木誠, 小室一成, 総編集 (担当:分担執筆, 範囲:小西聖子:心的外傷後ストレス障害)
医学書院   2020年1月   
的外傷後ストレス障害の病態と診断、治療方針について概説した。※ポケット版も同頁数。
五十嵐禎人, 岡田幸之 (担当:分担執筆, 範囲:小西聖子・山本このみ: 刑事事件における被害者の鑑定.)
中山書店   2019年3月   ISBN:9784521747422
25件の刑事事件被害者鑑定等の受嘱経験をもとに、基本的な委嘱事項、PTSD診断およびそれ以外の診断、鑑定の際の被害者への配慮について述べた。
森田ゆり 編著
築地書館   2018年6月   ISBN:9784806715627
編著者による、虐待問題に取り組んできた専門家インタビュー、および、虐待に至ってしまった親の回復支援プログラム「MY TREE ペアレンツ・プログラム」の解説書。インタビュイーの一人として、虐待家族に対する心理療法やトラウマ治療、刑法改正について述べた。
奥山眞紀子, 三村將 編, 青木豊, 飛鳥井望, 大江美佐里, 亀岡朋美, 加茂登志子, 栗山健一, 小西聖子 (担当:分担執筆, 範囲:複雑性トラウマと情動調節)
朝倉書店   2017年4月   ISBN:9784254106985
複雑性トラウマによって情動はどのような変化を受け、それは複雑性トラウマを経験した個人の情動調節の働きにどのような変化をもたらすのか、またそのような情動調節の不全が考えられるとすればそれはどのように疾病概念の中に位置づけたらよいのかについて論じた。
週刊朝日 (担当:分担執筆, 範囲:小西聖子・本多正道:PTSD(心的外傷後ストレス障害))
朝日新聞出版   2016年12月   ISBN:9784022775238
PTSDの治療法として現在有効性がある持続エクスポージャー療法、EMDRの概説。保険適用になった持続エクスポージャー療法について小西が、EMDRについて本多が述べた。週刊朝日8・26号「新・名医の最新治療 No.442」再録。

講演・口頭発表等

 
小西 聖子
日本被害者学会第30回記念学術大会   2019年6月22日   日本被害者学会
シンポジウム「被害者学の展望」パネリストとして、臨床の場にみられる、被害者支援の枠組からはずれているために支援の対象にならず困難を抱える被害者等という課題について述べた。
コーディネータ:太田達也、パネリスト:島田貴仁、河合幹雄、安田貴彦、小西聖子
小西 聖子
日本精神保健福祉学会第8回学術研究集会   2019年6月1日   日本精神保健福祉学会
性暴力被害ワンストップセンターと連携を持った精神科臨床を行ってきた経験から、精神医学的治療の前に、性暴力被害への法的社会的視点からの理解や法的支援、偏見のないソーシャルワークが必須であると感じている。連携の問題、PTSD治療の第一選択である認知行動療法の適用の際のコストパフォーマンスや普及の困難さといった課題について述べた。(記念講演)
山本このみ, 小西聖子
日本被害者学会第29回学術大会   2018年6月23日   日本被害者学会
東京地方検察庁に閲覧申請をして閲覧できた判決確定事例の性犯罪被害者の精神鑑定書(または意見書)5件について、鑑定項目・内容等について報告した。
小西 聖子
第114回日本精神神経学会学術総会   2018年6月21日   日本精神神経学会
性暴力を受けた患者に初診時どのように対処すればいいか、特に回避等のトラウマ反応をどう扱うかについて、事例を提示し、実践的に述べた。またその中で、ジェンダーの諸要因がどのように作用し、臨床にどのような影響を与えるかについて考察した。
司会:加茂登志子
座長, 井上摩耶子, シンポジスト, 周藤由美子, 藤田光枝, 保山崎恵理子, 井上摩耶子, 指定討論者, 小西聖子
第17回日本トラウマティック・ストレス学会   2018年6月10日   日本トラウマティック・ストレス学会
京都府が設置した京都性暴力被害者ワンストップ相談支援センターにおける相談・支援の実践を報告し、連携機関の心療内科医やカウンセラーから支援の現状と課題を紹介、公費負担カウンセリングを担当するウィメンズカウンセリング京都におけるジェンダーの視点によるカウンセリング実践を紹介し、地域社会全体にジェンダーの視点による性暴力被害者を支援する土壌作りの取り組みの可能性を考察した。
コーディネーター:周藤由美子、座長:井上摩耶子、シンポジスト:周藤由美子・藤田光枝・保山崎恵理子・井上摩耶子、指定討論者:...

所属学協会

 
日本総合病院精神医学会 , 日本司法精神医学会 , 日本トラウマティック・ストレス学会 , The International Society for Traumatic Stress Studies , 日本被害者学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)(一般)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)(一般)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月

社会貢献活動

 
【講師】  大阪被害者支援アドボカシーセンター  相談員研修  (大阪被害者支援アドボカシーセンター)  2019年9月9日 - 2019年9月10日
被害者支援を行う相談員を対象に、支援者の役割について最新のトピックスをまじえ述べた。また、個人面談を行った。
【助言・指導】  2002年6月 - 2003年3月

教育内容・方法の工夫

 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許